年末のご挨拶(・∀・)

今年も残すとこ数時間
予想ブログを始めて1ヶ月ちょい経ちましたがなかなか会心の予想とはいかず
まだまだ修行が足りませんw

今年は色んな方に出会って今まで消去データだけで予想してたのが、血統やラップに興味を持ち予想するのが楽しくなった年でした(・∀・)

血統にラップはまだヒヨっこなのでしばらくは手探りな感じで試行錯誤していきますw

さて、ご挨拶だけじゃ物足りないという声が聞こえてクル━━━━━━( ゚Д゚)┛━━━━━━!!ので(笑)
今年最後は両金杯のデータで締めくくりましょう

今年GIで試して軸選びに大きく貢献した毎年1頭は来るよデータを来年はGI以外でも使えるかどうか試していきたいと思います。

まずは中山金杯から

【毎年必ず1頭は3着以内に来る条件】

【1】2000m以上に勝ち鞍
【2】前走掲示板
【3】重賞連対馬
【4】中山芝勝ち
【5】前走1800m以上
【6】芝2000mに勝ち鞍
【7】6歳以下
【8】中4週以内
【9】重賞勝ちかGI連対のある53キロ以上
【10】前走より斤量減なし
【11】9月以降3戦以下
【12】前走馬体重470キロ以上

【↑の条件のうち9つ以上該当する馬が毎年3着以内に1頭は来る】

出走出来そうな馬で9つ以上に該当する馬は

ユニバーサルバンク(10個)
 セイクリッドバレー(10個)
 コスモファントム (9個)
 オーシャンブルー (9個)


この4頭のうち1頭は3着以内にクル━━━━━━( ゚Д゚)┛━━━━━━!!・・予定ww


続いて京都金杯

【毎年必ず1頭は3着以内に来る条件】


【1】1800m以上に勝ち鞍
【2】前走重賞
【3】芝重賞連対実績
【4】前走掲示板
【5】前走1600m以上
【6】芝マイル勝ち鞍
【7】5歳以下
【8】関西馬
【9】5勝以上
【10】9月以降3戦以上
【11】中3週以内
【12】京都芝勝ち
【13】重賞経験馬

【↑の条件のうち10個以上該当する馬が毎年3着以内に1頭は来る】

出走予定馬で該当するのは

カルドブレッサ  (11)
 マイネルラクリマ (10)
 スマートギア   (10)
 ゼロス      (10)
 ハートビートソング (10)
 マックスドリーム (10)

人気薄が残った感wゼロスとカルドブレッサは中山に行きそう(^^ゞ


それではみなさん良いお年を+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
スポンサーサイト

京都金杯~攻略案①~

京都金杯血統

過去5年の血統データ

目に付くとこではサンデー系の活躍。ライブコンサート以外は全て父か母父がサンデー系となってますw
そしてノーザンダンサー系とサンデー系の組み合わせが非常に良く、ここ2年は1~3着独占。
この組み合わせはぜひとも押えておきたいところ(・∀・)
あとはミスプロ系を加えればほぼ間違いない(笑)

5代前までで見てみるとナスルーラ系の内包してる馬が多いのも特徴。
ナスルーラとボールドルーラー系内包馬にも要注目。

サンデー系で複数来てるのはディープとマンカフェが2回ずつ。
2代前までで複数回来てるノーザンダンサー系はニジンスキーが5回、ダンジグ、リファールが4回ずつ、サドラーズウェルズが3回。

この辺をふまえて有力どころでピックアップしてみると、

ガルボ      (父マンカフェ、母父ジェネラス【ニジンスキー】、ボールドネシアン内包)
レッドアリオン  (父タキオン、母父ダンシングブレーヴ【リファール】、ナスルーラ&ボールドルーラー内包)
トーセンレーヴ  (父ディープ、母父カーリアン【ニジンスキー】)
プレイズアトレイル(父ダイワメジャ、母父エルコン【ミスプロ系】、サドラーズウェルズ内包)
マイネルラクリマ (父チーフベアハート【ダンジグ】、母父サンデー、ボールドルーラー&ナスルーラ内包)
ネオウィズダム  (父ネオユニ、母父グレープトゥリーロード【ニジンスキー】)


登録馬が多いのでこれくらいで(^^ゞ

中山金杯~攻略案①~

まさかのしっちぃさんブログで紹介してもらうという
ありがたき幸せしかしながらプレッシャー(笑)がんばらねば(*`・ω・´)シャキーン

1年で唯一競馬のない週末w出走馬が確定しないとなかなか予想が難しいですが少しずつ金杯へ向けて準備をしていきましょう(・∀・)

中山金杯血統

過去5年の血統データ

面白い傾向としては父と母父の組み合わせ。
15頭中7頭来てる父サンデー系のうちタッチミー以外の6頭は母父ノーザンダンサー系。
3頭来てる父ミスプロ系は全て母父サンデー系。

サンデーxノーザンダンサーとミスプロxサンデーは注意が必要です(・∀・)
その他で見ると父ボールドルーラー系が2回、サドラーズウェルズ系が2回、トニービン系が1回とパワー、スタミナ型が優勢な感じ。
特にトニービンは4度出現、さらに5代前までにナスルーラ内包馬も5回とナスルーラ系にも要注目。

そして有馬記念でも同じような傾向でしたが亜流血統内包が非常に多いというのも特徴。
中でもパーソロン、ダマスカス、リボーあたりには注目。

とりあえず現時点で出走出来そうな馬の中で血統的にマッチしそうな馬をピックアップすると、

ゼロス       (父キンカメ、母父サンデー【ミスプロxサンデー】)
エキストラエンド  (セントサイモン&ファイントップ、ナスルーラー&ボールドルーラー内包)
フーラブライト   (母父マックイーン【パーソロン】)
サムソンズプライド (父メイショウサムソン【サドラーズウェルズ】)
ユニバーサルバンク (父ネオユニ、ジェベル&リュティエ&リボー内包)
ケイアイチョウサン (父ステイゴールド、ファイントップ内包)
ミッキーパンプキン (父ダンス、母父アルザオ【サンデーxリファール】)
カルドブレッサ   (父ジャンポケ【トニービン】、母父サンデー、ハイペリオン内包)


除外対象の中では、
サクラアルディート (父ディープ 、母父マルゼンスキー【サンデーxニジンスキー】、セントサイモン&ナスルーラ内包)
モンテエン     (父ロブロイ、母父トニービン、ハイペリオン内包)


除外対象ながら最注目はサクラアルディード☆彡
父がディープなのが今の中山向きじゃないかもしれませんがこの馬は上りのかかるレースでも好走してるので出て来たら要注意。同じく出て来れば面白そうなのがモンテエン。

他では力の要る馬場で、ネオユニに亜流血統豊富なユニバーサルバンク。
前行って粘れそうなサンデーxミスプロのゼロスと馬場悪くなってこそのサドラーズウェルズが生きるサムソンズプライド。
有馬でそのマッチ力をさらに見せつけて父ステイ、そして母父マックイーン再びwケイアイチョウサンとフーラブライト。

このあたりを血統データからの注目馬として挙げておきます(・∀・)

来年へ向けて~消去データ振り返り~

競馬がない週は寂しいもんですね~(^^ゞ
ですっかりブログ更新お休みしてしまってましたがボチボチ京都&中山両金杯に向けて予想していかないとw

とその前にまずは今年の消去データの成績を振り返って来年へ向けてステップアップさせないと(・∀・)

アメブロでやってる消去法データですが始めて早5年wなかなか思うような成果が出ません

とりあえず今年の成績

軸候補の連対率・・277頭中 76頭 .274
軸候補の複勝率・・277頭中 97頭 .350


軸候補のレース連対率・・99レース中 59レース .596
軸候補のレース複勝率・・99レース中 69レース .697


⇒基本的にはこの軸候補に残った馬が来てもらわないと困るんですが、なかなかそうもいかず(^^ゞ
 2013年は軸候補に残った馬は1レース平均2.8頭。理想は3頭残しでその3頭が1~3着独占w
 でも軸候補が3着独占したのはたったの99レース中、4レースのみ(苦笑)
 軸候補でワンツーも16レースと2割にも満たないのでもうそれはあまり期待してませんw

 来年は軸候補に残った馬が1頭は馬券圏内に来る確率を今年.697だったのを8割くらいまでに精度をあげたい。


○候補の連対率・・330頭中 66頭 .200
○候補の複勝率・・330頭中 99頭 .300

○候補のレース連対率・・99レース中 50レース .505
○候補のレース複勝率・・99レース中 63レース .636


⇒今年の特徴として減点2まで広げた○候補の好走が多かったこと。軸候補とほぼ遜色ない率(^^ゞ
 軸候補と○候補が全て圏外だったのは99レース中7レース(7.1%)のみ。基本どちらかは圏内に来るのだが
 問題はその中からどれが来るかをチョイスする能力がないということ(;一_一)

 ちなみに軸候補と○候補でワンツーは99レース中 50レース  .505
 
軸候補と○候補のボックスを買ってれば2レースに1回は的中してるという計算wなんとか平均で5頭くらいまで絞れれば
来年は馬連5頭ボックス買いを続けてみるのもいいかもしれない。


一方で減点6.5以上の消える馬は

消える馬の圏内・・367頭中 15頭 .041

去年の12頭を上回ってしまった_l ̄l○lll ガクッ
基本消える馬は買わないので出来るだけ0%に近づけたいところ。

参考のために消える馬で圏内に来た馬をピックアップすると・・

ヤマニンウイスカー(6.5)【京都金杯・ハンデ戦
マイネルストラーノ(10.5) 【共同通信杯・3歳戦
バッドボーイ   (12) 【毎日杯・3歳戦
プリンセスジャック(10.5) 【桜花賞・3歳戦
ピュアブリーゼ  (6.5)【福島牝馬S】
アポロソニック   (9) 【青葉賞・3歳戦】 
アポロソニック   (8) 【ダービー・3歳戦
ピークトラム    (7) 【新潟2歳S・2歳戦
エクセラントカーヴ(6.5)【京成杯AH・ハンデ戦
マヤノリュウジン  (8) 【スプリンターズS】
リラコサージュ  (7.5)【秋華賞・3歳戦
シャイニープリンス(13) 【富士S(3歳馬)】
スギノエンデバー  (8) 【京阪杯】
トーセンジョーダン (8) 【ジャパンカップ】
ウインバリアシオン (7) 【有馬記念】

多いのが2~3歳戦とハンデ戦。特に春の3歳戦は非常にデータクラッシュが多く難しい(^^ゞ
そしてハンデ戦は斤量データの線引きが非常に難しい・・

スプリンターズS、JCと有馬で消える馬が来てしまったのは反省せねばいかん。。。
古馬GIは出来るだけビシッと消し馬は来ないようにしないと(。-`ω´-)

来年は減点いくつから消し馬にするかな~8まで広げるとだいぶ拾えるようにはなるが消せる馬が減るのも困るし・・
もうちょい考えよう(^^ゞ

阪神C~回顧~

今年ラストもやっちまいましたよ・・_l ̄l○lll ガクッ
欲を出して3連複なんかで買うんじゃなかった(苦笑)



◎リアルインパクト  (1着)
○ダイワマッジョーレ  (7着)
▲マジンプロスパー   (12着)
★サダムパテック   (8着)
△ガルボ       (2着)

×サンカルロ      (4着)
 ラトルスネーク   (5着)
 スギノエンデバー  (9着)


8番人気に渾身の◎を打ったのは我ながら素晴らしい(笑)そして二桁人気のガルボもしっかり△の評価が出来たのに・・・
血統もラップもデータも中位評価のクラレントを拾えないとは(ノД`)・゜・。これは取らなアカン(>_<)

血統的には狙ったようにサンデー系が走り1~3着独占。ただノーザンダンサークロス持ちが2頭来たので馬場は土曜の傾向も考慮するべきだったか。

リアルインパクトはまさか逃げるとは思わなかった(^^ゞそしてコパノが逃げると35秒前後になると見てたけど、
そのコパノが逃げないとなればこの遅いペースも仕方ないかwそれにしても遅い(苦笑)

ラップ
12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0

35.0-34.8  前4F46.6  

10年以来の後傾ラップ。これでは行った行ったになりますね~w10年も逃げたレッドスパーダが2着で4番手からキンシャサが抜け出すという前残り。

リアルインパクトは今まで関西圏ではオール着外でしたが去年のマイルCSではムーア騎乗で0.3秒差に来ており
力を出し切れば好走も出来るんですね~展開が向いた可能性もありますがムーアマジックもさすがです(・∀・)

ガルボは2年連続2着。阪神1400mのペースや坂のあるコースが向くのとやはり冬場は得意ですね(笑)
前行って粘るタイプだけに岩田Jとのコンビも合うのでしょう。

ダイワはもうちょい距離があった方が良いんでしょう。それにこれで阪神2戦2圏外とコースが合わない説も浮上w
今後要観察。ただここでは切りたいけど切れないなぁ(^^ゞ

マジンは正直大外枠に嫌な予感があったんですが、こちらもデータで減点なしでこのコース得意とあっては切れない。
それなりの位置で伸びて来れなかったのはなんなのか・・ユーイチのコメントを聞きたいところ(苦笑)

サデムパテックは位置取りが悪く外に出すまでもたついたせいで脚を余した感。ワッコさんめw

サンカルロはホントこのコース走るw内でかなり詰まって最後しか脚使えなくての4着だけに外枠でスムーズなら3連覇もあったかもしれんw

ラトルは出遅れて中団まで押し上げたもののこちらも内でもたつき掲示板が精一杯。

サンカルロが上り最速、パテックとスネークが上り2位なので脚を余してなければもっと上位争いは際どかったと思います。

結果的には今年も関東馬のワンツー、前走マイルCS大敗馬とデータがズバリでした。これは来年も使える(・∀・)
クラレントも含めマイル重賞勝ちの馬のワンツスリーということで短距離馬よりマイル以上での実績を重視すべきでした。
さすればラトルとエンデバーの評価を下げクラレントを拾えたかもなぁ。。


まだまだ力不足ですが1歩ずつ手応えは掴めてる気はするのでwとにかく馬券力を磨いて実馬券の的中へ繋げていきたいと思います(・∀・)

阪神C~最終戦略~

さぁ2013年中央競馬もラストDAY
阪神Cが今年ラスト勝負!(中央ではw)

まずは土日の阪神芝好走血統から(1800m以下)

122122阪神血統

土曜と日曜で傾向が違って来てる印象。土曜はノーザンダンサー系の好走がちらほらあるものの日曜は減っている。
ノーザンダンサーのクロスがあるかないかで見たら一目瞭然w
土曜の方がやや力の要る馬場だったのか?日曜はサンデー系やミスプロ系、そして亜流血統が3着圏内に必ず来てました。
血統的にはノーザンダンサーのクロスを持たない亜流血統内包のサンデー、ミスプロ系に注目

サダムパテック・リアルインパクト・タマモナイスプレイ


保留してたラップからの見解をちょこっと(・∀・)阪神1400mは前傾ラップで上りがかかるというのが特徴。
そこで芝1200~1600m良馬場で前半33秒~35秒以下の前傾ラップで上り34秒以上のレースでの成績を見てみました。

★2勝以上or複勝率5割以上の馬

サンカルロ   【4・2・3・9】
ラインブラッド 【4・0・1・13】
マジンプロスパー【3・0・1・4】
スギノエンデバー【2・3・0・7】
ラトルスネーク 【2・1・0・2】
ダイワマジョーレ【1・1・0・0】
コパノリチャード【1・1・0・2】
ニンジャ    【1・1・0・2】


サンカルロはさすがの成績w3連覇は衰えがなければ可能性ありそうですが・・・(^^ゞ
上りのかかるレースが得意なマジンプロスパー、距離実績が気になるがエンデバーとラトルスネークは面白い存在。


続いて阪神芝1400m重賞のみの騎手データ(・∀・)
気になるとこだけピックアップw

福永 【3・2・2・12】
吉田豊【3・2・1・4】
武豊 【2・3・5・11】
岩田 【2・1・2・16】


浜中 【1・0・0・14】
幸  【1・1・0・19】
和田 【0・0・1・15】


サンカルロ効果で吉田豊の成績が抜群ww
他ではユーイチとユタカが5割近い複勝率。

人気のコパノとサダムは騎手が微妙(^^ゞ特にスグリンは短距離重賞は苦手傾向にあるのでコパノは疑いたいところ。
まぁスワンSで珍しく勝ってますがw

福永(マジンプロスパー)・武豊(エピセアローム)・吉田豊(サンカルロ)・岩田(ガルボ)

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は

8.5pt サダムパテック
 8 pt リアルインパクト
7.5pt コパノリチャード
 7 pt ダイワマッジョーレ
5.5pt クラレント
      ガルボ
      サンカルロ
 5 pt マジンプロスパー
      スギノエンデバー
      テイエムオオタカ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

4.5pt プリンセスメモリー
3.5pt エピセアローム
      ラトルスネーク
 3 pt タマモナイスプレイ

他1pt以下


◎リアルインパクト
○ダイワマッジョーレ
▲マジンプロスパー
★サダムパテック
△ガルボ


×サンカルロ
 ラトルスネーク
 スギノエンデバー

今年最後の本命はリアルインパクト
このレースはとにかく関東馬が強い不思議なレースwしかもマイルCS惨敗から巻き返した関東馬が非常に多く、
去年は1~3着独占★
ガルボとリアルインパクトと悩むとこですがアジアンを2歳王者に導き昨日のゴルシを3着に持ってきたムーアに最後を託しますw

対抗には素直にダイワマッジョーレ。今年は人気馬を嫌い散々痛い目を見たので実力あり蛯名がここイチで騎乗しに来てるだけにこれ以下には落とせない。

3番手はリーディング当確のユーイチが乗るマジンプロスパー。大外枠があまり成績良くないので3番手。
阪神1400mは合うと思うので勝ち切れなくとも圏内の可能性は高いとみます。

血統&データから最右翼なサダムパテックを惑星評価。騎手がユタカだったら本命でも良かったんですがww

去年2着で冬になると調子を上げるガルボも岩田で粘り込める可能性高し。

ちょっとジョッキー重視の予想になってしまいました(^^ゞ

×3頭も本来なら抑えたいとこですが有馬で持ってかれたのでそんなに買えない(*ノД`*)タハッ
5頭ボックスから軸を決めて×から1頭チョイスをするか買い方を最後まで悩みそうです(^^ゞ

有馬記念~回顧~

いやーオルフェーヴル強かった
シンボリクリスエスの9馬身差に次ぐ8馬身という大差w3コーナーからのマクリは凄かった
ホントこれで引退ってのが残念ですが、いつまでも競馬ファンに語り継がれるであろうレース&名馬でした(・∀・)

さて、予想の方ですがw

◎オルフェーヴル  (1着)
○ゴールドシップ   (3着)
▲ヴェルデグリーン  (10着)
★ダノンバラード  (15着)
△デスペラード   (7着)
△アドマイヤラクティ (11着)

×ウインバリアシオン (2着)
 ラブリーデイ    (12着)

応援 タマモベストプレイw(5着)

相変わらずの感じで以下省略ww

予想自体はまずまずといったとこですが馬券は万馬券狙いで撃沈(*ノД`*)タハッ

ゴールドシップはデータから3着圏内に来る唯一の馬として残ったものの、やはりメンタル面から全幅の信頼はおけず。。
素直にオルフェとゴルシの2軸で3連単が正解だったなぁ・・

期待した1枠2頭ですがヴェルデグリーンは力不足と真っ向勝負に行ったタナベーやんの騎乗ですかね(^^ゞ
オルフェと一緒にまくって行って勝負出来るほどの馬じゃないだろうにw
最内枠を生かして内でじっと我慢して直線勝負してもらいたかった。まぁそれでも4着くらいだったかもしれんがw

そういう点ではデスペラードは理想的な乗り方をしてくれました。さすがノリw
ただ詰まりましたね(^^ゞさすがノリww
終始内ラチ沿いを進み経済コースを通って差して来るというのをヴェルデにやって欲しかった。
まぁ内を突けば詰まるリスクもあるけどそれも競馬(ってノリが言ってたw)
最後脚を余して7着なのでスムーズなら3着争いに加われそうでした。

ダノンバラードは先行馬が軒並み大敗という結果から仕方ない感じ。
オルフェが早めに仕掛けたので先行馬には苦しい展開でしたかね。距離も長いのかも。

アドマイヤラクティは馬場が合わなかったようでスムーズ差を欠いて10着。
オルフェの上りが36秒で最速w軒並み37秒以上上りがかかってるとは(^^ゞかなり力の要る馬場だったんですね~。


そしてやはりこういう消耗戦では地力のある馬が上位に来るんですね~5頭いたGI連対馬のうちの3頭で決着ですからw
ウインバリアシオンは最後までオルフェの2着でしたが1年半近くの休み明けで3着からの中2週のローテで2着とは恐れ入りました
しかもオルフェと一緒に外を上がっていっての真向勝負でしたからね。このまま無事に行って来年のGI戦線を盛り上げてもらいたい。

メンタル不安のあったゴールドシップ。オルフェに外からかわされた時点でズルズル行ってもおかしくない中で、それでも3着を確保するあたりはさすがGI4勝馬。
あそこでオルフェより先に仕掛けて捲っていけてたら・・・そこが行けなかったのか行かなかったのかで来年以降どうなるか微妙なとこですね(^^ゞ

一番の驚きがタマモ君の5着(笑)今年のクラシックはずっと応援して買い続けてましたが、さすがに今回は厳しいと思って馬券は買いませんでしたがすごいw
早く適距離へ戻ってきてください(笑)

さて、今年ラスト勝負の阪神Cへ気持ちを切り替えましょうww

有馬記念~最終戦略~

いよいよグランプリ有馬記念当日
バッチリ当てたいですね~(・∀・)

まずは土曜と日曜の4Rの中山芝の好走血統を見てみましょう(1600m以上)

1221中山血統

目に付くところとしては父系がサンデー、ロベルト、ミスプロ、ジャンポケと偏った傾向が出てます。
父ノーザンダンサーがまだ出てないのも気になるところ。まぁ有馬は父ノーザンダンサー系いないのでいいんですがw

ただスタミナ要する馬場だけにサドラーズウェルズやニジンスキーなどノーザンダンサー系の助けは必要。
スタミナ必要でもサンデー系内包が9/12とサンデー系は外せないか。

午後に芝の中距離レースがあるのでもう少しチェック(・∀・)

この傾向を見て有馬記念出走馬の中から現馬場にマッチしそうな馬
 ⇒デスペラード   (父ネオユニ、母父トニービン、ロベルト内包)
  ヴェルデグリーン (父ジャンポケ、母父スペシャル、ニジンスキー内包)
  アドマイヤラクティ(父ハーツ、母父エリシオ、トニービン内包)
  ラブリーデイ   (父キンカメ、母父ダンス、トニービン内包)


この4頭は押えておきたい。

続いて中山芝2500m重賞のみの騎手データ(06年以降)

池添  【2・0・0・3】
ルメール【1・2・0・4】
Mデム 【1・1・1・3】
ウィリ 【0・0・2・1】
福永  【0・0・3・6】
武豊  【1・1・0・5】
和田  【0・0・0・0】
川田  【0・1・0・1】
岩田  【0・0・0・4】

蛯名  【4・0・1・7】
横山典 【1・1・1・9】
内田博 【1・0・1・4】
戸崎  【0・1・0・1】
柴田善 【0・0・1・12】
田辺  【0・0・0・3】
ムーア 【0・0・0・1】

騎乗数は少ないものの3人気以内では2戦2勝の池添。まぁジャーニーとオルフェですが(笑)
関東では蛯名が断然ここでもラブリーデイは要注意かw
あとはやはりというとこで外人J。ムーア以外w

⇒池添(オルフェーヴル)・蛯名(ラブリーデイ)

血統&データをポイントにして順位付けしたのがこちら

 9 pt オルフェーヴル
8.5pt ゴールドシップ
7.5pt ヴェルデグリーン
 7 pt ダノンバラード
6.5pt アドマイヤラクティ
 5 pt デスペラード
 4 pt ナカヤマナイト
3.5pt トーセンジョーダン
      タマモベストプレイ
      ラブイズブーシェ
 3 pt テイアムイナズマ
      ウインバリアシオン
      ルルーシュ
2.5pt トゥザグローリー
 1 pt カレンミロティック
0.5pt ラブリーデイ


◎オルフェーヴル
○ゴールドシップ
▲ヴェルデグリーン
★ダノンバラード
△デスペラード
△アドマイヤラクティ


×ウインバリアシオン
 ラブリーデイ

応援 タマモベストプレイw


今回は今年の総決算ということで自分の予想スタイルを全面的に信じてポイント上位の馬から順番に印をつけてみました(・∀・)

本命は引退レースとなるオルフェーヴル。
状態だけが不安視されますが血統&データ、実績に能力に文句なしでしょう。ラストランを飾ってもらいたいです。

対抗はオルフェと接戦に持ち込めるか大敗かであろうゴールドシップw
こちらも要は走る気になってるかどうかのメンタル的なところ。この辺は走ってみないと分からないので気にしないことにしました(笑)
データ的には3着圏内の可能性が一番高いので人気がそんなに伸びないなら逆に狙ってみたい。

馬券的には2強が来てしまうとお寒い感じですが致し方なし(^^ゞ

可能性低そうですが逆転の可能性があるとすれば1枠2頭。
ヴェルデグリーンとダノンバラードは中山重賞勝ちで秋天惨敗からのローテは穴を開けるパターン。
内でロスなく乗って、ロンスパのダノンと外から一気のヴェルデに期待。

血統的に狙ってみたいデスペラード。ノリが後方待機で直線一気なら2~3着拾えそう。
安定して上位に来るアドマイヤラクティまでが連対候補。

3着があるかもしれないバリアシオンとラブリーデイを押える。


馬券的にはオルフェとゴルシの2軸で3連単かどちらか一方がコケるパターンの3連複で勝負ですかね(・∀・)

阪神C~攻略案③~

拍手があるとちょっとやる気が出ますねw

では阪神Cの消去データを(・∀・)

*データは過去7年が対象

芝1400mの重賞連対がなく前走負けてる6歳以上 【0・0・0・16】
タマモナイスプレイ・ラインブラッド・ザッハトルテ

GI連対or芝1400m勝ちのない前走6着以下の4歳以上 【0・0・0・11】
エピセアローム・キングストリート

前走重賞以外の芝1800m以下で2人気以下 【0・0・0・25】
プリンセスメモリー・ザッハトルテ・ラインブラッド・ニンジャ・テイエムオオタカ・タマモナイスプレイ

前走重賞以外の芝1800m以下で負け 【0・0・0・21】
ザッハトルテ・ラインブラッド・ニンジャ・テイエムオオタカ・タマモナイスプレイ

重賞連対のない前走GⅢ以下で負け 【0・0・0・17】
ザッハトルテ・ラインブラッド・ラトルスネーク

前走GI以外の芝1800m以下で二桁人気 【0・0・0・14】
プリンセスメモリー・スギノエンデバー・キングストリート・ラインブラッド・サンカルロ・タマモナイスプレイ

前走GⅢ以下の1800m以下で6着以下 【0・0・0・30】
ニンジャ・タマモナイスプレイ・エピセアローム・ラインブラッド・ザッハトルテ・キングストリート

前走GⅢ以下の1800m以下で0.3秒以上負け 【0・0・0・34】
ラトルスネーク・ニンジャ・タマモナイスプレイ・エピセアローム・ザッハトルテ・ラインブラッド・キングストリート

阪神芝1400m重賞で3着以内のない前走1600m未満で0.3秒以上負け 【0・0・0・29】
ザッハトルテ・ラインブラッド・エピセアローム・タマモナイスプレイ・ニンジャ・ラトルスネーク

阪神芝1400m重賞で3着以内のない前走1600m未満で6着以下 【0・0・0・26】
ザッハトルテ・ラインブラッド・エピセアローム・タマモナイスプレイ・ニンジャ

重賞勝ちのない1600m以上で3着以内なし 【0・0・0・14】
ニンジャ

前走負けてる1600m以上で3着以内なし 【0・0・0・15】
ニンジャ・スギノエンデバー

1600m以上経験して3着以内なし 【0・0・0・17】
ニンジャ・スギノエンデバー

1600m以上に勝ちが無い前走6着以下 【0・0・0・16】
ザッハトルテ・ラトルスネーク・ニンジャ

前2走とも1400m以下で5着以下 【0・0・0・20】
ラトルスネーク・サンカルロ・ザッハトルテ

前2走とも1200m以下 【0・0・0・14】
スギノエンデバー・エピセアローム・ニンジャ

前走1200m以下で0.3秒以上負け 【0・0・0・21】
ラトルスネーク・ニンジャ・エピセアローム・ザッハトルテ・ラインブラッド

重賞3着以内実績のない馬 【0・0・0・19】
ザッハトルテ・ラインブラッド・ラトルスネーク

前走重賞以外の関東馬 【0・0・0・13】
プリンセスメモリー

GI連対のない中8週以上 【0・0・0・10】
タマモナイスプレイ

GI連対のない芝1400m着外5回以上 【0・0・0・14】
ガルボ・ラインブラッド・タマモナイスプレイ・ニンジャ

マイルGI3着以内のない今年5戦以下 【0・0・0・16】
エピセアローム・タマモナイスプレイ

マイルGI勝ちのない前走マイルCSで4着以下の関西馬 【0・0・0・14】
クラレント・コパノリチャード

前走マイルCSで4着以下の4歳以上の関西馬 【0・0・0・15】
クラレント・サダムパテック


前走460キロ以下 【0・0・0・8】
プリンセスメモリー・スギノエンデバー・ザッハトルテ・ダイワマッジョーレ

前走GI以外の1800m以下で二桁人気で二桁着順の4歳以上牡馬 【0・0・0・8】
キングストリート・タマモナイスプレイ

前走GI以外で負けてる7歳以上 【0・0・0・6】
タマモナイスプレイ・サンカルロ・ラインブラッド・キングストリート

重賞連対のない6歳以上 【0・0・0・6】
ザッハトルテ・ラインブラッド・タマモナイスプレイ

芝1400m勝ちのない前走負けてる6歳以上 【0・0・0・9】
キングストリート

1600m以上に勝ちがない牝馬 【0・0・0・8】
プリンセスメモリー・ザッハトルテ

前走GI以外で負けてる牝馬 【0・0・0・5】
エピセアローム・ザッハトルテ

重賞勝ちのない芝1400m初挑戦 【0・0・0・6】
キングストリート

阪神芝で3着以内のない関西馬 【0・0・0・5】
ダイワマッジョーレ・クラレント・ザッハトルテ

1400m以上の重賞勝ちのない今年5戦以下 【0・0・0・8】
エピセアローム・タマモナイスプレイ

重賞連対のない前走1200m以下で負け 【0・0・0・7】
ラトルスネーク・ラインブラッド・ザッハトルテ

重賞連対のない1600m以上で勝ちなし 【0・0・0・9】
ザッハトルテ・ラトルスネーク

前走GI以外の1800m以下で6着以下 【0・0・1・33】
ニンジャ・タマモナイスプレイ・サンカルロ・エピセアローム・ザッハトルテ・ラインブラッド・キングストリート

前走1600m未満で6着以下 【0・0・1・24】
ザッハトルテ・ラインブラッド・エピセアローム・サンカルロ・タマモナイスプレイ・ニンジャ


枠番
1枠 【1・0・0・12】
2枠 【1・1・1・11】
3枠 【0・0・0・14】
4枠 【0・1・1・12】
5枠 【1・1・0・12】
6枠 【0・0・0・14】
7枠 【3・3・3・11】
8枠 【1・2・1・17】


優勝馬データ
①3~5歳orGI連対馬
②前走重賞
③重賞連対実績
④前走1400m以下orGI連対馬
⑤阪神芝「勝ちor重賞3着以内」
⑥中6週以内
⑦前走「5着以内orGI」
⑨芝1400m「勝ちor着外1回以内」
⑩前走馬体重470キロ以上

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

消える馬・・ザッハトルテ(16.5) ・ラインブラッド(14.5) ・ニンジャ ・タマモナイスプレイ(14)
      エピセアローム(10) ・キングストリート(6.5) ・ラトルスネーク(8)


△減点4~6・・プリンセスメモリー(4) ・スギノエンデバー(4.5)

▲減点2.5~3.5・・2.5 クラレント  3.5 サンカルロ

○減点1~2・・1 ガルボ ・コパノリチャード ・サダムパテック ・ダイワマッジョーレ 
        2 テイエムオオタカ


◎軸候補・・0 マジンプロスパー ・リアルインパクト

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

優勝馬共通データ全てを満たすのは・・
 ⇒サダムパテック

次点・・・エピセアローム ・コパノリチャード ・テイエムオオタカ ・ラトルスネーク ・リアルインパクト

有馬記念~攻略案④~

グランプリ有馬記念をバッタバッタと斬っていきましょうw

*データは過去21年が対象

今年4戦以上してる前走馬体重マイナス10キロ以上の馬 【0・0・0・12】
ラブイズブーシェ

3ヶ月以上休み明けを除き前走プラマイ10キロ以上で3着以内 【0・0・0・11】
ウインバリアシオン・ラブイズブーシェ

前走GI以外の6歳以上の馬 【0・0・0・24】
トゥザグローリー

中山芝連対のない6歳以上 【0・0・0・16】
トゥザグローリー

中山芝重賞3着以内が1回以下の6歳以上 【0・0・0・28】
トーセンジョーダン

前々走GIで負けてる前走GI以外の4歳以上 【0・0・0・23】
ウインバリアシオン・トゥザグローリー

GⅡ以上に勝ちがない5歳以上 【0・0・0・24】
アドマイヤラクティ

秋天出走後にGI以外に出走してた5歳以上 【0・0・0・11】
トゥザグローリー

セン馬を除きGI連対or古馬重賞勝ちのない3歳馬 【0・0・0・12】
タマモベストプレイ・ラブリーデイ・テイエムイナズマ

○外とセン馬を除き2400m以上のGⅡ以上で3着以内のない3歳 【0・0・0・16】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ・ラブリーデイ

前走7着以下の3歳馬 【0・0・0・10】
テイエムイナズマ

前走GI勝ちを除き前走3番人気だった馬 【0・0・0・19】
カレンミロティック・タマモベストプレイ

GI勝ちのない2戦連続GI以外で4着以下 【0・0・0・10】
テイエムイナズマ

前走2秒以上負けてる牡馬 【0・0・0・16】
ダノンバラード

前3走とも6着以下 【0・0・0・21】
ナカヤマナイト

有馬3着以内or中山2200m以上の重賞勝ちのない前3走とも4着以下 【0・0・0・23】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ

GIor中山2200m以上の重賞勝ちのない前2走とも6着以下【0・0・0・23】
タマモベストプレイ

中山2200m以上の重賞3着以内のない前2走とも6人気以下 【0・0・0・23】
ラブイズブーシェ

GI連対か中山2200m以上の重賞3着以内のない前走6人気以下で6着以下 【0・0・0・15】
ルルーシュ・テイエムイナズマ

2400m以上のGIで3着以内のない中山芝経験して連対のない前走負け 【0・0・0・16】
ラブリーデイ・ルルーシュ・テイエムイナズマ

GI連対のない前走6着以下の5勝以下 【0・0・0・17】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ

GⅡ以上に連対なし 【0・0・0・14】
ラブイズブーシェ

前走4着以下の中2週以内 【0・0・0・16】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ・トゥザグローリー

9月以降2戦以下で前走GI以外で3人気以下 【0・0・0・16】
カレンミロティック・ウインバリアシオン・ラブリーデイ・ラブイズブーシェ

9月以降2戦以下の中2週以内 【0・0・0・10】
カレンミロティック・ウインバリアシオン・ラブリーデイ

年明け7戦以下の中2週以内 【0・0・0・19】
カレンミロティック・ウインバリアシオン・デスペラード・ラブリーデイ・トゥザグローリー

前年の有馬記念二桁着順でその後GI連対なしの馬 【0・0・0・14】
トゥザグローリー

中山芝重賞勝ちのない前走6着以下の関東馬 【0・0・0・14】
ルルーシュ

前走GI以外に出走してた7枠&8枠の馬 【0・0・0・27】
トゥザグローリー

当日2人気以下で7枠&8枠の関東馬 【0・0・0・24】
ナカヤマナイト

GI勝ちのない7枠&8枠の関東馬 【0・0・0・18】
ナカヤマナイト

前走ステイヤーズSのGI未勝利馬 【0・0・0・15】
デスペラード

2000m以上に勝ちがない前走2000m以下 【0・0・0・11】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ・ラブリーデイ

中山芝2000m以上の重賞で3着以内のない前走1800m以下【0・0・0・16】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ

今年2000m以上の重賞で連対のない前走二桁人気 【0・0・0・12】
トーセンジョーダン・ナカヤマナイト

今年2000m以上の重賞で連対のない前走GI以外 【0・0・0・23】
ウインバリアシオン・タマモベストプレイ・テイエムイナズマ・トゥザグローリー・ラブイズブーシェ

今年4戦以上して重賞連対がない馬 【0・0・0・22】
テイエムイナズマ

1年以内に芝重賞3着以内のない着外6回以上 【0・0・0・15】
テイエムイナズマ・トゥザグローリー

今年「GI勝ちor中山芝重賞3着以内」のない着外10回以上 【0・0・0・44】
テイエムイナズマ・トゥザグローリー・トーセンジョーダン

中山芝3回以上経験して連対がない馬 【0・0・0・12】
ルルーシュ・トゥザグローリー

中山芝経験して連対のない2200m以上に勝ちなし 【0・0・0・10】
ラブリーデイ・テイエムイナズマ

重賞5勝以上で前走日本のレースで7着以下 【0・0・0・13】
ゴールドシップ

前走福島競馬場 【0・0・0・11】
ラブイズブーシェ



GI連対のない2戦連続3着以下の3歳馬 【0・0・0・7】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ

前走1800m以下の3歳馬 【0・0・0・7】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ

GI勝or古馬重賞勝ちがない前走GI以外の3歳馬 【0・0・0・7】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ・ラブリーデイ

前走GⅢ以下で6着以下 【0・0・0・9】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ

前走GI以外で二桁着順 【0・0・0・6】
テイエムイナズマ

前年にGI3着以内がない今年3戦以内の馬 【0・0・0・7】
ウインバリアシオン・トゥザグローリー

前走1800m以下で6着以下 【0・0・0・8】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ

重賞勝ちのない前走2000m以下 【0・0・0・6】
ラブリーデイ・ラブイズブーシェ

今年2000m以上の重賞で連対がない前走二桁着順のGI未勝利【0・0・0・7】
テイエムイナズマ

2400m以上のGIで3着以内のない中山芝2回以上経験して連対のなし 【0・0・0・8】
ラブリーデイ・テイエムイナズマ・ルルーシュ

中山芝経験して「勝利か重賞連対」のない前走GI以外で負け 【0・0・0・6】
ラブリーデイ・ラブイズブーシェ・テイエムイナズマ・トゥザグローリー

重賞勝ちのない前走GI以外で2人気以下で2着以下 【0・0・0・9】
ラブリーデイ・ラブイズブーシェ

通算2勝以下 【0・0・0・6】
テイエムイナズマ・ラブリーデイ

前走3着以下で斤量増の馬 【0・0・0・5】
ウインバリアシオン・ラブイズブーシェ・テイエムイナズマ・トゥザグローリー

前2走とも4人気以下で連対してた馬 【0・0・0・5】
ラブリーデイ

2200m以上で連対がない4歳以上 【0・0・1・19】
ラブイズブーシェ

前走ステイヤーズSの馬 【0・0・1・16】
デスペラード

GIor中山2200m以上の重賞勝ちのない前3走とも4着以下 【0・0・1・25】
タマモベストプレイ・テイエムイナズマ・トゥザグローリー

秋天出走後にGI以外の出走してた馬 【0・0・1・16】
トゥザグローリー

★毎年必ず1頭は3着以内に来る条件

【1】2400m以上に勝ち鞍
【2】前走GIで5着以内
【3】前3走内にGI連対
【4】1年以内に中山芝重賞3着以内
【5】GI勝ち馬
【6】重賞3勝以上
【7】通算5勝以上
【8】4歳以下
【9】着外4回以内
【10】年明け6戦以上
【11】中8週以内
【12】前走2000m以上
【13】同年に重賞連対

【↑の条件のうち10個以上該当する馬が毎年3着以内に1頭は来る】

今年の該当馬ゴールドシップ(11個該当)のみ(^^ゞ

優勝馬データ
①3~5歳
②前走GIorGI馬
③GI連対or中山芝重賞勝ち
④中3週以上
⑤GⅡ以上に勝ち鞍
⑥2200m以上に勝ち鞍or中山GI勝ち
⑦前走芝
⑧前走日本のレース
⑨前走「GIor1人気」
⑩テン乗りじゃない騎手or外人騎手
⑪9月以降「2戦以内or重賞3着以内」
⑫1年以内に「GIか中山芝重賞で連対」or着外3回以内
⑬一桁馬番orGI連対馬
⑭前3走内に「GI3着以内orGⅡ勝ち」

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

消える馬・・テイエムイナズマ(22) ・トゥザグローリー(14.5) ・タマモベストプレイ(13) ・ラブリーデイ(11.5)
        ラブイズブーシェ(9) ・ウインバリアシオン(7)


△減点4~6・・ナカヤマナイト(5) ・カレンミロティック(4) ・ルルーシュ(4.5)

▲減点2.5~3.5・・2.5 デスペラード  3.5 トーセンジョーダン

○減点1~2・・1 ダノンバラード ・ゴールドシップ ・アドマイヤラクティ

◎軸候補・・0 オルフェーヴル ・ヴェルデグリーン

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

優勝馬共通データ全てを満たすのは・・
 ⇒ゴールドシップ ・ヴェルデグリーン ・ダノンバラード

次点・・オルフェーヴル

ラジオNIKKEI杯2歳S~回顧~

いや~・・・毎週毎週同じこと繰り返して進歩ないですね_l ̄l○lll ガクッ

◎モンドシャルナ   (6着)
○シンガン       (14着)
▲ミヤジジャスパー   (4着)
△ワンアンドオンリー  (1着)
★セセリ        (13着)

×サトノアラジン    (3着)
 ビップレボルシオン  (9着)
 アズマシャトル    (2着)

朝日杯に続き印付けた馬で決まったものの上位に取った馬が全滅と言うセンスのなさ(*ノД`*)タハッ

レースラップ
 63.6-60.7
(12.8-11.9-13.0-13.0-12.9-12.9-12.5-11.6-11.6-12.1)

 37.7-35.3  50.7 2.04.3

予想通りのスローw
本命にしたモンドシャルナは序盤から引っかかってましたね(;´Д`A ```休み明けでマイナス6キロが影響したのか・・
上りも35秒1と伸びきれず。応援してる馬だけに残念ですが次走が試金石。なんとかクラシックへw

勝ったワンアンドオンリーと2着のアズマシャトルは阪神芝で上り33秒台で連対していた馬。この2頭だけw
コース適性と瞬発戦にマッチしていたのが好走要因でしょうか。あとはルメールマジックww

アラジンはゴチャついたとこに入ってエンジンかかるのが遅かったかな~騎手の差でしょうかね(^^ゞ
そして11人気のミヤジジャスパーは惜しかった。位置取りが後ろ過ぎましたね。

距離にめどが立ったタガノグランパは次走注目です。

血統的には結局父サンデー系が1~3着独占と傾向そのままでしたw

来年からはホープフルSと京都2歳Sへ移行になるためラジオNIKKEI杯は消滅
また消去データが使えなくなるハァ━(-д-;)━ァ...


さて、明日の有馬記念へ向けて気持ち切り替えるぞー(*`・ω・´)シャキーン

ラジオNIKKEI杯2歳S~最終戦略~

~攻略案①~
~攻略案②~
~攻略案③~

阪神芝2000m重賞のみの騎手データ(06年以降)

福永  【4・2・3・10】(3人気以内【4・0・3・2】
武豊  【4・2・1・12】
池添  【3・0・1・10】(4人気以下【0・0・0・9】
川田  【2・1・2・14】(3人気以内【1・1・1・1】)
ルメール【1・0・1・4】
浜中  【1・3・1・9】
ウィリ 【1・1・0・6】
岩田  【0・3・3・16】
幸   【0・1・1・15】
高倉  【0・0・1・3】
北村友 【0・0・0・6】
松山  【0・0・0・3】
川須  【0・0・0・3】
戸崎  【0・0・0・1】
後藤  【  初  】

特注はユーイチ特に人気馬に乗ったら信頼度抜群w1人気であろうモンドシャルナには追い風☆彡
同じく池添も3人気以内では【3・0・1・1】と抜群も4人気以下でオール圏外(苦笑)ミヤジは人気がないと・・w
他ではゆーがとユタカが相性良し。

注目騎手
 ⇒福永(モンドシャルナ)・武豊(テイエムナデューラ)・川田(セセリ)・池添(ミヤジジャスパー)

血統&ラップ&消去データでの評価をポイント化しまとめた順位がこちら(・∀・)

8.5pt モンドシャルナ
 8 pt ミヤジジャスパー
7.5pt シンガン
7.2pt ビップレボルシオン
 7 pt セセリ
      サトノアラジン
 6 pt マイネルフロスト
 6 pt アズマシャトル
 4 pt ワンアンドオンリー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

3.2pt ダノマッキンリー

他3pt以下


◎モンドシャルナ
○シンガン
▲ミヤジジャスパー
△ワンアンドオンリー
★セセリ


×サトノアラジン
 ビップレボルシオン
 アズマシャトル

本命はモンドシャルナ(・∀・)
ローテだけがネックですがその他は血統&データ、前走のラップとほぼ満点なのと調教も良かったみたいなのでここは期待を込めての◎(・∀・)
セセリと悩むとこですが、やはりラジNIKEは父サンデー系を軸にする方が良いと思いモンドシャルナへ。
鞍上ユーイチの相性の良さにも期待w

枠順決まる前まではセセリ対抗と思ってましたがモンドもセセリも外枠を引いてしまったため変更(^^ゞ
過去に二桁馬番が2頭絡んだことがなく、モンドを軸にしたら相手は内にしたいということで惑星★評価。
前走新馬同士のワンツーもなくこの2頭はどっちか軸にしたらどっちか評価落とすしかないのかなぁ(苦笑)

相手は内枠からw
対抗には内を引いたシンガン。岩田騎乗である程度先行すると思うので、雨降って明日は馬場がやや時計掛かりそうなので前残りに期待。

3番手はミヤジジャスパー。血統から父父が米国血統で母父スペシャルは去年のエピファネイアと同じ。
ノーザンテーストにニジンスキーで時計掛かっても大丈夫そうで消去データも減点なしと有力。

△は最内のワンアンドオンリー。
意外と人気になっちゃってますがルメールなんで仕方なしか(^^ゞ前走は中盤緩まずの流れが向かなかったとみて
未勝利戦で好走したようにスローの瞬発戦なら出番あるかも。内からロスなく抜けて来れれば。

まとめて負かすなら★セセリでしょう。おそらく前に行くと思われるし前走のように逃げた上り34秒台でまとめたらたぶん逃げ切る可能性大w

あとは内枠引いて内でガマンして直線馬群割ってくればスローの瞬発戦はもってこいのサトノアラジン。外回したらたぶん届かない(^^ゞ

外枠引かなければもうちょい評価したかったビップレボルシオンも差し脚強烈なだけにうまく乗れば圏内に来る可能性は高そう。リボーの血が馬場渋って生きて来る。

穴なら新馬戦でスローを33秒台で差し切ったアズマシャトルか。


馬券はモンドシャルナから行きたいところだが、やはり今の馬場だと後方から脚質だけにちょっと不安(^^ゞ
明日の馬場次第でセセリとの2軸馬連も視野にwただモンドとセセリの組み合わせは買いたくないかなぁww

ラジオNIKKEI杯2歳S~攻略案③~

出走馬も確定したので消去データでバッサリ消していきましょう(・∀・)

*データは過去16年が対象

前走440キロ以下 【0・0・0・14】
テイエムナデューラ

前走6着以下のキャリア5戦以上 【0・0・0・13】
ワンアンドオンリー・ファイトバック

前走未勝利戦のキャリア4戦以上 【0・0・0・12】
ロングリバイバル

前走2人気以下で2着以下のキャリア2戦 【0・0・0・13】
ダノンマッキンレー・ストロベリーキング・アズマシャトル

1800m以上に勝ちがない前走GI以外で2人気以下のキャリア5戦以下【0・0・0・27】
アズマシャトル・ダノンマッキンレー・テイエムナデューラ・ファイトバック・ワンアンドオンリー

前走GI以外で6着以下 【0・0・0・18】
ワンアンドオンリー・ファイトバック・テイエムナデューラ・ストロベリーキング

前走重賞以外で4着以下 【0・0・0・31】
ストロベリーキング・テイエムナデューラ・ファイトバック

前走条件戦で3着以下 【0・0・0・26】
ファイトバック・テイエムナデューラ・ストロベリーキング・ダノンマッキンレー

OPクラス連対のない前走6着以下 【0・0・0・20】
ファイトバック・テイエムナデューラ・ストロベリーキング

前走GI以外で0.7秒以上負け 【0・0・0・23】
マイネルフロスト・ファイトバック・テイエムナデューラ・ストロベリーキング

デビュー戦6人気以下&6着以下 【0・0・0・28】
ワンアンドオンリー

前走GIor1800m以上の重賞以外で2人気以下の3着以下 【0・0・0・35】
ファイトバック・テイエムナデューラ・ストロベリーキング・ダノンマッキンレー

前走GIor1800m以上の重賞以外で6人気以下で負け 【0・0・0・21】
ストロベリーキング・ダノンマッキンレー・テイエムナデューラ・ファイトバック

前走GIor1800m以上の重賞以外で3人気以下で負けてる着外経験馬【0・0・0・31】
ファイトバック・テイエムナデューラ・ダノンマッキンレー・ストロベリーキング

前走GIor1800m以上の重賞以外で3着以下の着外2回以上 【0・0・0・23】
ファイトバック・テイエムナデューラ

重賞連対がなく前走3着以下の1800m以上未経験の馬 【0・0・0・12】
ファイトバック・テイエムナデューラ・ダノンマッキンレー

1800m以上に勝ちがない前走GI以外で3着以下 【0・0・0・25】
サトノアラジン・ダノンマッキンレー・ファイトバック・テイエムナデューラ・ワンアンドオンリー

前2走内に重賞以外の1600m以下で4着以下あり(降着は除く) 【0・0・0・29】
ロングリバイバル・ファイトバック・テイエムナデューラ・ストロベリーキング

前走新馬、未勝利戦で4人気以下 【0・0・0・20】
ビップレボルシオン

5着以下経験のある前走未勝利戦 【0・0・0・24】
ロングリバイバル

着外4回以上 【0・0・0・16】
ロングリバイバル・ファイトバック

キャリア2戦以上の前走ダート 【0・0・0・16】
ロングリバイバル

敗戦経験のある芝未勝利 【0・0・0・13】
ロングリバイバル

デビューが小倉or福島or新潟or中京競馬場だった馬 【0・0・0・29】
サトノアラジン・ロングリバイバル・ワンアンドオンリー

前走重賞以外の中7週以上 【0・0・0・10】
モンドシャルナ・デリッツァモーネ

重賞連対のない中7週以上 【0・0・0・11】
モンドシャルナ・マイネルフロスト・デリッツァモーネ

前走9頭立て以下で3人気以下 【0・0・0・24】
デリッツァモーネ


前走上がり4位以下のキャリア2戦以下 【0・0・0・9】
ダノンマッキンレー・タガノグランパ

前走1400m以下で0.7秒以内で勝ってた馬 【0・0・0・5】
タガノグランパ

1600m以上未経験馬 【0・0・0・6】
タガノグランパ

中4週以上の前走未勝利戦 【0・0・0・6】
シンガン

・・減点1
・・減点0.5


枠番
1枠 【1・2・1・13】
2枠 【5・3・2・12】
3枠 【2・1・3・17】
4枠 【2・2・2・20】
5枠 【3・0・1・23】
6枠 【1・4・6・19】
7枠 【1・1・1・27】
8枠 【1・3・0・25】

優勝馬データ
①キャリア4戦以下or前走連対
②前走「3着以内orGI」
③中3週以内or重賞勝ち
④前走2人気以内or連対率100%or前走GI
⑤1800m以上に勝ち鞍orキャリア4戦以上
⑥前走1800以上orキャリア4戦以上
⑦前走「条件戦以上or2000m以上」
⑧デビュー戦が東京・京都・阪神・北海道
⑨芝勝ち鞍

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

消える馬・・ストロベリーキング(10) ・テイエムナデューラ(14) ・ファイトバック(15) ・ロングリバイバル(7) ・ダノンマッキンレー(8.5)

△減点4~6・・ワンアンドオンリー(6)

▲減点2.5~3.5・・3 デリッツァモーネ

○減点1~2・・1 ビップレボルシオン 1.5 タガノグランパ
          2 アズマシャトル ・サトノアラジン ・マイネルフロスト ・モンドシャルナ


◎軸候補・・0 セセリ ・ミヤジジャスパー 0.5 シンガン

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

優勝馬共通データ全てを満たすのは・・
 ⇒セセリ

次点・・モンドシャルナ ・ミヤジジャスパー

有馬記念~攻略案③~

さて、有馬記念の枠順が発表されたので昨日の枠順データと照らし合わせてみましょう(・∀・)

まずフルゲートとなったので15番と16番のデータから

15番【0・0・0・10】 ⇒ナカヤマナイト
16番【0・0・0・8】 ⇒トーセンジョーダン


ナカヤマナイトは去年に続きまたしても8枠とツイてない(苦笑)
さらに関東馬の7.8枠も厳しいのでナカヤマナイトはかなり消しの方向へ(^^ゞ


★GI勝ちのない7枠&8枠の関東馬 【0・0・0・18】⇒ナカヤマナイト


続いてこちら

★前走GI以外に出走してた7枠&8枠の馬 【0・0・0・27】⇒トゥザグローリー


7.8枠で圏内に来た馬の3つの好走データは
①単勝倍率一ケタ台
②逃げ馬
③中山2500mの重賞3着以内実績


これをクリアしそうなのはおそらく単勝一桁人気になるであろうゴールドシップ
逃げる可能性がありそうなトーセンジョーダンか。

ここでもナイトとトゥザは脱落wデータからはこの2頭は軽視方向で。


オマケの騎手データ

*過去24年

★乗り替わり 【3・6・7・102】

★継続騎乗  【21・18・17・177】

★テン乗り   【1・2・3・58】


継続騎乗が優勢ですね。特にテン乗りは厳しいようで勝ったのはヴィクトワールピサで勝ったミルコ(・∀・)


★日本人騎手のテン乗り 【0・2・1・41】⇒ラブイズブーシェ・カレンミロティック

★継続騎乗の外国人騎手 【4・2・1・6】 ⇒アドマイヤラクティ


ラクティは注意が必要ですかね。

有馬記念~攻略案②~

今回は枠順に注目した消去データを見ていきましょう(・∀・)

枠順データ
(過去23年)

1枠 【4・4・2・23】
2枠 【2・3・4・27】
3枠 【2・5・4・28】
4枠 【5・3・3・33】
5枠 【3・4・2・35】
6枠 【1・0・5・40】
7枠 【4・2・3・37】
8枠 【2・2・0・42】 


コーナーを6回周るとあってやはり内枠が有利。ただ7枠だけはなぜか好走が多い(^^ゞ7枠の考察はまた後程w
しかし6枠は相性が悪く一昨年にオルフェが勝ったのみ。

6枠で人気になって負けた馬
ナリブー・ヒシアマゾン・ホクトベガ・ファビラスラビン・ステイゴールド・ジャングルポケット・ザッツザプレンティ
デルタブルース・ヒシミラクル・サムソン・ゴッホ・ドリームジャーニー・トーセンジョーダン


数々のGI馬が圏外へw
オルフェが勝つまで20年以上連対すらなかったので「6枠の呪い」と勝手に呼んでましたが(笑)


そして8枠もやはり不利なのは否めない

23年で連絡みはわずか4頭

93年 ビワハヤヒデ    1人気
03年 シンボリクリスエス 1人気
08年 ダイワスカーレット 1人気
    アドマイヤモナーク 14人気


アドマイヤモナーク以外は1人気。
モナークの場合逃げたスカーレットを倒しにいった馬がことごとく沈んで、終始最後方を進み大外ブン回して
2着に届いたので参考外?(笑)

外枠入ったらやはり実力がないと厳しいという見解でいいのかも。

ちなみに15番か16番で8枠だった馬の成績を見ると・・・

15番【0・0・0・10】
16番【0・0・0・8】


意外とフルゲートの16頭立てになってる回数が少ないのでなんとも微妙ですが過去23年では3着以内に来てませんね~(^^ゞ
もうちょい遡ると89年にイナリワンが15番で勝ってはいますがw

15&16番で5番人気以内に支持されて着外に沈んだ馬をあげてみると・・・

91年 15番メジロライアン  5人気 12着
92年 16番ライスシャワー  2人気  8着
97年 15番メジロドーベル  3人気  8着
05年 15番デルタブルース  3人気 11着
07年 16番ウオッカ      3人気 11着
09年 16番フォゲッタブル  4人気  4着
12年 15番ナカヤマナイト  5人気  7着


名だたるGI馬も圏外へ。

今年はいまのとこフルゲートになりそうなので大外に入った馬は危険な感じですね~(^^ゞ


ここで外枠不利がさらに顕著に出る仕分けをしてみます(・∀・)

まずは「関東馬」です(・∀・)

過去23年関東馬の枠順成績を見てみると・・・
1枠【2・2・0・4】
2枠【1・0・4・13】
3枠【0・1・2・7】
4枠【3・0・2・14】
5枠【0・1・0・11】
6枠【0・0・2・8】
7枠【0・0・1・10】
8枠【1・0・0・19】 


6枠より外で連に絡んだのはわずか1頭だけw引退レースで9馬身ぶっちぎったシンボリクリスエスのみ(^^ゞ
ちなみに5枠で連に絡んだのも重勝6連勝中でデビュー以来パーフェクト連対だったヒシアマゾンと歴史的名馬2頭。

4枠より内では6頭もの勝ち馬が出てるだけに今年のメンツを見る限り関東馬は内枠じゃなきゃ要らないと思いますw

続いて「前走がGIじゃなかった馬」の枠番成績を見るとこちらも外枠不利が見えてくる。

1枠【1・0・0・9】
2枠【0・0・1・12】
3枠【0・0・2・6】
4枠【1・0・0・8】
5枠【1・1・0・8】
6枠【0・0・2・11】
7枠【0・0・0・14】
8枠【0・0・0・14】 


7・8枠は全滅ですw
まぁ3着以内に来てる数自体が少ないので微妙ではありますが(^^ゞ

GI以外から経由してくる馬では外枠で勝ちきる力はないということですかね~
今年は前走GI以外が半数近くいるので枠順には注目。


最後に前述したように7枠が【4・2・3・37】と意外に好成績なので
圏内9頭の共通項がないか探って見たところ3つのキーワードを発見☆彡

①単勝倍率一ケタ台
②逃げ馬
③中山2500mの重賞3着以内実績


①ホワイトストーン・ナリブー・マーベラスサンデー・ジャスティス・ドトウ・ゴールドシップ
②トップガン
③ナイスネイチャ・リンカーン

GIで連対出来て当日人気になる馬やコース得意な馬は要チェック(・∀・)

有馬記念~攻略案①~

ようやく有馬記念の予想に取り掛かりますw

長距離戦のラップはイマイチ分からないので(短~中距離もわかってるのか微妙ですが/笑)
有馬記念は血統データと消去データの2つで考察していきます(・∀・)

有馬記念血統

過去6年の血統データ

先週の朝日杯では父サンデー系が不振でこの時期の中山芝はパワー型が優勢なのかと思いきや、有馬記念は父サンデー系の好走が目立ちます。ただいま9連勝中w
勝ち馬はサンデー系から狙うのがベターでしょう。

そしてここ最近のトレンドはなんといってもステイっ仔(・∀・)
有馬記念のステイ産駒は【3・1・0・4】と連対率5割w去年はワンツーと抜群の相性ですね。

同じくここ3年連続3着に来てるキンカメ産駒も注意が必要か。

母父や父母、母母の2代前で見てみるとノーザンダンサー系、特にノーザンテースト活躍が目につきます。
さらにパーソロン、ファイントップ、ハイペリオンなどいわゆる亜流系が非常に多く他の重賞ではなかなかない感じが有馬独特なのでしょうか。
他ではエタン、ボールドルーラー、グレイソヴリン系も気になるところです。


この辺を踏まえて今年の出走馬から注目馬を挙げてみると

オルフェーヴル   (父ステイゴールド、ノーザンテースト、パーソロン&ファイントップ)
ゴールドシップ   (父ステイゴールド、ノーザンダンサー、パーソロン&ファイントップ)
タマモベストプレイ (父フジキセキ、  ノーザンテースト、ファイントップ&ハイペリオン&インリアリティ)
ナカヤマナイト   (父ステイゴールド、ファイントップ、ノーザンテースト内包)
ラブイズブーシェ  (父マンハッタンカフェ、パーソロン&リボー)
アドマイヤラクティ (父ハーツクライ、ノーザンダンサー、トニービン&ボールドルーラー)
デスペラード    (父ネオユニヴァース、トニービン&エタン)


トゥザグローリー  (父キングカメハメハ、母父サンデー、ノーザンダンサー&エタン)
ラブリーデイ    (父キングカメハメハ、母父ダンスインザダーク、ノーザンダンサー&トニービン)


今年は血統的に有馬記念にマッチしそうな馬が多い(苦笑)
軸は万全ならオルフェかゴルシでOKでしょうけど、相手は意外と混戦模様でどこからでも狙えそう(^^ゞ

阪神C~攻略案②~

阪神Cラップ

過去6年のラップデータ

10年だけわずかに後傾ラップですが基本は前傾ラップ。
中盤も11秒台連発で緩むことなく行くため持続戦になり上りが平均35秒台とかかる感じ。

過去6年で上り1位で勝ったのは去年のサンカルロだけ。血統データでも触れたようにキレるスピードより
長くいい脚が使えるスタミナも必要なレース。

マイルCS敗退馬が良く来るというのはマイルでも勝負になるような馬じゃないといけないという裏返しかw
データでも06年以降の過去7年の3着以内21頭中1600m以上に勝ちがなかったのはわずか2頭だけ。
基本マイル勝ちの実績は欲しいところ。

後傾ラップだった10年こそ逃げ馬が2着で前有利でしたが、それ以外は差が結構決まる感じで中団から安定して34秒台の上りを使える馬が好走してます。
09年はさすがにハイペースで追い込み馬決着でしたがw

ただ今年の出走馬を見てみると逃げるのはコパノリチャードでほぼ決まりな気配。
となるとこの馬は前半35秒台で逃げるのが特徴。今年のマイルCSも例年は34秒台なのが今年は35秒1、
前々走のスワンSも35秒3とペースを落として逃げ粘ってます。

なので阪神Cもコパノリチャードが出てくるなら後傾ラップになって前残りの展開も視野に入れないといけないかもしれない(^^ゞ

ということでラップからの狙い馬は出走馬確定するまでちょっと保留にしておきます(笑)

阪神C~攻略案①~

阪神C血統2


過去5年の血統データ

短距離重賞にしては珍しく父サンデー系の好走が目立つレースw同じ条件の阪急杯を見てみたらそんなサンデー系が走ってなかっただけに阪神Cだけの傾向らしい(^^ゞ

ただサンデー系でもフジキセキ、ダンス、アドベガ、マンカフェなどキレッキレというよりはやはりややパワーよりのサンデー系が連対してる感じ。

母父もリボーやグレイソヴリン系にミスプロ系でもミスワキやクラフティプロスペクターなどダート血統の活躍が目立つのでスピードに加えスタミナも必要なのでしょう。

そして短距離では安定のノーザンダンサーの活躍w父母、母母にノーザンダンサー系は必須ですね。
注目は米国血統のノーザンダンサー系。毎年1頭は3着以内に来てます。

もう1つの注目はインリアリティとハイペリオンの好走が多いこと。まぁサンカルロとキンシャサの影響が大きいですが(^^ゞ

ということで今年の出走馬を見て推奨馬を挙げてみると、

サダムパテック  (父フジキセキ、インリアリティ内包)
エピセアローム    (父ダイワメジャー、米国ノーザンダンサー系)
サンカルロ     (父シンボリクリスエス、米国ノーザンダンサー系)
サダムパテック   (父フジキセキ、インリアリティ内包)
クラレント      (父ダンスインザダーク、ハイペリオン内包)
ガルボ        (父マンハッタンカフェ、リボー、加ノーザンダンサー系)
タマモナイスプレイ (父フジキセキ、インリアリティ内包)
ダイワマッジョーレ (父ダイワメジャー、母父リボー系、ハイペリオン内包)
コパノリチャード   (父ダイワメジャー、母父トニービン、ハイペリオン内包)


ひとまずこの辺をピックアップしておきます。
例年ではマイルCSで大きく負けた馬が好走するレースですが、今年のマイルCSは父サンデー系が上位独占だったので今年はリンクするかもしれませんw

ラジオNIKKEI杯2歳S~攻略案②~

ラジNIKEラップ

過去5年のラップデータ

08年リーチザクラウンが逃げた年だけ中盤緩みが少なく前傾ラップ、去年は稍重と少頭数が影響した感じで極端なドスローwとこの2年は行った行ったの前残りですが、
基本は前半61~62秒のスローペースで3コーナー過ぎの下り坂、残り800mからペース上がっての上り勝負。

ポイントとしては
①スローペースでしっかり折り合って最後まで脚を使えるか。
②3コーナーのペースアップについて行ってある程度前で直線を迎えられるか。
③内枠の先行馬が有利、もしくは内でガマンして直線抜けて来る差し馬。


過去5年、二桁馬番で連対したのは2番手追走したコスモファントムのみ。まぁ去年と08年は頭数が少なかったので除外しても内が有利は間違いない。

唯一4角二桁ポジションで連対したダノンバラードも8番、8番手から差したピサも3番と一桁馬番。
後方から連対したゴールドシップはおなじみの3コーナーからの強引なマクリwあれくらいのロンスパが出来ないと外枠の差し馬は厳しくなりそうですね(・∀・)

となるとやはり1800m以上のスローペースで好走してきた馬がラップデータ的には推奨しておきたい。
過去5年で前走1600mから連対したのはリーチだが前走は前半3Fが36秒、1000mが60秒1と
マイルとは思えないスローペースだったという点が本番のラップと似ていたため好走出来たのでは。

3着に入ったコティリオンも同じようなスローなマイル戦からだったので速いペースで好走してきた馬はやや割引きたい。

今年のレースを見てみると千両賞や東スポ杯、萩Sあたりはマッチしない感じ。
タガノグランパも能力ありそうだが新馬戦の流れはこのレース向きではないような。。

人気になりそうなデリッツァリモーネは持続力戦の方が得意な感じで瞬発戦でどうか。

推奨馬としては

差し馬
モンドシャルナ
ミヤジジャスパー
ビップレボルシオン


逃げ・先行馬
セセリ
シンガン


新馬戦でスローを後方から進み3コーナーからポジション上げて差し切ったモンドシャルナは非常にマッチすると思われます。
同じレースで3着、前走もスローからの上り勝負を差し切ったミヤジジャスパーも面白い存在(・∀・)

前走がスローの上り勝負だったビップレボルシオン。
ただポジションが後ろ過ぎる可能性があるので軸には出来ないか(^^ゞ

前に行く馬ではスローペースを逃げ・先行して上り34秒台で踏ん張った2頭をチョイス(・∀・)

穴なら阪神の未勝利戦、スローのマイルで差し切ったワンアンドオンリーか。

あとは枠順が内になるのを期待しましょう(笑)

ラジオNIKKEI杯2歳S~攻略案①~

いよいよ今年の中央競馬も今週でラストとなりました
終わりよければすべて良しといきたいところ(笑)

今週はラジNIKEと阪神C、そしてグランプリ有馬記念の予想をしていきたいと思います(・∀・)

まずは土曜日のラジオNIKKEI杯2歳Sから

ラジNIKE血統

過去5年の血統データ

完全なる父サンデー系の独壇場w13/15、父非サンデー系がエピファネイアとコスモファントムの2頭だけ。

その2頭も父はアメリカ血統なので過去5年の3着以内馬の父は全てアメリカ血統ということになります。

サンデー系の内訳を見てみると

ディープインパクト・・4頭
ネオユニヴァース ・・3頭
スペシャルウィーク・・2頭

フジキセキ、ステイゴールド、アグネスタキオン、マンハッタンカフェ各1頭ずつ。

複数来てる3頭には注目したいところ。

その他で目に付くとこではボールドルーラー系。内包馬が毎年1頭は3着以内に来てます。

ポイント
①父が米国血統
②父サンデー系(ディープ、ネオユニ、スペシャルならさらに良し)
③ボールドルーラー系内包

出走予定馬の中から注目馬を挙げてみると

サトノアラジン  【父ディープインパクト(サンデーサイレンス・米)、ボールドルーラー内包】
モンドシャルナ  【父ネオユニヴァース (サンデーサイレンス・米)】


サンデー系からはこの2頭が気になるところ。父サンデー系以外では

シンガン     【父インヴァインシブルスピリット(グリーンデザート・米)ボールドリーズン(ボールドルーラー系)内包】
ロングリバイバル 【父クロフネ(フレンチデピュティ・米)、ボールドルーラー内包】


こちらの2頭を挙げておきます(・∀・)

朝日杯FS~回顧~

いや~・・取り逃がした感

◎プレイアンドリアル (7着)
○アジアエクスプレス (1着)
▲アトム        (5着)
△ウインフルブルーム (3着)
★ツィンクルソード  (11着)
×ショウナンアチーヴ (2着)
 サトノロブロイ   (8着)

先週に引き続き印付けた馬で決着したものの外れるという。。シンプルにこの7頭のボックスにすれば良かったのだが資金不足(*ノД`*)タハッ

しかしやはり本命が来ない時点で力不足なので仕方ない。でもアジアン軸にするのは結構チャレンジだよなぁ(苦笑)
でも1~3着馬とも推し材料を結構書いていたので予想自体はレベルアップしてきてる気はするw

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

攻略案③から
あとは芝適性が未知数ですがダートの速い流れを前受けで押し切れるアジアエクスプレスが一発の可能性を秘めてそうです。

土曜の馬場傾向から
サンデー系xノーザンダンサー系(ノーザンテースト)にグレイソヴリン系内包に注目して朝日杯出走馬で見てみると・・アジアエクスプレス(母父グレイソヴリン系)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

攻略案①から
まず注目は母父サンデーが現在5連勝中ということ。
ということは必然的に父サンデー系が不振ということww過去5年で父サンデー系が2着2回の3着1回、3/15。
中山マイルという条件が持続力戦でラストに急坂があるということでスピードだけではなくスタミナも必要とされるからなのか。
とりあえずノーザンダンサー系は内包しておきたいところ。中でもサドラーズウェルズやヌレイエフ、ニジンスキーが目立つ。
父ショウナンカンプがマイルで未知数ですがニジンスキーにサドラーズウェルズ内包してるショウナンアチーヴは有力とみます(・∀・)


騎手データから
⇒その中で目立つ成績は5回騎乗で2回勝ってるミルコと最多3勝のごっつぁんか。
注目騎手⇒Mデムーロ(マイネルディアベル)・後藤(ショウナンアチーヴ) 


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

攻略案②から
ラップ分析から好走ポイントをまとめてみると、
①前半34秒台のスピードについていけてある程度前目のポジションが取れる
②前目のポジションから押し切れるスタミナ(マイル以上での勝ち鞍あり)
ウインフルブルーム
 ⇒行き脚はそれほど速くはなさそうだが前目からそれなりの上りでまとめられそうで2~3着なら


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

あとはこれを馬券に結びつける馬券力なんですが・・・そこが皆無_l ̄l○lll ガクッ


レース回顧~ラップ

前4F-後4F         前3F-後3F  1000m   タイム   連対馬上り    位置取り
46.8 (12.7-11.0-11.4-11.7)  35.1-36.1    58.6   1.34.7    35.3(1位)     10-9-7
47.9 (11.8-12.2-11.8-12.1)                          35.7(3位)    6-7-3

週中では34秒5前後と見てましたが、やはりベルカント以外があまり行かなかったので前半が35秒台とペースは速くならずも想定内の範囲。

しかし上りが36秒台と去年とハイペース時と同じくらいかかっておりスピードだけの馬じゃ厳しい展開でしたね。

本命のプレイアンドリアルは思った通りに先行してくれたんですが・・先週のアッコさんに続き掛かってた模様・゜・(つД`)・゜・

河津調教師談話「ハミを噛みすぎて掛かってしまいました。調教の段階で、いくらか気持ちを前に向かせるようにしていたものが、利き過ぎてしまったかもしれません。今日は"怒って走りすぎた"、このことに尽きます」

これではどうしようもない。でもどうせならペースそんな速くなかっただけにもっと積極的にベルカントを交わしにいって欲しかった気もします。大知くんw


アジアエクスプレスはもっと前で勝負するのかと思いきやまさかの後方wしかしながら4コーナーでは前に取りつき外に出して上り最速で差し切るとはじぇじぇじぇ!(笑)いや~この人気で買うなら「今でしょ!」でしたねw
来年以降はダート・芝どちらで行くのか分かりませんがもう人気になってしまう(^^ゞ


2着のショウナンアチーヴは血統データで傾向にズバリだったのでもっと評価しとくべきでした。。
1月生まれと枠で評価落としてしまう凡ミス・・・ごっつぁんの中山マイル実績も加味して3番手くらいにすべきだったなぁ。
連勝は止まったものの唯一の母父サンデーサイレンスが連絡み。他のマイル重賞でも使えるかどうか要検討。


ウインフルブルームはワッコさんの強気な競馬が好をそうして3着。先週のアッコさんで来てくれよ(苦笑)
外枠配置でプレイとどっちかだと思ってプレイを本命にしたのでこっちの評価を下げてしまいましたが、
3着圏内のデータではプレイとウインが軸だったのでもったいなかった(>_<)

アトムは不安したように内ついて詰まった分届かず。ゆーがは運気が下がってるとしか思えんww

ベルカントは距離でしょう。来年はサマースプリント女王を目指してください


いや~一瞬オレンジ帽子が3着で取ったか!?と思ったらまぼろしでしたww
馬券朝日杯2馬券朝日杯1


1、2、7着と1、3、7着_l ̄l○lll ガクッ

来年からは阪神マイルになるのでデータ派としては数年は力の入らないレースになりそうですww

朝日杯FS~最終戦略~

愛知杯はかすりもしなかったですが気持ち切り替えて朝日杯FSの予想へ(笑)

~攻略案①~
~攻略案②~
~攻略案③~

まずは土曜日の中山芝レースで3着以内に入った馬の血統分析(・∀・)

12月14日 中山芝血統

まず驚くことは全レースで父か母父がサンデー系の馬が1~3着を独占したということ。
やや時計が掛かってる印象もサンデー系は外せないですかね~(^^ゞ

そして2代前までにグレイソヴリン系内包してる馬が3着圏内に1頭は来てるということ。
さらにノーザンダンサー系やノーザンテースト内包馬の好走も目立ちやはり力の要る馬場なのでしょう。

サンデー系xノーザンダンサー系(ノーザンテースト)にグレイソヴリン系内包に注目して朝日杯出走馬で見てみると、
 ⇒エルカミーノレアル(母父サンデーxノーザンダンサー)
  グリサージュ   (母父サンデーxノーザンテースト)
  ウインフルブルーム(父サンデーxノーザンテースト)
  プレイアンドリアル(父サンデーxノーザンテースト)
  ツィンクルソード (父サンデーxノーザンテースト&グレイソヴリン系内包) 

  マイネルディアベル(母父トニービン)
  アジアエクスプレス(母父グレイソヴリン系)


特注はツィンクルソード(・∀・)

続いて中山芝1600mの重賞のみの騎手データ
(06年以降)

武豊  【0・0・1・6】
三浦  【1・0・0・15】
川田  【0・0・2・2】
Mデム 【2・0・0・3】
松田  【0・0・0・1】
ムーア 【  初  】
川須  【0・1・0・0】
田辺  【0・1・1・9】
福永  【1・0・1・8】
江田  【0・3・0・10】
後藤  【3・0・2・14】
勝浦  【1・0・0・16】
柴田大 【0・0・0・4】
和田  【0・1・0・2】
吉田豊 【1・1・1・19】
北村宏 【0・3・2・22】

軒並み悪いwその中で目立つ成績は5回騎乗で2回勝ってるミルコと最多3勝のごっつぁんか。

注目騎手
Mデムーロ(マイネルディアベル)・後藤(ショウナンアチーヴ)


血統&ラップ&消去データでの評価をポイント化しまとめた順位がこちら(・∀・)

9.5pt プレイアンドリアル
 9 pt アトム
8.5pt ウインフルブルーム
 6 pt グリサージュ
       アジアエクスプレス
       ベルカント
5.5pt ショウナンアチーヴ
 5 pt ショウナンワダチ
4.5pt エルカミーノレアル
       ツィンクルソード

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

 3 pt テイエムキュウコー
       サトノロブロイ


◎プレイアンドリアル
○アジアエクスプレス
▲アトム
△ウインフルブルーム
★ツィンクルソード


×ショウナンアチーヴ
 サトノロブロイ
 

本命は地方の夢を乗せたプレイアンドリアル
データ満点、ラップ的にも中山マイルこなせる、外枠も内から積極的に行きそうなのは1枠2頭だけっぽいので
去年のロゴタイプのようにうまく前目にポジションから押し切れるとみました。
父サンデー系がドリジャ以外勝ててない血統面が不安も今日の傾向からなら連軸には最適でしょう。

対抗にはピンかパーのアジアエクスプレス
焦点は芝の適性があるかないかの1点のみwwただのダート馬なら大きく負ける可能性もありますがもし芝もこなせるなら大駆け出来るだけの能力はありそう。

逆転があるならアトム。この秋のGIはスプリンターズS以外ディープ産駒が必ず連絡み。サンデー系のワンツーがあるか微妙だったので▲にw

外枠じゃなかったらもっと評価出来たウインフルブルームが△
先週アッコさんでやられたワッコさんが今週は掛からずうまく先行させられるかどうかがカギ。
ラップ適性に血統データからも期待は出来る。

今日の馬場傾向からピッタリ合いそうなのがツィンクルソード。
父がマイルCS勝ち、母が桜花賞2着、兄がこのレース3着とマイル適性がないわけがないw1400mで先行出来るのであれば、
後方に置かれることもないだろうしユーイチがうまくさばけば最後差してくるような気がする。


距離にやや不安があるので内枠が良かったショウナンアチーヴが6枠でやや評価落としたものの血統データ的には最右翼なので押える。

一発穴あけるならサトノロブロイ。時計のかかる今の馬場なら中距離実績がものを言うはず。
前走2000mながら序盤速い入りを先行して3着に粘った走りを評価。データ的にはマイナス多かったので3着狙い(^^ゞ


ワダチは24年間3着がない大外なら思い切って消してみる。
ミルコのディアベルが非常に怖いですが消去データ的に買えないのでとりあえずが消しの予定(^^ゞ
ベルカントもテイエムが行かなかった場合、単騎で行ければあわよくばの3着はありそうなのでこちらも怖いw

朝日杯FS~攻略案③~

消去データでバッタバッタ切っていきます(・∀・)

*データは過去16年が対象

前走2桁人気だった馬 【0・0・0・12】
ハイアーレート

前走6人気以下で負け 【0・0・0・37】
マイネルディアベル・ハイアーレート・ニシノデンジャラス・テイエムキュウコー

前2走内に二桁人気がある馬 【0・0・0・23】
ハイアーレート

重賞連対実績のない前走6人気以下 【0・0・0・35】
マイネルディアベル・ハイアーレート・ニシノデンジャラス・テイエムキュウコー・エルカミーノレアル

2戦連続6人気以下 【0・0・0・20】
マイネルディアベル

前走1400m以下で8人気以下 【0・0・0・17】
マイネルディアベル

前走重賞以外で6人気以下 【0・0・0・20】
エルカミーノレアル

前走重賞以外で3人気以下の1勝馬 【0・0・0・21】
サトノロブロイ・グリサージュ

走6人気以下の1勝馬 【0・0・0・21】
ハイアーレート

重賞3着以内がない前走4着以下のキャリア3戦以上 【0・0・0・29】
アポロスターズ・テイエムキュウコー・ニシノデンジャラス・マイネルディアベル

前走3着以下のキャリア6戦以上 【0・0・0・12】
マイネルディアベル・ニシノデンジャラス

重賞勝ちの実績がなく前走負けてるキャリア6戦以上【0・0・0・15】
マイネルディアベル・ニシノデンジャラス

1400m以上に連対実績のないキャリア4戦以上の馬 【0・0・0・22】
アポロスターズ・エルカミーノレアル・テイエムキュウコー

無敗馬を除き前走重賞じゃなく東京&京都競馬場以外だったキャリア5戦以下【0・0・0・21】
ウインフルブルーム・エルカミーノレアル

芝未勝利馬 【0・0・0・13】
アジアエクスプレス・ニシノデンジャラス

芝1800m以上の重賞3着以内のない前走4人気以下&4着以下 【0・0・0・30】
アポロスターズ・テイエムキュウコー・ニシノデンジャラス・マイネルディアベル

重賞3着以内のない前走6着以下 【0・0・0・17】
テイエムキュウコー・アポロスターズ

重賞経験して5着以内なし 【0・0・0・26】
アポロスターズ・テイエムキュウコー

前走重賞以外で3着以下 【0・0・0・17】
サトノロブロイ

1600m以上未経験の前走4着以下 【0・0・0・15】
テイエムキュウコー・マイネルディアベル

1800m以上未経験の前走東京以外の1500m以下 【0・0・0・43】
エルカミーノレアル・ツィンクルソード・ベルカント

1400m以上に連対がない馬 【0・0・0・41】
エルカミーノレアル・テイエムキュウコー・アポロスターズ

1400m以上に勝ちがない前走重賞以外 【0・0・0・34】
エルカミーノレアル

1400m以上に勝ちがない前走3人気以下 【0・0・0・39】
アポロスターズ・テイエムキュウコー・エルカミーノレアル

無敗馬を除き前走重賞以外の1400m以下で2人気以下 【0・0・0・33】
ツィンクルソード・ショウナンアチーヴ・エルカミーノレアル

前走1200m以下 【0・0・0・31】
エルカミーノレアル

前走1400m以下で6着以下 【0・0・0・18】
テイエムキュウコー・アポロスターズ

無敗を除き前2走とも重賞以外の1400m以下 【0・0・0・43】
ツィンクルソード・エルカミーノレアル・ショウナンアチーヴ

前2走内に1200m以下で3着以下あり 【0・0・0・15】
ツィンクルソード

前2走とも4着以下 【0・0・0・10】
ハイアーレート

前走6人気以下の重賞初挑戦 【0・0・0・15】
エルカミーノレアル

重賞3着以内がなく芝で二桁着順経験馬 【0・0・0・20】
アポロスターズ・テイエムキュウコー・エルカミーノレアル

重賞3着以内がなく前走重賞で2人気以下だった馬 【0・0・0・19】
マイネルディアベル・ニシノデンジャラス・テイエムキュウコー・アポロスターズ

前走重賞以外で上り4位以下で負け 【0・0・0・12】
サトノロブロイ

前走1.2秒以上負け 【0・0・0・14】
ハイアーレート・ニシノデンジャラス・テイエムキュウコー

着外3回以上ある馬 【0・0・0・18】
マイネルディアベル・アポロスターズ

前走負けてる重賞初挑戦 【0・0・0・17】
サトノロブロイ

敗戦経験のある重賞初挑戦の関東馬 【0・0・0・26】
ショウナンアチーヴ

芝重賞勝ちの無い前走ダート 【0・0・0・13】
アジアエクスプレス・ニシノデンジャラス

前走福島競馬場だった馬 【0・0・0・14】
エルカミーノレアル

前走中山競馬場だった馬 【0・0・0・17】
グリサージュ

重賞勝ちのない1月生まれ 【0・0・0・11】
ショウナンアチーヴ

2回以上負けてるキャリア4戦以下の1~2月生まれ 【0・0・0・18】
ショウナンアチーヴ・ハイアーレート

着外経験のあるキャリア4戦以下の1~2月生まれ 【0・0・0・23】
ハイアーレート



デビュー戦4着以下のキャリア3戦以下 【0・0・0・8】
サトノロブロイ

デビュー戦4人気以下で負けてるキャリア3戦以下 【0・0・0・8】
サトノロブロイ

前走二桁着順のキャリア4戦以下 【0・0・0・8】
テイエムキュウコー

前走新馬か未勝利戦で上り2位以下だった馬 【0・0・0・6】
グリサージュ

前走新馬・未勝利戦で3人気以下 【0・0・0・6】
グリサージュ

着外経験のある前走ダートだった馬 【0・0・0・8】
ニシノデンジャラス

前走ダートで2人気以下 【0・0・0・9】
ニシノデンジャラス

デビュー戦ダートで前走3着以下 【0・0・0・9】
ニシノデンジャラス

着外4回以上の馬 【0・0・0・7】
マイネルディアベル

重賞勝ちがなく2人気以内未経験のキャリア4戦以下 【0・0・1・25】
エルカミーノレアル・グリサージュ・サトノロブロイ・ショウナンワダチ

前走重賞以外であがり4位以下だった馬 【0・0・1・28】
サトノロブロイ・ウインフルブルーム

前走東京競馬場以外で3着以下 【0・0・1・21】
サトノロブロイ・ニシノデンジャラス


・・減点1
・・減点0.5


枠番
1枠 【3・1・4・20】
2枠 【4・2・3・21】
3枠 【1・3・2・26】
4枠 【2・2・3・25】
5枠 【2・4・0・25】
6枠 【3・3・1・25】
7枠 【1・0・2・29】
8枠 【0・1・1・29】

(過去24年間データ)
8枠   【0・1・1・43】
大外馬番 【0・0・0・24】


優勝馬データ
①キャリア2~8戦
②2勝以上or前走2人気以内
③前走「3着以内or1人気」
④前走1400m以上
⑤1400m以上に勝ち鞍
⑥デビュー戦2人気以内orGⅡ勝ち
⑦デビュー戦5着以内
⑧前走4人気以内or重賞勝ち
⑨2/20以降生まれ
⑩中4週以内or前走1着&1人気
⑪着外2回以内
⑫前走芝
⑬牡馬
⑭1600m以上経験済み

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

消える馬・・テイエムキュウコー ・エルカミーノレアル(14.5) ・アポロスターズ(11) ・ニシノデンジャラス(12)
      マイネルディアベル(11.5) ・ハイアーレート(9) サトノロブロイ(6.5)

△減点4~6・・ショウナンアチーヴ(5) ・ツィンクルソード(4)

▲減点2.5~3.5・・3.5 グリサージュ

○減点1~2・・1 ベルカント  1.5 ウインフルブルーム ・ショウナンワダチ 2 アジアエクスプレス

◎軸候補・・0 アトム ・プレイアンドリアル

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

優勝馬共通データ全てを満たすのは・・
 ⇒アトム ・ウインフルブルーム ・プレイアンドリアル

次点・・ツィンクルソード

朝日杯FS~攻略案②~

朝日杯ラップ

過去6年の朝日杯FSのラップデータ

中山マイルとあって安定の前傾ラップw
去年こそ前半33秒台に突入しましたがおおよそは34.5秒前後。

上りは34秒後半から35秒台とややかかる印象。
中山マイルのコース形態もありますが上りだけで差し切るというのはラップからも厳しいところ。
4角の位置取りを見ても連対馬は1ケタボジション、二桁から差し切ったのは近年では06年ドリームジャーニーのみ。

中団から差して連対した馬を見ても重賞ウイナーばかりと実績のある馬ばかりで、今年のメンバーを見る限り、
4角5番手以内にいる馬が有利ではないかと思います。
まぁ例外的なドリームジャーニーみたいな後にGIいくつも勝つような馬がいればあれですがw

血統でも考察したようにラストキレるスピードだけじゃ差し切れない。
ラップ的には前半34秒台を追走出来るスピード、そして前目のポジションから最後の坂で失速せずに押し切れるスタミナが必要だということ。

ラップ分析から好走ポイントをまとめてみると、
①前半34秒台のスピードについていけてある程度前目のポジションが取れる
②前目のポジションから押し切れるスタミナ(マイル以上での勝ち鞍あり)

この2点に注目して出走馬の中から適性ありそうな馬を探ってみたところ、前走のミッキーアイルがやはり秀逸。
あとはオーシャンヒーローの新馬戦もなかなかのもの。

しかしながら2頭とも出走出来ず残念w

こうなると今年は前目に付けるのは短距離戦から臨んできた馬が占めることになりそうで、ちょっと見解とは違うペースや結果になりそう(^^ゞ

ミッキーアイルの除外で先行争いはベルカントがすんなりと取れそう。となると枠順にもよりますがユタカだけに意外とペースが落ち着く可能性が。

以上もろもろから推奨馬を挙げると、

ウインフルブルーム
 ⇒行き脚はそれほど速くはなさそうだが前目からそれなりの上りでまとめられそうで2~3着なら。

サトノロブロイ
 ⇒前走2000mでもレースの1~2ハロンラップが12-2-10.9を記録し、
   それを2番手で追走してるのでマイルの流れにも対応出来そう。


上記2頭は1800mで勝ち鞍もありペースが緩まなかった場合に好走しそう。


アトム 
 ⇒新馬戦はスローの瞬発戦を差し切り、デイリー杯はハイペースを差して2着と
   どんなペースでも最後は差してくるのは強み。大負けはなさそう。

プレイアンドリアル
 ⇒前走は序盤はそんな速くなかったものの中盤緩みがない流れを前目で追走し
   ラスト34秒の脚を使って価値ある2着。持続戦に強そうでこちらも大崩れはなさそう。


こちらの2頭はスローでもハイペースでもきっちり走って来そうな印象。ただ何かに負けるイメージww


あとは芝適性が未知数ですがダートの速い流れを前受けで押し切れるアジアエクスプレスが一発の可能性を秘めてそうです。

あとはとにもかくにも枠順次第ですね(笑)

朝日杯FS~攻略案①~

今週は朝日杯FSが勝負レース(・∀・)
愛知杯も荒れそうで楽しみなので時間があればw

朝日杯血統

過去5年の血統データ

まず注目は母父サンデーが現在5連勝中ということ。
ということは必然的に父サンデー系が不振ということww過去5年で父サンデー系が2着2回の3着1回、3/15。
阪神JFが8/15で今年は1~3着独占だったことを考えるといかに朝日杯での成績が振るわないかがわかる。

中山マイルという条件が持続力戦でラストに急坂があるということでスピードだけではなくスタミナも必要とされるからなのか。

とりあえずノーザンダンサー系は内包しておきたいところ。中でもサドラーズウェルズやヌレイエフ、ニジンスキーが目立つ。
他では父ミスプロ系が過去5年で5頭、3着以内を確保、父ロベルト系が2勝を挙げており、母父サンデーとの組み合わせは要注意。


あと5代前までにボールドルーラー系内包馬が毎年3着以内に1頭は来てるのにも注目しておきたい。


現時点で出走可能馬の中で注目馬を挙げておくと、

母父サンデーサイレンス
★ショウナンアチーヴ
(抽選組)
★ネオヴァロン

母父サンデー系
★エルカミーノレアル(母父アグネスタキオン)
(抽選組)
★タガノグランパ(母父スペシャルウィーク)
★ピークトラム (母父スペシャルウィーク)
★アルバート  (母父ダンスインザダーク)
★グリサージュ (母父バブルガムフェロー)

太字の3頭は父ミスプロ系なので特に気になるところwあと父ショウナンカンプがマイルで未知数ですが
ニジンスキーにサドラーズウェルズ内包してるショウナンアチーヴは有力とみます(・∀・)


そしてボールドルーラー系内包馬は
★ベルカント
★テイエムキュウコー
★アポロスターズ
★ニシノデンジャラス
★アジアエクスプレス
★トシストロング
★ハイアーレート


こちらはベルカント以外穴っぽいところw
この中ではアポロスターズが父ミスプロx母父ダンジグと良さ気。

ここに名前は挙がらなかったもののモーリスは相性良いと思います。
父ロベルト系で母父カーネギー(サドラーズウェルズ系)、そしてサンデー内包と抽選突破してくれば有力な1頭になるでしょう(・∀・)

阪神JF~回顧~

先週のメイチ勝負だった阪神JFの回顧(・∀・)

◎ホウライアキコ   (7着)
○レーヴデトワール  (9着)
▲マジックタイム   (6着)
△マーブルカテドラル (5着)
★ハープスター    (2着)

×レッドリヴェール  (1着)
 ダイヤモンドハイ  (12着)
 モズハツコイ    (8着)
 トーセンシルエット (15着)
 クリスマス     (4着)
 フォーエバーモア  (3着)

ん~印付け過ぎ(苦笑)そして印上位が馬券にからまず3着候補で選んで馬が勝たれてしまっては完敗ですね
休み明けのワンツーはないだろうと見てたのがまさかのワンツーw馬を見る目がないデータ派としてはこの結果は厳しい(+o+)

レースラップ
前4F-後4F          前3F-後3F   1000m   タイム   連対馬上り    位置取り
46.3 (12.2-10.6-11.4-12.1)   34.2-35.5     58.4   1.33.9    34.1(3位)     8-8
47.6 (12.1-11.7-11.6-12.2)                           33.6(1位)    14-14


ラップ的には2007年とほぼ一緒で結果も同じような位置取りから上り3位以内で差してきた2頭のワンツー。
ニホンピロアンバーが逃げるのでペースは速くなりそうとは思ってましたが想定よりはやや速かった(^^ゞ
この流れを4角5番手から同タイムに粘ったフォーエバーモアは走りましたね~。

~攻略案②~

ラップ考察で予想した想定よりも速かったですね~ダイヤモンドハイが意外としつこく競りかけていったので緩まなかったですね。


本命のホウライアキコはイレ込んだとのことでしたが、「デイリー杯から1秒失速しても去年と同タイム」と予想したタイム的にはほぼ想定内w33秒台で決着するとは。。

イレ込んで最後もうひと伸び出来なかった感じですかね~もうちょい前半溜めていけてたらなぁ・・
1着とは0.4秒差、8着のモズハツコイとは0.6差離れてるのでそんな悲観する内容ではなかったと思います。


レッドリヴェールはもはや能力が抜けてるという印象。3ヶ月の休み明けでマイナス8キロながら勝ってしまうとは圧巻のパフォーマンス。


ハープスターは枠順が出たときに懸念した内にも外にも行けずにもたつくのでは?という心配が出てしまいましたね~。グラシェリーに外から抑え込まれて3~4コーナーで外に出せなかったのが痛かった。

それでもハナ差の争いまで持ち込んできたのはやはり能力がある証拠でしょう。
勝てなかったのは仕上げが足りなかったのか、そこまで他馬との能力差がなかったのかは分かりませんが(^^ゞ


個人的には休み明けの2頭がワンツーしてしまっては完敗としか言いようがないです(苦笑)
この2頭が来年のクラシックを引っ張って行くことは間違いないですね(・∀・)


3着のフォーエバーモアはネオユニ牝馬&直前輸送の関東馬ということで最初はブッタ切ろうと思ってたんですが、土曜の芝が父サンデー系と母父ミスプロ系の好走が目立ったのでサンデー系にミスプロ系の同馬は相手に入れておこうと。

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

父サンデー系と母父ミスプロ系の好走が目立った。
3Rのマイルで行われた2歳未勝利戦ではサンデーxノーザンダンサー系のワンツースリーw
明日もこの傾向が続くとなるとサンデー系にミスプロ系やノーザンダンサー系の組み合わせは要注意。

⇒ハープスター・レッドリヴェール・マーブルカテドラル・ホウライアキコ(サンデーxノーザンダンサー)
  トーセンシルエット・フォーエバーモア・ダイヤモンドハイ(ミスプロxサンデー) 

ユーイチは阪神が得意w関東ながらエビちゃんもなかなかの成績(・∀・)

注目騎手
 ⇒福永(レーヴデトワール)・蛯名(フォーエバーモア)・四位(エクスペリエンス)

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆



驚きは上り最速で突っ込んできたクリスマスでしょうwさすがのミルコといったところで先行してた馬が
まさかの上り最速で差して来るとは(^^ゞ


安定して掲示板は走れるマーブルカテドラルと大きく馬体重減らしながらもしっかり差してきたマジックタイムも次走関東のレースに出て来たら好勝負でしょう。


血統データではノーザンダンサー系がない馬が3着に来てしまいましたがまぁ3着ということでw
ワンツーはサンダーxノーザンダンサー系ということでやはり父か母父のどちらかノーザンダンサー系の馬は
来年以降も連絡みして来るのではないでしょうか。

06年からこれでマイル着外経験馬の圏内ゼロ記録は今年も更新。結局今年はマイル無敗馬が1~3着となったので
来年もマイルで着外経験してた馬は疑ってみるべきか。


馬券は結局アッコさんと心中した形で撃沈(*ノД`*)タハッ
まぁデータ派としては休み明けワンツーは無理ww

来年からは休み明けデータは気にしない感じで(笑)

阪神JF~最終戦略~

~攻略案①~
~攻略案②~
~攻略案③~

まずは今日の阪神芝1600m以上のレースで3着以内に来た血統を調べてみた。

12/7 阪神芝血統

父サンデー系と母父ミスプロ系の好走が目立った。
3Rのマイルで行われた2歳未勝利戦ではサンデーxノーザンダンサー系のワンツースリーw
明日もこの傾向が続くとなるとサンデー系にミスプロ系やノーザンダンサー系の組み合わせは要注意。

ハープスター・レッドリヴェール・マーブルカテドラル・ホウライアキコ(サンデーxノーザンダンサー)
  トーセンシルエット・フォーエバーモア・ダイヤモンドハイ(ミスプロxサンデー) 


続いて阪神芝1600m重賞のみの騎手データ

福永 【4・3・7・21】
四位 【3・2・0・19】
蛯名 【2・2・1・7】

池添 【1・4・0・14】
幸  【1・0・3・18】

Mデム【0・3・2・15】
川田 【0・0・2・19】
浜中 【0・1・1・16】
和田 【0・1・0・15】
武幸 【0・0・1・11】
後藤 【0・1・1・8】
太宰 【0・0・0・4】
江田照【0・0・0・2】
酒井 【0・0・0・2】
田辺 【0・0・0・1】
戸崎 【0・0・0・1】
高倉 【  初  】
バルザ【  初  】

ユーイチは阪神が得意w関東ながらエビちゃんもなかなかの成績(・∀・)

注目騎手
 ⇒福永(レーヴデトワール)・蛯名(フォーエバーモア)・四位(エクスペリエンス)

血統&ラップ&消去データでの評価をポイント化しまとめた順位がこちら(・∀・)

10.5pt ホウライアキコ
 9.5pt  ハープスター
 8.5pt マーブルカテドラル
        レッドリヴェール
  8 pt レーヴデトワール
  6 pt マジックタイム
 4.5pt モズハツコイ
        ダイヤモンドハイ
        ニホンピロアンバー
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

  4 pt トーセンシルエット
 3.5pt エクスペリエンス  
  3 pt フォーエバーモア
 2.5pt グランシェリー
        クリスマス

この中からチョイスしたいと思います(・∀・)

◎ホウライアキコ
○レーヴデトワール
▲マジックタイム
△マーブルカテドラル
★ハープスター


×レッドリヴェール
 ダイヤモンドハイ
 モズハツコイ
 トーセンシルエット
 クリスマス
 フォーエバーモア

本命は宝来竜二・・じゃなくて和田アッコさんww
大外は確かに痛いですが阪神マイルならすんなり先行して内に行けるだろうし、ペースが速くても遅くても対応出来そう。
状態もバッチリでデータも減点なく安定した軸ならここでしょう(・∀・)
不安は阪神重賞苦手のワッコさんと短距離早熟傾向のあるヨハネスブルクでしょうかw

対抗はレーヴデトワール。
ここ6年ノーザンファームが6連勝中ということで非ノーザンのアッコさんの相手はノーザンファームから。
3頭いる中で順当ならハープスターですが人気的に1.2人気じゃつまらないのでw
ユーイチ&マツパクコンビは阪神マイル最強コンビなのと月曜はユーイチ結婚式なので頑張っちゃうでしょうw
血統的にサンデーxグレイソヴリンでニジンスキー内包とデータにマッチ。中1週のローテだけが不安。

3番手は関東馬最大の惑星マジックタイム。
ノーザンファームで前走1人気で上り1位は【2・1・3・1】と好走確率高く、こちらも輸送が影響なければ圏内争い必至か。上り最速連発してるだけにスローペースが良さそう。

栗東留学じゃないのが非常に残念ですが輸送さえクリアできれば人気馬の中では好位から差せるので大負けはなさそうなマーブルカテドラル。
アッコさん同様、スローでもペース上がっても対応出来そうなのは強みで血統的にも父サンデーx母父ノーザンダンサー系にボールドルーラー内包とOK(・∀・)

ペース向いてすんなり大外一気ならまとめて交わす可能性十分のハープスター。
しかしやはりローテと大外からの追い込み一手がスキあり。
ローテバッチリなら鉄板も来年を見据えた感じなら取りこぼすこともあり得るのでこの位置へw


他は3着候補w
能力は認めるもローテと馬体重が不安なレッドリヴェール、
土曜の馬場傾向から血統的に合いそうも前走未勝利組が不振なダイヤモンドハイ
マイルで結果が出てないも外人ジョッキーなので押えますモズハツコイ
同じくミルコで新味出るかもクリスマス
血統データだけで拾うニホンピロアンバー
こちらも馬場傾向と牡馬混合戦で揉まれた経験が生きるかもしれないトーセンシルエット
データで減点少なかったフォーエバーモアまで。


馬券は上位5頭でうまく組み合わせ、xの馬はアッコさん1頭軸から何かしらで買う予定w

阪神JF~攻略案③~

消去データでバッサバッサ切って行きましょうw

*データは過去17年が対象
(アルテミスSはGⅢ扱い)

前走9人気以下で負け 【0・0・0・12】
ヤマニンアリエッタ・メイショウアサツユ・マイネグラディア・スイートガーデン

OP勝ちor重賞連対のない前走馬体重プラマイ10キロ以上で4着以下 【0・0・0・13】
ヤマニンアリエッタ・マイネグラティア

着外経験のあるキャリア2戦 【0・0・0・12】
スイートガーデン

前走3着以下のキャリア2戦 【0・0・0・11】
スイートガーデン

牝馬限定戦未経験の馬を除き上り3ハロン1位経験のないキャリア2戦以下【0・0・0・14】
フォーエバーモア・スイートガーデン

キャリア3戦以上の前走未勝利戦 【0・0・0・18】
ダイヤモンドハイ

前走6着以下のキャリア3戦以下 【0・0・0・19】
スイートガーデン・エクスペリエンス・クリスマス・グランシェリー・メイショウアサツユ

1400m以上未経験のキャリア3戦以上の馬 【0・0・0・14】
エクスペリエンス

地方出身を除き前走1300m以下のキャリア3戦以上 【0・0・0・30】
エクスペリエンス・ニホンピロアンバー

着外経験してる前走上がり4位以下のキャリア3戦以下 【0・0・0・35】
スイートガーデン・エクスペリエンス・クリスマス・グランシェリー・メイショウアサツユ・ダイヤモンドハイ

地方出身を除き1600m以上に連対がなく3着以下経験してるキャリア5戦以上 【0・0・0・41】
ニホンピロアンバー・モズハツコイ

地方出身を除き1400m以上に連対のないキャリア5戦以上 【0・0・0・16】
ニホンピロアンバー

着外経験があり前走重賞以外で負けてるキャリア6戦以下【0・0・0・35】
ヤマニンアリエッタ・エクスペリエンス

芝で1600m経験して3着以内のないキャリア6戦以下 【0・0・0・21】
クリスマス・メイショウアサツユ・モズハツコイ・ヤマニンアリエッタ

着外経験のある中2週以内のキャリア7戦以下 【0・0・0・57】
レーヴデトワール・ヤマニンアリエッタ・ニホンピロアンバー・ダイヤモンドハイ

着外3回以上のキャリア7戦以下 【0・0・0・25】
ヤマニンアリエッタ

前走重賞以外で6着以下 【0・0・0・16】
ヤマニンアリエッタ・エクスペリエンス

前走重賞以外で6人気以下 【0・0・0・33】
ニホンピロアンバー・ヤマニンアリエッタ

デビュー戦8人気以下だった馬 【0・0・0・32】
マジックタイム・ニホンピロアンバー・トーセンシルエット・ダイヤモンドハイ・エクスペリエンス

前走未勝利戦で2人気以下 【0・0・0・16】
ダイヤモンドハイ

前2走とも1300m以下で2人気以下 【0・0・0・15】
エクスペリエンス・ニホンピロアンバー

前2走とも重賞以外の1200m以下 【0・0・0・19】
エクスペリエンス・ニホンピロアンバー

重賞連対がない前走6人気以下 【0・0・0・53】
ヤマニンアリエッタ・メイショウアサツユ・マイネグラティア・ニホンピロアンバー・トーセンシルエット・スイートガーデン

前走牝馬限定戦で2人気以下の中2週以内 【0・0・0・33】
レーヴデトワール・ダイヤモンドハイ

無敗馬を除き前2走とも重賞以外で4人気以下 【0・0・0・20】
ニホンピロアンバー

OP勝ちがない前走牝馬限定戦で3着以下 【0・0・0・38】
メイショウアサツユ・マイネグラティア・スイートガーデン

OP勝ちor重賞連対のない前走6着以下 【0・0・0・28】
エクスペリエンス・スイートガーデン・マイネグラティア・メイショウアサツユ

ファンタジーSで3着以下の1勝馬 【0・0・0・14】
メイショウアサツユ・スイートガーデン

前走まで無敗で前走2人気以下で4着以下 【0・0・0・20】
グランシェリー・スイートガーデン

着外経験のある前走GⅢで3着以内の馬 【0・0・0・15】
モズハツコイ・マーブルカテドラル

前走1400m以下の新馬、未勝利戦で0.4秒以内で勝ってた馬【0・0・0・21】
ダイヤモンドハイ

前走6着以下の1勝馬 【0・0・0・26】
エクスペリエンス・スイートガーデン・マイネグラティア・メイショウアサツユ・ヤマニンアリエッタ

前走6着以下の関東馬 【0・0・0・13】
エクスペリエンス・クリスマス・スイートガーデン・マイネグラティア

前走重賞以外の1400m以下だった関東馬 【0・0・0・19】
エクスペリエンス・フォーエバーモア

1600m以上or重賞未経験の関東馬 【0・0・0・12】
エクスペリエンス

芝で1600m以上経験して3着以内なし 【0・0・0・28】
ヤマニンアリエッタ・モズハツコイ・メイショウアサツユ・トーセンシルエット・クリスマス

マイルの新潟2歳Sで3着以下だった馬 【0・0・0・13】
マーブルカテドラル・マイネグラティア

前走未勝利で上り2位以下 【0・0・0・18】
ダイヤモンドハイ

前走新馬未勝利で上り3位以下 【0・0・0・11】
ダイヤモンドハイ

前走1200m以下で4着以下 【0・0・0・10】
エクスペリエンス

前走未勝利戦で着外経験あり 【0・0・0・17】
ダイヤモンドハイ

デビュー戦3人気以下で3着以下の中2週以内 【0・0・0・25】
ニホンピロアンバー

地方出身を除き着外経験のある中8週以上 【0・0・0・12】
エクスペリエンス

9月以降にデビューして前走3着以下 【0・0・0・18】
スイートガーデン・メイショウアサツユ

9月以降にデビューして着外経験のある馬 【0・0・0・25】
スイートガーデン・メイショウアサツユ・レーヴデトワール・ダイヤモンドハイ

前走重賞以外で4人気以下&4着以下 【0・0・0・15】
エクスペリエンス・ヤマニンアリエッタ

重賞勝ちがなく芝で二桁着順経験馬 【0・0・0・32】
スイートガーデン・メイショウアサツユ・ヤマニンアリエッタ・ニホンピロアンバー

重賞勝ちのない前走二桁着順 【0・0・0・15】
スイートガーデン・メイショウアサツユ


前走重賞以外の1800m以上で3着以下 【0・0・0・7】
ヤマニンアリエッタ

1200m以下しか経験がなく着外経験のある馬 【0・0・0・8】
エクスペリエンス

前走5人気以下で5着以下の関東馬 【0・0・0・9】
トーセンシルエット・スイートガーデン・マイネグラティア

着外経験がある前走ファンタジーS連対馬 【0・0・0・7】
モズハツコイ

前走重賞以外で4着以下 【0・0・1・28】
エクスペリエンス・ヤマニンアリエッタ

OPクラスに連対実績がなく着外経験のある関東馬 【0・0・1・17】
エクスペリエンス・スイートガーデン・トーセンシルエット

前走0.6秒以上負けてる1勝馬 【0・0・1・37】
ヤマニンアリエッタ・メイショウアサツユ・マイネグラティア・スイートガーデン・エクスペリエンス

着外経験してる中2週以内 【0・0・1・53】
レーヴデトワール・ダイヤモンドハイ・ニホンピロアンバー・ヤマニンアリエッタ

芝マイル経験して3着以内なし 【0・0・1・22】
クリスマス・メイショウアサツユ・モズハツコイ・ヤマニンアリエッタ


06年以降の消去データ

[emoji:v-190新潟2歳S出走馬 【0・0・0・12】
ハープスター・マーブルカテドラル・マイネグラティア・モズハツコイ

[emoji:v-190芝マイルで着外経験馬 【0・0・0・22】
クリスマス・ダイヤモンドハイ・マイネグラティア・マーブルカテドラル・メイショウアサツユ・モズハツコイ・ヤマニンアリエッタ

中10週以上 【0・0・0・6】
ハープスター・レッドリヴェール・エクスペリエンス


【次の条件のうち8つ以上該当する馬が毎年3着以内に1頭は来る】

【1】前走1着
【2】着外なし
【3】デビュー戦3人気以内
【4】2勝以上
【5】前走3人気以内
【6】関西馬
【7】キャリア3戦以上
【8】OP連対(重賞なら3着)
【9】前走1600m以上
【10】9月以降デビュー
【11】中6週以内
【12】前走上り1位

該当馬
レーヴデトワール(10個該当)
レッドリヴェール(9個該当)
ホウライアキコ (9個該当)
ハープスター  (9個該当)
マジックタイム (8個該当)
マーブルカテドラル(8個該当)


枠番(コース改修後の過去6年)

1枠 【2・1・0・11】
2枠 【0・1・1・12】
3枠 【0・1・0・13】
4枠 【0・1・0・13】
5枠 【0・2・3・9】
6枠 【1・1・0・12】
7枠 【3・0・1・17】
8枠 【1・0・2・18】

優勝馬データ
①キャリア1~5戦
②2勝以上or重賞連対か着外無し
③2勝以上or1600m以上に勝ち鞍
④前走1400m以上
⑤1600m以上に勝ち鞍or着外なし
⑥前走「牡馬混合戦or重賞or0.4秒差以上勝ち」
⑦デビュー戦3着以内or重賞勝ち
⑧前走5人気以内or重賞勝ち
⑨前走OPクラスor上がり2位以内or無敗
⑩1400m以上に勝ち鞍or牡馬混合重賞3着以内
⑪着外2回以内
⑫7月以降デビュー
⑬中3週以上or前走1600m以上
⑭関西馬or「前走1600m以上&1600m勝ち」

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

消える馬・・エクスペリエンス ・スイートガーデン(18) ・ヤマニンアリエッタ(16.5) ・ダイヤモンドハイ(12.5)
      ニホンピロアンバー(11.5) ・マイネグラティア(11)・メイショウアサツユ(15)・モズハツコイ(7)・クリスマス(6.5)


△減点4~6・・マーブルカテドラル ・トーセンシルエット(4)

▲減点2.5~3.5・・3 グランシェリー  3.5 レーヴデトワール

○減点1~2・・1 マジックタイム 1.5 ハープスター 2 フォーエバーモア

◎軸候補・・0 ホウライアキコ  0.5 レッドリヴェール

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

優勝馬共通データ全てを満たすのは・・
 ⇒ホウライアキコ ・ハープスター ・マジックタイム

次点・・マーブルカテドラル ・レッドリヴェール ・レーヴデトワール

阪神JF~攻略案②~

阪神JFラップ


過去6年のラップデータ

10年と11年が1000m60秒越えて後傾ラップで瞬発戦。
タキオン産駒のディソールとディープなジョワドが33秒前後の上り最速で差し切る展開。

それ以外は1000m60秒を切るペースで前傾ラップになり持続力戦。連対馬の上りも34秒後半から35秒台と上りのかかる印象。

07年と12年は特に速くハイペースとなって先行馬には厳しい流れ。それを2番手踏ん張ったクロフネサプライズの能力ww

08年と09年は平均よりやや遅い感じで前傾ラップも瞬発力が必要とされた感。


今年は前走1200mで逃げ勝ったニホンピロアンバーが出てきそうなのでペースが緩むことはないのでは?

さらに前走控えて良さが出なかったクリスマス、人気のホウライアキコが前で勝負するだけに今年は1000m60秒を切る前傾ラップになる可能性が高いとみます。
ニホンピロが暴走しなければ前半4F47秒前後、1000m59秒台前半くらいかな?


となると直線一気で差し切るのは結構厳しいかも。08年のブエナビスタが16番手から勝ってるので
ハープスターがブエナ級であれば可能性はありそうですがw

普通に考えるなら4コーナーでやはり中団あたりまで押し上げてないと勝つまでは届かない公算大。


今年の各馬のレースから似たようなラップを中団より後方から差し勝った馬を見てみると

レーヴデトワール(白菊賞【京都】)
46.8 (12.2-11.3-11.3-12.0)
47.3 (12.0-11.6-11.8-11.9)

34.8-35.3  58.8  1.34.1  34.3(1位)  15-13



マーブルカテドラル(芙蓉S【中山】)
47.1 (12.8-11.1-11.3-11.9)
47.5 (12.3-11.7-11.6-11.9)

35.2-35.2  59.4  1.34.6  34.8(3位)  5-5-5



コースが違うのでなんとも言えませんがレーヴデトワールは前走と同じような走りが出来ればタイム的には十分足りる。
ただ前3走全て京都なので最後の坂がどうかですが(^^ゞ

マーブルカテドラルはやや前目にポジショニング取れれば08、09年の2着馬と同じような感じで最後伸びて来れるのでは?!


そしてタイム的に秀逸なのは、

ホウライアキコ(デイリー杯【京都】)
45.7 (12.1-10.5-11.3-11.8) 
47.5 (12.2-12.2-11.4-11.7)

33.9-35.3  57.9  1.33.2  35.1(2位) 3-3


前半800mは去年の阪神JFより速いハイペース。それを3番手で進み直線では早々と先頭に立って押し切る。
単純計算ですが阪神の最後の坂で失速してもラスト200mを1秒遅い12.7で乗り切れば
1.34.2で去年の阪神JFと同じタイム(笑)

まぁそう簡単にはいかないでしょうが、アッコさんが実力をいかんなく発揮すれば3着圏内の可能性はかなり高いのではないでしょうか?

2着争いにマーブルカテドラルとレーヴデトワール。能力が抜けてるとなればハープスターのぶっこ抜きw
ラップ分析からはこんな感じです(・∀・)

最後に新潟2歳のラップデータも載せておきます。

新潟2歳Sラップ

キレイに後傾ラップで揃ったw完全なる瞬発力勝負なコース。

阪神JF~攻略案①~

阪神JF血統


過去6年の血統データ

まず目につくところでは父サンデー系がお馴染みの活躍ですがwクロフネ産駒が3頭絡んでるところは注目。
そして父か母父ノーザンダンサー系の馬が毎年連対してます。

まずポイント①は
父か母父がノーザンダンサー系の馬が毎年1頭は連対

そしてノーザンダンサー系をさらに見ていくと5代前までにニジンスキーかヴァイスリージェントを内包してる馬が同じく毎年連対してます。
母父カーリアンや前述の父クロフネなどが良い例。

ポイント②は
5代前までにニジンスキーorヴァイスリージェント内包馬

さらに5代前までにボールドルーラーもしくはBold Reasoning内包してる馬も毎年1頭連対してます。
持続的なスピードが必要とされるのでしょうか。

ということでポイント③は
5代前までにボールドルーラーもしくはBold Reasoning内包してる馬

出走登録馬の中でポイント①~③に複数該当してる馬は、

ニホンピロアンバー(①~③該当)
モズハツコイ   (①~③該当)
マーブルカテドラル(①②該当)


出走可能な馬の中ではこの3頭(・∀・)
抽選待ちの馬では

ダイヤモンドハイ (①~③該当)
アンズチャン   (①~③該当)


ん~穴っぽいところが残りましたねw

人気のハープスター、レッドリヴェール、ホウライアキコは①のみ該当。
なので血統データからはこの3頭のワンツーはないということになりそう(^^ゞ
ただハープスターは6代前にBold Reasoning、ホウライアキコも6代目にボールドルーラーを内包してるので3強決着があるとすればこの2頭でしょうか。

血統データからは穴狙いが面白そうな感じになってますww
GO TOP