根岸S~バトンリレー~

さて枠順も出たのでmussyuマスターからの受けたバトンを返してラストを託しましょう(・∀・)

砂喫茶mussyu~ダート三昧な日々~

考察①~③で精査した結果&mussyuマスターの見解を踏まえた上での注目馬をピックアップ

★シルクフォーチュン
(減点データ軸候補&血統データ推奨&根岸Sリピーター&mussyuマスター本命候補)

★アドマイヤロイヤル
(ラップデータ推奨&3着圏内有力データ&優勝馬共通データ有力候補&mussyuマスター有力馬候補)

★スノードラゴン
(減点データ軸候補&3着圏内有力データ&優勝馬共通データ有力候補)

★ドリームバレンチノ
(減点データ軸候補&優勝馬共通データ有力候補)

★ノーザンリバー
(減点データ軸候補&血統データ推奨馬)

★ブライトライン
(減点データ軸候補&3着圏内有力データ)

★エーシントップ
(血統データ推奨馬&東京ダート適性高い≪mussyuマスター見解≫)

★テスタマッタ
(血統データ推奨馬&根岸Sリピーター&減点データ1.5○候補)



とりあえずこの8頭にまずは絞りました(・∀・)

では1頭ずつ見てみます。

ラップデータとmussyuマスターの見解から瞬発戦に強い馬が有利なレースになると想定。

血統的に父ゴールドアリュール筆頭に東京ダ1400m相性良く、一昨年の優勝馬と舞台適性バッチリ♪
消去データでも軸候補に残り常に速い上りを使えるシルクフォーチュンは最有力とみます。
ただデータ的に8歳以上は【0・0・4・20】と3着止まり(^^ゞフェブラリーで2着があるので連対はありそうですが勝ちきるまでは果たして。。
なので勝ち馬と言うよりは3着圏内最有力という見方です。


アドマイヤロイヤルはラップ的には最有力、重賞実績もあり優勝馬共通データもクリア、
武蔵野Sでベルシャザールに0.1秒差と実力的にも申し分なさそうで順調ならこの馬が勝ちそうですが、
7歳で休み明けは気になるところ。
過去12月以降未出走で勝ったのは3頭で全て6歳以下、血統的にも父父が米国血統じゃない点も気になるとこで。。
何かに足元救われるのでは(^^ゞ

あるデータを見つけるまではスノードラゴンが本命候補でしたw
消去データでは軸候補&3着圏内有力&優勝馬共通データクリアと申し分なし☆彡
東京ダ1400mも【2・2・0・1】でそのうち3回で上り最速をマーク。重賞連対も果たし今回は狙い目!と思いました(・∀・)
がしかしw大野騎手の東京ダ1400mの成績が【0・0・1・55】とドイヒー_l ̄l○lll ガクッ
平場も含めて3着1回しかない騎手が重賞で果たして勝てるのか?!(苦笑)そこだけがネックですw

去年の今頃はシルクロードSを快勝してたドリームバレンチノが去年の暮からダートに矛先を替え
いきなりのGI2着で前走は59キロで圧勝しダート2戦2連対。まとめて交わすならこの馬かもしれません(^^ゞ
消去データで軸候補、優勝馬共通データもクリアしデータ的にも申し分なし。
懸念材料は東京ダートどころか中央ダートも初、ダート2戦は重不良と脚抜きの良い馬場だったことから、
良馬場で力の要るダートがどうなのか?と未知の部分が多いところ。この辺はmussyuマスターに見解を任せますww


ひとまずこの4頭が連対有力候補ということにします(・∀・)

残りの4頭は3着候補と言う感じ。

血統データ推奨馬でmussyuマスターも血統的には推しており東京ダ1400mの舞台は悪くなさそうなノーザンリバー
ただダートで上り34秒台は1200mでの1回しかなく瞬発戦になったときは分が悪そう。
先行して一瞬の脚をどこで使うか、テン乗りのエビちゃんがどう乗るかがカギとなりそう。

消去データからは軸候補に3着圏内有力候補、JCD最先着馬で実力もあるブライトライン
ダート戦は【3・0・2・1】と圏外はJCDのみ、東京ダート1400mも麦秋Sで逃げ切り勝ちしており経験済み。
しかしこの馬も上りは36秒以上しか使えておらず瞬発戦に不安あり
mussyuマスターの見解からフジキセキ産駒は東京ダ1300m~1600mのOP重賞では【1・0・3・22】と成績が良くない点も気になるところ。
ただ先行馬も毎年圏内には来てるので、バレンチノと同様、実力的には上なので粘り切って残る可能性は十分ありそう。

血統データ的には東京ダ1400m最右翼なエーシントップ
この馬も去年暮れからダートに矛先を替えてきた馬で東京ダ1400mで初勝ち。
枠も最内を引きおそらく逃げる展開になりそうですがやはり瞬発戦でどうなのか。さらに芝で重賞3つも勝ってるので58キロを背負わされることに(^^ゞ
ダートの強者相手に58キロで逃げ切れるかどうかは疑問。瞬発戦になったときに差される可能性高いとみます。

最後に大穴ならテスタマッタ
穴をあけるならリピーター。去年も59キロで0.3差の6着とそれなりに走っており58キロ、無欲の直線勝負でギリ3着ならww


名前が出なかったなかではゴールスキーは7歳休み明けでダート重賞実績なしでは厳しい。
セイクリムズンはリピーターですしデータではいい位置だったんですが大外入ってしまったので泣く泣く切りw

mussyuマスターから5頭に絞ってと言われてましたが8頭も残ってしまった(苦笑)
あえて5頭にするなら連対候補4頭にブライトラインでしょうか。

それではあとはmussyuマスターに全てをゆだねますので(っ′∀`)っ 【ヨロシクお願いします】


続きはこちらでw
砂喫茶mussyu~ダート三昧な日々~
スポンサーサイト

根岸S~攻略案③~

*データは過去13年のうち東京開催の12回が対象

前走より斤量減のない前走GI以外で4着以下の57キロ以上 【0・0・0・20】
セイクリムズン・エーシントップ

ダート重賞連対のない7歳以上 【0・0・0・16】
ゴールスキー・ジョーメテオ・スリーボストン

GI連対のない年明け初戦の7歳以上 【0・0・0・18】
ティアップワイルド・スリーボストン・ジョーメテオ・ゴールスキー・アドマイヤロイヤル

ダート重賞勝ちがなく前走負けてる年明け初戦の6歳以上【0・0・0・25】
ゴールスキー・ジョーメテオ・スリーボストン・ダノンカモン

前走負けてて斤量増の7歳以上 【0・0・0・10】
テスタマッタ

東京ダート重賞で連対のない前走芝以外で6着以下の6歳以上 【0・0・0・26】
セレスハント

東京ダート3着以内のない前走4着以下の5歳以上 【0・0・0・16】
スリーボストン・ティアップワイルド

前走ダート1600m以下で6着以下の5歳以上 【0・0・0・40】
セレスハント

1400m以下に勝ちなし 【0・0・0・13】
ジョーメテオ

前走1400m以下で7着以下 【0・0・0・38】
セレスハント

ダート重賞連対のない前走重賞以外で0.2秒以上負け 【0・0・0・18】
アドマイヤサガス

ダート重賞経験して連対ない前走重賞以外で負け 【0・0・0・16】
アドマイヤサガス

東京ダート重賞連対のない前走重賞以外で4着以下【0・0・0・26】
アドマイヤサガス・セレスハント

前走1600m以下の重賞以外で4着以下 【0・0・0・27】
アドマイヤサガス・セレスハント

前走GI以外で負けてる中8週以上 【0・0・0・10】
アドマイヤロイヤル・ゴールスキー・ダノンカモン

ダート1400mに勝ちがない年明け初戦 【0・0・0・14】
ジョーメテオ

前走馬体重500キロ未満の1枠 【0・0・0・11】



東京ダート「GIor1400m重賞」で連対がない58キロ以上の馬 【0・0・0・6】
エーシントップ・

GI連対のない58キロ以上 【0・0・0・5】
エーシントップ

東京ダート連対のない8歳以上 【0・0・0・5】
ジョーメテオ・ティアップワイルド

東京ダート2回以上経験して3着以内のない馬 【0・0・0・7】
ティアップワイルド

前走負けてる中10週以上 【0・0・0・9】
ダノンカモン・ゴールスキー・アドマイヤロイヤル

前走重賞以外で二桁人気 【0・0・0・7】
セレスハント

前走6着以下の7歳以上 【0・0・1・25】
セレスハント・テスタマッタ

前走GI以外の地方重賞 【0・0・2・16】
ドリームバレンチノ・ティアップワイルド・エーシントップ


【毎年必ず1頭は3着以内に来る条件】

【1】6歳以下
【2】前走連対
【3】ダート重賞連対馬
【4】東京ダート「勝ちor重賞連対」
【5】前走1400m以上
【6】前走OPクラス
【7】ダート1400m勝ち鞍
【8】1600m以上に勝ち鞍
【9】斤量56キロ以下
【10】前走より斤量減なし
【11】関西馬
【12】前走馬体重470キロ以上
【13】中6週以内

【↑の条件のうち10つ以上該当する馬が毎年3着以内に1頭は来る】


該当馬
アドマイヤロイヤル(10)
ブライトライン (10)
スノードラゴン (10)
ダノンカモン  (10)


枠順
1枠 【2・0・1・18】
2枠 【0・3・1・16】
3枠 【0・2・0・22】
4枠 【4・1・0・19】
5枠 【3・1・0・19】
6枠 【1・3・3・16】
7枠 【1・1・6・16】
8枠 【0・1・0・23】


優勝馬共通データ
①4~7歳
②斤量57キロ以下
③前走「重賞or3着以内」
④重賞連対実績or12月以降出走
⑤重賞連対orダート1400m着外1回以内
⑥前走ダート戦で掲示板or芝重賞
⑦前走「3着以内or芝重賞orGI」
⑧前走1400m以下orダート1400mに勝ち鞍
⑨東京ダート「勝ち鞍か経験1回以下」orGI3着以内実績
⑩ダート1400m連対or前走重賞勝ち
⑪前走「3着以内or1600m以上」
⑫中6週以内or東京ダート重賞連対

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

△減点4.5~7・・セレスハント(6) ・スリーボストン(5) ・ジョーメテオ(5.5) ・アドマイヤサガス(4)
        ゴールスキー ・ティアップワイルド(4.5)


▲減点2.5~4・・2.5 アドマイヤロイヤル ・エーシントップ ・ダノンカモン

○減点1~2・・1 セイクリムズン 1.5 テスタマッタ

◎軸候補・・0 シルクフォーチュン・スノードラゴン・ノーザンリバー・ブライトライン
      0.5 ドリームバレンチノ


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

優勝馬共通データ全てを満たすのは・・
 ⇒ドリームバレンチノ・スノードラゴン・アドマイヤロイヤル

次点・・シルクフォーチュン ・ダノンカモン ・ブライトライン

シルクロードS~攻略案①~

根岸Sのコラボ企画でmussyuマスターがピックアップした馬を細かく考察してくれました(・∀・)

どうぞ砂喫茶へご来店をw
根岸Sバトンリレー①
根岸Sバトンリレー②


バトンを受けて出走馬決まったら消去データで絞って行きます(・∀・)

ではその前に今週のもう1つの勝負レースシルクロードSの分析へw

シルクロード血統

先週までの傾向からサンデー系が猛威を振るってた京都ですが、短距離重賞とあってそこにノーザンダンサー系が幅を利かせてます。
父or母父ノーザンダンサー系が9/15、あとは去年は母父で1~3着独占したミスプロ系も目立ちます。

個別で見るとノーザンダンサー系では父ダンジグ系が3回、マンカフェ産駒も3回、バクシンオーが父父も合わせて3回となってます。

内包では5代前までにナスルーラ内包が毎年1頭は3着圏内ボールドルーラー系内包が毎年連対してるのに注目。

その他ではプリンスキロ、ニジンスキーあたりが多く出てる傾向。


血統データからの注目馬をピックアップすると、

レオンビスティー (父バクシンオー、母父ストームキャット、ミスプロ&ナスルーラ&セクレタリアト内包)
シュプリームギフト(父ディープ、母父ミスプロ系、ボールドリーズン内包)
ザッハトルテ   (父クロフネ、母父キングマンボ、プリンスキロ&ボールドルーラー&ナスルーラ内包)
プレイズエターナル(父アドマイムーン、母父ミスプロ系、セクレタリアト内包)
テイエムオオタカ (父ホワイトマズル、ボールドルーラー&ナスルーラ&プリンスキロ内包)


除外対象
サドンストーム  (父ミスプロ系、母父ダンジグ系、ボールドルーラー内包)
アイラブリリ   (父ヌレイエフ系、母父ミスプロ系、ナスルーラ内包)


京都1200m初のレオンビスティーがトップ評価。バクシンオーに母父ノーザンダンサー系にミスプロ内包しており京都1200mは合いそう。

1月の流れを汲むならディープ産駒は外せないかw2頭いるディープ産駒から母父ミスプロ系でボールドルーラー内包のシュプリームギフトを上位に取る。

根岸S~攻略案②~

一気にラップ分析も更新w

根岸Sラップ2014

08~09年は重・不良馬場だったので良馬場だった過去5回のラップデータ

基本前傾ラップですが去年は前後半差がない。そしてここ3年は上りが速く瞬発戦になってる模様。
それを示すのが過去3年、上り1位の馬が優勝してるというデータw
シルクフォーチュンにメイショウマシュウと2年連続で追い込み馬が差し切ってる。
それより前の年でも上り2位が勝っており上りの速い馬が優勢なのか?

根岸Sラップグラフ

グラフで見ると07年と10年は前半速いのと中盤緩まないパターンで失速ラップの持続力戦
11年以降の3年は4ハロン目で緩んで、6ハロン目にペースアップし最後大きく失速しない瞬発戦

3年連続で同じようなラップを刻んでるので今回はこの3年を参考にして分析してみたいと思います。

出走可能なメンバーの中から1400m戦の好走レースをピックアップし過去3年の平均ラップと比べてみました(・∀・)

①平均ラップと似たパターン
根岸Sラップ比較◎

同じ東京ダ1400mの2戦。
テンが速く中盤緩んで最後上りが速いパターンですね。先行して上り4位で押し切ったアドマイヤロイヤルは安定感ありそう。
平均ラップより後半速い流れを上り最速で差し切ったゴールスキーは有力なのでは(・∀・)
ただこのラップは不良馬場のもの(笑)そこがどうなのかはmussyuマスターの見解を参考にw


②平均ラップよりラスト1ハロンが遅いパターン
根岸Sラップ比較〇

この4レースは上りがかかっており勝ち馬もワイドバッハ以外は先行して押し切ってるパターン。
瞬発戦になった場合やや分が悪い可能性ありか?ただ2~3着の可能性は高い気もするw
ワイドバッハは後方一気に差し切ってるので出て来れればなぁ(苦笑)


③前半ペースが速く上りがかかってるパターン
根岸Sラップ比較▲

このパターンは07年のように序盤速くなった場合に好走しそうな馬たち。
ハイペースや中盤緩まずやや持続戦に近い感じ。天保山は重馬場でスリーボストンが逃げ切ったので参考にならないかもですがw


他では過去3年の根岸Sで好走歴のあるシルクフォーチュンとテスタマッタ、セイクリムズンあたりはラップ的には問題なさそうなので好走は可能でしょう。

アドマイヤロイヤルは左回りならどんなレースでも対応出来そうで軸には一番向きそう。
先行馬が残る流れならエーシントップやブライトラインも好走出来そうですが基本的には差し馬優勢とみます。


最後にカペラと平均も比べたみた。
カペラ

果たして?!ww

根岸S~攻略案①~

今週はコラボ企画の根岸Sに、このブログを始めた週に的中させた京阪杯と同舞台のシルクロードSの二本立てとあって気合い入れて予想していきます(*`・ω・´)シャキーン

まずはmussyuマスターへ早めにバトンを託すために根岸Sから行きます(・∀・)

根岸S血統

過去5年の血統データ(5代前まで)

重馬場だった09年は父ノーザンダンサー系の産駒が1~3着独占したものの、10年以降はサンデー系産駒が1頭は圏内に来ており、去年は1~3着独占とダートでもここではサンデー系には注意が必要。

あと良馬場の過去4年では父の父は全て米国血統というのは最重要要素である気がする。

そしてダートといえばミスプロ系wという素人見解ですが過去5年で見ても毎年1頭はミスプロ内包馬が3着以内に来てます。
さらに5代前までにミスプロの祖父のネイティヴダンサープリンスキロを持つ馬も同じように毎年1頭は3着以内に。

他で目立つのはこちらもダートで強さを発揮しそうなボールドルーラー系、スタミナや底力の影響なのかニジンスキー持ちも好走馬が目立ちます。


★東京ダート1400m種牡馬成績

サウスヴィグラス  【16・7・10・95】   勝率125 連対率180
ワイルドラッシュ  【14・3・6・81】    勝率135 連対率163
クロフネ      【13・19・15・192】 勝率054 連対率134
フジキセキ     【13・12・16・101】 勝率092 連対率176
ゴールドアリュール 【13・11・10・138】 勝率076 連対率140


タピット      【6・3・3・10】  勝率273 連対率409
アッミラーレ    【7・6・3・25】  勝率171 連対率317


この辺を踏まえて現時点で出走予定馬の中から賞金順20番目までの馬から注目馬をピックアップ

エーシントップ
(父父ストームキャット【米】、母父ミスプロ系、ボールドルーラー&ネイティヴサンサー&プリンスキロ&ニジンスキー内包)
テスタマッタ
(父タピット≪父父プルピット【米】≫、ミスプロ&セクレタリアト&ニジンスキー内包)
シルクフォーチュン
(父ゴールドアリュール、プリンスキロ&ニジンスキー&ボールドルーラー&ネイティヴダンサー内包)
ノーザンリバー
(父アグネスタキオン、母父ミスプロ系、ボールドルーラー&ネイティヴダンサー内包)
ティアップワイルド
(父ワイルドラッシュ、母父ミスプロ系、ネイティヴダンサー内包) 


除外対象
ワイドバッハ
(父アジュディケーティング≪父父ダンジグ【米】≫、母父ミスプロ系、ボールドルーラー&ネイティヴダンサー&プリンスキロ&ニジンスキー内包) 


ひとまずこの6頭をチョイス(・∀・)
エーシントップは血統的には十分やれる感じ。58キロだけがどうか(^^ゞ

他では根岸Sで好走歴のあるテスタマッタとシルクフォーチュン。父が東京ダート1400m得意なだけに期待出来そうですがこの2頭は年齢がw勝ち切るまではいかないか。

ノーザンリバーは3走前に同舞台で0.6差の4着と負けているものの不良馬場でのもの。良馬場で見直してみたい。

除外対象ですがエーシントップと同等の評価が出来そうなのがワイドバッハ★
前走条件戦勝ったばかりだが3歳時にはユニコーンSで5着、1400mでは掲示板を外しておらず出て来れば注目したい。

新企画★

さて、週末は根岸S

せっかくリンクを貼らしてもらっているブロともの方に、重攻会時代からの縁が深くいつもお世話になっていたmussyuマスター(・∀・)

砂喫茶mussyu~ダート三昧な日々~


ダートレースを独自の切り口で攻め続け、重攻時代はいつもダート重賞の議長としてダートマスターの異名で活躍されてました(・∀・)

そのmussyuさんからの提案で実現したコラボ企画を根岸Sで行いたいと思います(・∀・)
題して・・・

mussyuマスターのジャリッとした珈琲飲んで、ウマーな結果をいただきます(・∀・)feat.くぅ~データキオン(仮)www

お題は根岸S攻略

1.まずはくぅ~データでふるいにかけられた競争馬5頭をピックアップ

2.その5頭をmussyuマスターの考察で分析

3.お互いの◎ー◎でワイド

4.(゚Д゚)ウマー

以上ですwww


随時進行状況をブログでアップしていければいいですかね?とまだ手探り状態ww

ひとまず登録馬が多過ぎるので出走馬決まる木曜あたりにピックアップ出来ればいいですかね?(・∀・)
mussyuマスター(っ′∀`)っ 【ヨロシクお願いします】

AJCC&東海S~回顧~

さて問題のAJCCを回顧していきますか・・w

◎ヴェルデグリーン  (1着)
○ダービーフィズ   (9着) 
▲ダノンバラード   (12着)
△フェイムゲーム   (3着)
△ケイアイチョウサン (10着)

注マイネオーチャード  (6着)
 サクラアルディート  (2着)
 フラガラッハ     (5着)
 コスモファントム   (16着)

う~む。。人気薄2頭は拾えてるし1人気切って圏外といいとこはついてるんですがフェイムゲームの評価をミスった・・

レースラップ
12.5 - 11.1 - 12.9 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 12.3 - 12.4 - 11.9 - 12.1

前48.7-後48.7  36.5-36.4  2:14:0

今年は前後半でペースが変わらず中間も36.6と緩まなかったので先行馬には厳しい流れだったか。
前半先行してた馬は軒並み二桁着順と大敗。勝ったヴェルデグリーンは3コーナーあたりから捲って上がっていき
強気な競馬で見事差し切り。オルフェと一緒に仕掛けた有馬の経験がいきましたかねww

今後はどこを目指すのか?ただ中山以外ではまだ信用出来ない気もするww

ダノンバラードは体調面なのか精神面なのか・・先行馬に向かなかったとはいえこれで3戦連続の大敗と長いトンネルに突入なのか・・?

ダービーフィズは後方待機で直線では一瞬伸びかけたものの最後失速で9着。う~む、こちらはまだまだ成長途上といったとこなのか、
古馬重賞の壁に跳ね返されたということなのか(^^ゞ

血統データから父サンデーでトニービン内包のフェイムゲームにフラガラッハは最右翼だったんですが、
消去データで減点が多かったフェイムは評価を落としてしまいました(>_<)
外人Jで2勝、北村に乗り替わって3連敗だったので騎手の相性も良くない、枠データ的にも1枠がイマイチとデータから推しがなかったのが痛かった・・・

結果的に掲示板に載った5頭中4頭がグレイソヴリン内包(3頭がトニービン)と中山重賞は血統データに重要度を置くべきでした。
しかし後方から捲ってあがっていったフラガラッハには驚きw一瞬夢を見る走りで見せ場十分だったな~(・∀・)
次走も注目しておこう。

サクラアルディートは金杯で本命にした馬で鞍上がベリーに変わるというだけで大きく買いなのになぜか二桁人気w
金杯では出遅れたせいでスムーズ差を欠いたのが敗因だったが、今日は内枠からうまくポジショニング取れて、
さすがのベリーという積極策で4角で先頭に出る勢いで直線に入り押し切れそうだったところ最後交わされた(^^ゞ
ディープ産駒だけに今後も乗り方次第では重賞戦線で期待出来そうな気配。

レッドレイヴンは大幅馬体重増と距離でしょうかね~中山記念出てきたら買いでしょうかw


今週で中山開催終了ですが来年以降の血統データ的に1月の中山は「サンデー系に欧州系のノーザンダンサー系とグレイソヴリン」
これは覚えておきましょうw


続いて東海Sを軽く(・∀・)

◎ニホンピロアワーズ (1着)
○ソリタリーキング  (9着)
△ゲシュタルト    (13着)
△ダブルスター    (4着)
△グラッツィア    (6着)

ニホンピロアワーズ圧勝でしたねwやはりこのメンバーなら力が1枚も2枚も上な感じでした。
惜しかったのはダブルスター(>_<)ハナ差4着とか・・_l ̄l○lll ガクッ

レースラップ
12.6 - 11.2 - 12.4 - 12.1 - 12.1 - 12.1 - 12.7 - 12.2 - 13.0

36.2-36.3-37.9   60.4  1:50:4

おおよそラップ分析で考察したような流れ。しかし11秒台が2ハロン目だけというのはどうなんだろうか(^^ゞ
中京ダート1800mらしく最後は大きく失速ラップで逃げたサトノプリンシパルは3着粘れそうで粘れなかった。

ピロアワーズはまさに横綱相撲で4角から早めに進出し直線で早々先頭に立ちそのまま押し切って2馬身差の貫録勝ち。
左回りも特に問題なかった感?ただフェブラリーSの流れがどうかは考察しないとなw

上り最速で差したグランドシチーが2着。
最後は確実に良い脚使う馬で斤量減の56キロが十分に生きた感じですね。mussyuさんもしっちぃさんも推してただけに馬連はここ1点勝負だったな~(^^ゞ

人気薄の中ではダブルスターが見せ場あったものの4着では・・_l ̄l○lll ガクッ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

あと出走数が少ないもののシスターミニスター産駒が【3・1・2・5】勝率273、連対率364と好成績

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

このデータは覚えておきましょう(・∀・)

フェブラリーで面白そうなのは勝ったニホンピロアワーズよりグランドシチーかな?

京都牝馬S~回顧~

ついに1月は重賞当たらずに終了・・_l ̄l○lll ガクッ

AJCCは絶好の万馬券ゲットのチャンスだったのにミスミス逃してしまった
しっかり回顧して月変わり&開催替りで連敗脱出じゃい!(*`・ω・´)シャキーン

まずは京都牝馬Sから

◎ウリウリ     (1着)
○プリンセスジャック (11着)
▲ゴールデンナンバー (6着)
★ドナウブルー    (2着)
△チャーチクワイ   (13着)
 ノボリディアーナ  (8着)
 エアジェルブロワ  (5着)

注ノーブルジュエリー     (3着)

本命はズバリだったんですがね~(^^ゞ
1~2番人気のワンツーで3着ルメールではw配当も30倍以下だったので致し方なし。

レースラップ
12.5 - 11.1 - 11.5 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 11.1 - 11.2

前35.1-後34.1   47.1-45.9  1:33:0


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

攻略案②から

基本前半4F47秒台と平均からややスローな感じで上り勝負。過去5年で上り1位の馬が4勝、
残りの1回も上り2位同士のワンツーとキレ味勝負に自信ありの馬を選ぶべしw


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

考察通りの流れで読み通り今年も上り1位のウリウリが1着(・∀・)
ただ同じく上り1位タイだったゴールデンナンバーは6着とポジションと内外の差で明暗w
鞍上の差ですかね(^^ゞスグリンの神騎乗でしたw
ゴールデンナンバーはさすがに後ろ過ぎた・・同じように4着ミッドサマーフェアも騎手の進路取りの悪さで
上り3位タイも4着という結果ですかねww

対抗に推したプリンセスジャックも上り3位タイと読み通りいい脚は使ってくれたものの11着(-"-)
道中はウリウリと同じ位置にいたのに3~4コーナーでついて行けず直線入り口ではウリウリと大きく差をつけられてた。
もしかしたら京都の下りが苦手なのかもしれん。やっぱ阪神コースじゃないとアカンのか(^^ゞ

実質4キロ差で2着だったドナウブルーが一番強かった感(・∀・)
ウリウリの瞬発力とスグリン神騎乗で惜しくも引退レースは飾れなかったものの実力は出し切ったでしょうか。

2~3着は4角4番手の2頭。前に行った方が有利ではあるが、2番手で進んだエンジェルブロワは上り34秒台、ドナウとノーブルは上り33秒台とやはり速い上りが使えるかどうかは重要なポイント★

まだ京都開催は続くのでその辺は覚えておこう(・∀・)


血統的にはまたしても京都重賞でディープ産駒の勝利(苦笑)結局1月の京都重賞は

京都金杯  ⇒エキストラエンド
シンザン記念⇒ミッキーアイル
日経新春杯 ⇒サトノノブレス


と全てディープ産駒が勝つという結果にww
とりあえず京都はディープから買っておけばok?(笑)

内包ではボールドルーラー系内包orネヴァーベンド内包が掲示板独占。ここは来年以降も要注目。

来週以降も京都は「上り最速の馬」「ディープ産駒」に注目しましょう(・∀・)

AJCC&東海S~最終戦略~

あっという間に1月も最終週、このまま重賞未勝利で終わってしまうのか!?

おっと大阪女子マラソン始まったがんばれ赤羽!

まずはAJCCの予想から。

昨日の中山芝の血統データ
1/25中山芝血統

父では再びサンデー系が好調w父か母父サンデー系で11/12と基本サンデー系なしは厳しい感じ。
サンデーxノーザンダンサーの組み合わせが半数、グレイソヴリン系内包馬の好走も目立つ印象。
スタミナ型のサンデー系にノーザンダンサー系やトニービンなどを内包してる馬が好走の目印か(・∀・)

続いて中山芝2200m重賞のみの騎手データ(06年以降)

蛯名  【4・1・3・13】
柴田善 【3・2・0・13】
横山典 【3・1・0・12】
北村宏 【2・1・0・16】


ベリー 【1・0・0・1】
ルメール【0・0・0・2】


最多勝はエビちゃんwしかしながら連対5回は全て3人気以内。人気薄だと3着止まり(^^ゞ善臣先生とノリが良い感じ。

注目騎手
蛯名(ダービーフィズ)・柴田善(レッドレイヴン)・横山典(ケイアイチョウサン)・北村宏(フェイムゲーム)

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は

9.5pt フラガラッハ
      ヴェルデグリーン
      ダノンバラード
      サダムパテック
7.5pt ケイアイチョウサン
6.5pt ダービーフィズ
 6 pt レッドレイヴン
      トゥザグローリー
5.5pt フェイムゲーム
      マイネオーチャード
 5 pt マックスドリーム

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

4.5pt サトノシュレン
      ヴァーゲンザイル
 4 pt コスモファントム
3.5pt サクラアルディート
2.5pt チョイワルグランパ

いや~大混戦(苦笑)京成杯並みに難しいw

◎ヴェルデグリーン
○ダービーフィズ
▲ダノンバラード
△フェイムゲーム
△ケイアイチョウサン


注マイネオーチャード
 サクラアルディート
 フラガラッハ
 コスモファントム

正直チョイワルグランパ以外はみんな買える(笑)

そんな中で本命はヴェルデグリーン中山芝はメンバー中最多の4勝。同舞台もオールカマーを勝っており重賞でも格負けはない。
有馬記念はべーやんが内枠を無視してオオルフェと一緒に大外捲っていくという無謀な戦法で撃沈w今回はちゃんと乗ってくれww
血統的にもトニービンxサンデーで今の中山も合うはず。懸念材料は他馬より背負わされた57キロか(^^ゞ

対抗にはこれまた同じくジャンポケ産駒のダービーフィズ
今回はトニービンを重要視wセントライト記念で2着と距離も大丈夫、血統的にも奥手な印象でまだまだ成長の余地ありで人気のない今回が先物買いw鞍上の蛯名もこの舞台なら心強い(・∀・)

3番手は実績最右翼のダノンバラード
中山2200m【1・0・1・0】と相性良く、同距離の宝塚2着はこのメンバーなら力は1枚上。
前走負けすぎが気になるとこだが、休み明けの叩き台と見ればw調教は悪くないようなので人気落ちのここは狙い目か。

あとは印付けたい馬だらけで何を重視するか、好みの問題のような・・(笑)

血統からトニービン内包で前走叩いて調子上向きなフェイムゲーム
勝ちきれないものの掲示板には確実に乗って来そうなケイアイチョウサンは押えたいところ。
この2頭は馬体重が軽いのがちょっと不安でもある(^^ゞ

他では二桁人気から買いたい馬が何頭かいるものの全部は拾いきれない(>_<)
注の4頭はホントなら全部買いたいのだが・・・

人気のレッドレイヴンとルメールのトゥザグローリーは来たらしょうがないの体でww


ちょろっとだけ東海Sも予想しておきます(・∀・)

◎ニホンピロアワーズ
○ソリタリーキング
△ゲシュタルト
△ダブルスター
△グラッツィア


正直自信はありませんがw
このメンバーならニホンピロアワーズの力が1枚2枚も上。それでグレープが58キロなのに57キロとかマジすか(笑)
よほど体調面が悪くなければ3着を外すとは考えられない(^^ゞ

相手も人気どこで決まりそう(^^ゞ
馬連で1点選ぶならユーイチ参戦のソリタリーキング

あとはワイドで人気薄の3頭へ流してみますw

AJCC~攻略案③~

いや~眠い現在AM3:20(笑)

*データは過去20年のうち中山開催の18回が対象

前走GI以外で馬体重プラマイ10キロ以上で6着以下 【0・0・0・15】
フェイムゲーム・コスモファントム・サトノシュレン

前走GI以外で6着以下の55キロ(2011年以前は56キロ)以下 【0・0・0・11】
フェイムゲーム

54キロ(2011年以前は55キロ)以下 【0・0・0・10】
マイネオーチャード

2戦連続56キロ以下で3着以内のない馬 【0・0・0・36】
サクラアルディート・チョイワルグランパ・マックスドリーム

前走GI以外の中6週以上の7歳以上 【0・0・0・21】
フラガラッハ

重賞勝ちのない前走4着以下の7歳以上 【0・0・0・29】
チョイワルグランパ・マックスドリーム

中山芝勝ちか中山重賞3着以内のない7歳以上 【0・0・0・12】
チョイワルグランパ・マックスドリーム

前走GI以外で二桁人気の8歳以上 【0・0・0・13】
チョイワルグランパ

中山重賞勝ちのない牝馬 【0・0・0・11】
マイネオーチャード

前走条件戦で負けてる 【0・0・0・14】
ヴァーゲンザイル

前走関西圏以外の競馬場の条件戦で5人気以下 【0・0・0・14】
ヴァーゲンザイル・マイネオーチャード

前走重賞以外で二桁人気 【0・0・0・14】
チョイワルグランパ

前2走ともGI以外で二桁人気 【0・0・0・24】
コスモファントム・チョイワルグランパ

前2走ともGI以外で8人気&8着以下 【0・0・0・15】
チョイワルグランパ・コスモファントム

中山2200m以上の重賞連対のない前2走ともGⅢ以下で4着以下【0・0・0・45】
サクラアルディート・コスモファントム・チョイワルグランパ・マックスドリーム

前走重賞以外で4人気&4着以下 【0・0・0・26】
フェイムゲーム・サトノシュレン・チョイワルグランパ

前2走内に重賞以外で二桁人気がある馬 【0・0・0・20】
チョイワルグランパ・コスモファントム

中山重賞3着以内のない前2走とも1秒以上負け 【0・0・0・17】
チョイワルグランパ・サトノシュレン

前走重賞以外の2000m以上で負けてる馬 【0・0・0・17】
ヴァーゲンザイル・サトノシュレン

前走GI以外の中8週以上 【0・0・0・26】
サトノシュレン

前走重賞以外の中5週以上 【0・0・0・13】
フェイムゲーム・ダービーフィズ・サトノシュレン

重賞経験して5着以内のない馬 【0・0・0・18】
サクラアルディート・ヴァーゲンザイル・サトノシュレン・チョイワルグランパ

前走中山芝以外の重賞以外で負けてる馬 【0・0・0・22】
サトノシュレン・チョイワルグランパ

GⅡ以上で3着以内のない前走負けてる関西馬 【0・0・0・13】
サクラアルディート・サトノシュレン・チョイワルグランパ・マックスドリーム

前走重賞以外で負けてる関西馬 【0・0・0・13】
サトノシュレン・チョイワルグランパ


「中山芝or2200m以上」で連対がない5歳以上 【0・0・0・9】
サクラアルディート・マックスドリーム

年明け走って3着以下の4歳馬 【0・0・0・7】
ケイアイチョウサン

6歳以上の牝馬 【0・0・0・6】
マイネオーチャード

GI勝ちのない牝馬 【0・0・0・8】
マイネオーチャード

前走GI以外のダート 【0・0・0・6】
チョイワルグランパ

前走2200m以上の条件戦で5人気以下 【0・0・0・7】
ヴァーゲンザイル・マイネオーチャード

前走54キロ以下で5着以下 【0・0・1・21】
サトノシュレン

前走重賞以外で負け 【0・0・2・39】
ヴァーゲンザイル・フェイムゲーム・ダービーフィズ・サトノシュレン・チョイワルグランパ

前2走とも重賞以外で負け 【0・0・1・26】
ヴァーゲンザイル

前走中山金杯に出走し57キロ以下で6人気以下で6着以下 【0・0・1・22】
コスモファントム


【毎年必ず1頭は3着以内に来る条件】

【1】2000m以上に勝ち鞍
【2】前走掲示板
【3】重賞連対馬
【4】中山芝「勝ちor重賞連対」
【5】前走2000m以上
【6】前走重賞
【7】中山芝2200m以上経験有
【8】中8週以内
【9】斤量56キロ以上
【10】前走より斤量減なし
【11】関東馬
【12】前走馬体重470キロ以上

【↑の条件のうち9つ以上該当する馬が毎年3着以内に1頭は来る】

該当馬
ヴェルデグリーン(11)
コスモファントム(10)
ダノンバラード (10)
サダムパテック (9)


枠順
1枠 【0・2・1・15】
2枠 【0・1・5・13】
3枠 【5・1・1・13】
4枠 【1・3・1・21】
5枠 【3・2・4・18】
6枠 【3・3・0・26】
7枠 【4・3・3・25】
8枠 【2・3・3・28】

優勝馬共通データ
①4~7歳
②56キロ以上
③重賞勝ちor前走連対
④前走「重賞or1着」
⑤関東馬or重賞勝ち
⑥前走12月以降or中山芝重賞勝ち
⑦前走「5着以内か2人気以内」or中山芝重賞3着以内
⑧1800m以上に勝ち鞍
⑨中山芝「勝ちか初」or有馬記念5着以内実績
⑩前走馬体重470キロ以上
⑪前走1800m以上or2400m以上に勝ち鞍

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

消える馬①・・チョイワルグランパ(16) ・サトノシュレン(11)

△減点4.5~7・・コスモファントム・マックスドリーム・ヴァーゲンザイル(5.5)
         マイネオーチャード・サクラアルディート・フェイムゲーム(4.5)


▲減点2.5~4・・

○減点1~2・・1 フラガラッハ 1.5 ダービーフィズ

◎軸候補・・0 ヴェルデグリーン・サダムパテック・ダノンバラード・トゥザグローリー・レッドレイヴン
      0.5 ケイアイチョウサン


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

優勝馬共通データ全てを満たすのは・・
 ⇒コスモファントム・ダノンバラード・ヴェルデグリーン・トゥザグローリー

次点・・サダムパテック・レッドレイヴン・フラガラッハ

全然絞れなかった(苦笑)

京都牝馬S~最終戦略~

何気に今年初の土曜重賞ですね~(・∀・)明日は関西は雨なのか?馬場傾向が読めないだけに非常に悩ましいw

まずは京都芝1600m重賞のみの騎手データから
(06年以降)

岩田  【7・3・4・23】
浜中  【6・0・1・18】
武豊  【4・2・3・17】
ルメール【3・3・2・14】
池添  【3・4・0・23】
福永  【1・3・6・21】


四位  【0・0・1・24】
秋山  【0・0・0・22】


金杯で1~3着のルメール、ユーイチ、岩田にシンザン記念を制したスグリンは今年も期待出来そうw
ただユーイチは勝ち切れなずに2~3着が多いので注意(笑)

当てにならないのは四位と秋山(^^ゞ基本切りw

注目騎手
岩田(ローブティサージュ)・浜中(ウリウリ)・武豊(エアジェルブロワ)・ルメール(ノーブルジュエリー)・福永(ドナウブルー)・池添(レジェトウショウ)


血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は

 9pt  プリンセスジャック
8.5pt ウリウリ
 8 pt ドナウブルー
6.5pt コスモネモシン
 6 pt ゴールデンナンバー
5.5pt チャーチクワイ
      ノボリディアーナ
 5 pt エンジェルブロワ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

 4 pt コレクターアイテム
 3 pt アドマイヤセプター
      ローブティサージュ
2.5pt ノーブルジュエリー
      クラウンロゼ

以下略


◎ウリウリ
○プリンセスジャック
▲ゴールデンナンバー
★ドナウブルー
△チャーチクワイ
 ノボリディアーナ
 エアジェルブロワ


注ノーブルジュエリー


本命はウリウリ
消去データから軸候補に残り、血統データからは京都外回りは無類の強さを誇るディープ産駒に母父ヴァイスリージェント系のフレンチデピュティと舞台適性抜群。
上り速い馬が活躍するこのレースで前走京都で上り最速、52キロの今回はさらなる前進が見込める。
鞍上も京都マイル重賞得意のスグリンなら(・∀・)懸念材料は外枠だけか(^^ゞ

対抗にはプリンセスジャック
京都より阪神向きな気はしますがデータ的にも血統的にもこの舞台は合わないことはないはずw
前走牡馬混合の1600万下を0.2秒差以上で勝った馬は【0・1・2・1】
3枠と好枠を引いて人気もそれなりなここが狙いどこと見て勝負(・∀・)

3番手にはゴールデンナンバー
常に速い上りを使い、関東馬ながら京都2戦2勝と相性も良くノリが乗りに来るのでハマれば一気の差し切りもw


実力なら1枚上のドナウブルーが★評価
引退レースでどこまできっちり仕上がってるかが微妙なとこ、6歳になり好走歴のない56キロということで凡走もあるとみてこの評価。

京都初も上り勝負が向きそうなチャーチクワイ
人気馬が差しタイプが多いので内から先行してあれよあれよがありあそうなノボリディアーナ
こちらも先行出来てさらに速い上りでまとめられるユタカ鞍上のエンジェルブロワは押えたい。

そしてルメールだけで押えたいノーブルジュエリーをどうしましょうかね~(^^ゞ

京都牝馬S~攻略案③~

*データは過去17年が対象

前走4着以下の斤量2キロ以上減 【0・0・0・20】
マイネボヌール

前走牝馬限定戦で5着以下の4歳馬 【0・0・0・16】
ローブティサージュ・クラウンロゼ

前走牡馬混合GI以外で0.5秒以上負けてる年明け初戦の4歳 【0・0・0・25】
ローブティサージュ・クラウンロゼ

前走二桁着順の6歳以上 【0・0・0・20】
レジェトウショウ・アドマイヤセプター

前走重賞以外で4人気&4着以下の5歳以上 【0・0・0・27】
レジェトウショウ

マイルGI3着以内のない前2走内に条件戦で6着以下があった5歳以上 【0・0・0・12】
マイネボヌール

前走負けてる7歳以上 【0・0・0・10】
レジェトウショウ・コスモネモシン

マイルGI3着以内のない前走条件戦の6歳以上 【0・0・0・10】
ノーブルジュエリー

前走牝馬限定戦で5人気以下&5着以下 【0・0・0・42】
ローブティサージュ

前走条件戦で6着以下 【0・0・0・14】
マイネボヌール

前走重賞以外で二桁人気 【0・0・0・25】
レジェトウショウ・コレクターアイテム

2戦連続二桁着順 【0・0・0・17】
コレクターアイテム・アドマイヤセプター・レジェトウショウ

重賞勝ちがなく前走二桁着順の53キロ以上 【0・0・0・19】
レジェトウショウ・アドマイヤセプター・ゴールデンナンバー

1600m以上で3着以内のない前走4着以下 【0・0・0・15】
レジェトウショウ

前走1200m以下で4人気以下 【0・0・0・25】
レジェトウショウ・アドマイヤセプター

前走GⅢ以下の1400m以下で4着&4人気以下 【0・0・0・23】
レジェトウショウ・アドマイヤセプター

前走1200m以下で2人気&2着以下 【0・0・0・21】
レジェトウショウ・アドマイヤセプター・マイネボヌール

前2走とも1200m以下で負けがあった馬 【0・0・0・12】
レジェトウショウ

京都芝経験して勝ちがない前走1400m以下 【0・0・0・21】
エンジェルブロワ・レジェトウショウ・アドマイヤセプター

重賞勝ちorGI5着以内のない京都芝連対なし 【0・0・0・38】
チャーチクワイ・レジェトウショウ

GI3着以内かGⅡ勝ちない前走牝馬限定戦で5着以下 【0・0・0・36】
クラウンロゼ・ゴールデンナンバー

「GIor京都芝重賞」で連対のない前走重賞以外の牝馬限定戦で2人気以下【0・0・0・16】
チャーチクワイ・クラウンロゼ・ミッドサマーフェア・ノボリディアーナ

前走GI以外で3着以下の京都芝初 【0・0・0・15】
クラウンロゼ

GI勝ちのない前走牝馬限定戦で3着以下の関東馬 【0・0・0・17】
ミッドサマーフェア・クラウンロゼ・コスモネモシン・ゴールデンナンバー

前走重賞以外で4人気以下で4着以下の関東馬 【0・0・0・14】
レジェトウショウ・クラウンロゼ

GI勝ちのない中10週以上 【0・0・0・11】
エンジェルブロワ・ノーブルジュエリー・クラウンロゼ

3ヶ月以上の休み明け 【0・0・0・11】
クラウンロゼ・ノーブルジュエリー・ローブティサージュ

前走1000万クラスで2人気以下 【0・0・0・11】
チャーチクワイ



前走牝馬限定戦の53キロ以下の5歳以上 【0・0・0・7】
チャーチクワイ・エンジェルブロワ

前走重賞以外の牝馬限定戦で3人気以下で3着以下 【0・0・0・9】
ミッドサマーフェア・クラウンロゼ

GI3着以内かGⅡ勝ちのない前走3着以下の55キロ以上 【0・0・1・20】
コスモネモシン

2戦連続条件戦で負け 【0・0・1・15】
マイネボヌール

2戦連続重賞以外で4人気以下で負け 【0・0・1・29】
レジェトウショウ


【毎年必ず1頭は3着以内に来る条件】

【1】1600m以上に勝ち鞍
【2】前走重賞
【3】重賞4着以内実績
【4】前走3着以内
【5】前走1600m以上
【6】芝マイル連対
【7】5歳以下
【8】関西馬
【9】前2走内に牡馬混合戦
【10】今年初出走
【11】中6週以内
【12】京都芝勝ち

【↑の条件のうち9つ以上該当する馬が毎年3着以内に1頭は来る】

該当馬
ウリウリ     (9)
ドナウブルー   (9)
プリンセスジャック(9)
コスモネモシン  (9)


枠順
1枠 【2・0・1・21】
2枠 【2・2・2・20】
3枠 【5・0・1・25】
4枠 【4・4・3・20】
5枠 【1・3・2・24】
6枠 【2・2・6・24】
7枠 【0・3・1・30】
8枠 【1・3・1・29】

優勝馬共通データ
①4~5歳or55キロ以上
②54キロ以上or4歳
③芝マイル連対実績
④前走「5着以内orGⅡ以上or牡馬混合重賞」
⑤前走「1600m以上or1着」
⑥前走「1600m以上or牡馬混合戦」
⑦重賞勝ちor前走着差0.2秒差以内
⑧年明け初戦or前走芝マイル戦
⑨中6週以内orGI勝ち実績or前走1着
⑩京都芝勝ちorマイル重賞連対実績

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

消える馬①・・レジェトウショウ(14.5)

消える馬②・・クラウンロゼ(9.5)


△減点4.5~7・・アドマイヤセプター(7) ・マイネボヌール(4.5)

▲減点2.5~4・・2.5 エンジェルブロワ ・コスモネモシン ・ミッドサマーフェア  4 ローブティサージュ
        3 ノーブルジュエリー ・ゴールデンナンバー 3.5 チャーチクワイ


○減点1~2・・1 ノボリディアーナ 2 コレクターアイテム

◎軸候補・・0 ドナウブルー ・ウリウリ ・プリンセスジャック

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

優勝馬共通データ全てを満たすのは・・
 ⇒ウリウリ ・コスモネモシン ・ローブティサージュ

次点・・ドナウブルー ・ノボリディアーナ ・ノーブルジュエリー

東海S~攻略案②~

フォルラン正式にセレッソ大阪移籍決定(・∀・)マー君は7年161億という大型契約でヤンキースへ移籍ヽ(゚Д゚;)ノ!!
ともに活躍を期待したい☆彡

では前回に続いて東海Sの分析。今回はラップデータから。

中京ダ1800コース図

東海Sラップデータ


今回も東海Sと過去2年の白郷川S、OPのジュライSと去年の東海Sの5レースのラップから分析。

コース図から解るように中京ダ1800mの特徴としては坂の途中からスタートし1~2コーナーを回り向正面残り1000m付近から下り坂になり、3~4コーナーを下りながら回って410mの長~い直線と高低差3.4mの急坂が待ってますw

基本的にはスタートして坂を上り向こう正面で早めに下るためペースが緩まずラストに長い直線と急坂を再び上るため、
ラスト1ハロンが大きく失速しかなりスタミナを要するタフなコースなイメージ。

去年の白郷川Sだけラスト3ハロンが速くなって後傾ラップですが、これは5馬身差で勝ったベルシャザールが異常だったということでww


グラフにして見てみると、

東海Sラップグラフ

ひろし師匠から円の書き方を伝授してもっらたのでさっそく使ってみる(笑)

ピンク円のところはお椀型になる感じ、黄色の円のところは最後失速してV字というのがどのレースも似たようなラップ。

こう見ると去年の東海Sってどうなんだろうか?(^^ゞそんなレベル高そうには思えないけど、勝ったグレープブランデーが次にフェブラリーも制したので強かったとも思えるしw

ポジションで見ると基本前行った馬が有利。逃げ馬も3頭が馬券圏内で、逃げ馬が絡まなかった2戦も4角2番手の馬が連対してる。
狙いは逃げ先行馬(・∀・)


ここでラップ的に中京ダ1800mと似た感じのレースを見てみると

1東海Sラップ比較

中山のフェアウェルS(1.50.9)とラジオ日本賞(1.50.0)、そして中京の御嶽特別(1.50.6)の3レースをチョイス。
平均は中京ダ1800mの上記5レースの平均値。

それぞれの最先着馬はナムラタイタン、グラッツィア、サトノプリンシパル

ナムラタイタンは勝ち馬から0.6秒差なのが(^^ゞ
サトノプリンシパルは1000万条件のレースなのでそもそも力の差がどうか(^^ゞ

となるとグラッツィアが良さ気。不良馬場だったとはいえベルシャザールに0.4秒差を付けただけに人気ないなら狙ってみたい(・∀・)
血統的にもキンカメ産駒、脚質的にも前に行けるのでいいのでは。

他では中京ダ1800mの上記のレースで好走してるスタットジェルラン、グレープブランデーも適性悪くはないでしょう。


最後に阪神ダ1800mも失速ラップなので比べて見ると、

東海Sラップ比較2

対象が去年のJCDとアンタレスなのもありますが中京ダ1800よりラスト200まで緩まずに行ってるぶんレベル高い(で合ってる?w)
ベルシャザールが勝った白郷川Sも似たような感じなので阪神ダート1800mで好走してる馬は好走の可能性は高い(・∀・)

東海S~攻略案①~

初のダート重賞予想にチャレンジ(・∀・)

今回は東海Sと同舞台の中京ダート1800mで行われた過去2年の1600万下戦の白郷川S、
OPのジュライSと去年の東海Sの5レースを参考に血統とラップから分析。

まずは血統データから

東海S血統データ

ミスプロ系が強いですね~サンデー系ではスペシャルウィーク産駒が3回圏内。
あと母父でヴァイスリージェント系が3回、クロフネ産駒も1頭来てるのでヴァイスリージェント系も注目。

内包ではヌレイエフやニジンスキー、ボールドルーラー系も全レースで圏内とこの辺にも注意が必要ですかね。

父か母父にサンデー系かミスプロ系は欲しいところ。


去年の暮の開催と1月開催での中京ダ1800m(新馬、未勝利を除く)の傾向を見ると


シンボリクリスエス・・4回
マンハッタンカフェ・・4回
フジキセキ     ・・3回

キングカメハメハ ・・3回
クロフネ      ・・3回
スペシャルウィーク・・2回
スクワートルスクワ・・2回
マイネルラヴ   ・・2回


母父
サンデーサイレンス・・5回
バブルガムサンデー・・3回

クロフネ      ・・2回
ワッスルタッチ  ・・2回

ブライアンズタイム・・2回
スティールハート ・・2回
コジーン      ・・2回


内包
リボー   ・・8回
リファール ・・8回
ニジンスキー・・7回



中京ダート1800m種牡馬勝ち鞍ベスト5

シンボリクリスエス 【10・6・9・66】
マンハッタンカフェ 【7・4・2・30】
キングカメハメハ  【6・10・8・53】
クロフネ      【6・7・3・51】
アグネスタキオン  【5・3・4・41】
スペシャルウィーク 【5・2・2・16】


勝率&連対率ベスト5(20回以上出走のみ)

スペシャルウィーク .200
マンハッタンカフェ .163
ブライアンズタイム .111
シンボリクリスエス .110
スズカマンボ    .103

ブライアンズタイム .306
スペシャルウィーク .280
マンハッタンカフェ .256
キングカメハメハ  .208
クロフネ      .194


この辺の傾向を見ると
シンクリ・マンカフェ・キンカメ・スペシャル・クロフネの5頭が中京ダ1800の5強といったところですかね(・∀・)

あと出走数が少ないもののシスターミニスター産駒が【3・1・2・5】勝率273、連対率364と好成績


出走馬も決定したので血統からの衆目馬をピックアップすると、

ゲシュタルト   (父マンカフェ、母父エンドスウィープ、リボー&ボールドネシアン内包)
ソリタリーキング (父キンカメ、母父サンデー、ヌレイエフ内包)
サイレントメロディ(父シンクリ、母父サンデー、ボールドリーズン内包)
グレープブランデー(父マンカフェ、ボールドルーラー&リボー内包)
グランドシチー  (父キンカメ、ヌレイエフ&リボー内包)


ダブルスター   (父シスターミニスター、ヴァイスリージェント&セクレタリアト&リボー内包) 


フェブラリーの前哨戦とあってなかなかのメンバーが揃い血統的にもミスプロ系にサンデー系多くどこからでも狙えそうww
その中から中京ダ1800m5傑の産駒から5頭、そして穴でシスターミニスター産駒のダブルスターをチョイスしてみました(・∀・)

AJCC~攻略案②~

週刊少年マガジンに連載中の「君のいる町」終わっちゃうのか~(´・ω・`)ショボーン

AJCCラップデータ2014

過去5年のラップデータ

去年こそ前半速かったものの基本的には向こう正面までは上りになってるのでゆったりペースになりがち。
グラフにすると分かりやすいが中盤のペースにばらつきはあるものの、共通項は3コーナー手前からペースが上りラスト1Fで大きく失速するという点。

AJCCラップグラフ

ひろしさんみたく分かりやすく円を書きたかったけど断念(苦笑)

ラスト大きく失速するので差し馬が来るのかと思いきや過去5年の勝ち馬はルーラーシップ以外は全て4角3番手以内。
不良馬場を後方から差し切ったルーラーシップは力が違ったということでw

逃げ馬も2頭連絡みしてることから基本前有利。早めにペースが上りロングスパートの形になるので瞬発型より持続戦に強いスタミナ型の方が好走しやすい。
しかしながら上り1~2位の好走も多いので長くいい脚が使える馬を要チェック(・∀・)

あとは特殊なコース形態なので同舞台での好走歴のある馬を狙ってみたい。

ということでこちらもひろしさんと被りますがw
出走馬の中山2200m戦をピックアップ(・∀・)

AJCCラップ比較

AJCCと似たようなラップを刻んだサトノシュレンの湾岸Sはやはり注目ですかね(^^ゞ

去年のオールカマーとセントライトは差し決着となったため、ここでの適性とはちょっと違うのかも。。。

穴ならコスモファントム

一昨年のAJCC4着時のレースラップが良い感じw前走の金杯でも先行して4角で積極的にまくっていき8着とはいえ0.4秒差。
復調してくれば1発あるのでは?!

AJCCラップ2014

京都牝馬S~攻略案②~

火曜日は安定の「福家警部補の挨拶」からの「バチスタ4螺鈿迷宮」ドラマラインです(・∀・)

壇れいメガネに萌え~w

(-.-)y-.。o○
では競馬の話へww

京都牝馬Sラップ2014

過去5年のラップデータ

基本前半4F47秒台と平均からややスローな感じで上り勝負。過去5年で上り1位の馬が4勝、
残りの1回も上り2位同士のワンツーとキレ味勝負に自信ありの馬を選ぶべしw

今月は金杯とシンザンと同舞台で重賞があったので2レースと京都牝馬Sの平均ラップを比べてみると、


京都牝馬ラップ比較2014

似たようなラップですが、シンザン記念は京都牝馬より前半遅くミッキーアイルの逃げ切り、番手のウインが2着と前残り(というか2頭の力が抜けてた?w)
しかし上り最速のタガノグランパが3着で2位もウイン、3位がミッキーとやはり上りの速い馬が馬券圏内に。

京都金杯は全体的に速く上り1位のエキストラエンド、2位のオースミナインのワンツーと差し決着。

ペースは違うものの2レースとも上りの速い馬が馬券に絡んでるというのは共通点。


ということで今年の出走馬の中から
京都牝馬Sのラップと似た感じのマイル戦を上り3位以内だった馬の該当レースをチョイスしてみました(・∀・)

京都牝馬Sラップ比較

ゴールデンナンバー(木津川特別・1着上り1位)
ドナウブルー   (マイルCS・5着上り3位
チャーチクワイ  (日野特別・1着上り2位
プリンセスジャック(清水S・9着上り1位)


GIとあってマイルCSが優秀。上り1位で差し切ったトーセンラーすごいなww
そして同じような位置から5着に来たドナウブルーも評価せざるを得ないでしょう。

時計的には清水Sも京都牝馬の平均を上回ってるので良さそうですが馬場差がわからないので(^^ゞ
そのレースで上り1位だったプリンセスジャック。9着なのでなんともですがちょっと注目しておきたいw

木津川特別で前半スローで前残りの流れを上り最速で差し切ったゴールデンナンバーも圏内有力。
京都2戦2勝でマイルも【4・3・0・1】と舞台適性は抜群☆彡

東京競馬場ですがこちらも日野特別で先行馬残りそうなとこを後方から上り2位で差し切ったチャーチクワイ
こちらは京都初なのでもしかしたら適性合うかも?という未知の魅力に期待w

とりあえずこの4頭をピックアップ(・∀・)

AJCC~攻略案①~

本日2回目の更新w

まずはAJCCの血統データを見る前に中山最終週ってことで中山金杯フェアリーS京成杯の血統分析を振り返って見ましょうか。

3レースに共通してたのは亜流血統持ちの好走がとにかく多いこと。これは暮れの中山からの特徴の1つ。

もう1つ父がミスプロ系の場合母父サンデー系が好走してるというのも3レースで一致。
さらにトニービンを筆頭にナスルーラ系の好走馬が多いのも特徴として挙げられます。


では、AJCCはどうなのか?見てみましょう(・∀・)

AJCC血統2014

過去5年の血統データ

やはりここでも亜流血統持ちが非常に多いw特にハイペリオン&トムフール内包の出現率が高い。
父サンデー系の好走が多く傾向としては金杯よりフェアリーや京成杯に近い感じ。

そして上記の傾向から当てはまるのがトニービン内包の活躍。過去5年で毎年1頭は3着以内に来てます。
ジャンポケ産駒のジョーダンと母父トニービンのルーラーが勝利、父の母がトニービン系のシロッコとラクティが3着。
今年もトニービン内包馬には要注意。

また同じようにノーザンテースト内包馬も毎年連対馬を出しており注目しなくては(・∀・)

では今年の出走予定馬から注目馬をピックアップ

フラガラッハ    (父デュランダル、母父トニービンノーザンテースト&ハイペリオン内包)
フェイムゲーム   (父ハーツクライ、トニービンノーザンテースト内包)
マックスドリーム  (父アドマイヤマックス、母父ネヴァーベンド系、ノーザンテースト&エルバジェ内包)
マイネオーチャード (父ステイゴールド、ファイントップ&ノーザンテースト内包)
ケイアイチョウサン (父ステイゴールド、ファイントップ&ノーザンテースト内包)
ヴァーゲンザイル  (父ネオユニ、母父ノーザンテースト、ハイペリオン内包)
サトノシュレン   (父ステイゴールド、ファイントップ&ノーザンテースト&ネヴァーベンド内包)


ヴェルデグリーン  (父ジャンポケ、母父スペシャルウィーク、ハイペリオン内包)
ダービフィズ    (父ジャンポケ、母父サンデー、ハイペリオン内包)
 


適性バッチリっぽいのがフラガラッハなんですが・・・さすがに?(笑)
となるとハーツ産駒のフェイムゲームに触手が動くw父サンデー系でトニービン&ノーザンテースト内包はこの2頭のみ。
他では中山大好きステイ産駒wの3頭。マイネオーチャードはサンデーxティンバーカントリーは京成杯のプレイアンドリアルと同じ配合だけにちょっと気になる。

父サンデー系以外ではやはりジャンポケ産駒2頭が注目か(・∀・)

京都牝馬S~攻略案①~

今週は3重賞あるので月曜からバシバシ更新していきましょうw

京都牝馬血統2014

過去5年の血統データ

カラフル(笑)
父系はサンデー系、ノーザンダンサー系にキンカメに分類出来る。

目立つのはサンデー系ではダンスインザダーク産駒、ノーザンダンサー系ではクロフネ産駒の好走
ダンス産駒は母父でもショウリュウムーンで2回来ており注目。

そしてさらに注目なのがクロフネ産駒で圏内3頭は7人気、9人気、10人気と人気薄での激走ばかり(・∀・)

ダンス&クロフネがいたら狙うぜ!・・と出走予定馬見てみたら1頭もいなかった_l ̄l○lll ガクッ(笑)

その他ではニジンスキー内包馬が毎年1頭は連対、トムフール内包馬が毎年1頭は3着以内と継続的に好走馬を出してる。
そしてボールドルーラーとネヴァーベンド内包馬が5年中、4年で3着圏内馬を出しておりこちらも注意が必要か。


その辺をふまえ今年の出走予定馬から注目馬をピックアップすると、

エンジェルブロワ  (父ダメジャーセクレタリアト&ネヴァーベンド内包)
ゴールデンナンバー (父ダメジャー、ニジンスキー内包)
プリンセスジャック (父ダメジャー、トムフール内包)
ドナウブルー    (父ディープ、ネヴァーベンド内包)
ウリウリ      (父ディープボールドルーラー内包)
クラウンロゼ    (父ロサードボールドルーラー&ネヴァーベンド内包)


ノボリディアーナ  (父フレンチデピュティ母父サンデーボールドルーラー内包)
チャーチクワイア  (父ネオユニ母父フレンチデピュティ、ボールドルーラー内包)
ラーストチカ    (母父デヒア【ヴァイスリージェント系】、ニジンスキー&ボールドルーラー内包)


父サンデー系ではダイワメジャー産駒とディープ産駒が良さそう。
唯一トムフール内包のプリンセスジャックは穴で押えておきたい。京都&マイル得意のゴールデンナンバーもニジンスキー内包馬の中では最有力か。

サンデー系以外ではクロフネと同じヴァイスリージェント系に注目。
特に父フレンチデピュティのノボリディアーナは母父サンデーでボールドルーラー内包と人気がなければ狙ってみたい(・∀・)

京成杯&日経新春杯~回顧~

今週も連敗は止まらず(ノД`)・゜・。

まぁ日経新春杯は予想的には当たってた感じですがあの組み合わせは、配当見て買い目から消したので致し方なし。
今週から3連複は30倍をボーダーラインに設定して30倍未満買いませんw

ではまず京成杯から(・∀・)

◎ウインマーレライ  (12着)
○ヴォルシェーブ   (6着)
▲エアアンセム    (11着)
★キングズオブザサン (2着)
△ディアデルレイ   (14着)
△ホルボッシュ    (16着)

迷:ラングレー      (10着)
注:ピオネロ      (4着)
注:アデイインザライフ   (3着)


いや~これはドイヒー
勝った馬は無印で印打った馬は軒並み二桁着順とは恐ろしい・・・

レースラップ
12.4-11.0-12.9-11.7-12.6-11.7-12.0-11.9-12.3-12.6

60.6-60.5  36.3-36.8  2.01.1


ラップ的には攻略案②で分析した感じで前半60秒台で流れ後半失速ラップで差し有利の見解は間違ってはなかった(^^ゞ
アデイインザライフは唯一マクリと上り最速を経験してただけにキャリア1戦で軽視したのは失敗だったか。。

プレイアンドリアルは完全に軽視してしまってた(>_<)本命にした朝日杯で来いよ(苦笑)
買うと来ない、買わないと来るという競馬あるあるの王道ですなww
週中のスポーツ新聞に調教を折り合って脚が溜めれるようになるためにアルゼンチン方式に変えたと書いてあったが
それが功を奏して折り合いがついて2000mでも伸びましたね~。

キングズオブザサンはデータで満点評価で血統的にもチチカスxサンデーと中山も合う感じで外枠&大野でも来ちゃいましたねw
でも大野くんが早めに仕掛けた分最後差された感じもしないでもないのでGIではこのコンビじゃ危険かな(^^ゞ

アデイインザライフはノリのお家芸w後方ポツンから上り最速で3着。出遅れたのであの位置になったので致し方なしかな~
賞金加算出来なかったのでローテが厳しくなりそうで次走がどこになるかが注目。


本命にしたウインマーレライはスタート抜群に良かったものの引っかかったなぁ
Mタキさんが本命にすると引っかかる伝説いまだ健在(苦笑)なんか終始力んで走ってたように見えたんだが・・
スタートが良すぎたのが逆に仇となったか・・上手く折り合ってればいい勝負出来たっぽいんだけど。。。残念(>_<)

ヴォルシェーブは前々で進め4コーナーでムチが入ってましたね~
しかしキングズオブザサンに外から捲られマイネグレヴィルもかわせないとなると能力的に足りないのか・・
それとも長距離輸送や中山の馬場が合わないのか・・

エアアンセムは完全にスムーズさを欠き大敗。。スタートしてラングレーかな?ぶつかって後方に。
4コーナーでも前が詰まって上がって行けず、直線も内を突けばつまり外へ出したときにはもう時すでに遅しでアウトでした。
今回は度外視出来る可能性があるので次走もう一度見てみたい。


血統的にはサンデー系強しは変わらずで1、3着がダンジグ内包とノーザンダンサー系の欧州血統はまだまだ中山開催では必須か。

続いて日経新春杯

◎サトノノブレス  (1着)
○フーラブライト   (3着)
▲コウエイオトメ   (4着)
★アドマイヤフライト (2着)
△テイエムイナズマ  (6着)
△ラウンドワールド  (11着)

注:カワキタフウジン  (5着)
  ステラウインド   (10着)

ほぼ予想通りの結果♪ということで堅かったww出来ればコウエイオトメが3着に来てほしかったなぁ。
ラウンドワールドはやはり切るべきだった(*ノД`*)タハッ

レースラップ
48.2-49.5-46.7  35.9-37.1-36.7-34.7  2.24.4

まさかサトノノブレスが逃げるとは(^^ゞ去年と似たようなラップで上りが速かった分、時計も2分24秒台に。
前半ゆったり入って道中もそんなペース上がらずにヨーイドンの競馬wルメールマジックか?ww
直線入り口で一気に突き放したのが上手かったな~

この展開で逃げ馬に34秒台で上がられては差し馬はキツイwアドマイヤフライトが34.2で猛然に追い上げるもクビ差届かず。
しかし斤量差が1キロあって展開面でサトノに分があったことを考えると勝ちに等しい内容でしょう
今年中には重賞勝てそうな感じ(・∀・)

フーラブライトは決め手の差で3着といった所か。牝馬同志で時計がかかるような展開なら今後も勝ち負け出来そう。

コウエイオトメはこれ以上ない競馬でしたがこの時計では4着が精一杯か。
終始内を回って直線も最内突いて上り2位で伸びてはいるんですけどね~(^^ゞ
チョリ添グッジョブでしたが前が止まらんかったので仕方ないw秋のエリ女でまた期待します(笑)

テイエムイナズマは6着なら大健闘でしょうかw逃げるかもと思ったんだけどww

ステラ、ラブイズあたりを馬券対象から消せたのは収穫。ラウンドまで消して5頭に絞れてたら完璧だったので
まだまだ精進が必要ですな(・∀・)

さて、来週は3重賞ですか(;´Д`A ```
中山が最終週なのでなんとかAJCCは的中させたいところ(>_<)

日経新春杯~最終戦略~

京都は無事に開催のようですね(・∀・)

~攻略案①~
~攻略案②~
~攻略案③~

昨日の京都芝血統データ

1/18京都芝

父&母父はサンデー、ミスプロ、グレイソヴリン系、あとノーザンダンサー系内包馬の好走が目立ちますかね。
特に日経新春杯と同距離では父ミスプロ系が1、3着でトニービン内包がワンツーとこの辺には注意を払いたい。

トニービン内包⇒サトノノブレス・コウエイオトメ・アドマイヤフライト・ラウンドワールド

続いて京都2400m重賞のみの騎手データ
(06年以降)

池添 【4・0・0・7】
福永 【2・1・0・6】


武豊  【0・1・1・5】
ルメール【0・0・0・1】
岩田  【0・2・1・7】

和田 【0・0・1・10】
幸  【0・0・1・10】
秋山 【0・0・0・6】


なんといってもチョリ添の4勝が光るwそれ以外で複数勝ってるのはユーイチだけと意外な結果(^^ゞ
岩田とユタカが0勝ってのは苦手意識でもあるのだろうかww

注目騎手
 ⇒池添(コウエイオトメ)・福永(アドマイヤフライト)

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は

8.5pt フーラブライト
      アドマイヤフライト
 7 pt サトノノブレス
6.5pt コウエイオトメ
 6 pt カワキタフウジン
5.5pt ラブイズブーシェ
4.5pt ラウンドワールド
 4 pt ステラウインド
      テイエムイナズマ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

2.5pt トップカミング
      ロードオブザリング

以下略

◎サトノノブレス
○フーラブライト
▲コウエイオトメ
★アドマイヤフライト
△テイエムイナズマ
△ラウンドワールド

注:カワキタフウジン
  ステラウインド


本命は素直に人気のサトノノブレス明け4歳で斤量55キロ、内枠でルメールと条件が良すぎますw血統的にも母父トニービンで京都2400mにもマッチ。
ここは順当に来てくれるでしょう(・∀・)

対抗はフーラブライト
データからは最有力。前走重賞勝ちもコウエイオトメと同じ52キロは恵まれた感。
ただ高速決着になった場合にやや不安ありか(^^ゞ

3番手はコウエイオトメ
一発あるならココ京都2200~2400m【1・5・1・0】と完璧w
血統的にもハーツxキングマンボで◎、京都2400m重賞得意の池添で激走の予感☆彡

★評価にアドマイヤフラト
安定度ならココでしょうか。ただ長距離戦は阪神での良績が目立ちポカもありそう(^^ゞ
しかしマンカフェxトニービン、ユーイチなら圏内は堅そうな気もするw

あとはなぜか軸候補に残ったテイエムイナズマ
前走負けすぎも京都変わりでディープ産駒に岩田が怖いラウンドワールドまで押える。


9歳のカワキタフウジン、外国遠征で力つけてそうも京都初がネックのステラウインドは買いたいけど買えない位置w

京成杯~最終戦略~

いや~ワンピースフィルムZ良かったですね~
なんだかんだで感動出来る(・∀・)

さて、京都は明日雪かもしれないとのことなので日経新春杯の予想は明日の午前中にしますw

~攻略案①~
~攻略案②~
~攻略案③~

今日の中山芝は4レースで逃げ馬が【1・0・2・1】と差し有利な馬場から一転、前残りざますヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
ラップ分析から差し決着と見てたもののこれはちょっと微妙な感じに(苦笑)

まずは今日の芝レースの血統傾向(・∀・)

1/18中山芝血統

先週のサンデー天国から若干変わっておりミスプロやノーザンダンサー系の産駒が来てるということで、
やはり馬場傾向に変化があるのかもしれない。
しかしながら、ニジンスキーやダンジグ、リファールなど欧州血統内包馬が引き続き多い傾向もありスタミナ&パワー型が優勢な感にも注意。


続いて中山芝2000m重賞のみの騎手データ

ベリー 【2・1・0・1】
内田博 【2・1・3・15】
田中勝 【3・1・2・19】
横山典 【3・0・2・20】(4人気以下【0・0・0・20】 
蛯名  【2・1・1・20】(4人気以下【0・0・0・13】 
後藤  【0・3・3・16】(3人気以内【0・2・2・1】


柴田善 【0・1・0・17】
石橋脩 【0・1・1・10】


なんといっても去年に続き連覇がかかる勝率5割のベリーw中山金杯も勝っており今年も中山マイスターっぷりを発揮ww
この条件ではなかなかの成績を残すカッチーに不振から抜け出せないウッチーがまずまず。
人気なら信頼出来るも人気薄だとてんでダメなのがノリとエビちゃんww逆に人気になると強いゴッチンw
この3頭は当日の人気に注目。

注目騎手
ベリー(ウインマーレライ)・田中勝(ツクバアズマオー)・内田博(ヴォルシェーブ)

人気の場合・・横山典(アデイインザライフ)・蛯名(ピオネロ)・後藤(エアアンセム)

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は

9.5pt ヴォルシェーブ
 9 pt ウインマーレライ
8.5pt アデイインザライフ
       キングズオブザサン
6.5pt エアアンセム
 6 pt ディアデルレイ
5.5pt マイネレグヴィル
       プレイアンドリアル
       ラングレー
       ショウナンラグーン
       ホルボッシュ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

 5 pt アグネスドリーム
       デリッツァリモーネ
       ピオネロ

以下略

◎ウインマーレライ
○ヴォルシェーブ 
▲エアアンセム
★キングズオブザサン
△ディアデルレイ
△ホルボッシュ


迷:ラングレー
注:ピオネロ
注:アデイインザライフ


本命は中山2000マイスターベリーのウインマーレライ
今日の馬場が先行有利になってるところが非常に気になるところですが、
この馬は前走だけ後手を踏んだだけで福島、中山と小回りで勝ったときはしっかり4角4番手以内からでベリーに乗り替わって内から上手くポジショニング取ってくれるはずw
となれば上りは確実に良い脚を使えるので勝機は十分

対抗にはヴォルシェーブ
★前走500万下以上の阪神芝2000mで上り2位以内で3着以内 【4・0・1・1】
このデータだけでも買いw現在9人気と前走バンドワゴンに千切られたせいか人気になってませんが、
データに血統にとほぼ穴がなく調教でもヴィルシーナに先着と調子も良さそうで狙ってみたい。
あとはウッチーの手綱さばきだけww

3番手はエアアンセム
ホープフルS勝ち馬は【1・0・1・1】でキャリア4戦以下なら【1・0・1・0】
3人気以内になればごっちんパワーも加わり複勝圏内はかなり有力な気がします。

まとめてかわすとしたらのキングズオブザサンが★評価
大外&大野じゃなければ本命だったんですが(苦笑)データでは満点評価☆彡人気馬の中ではこれが一番期待出来そうです。
ただ中央の重賞で大外入った大野に全幅の信頼はおけませんww

あとは京成杯と今日の馬場から血統的に合いそうなキンカメ産駒からディアデルレイ
前残りの馬場傾向からホルボッシュを押えたいところ。

ひとまず買う予定はここまで(・∀・)

あとは適性今一つもディープに外人Jのラングレー、
臨戦過程がベストディールと似てるネオユニ産駒、蛯名騎乗のピオネロ、
前走新馬だけがネックのアデイインザライフはホントは買いたいw

京成杯~攻略案③~

*データは過去15年のうち中山開催の14回が対象

前走10着以下 【0・0・0・18】
デリッツァモーネ

キャリア1戦  【0・0・0・14】
アデイインザライフ

前走重賞以外で4着以下のキャリア6戦以上 【0・0・0・16】
アグネスドリーム

前走重賞以外で上り3位以下のキャリア3戦以下 【0・0・0・20】
ピオネロ・エアアンセム・ショウナンラグーン・ホルボッシュ

重賞3着以内がなく前走重賞以外で負けてるキャリア3戦以下【0・0・0・13】
ホルボッシュ・ディアデルレイ・ヴォルシェーブ

芝経験1戦以下の3勝以下 【0・0・0・32】
アデイインザライフ

前走重賞以外で6着以下 【0・0・0・23】
アルバート・ツクバアズマオー・アグネスドリーム・マイネグレヴィル

前走条件戦で4着以下 【0・0・0・13】
アルバート

前走条件戦で0.2以上負け 【0・0・0・14】
アルバート・ヴォルシェーブ・ディアデルレイ

OP連対のない前走6着以下 【0・0・0・35】
アルバート・ツクバアズマオー

前走重賞以外の1800m以下で負けてる馬 【0・0・0・22】
ツクバアズマオー・アルバート

前走GI以外の1600m以下で負けてる馬 【0・0・0・14】
アルバート・ツクバアズマオー

前走重賞以外で0.7秒以上負け 【0・0・0・26】
ヴォルシェーブ・マイネグレヴィル

前2走とも7人気以下 【0・0・0・18】
エアアンセム・ショウナンラグーン

前走ホープフルS以外のOP特別 【0・0・0・11】
ツクバアズマオー

前走6着以下の関西馬 【0・0・0・14】
アグネスドリーム・デリッツァリモーネ

前走重賞以外の1800m以下で上り4位以下 【0・0・0・16】
ピオネロ・アルバート


牝馬 【0・0・0・9】
マイネグレヴィル

前走4着以下のキャリア2戦 【0・0・0・5】
ラングレー

デビュー戦4人気以下で4着以下だったキャリア3戦以下 【0・0・0・7】
ショウナンラグーン

デビュー戦6着以下のキャリア2戦以下 【0・0・0・6】
ショウナンラグーン

前走新馬・未勝利戦で7人気以下 【0・0・0・8】
ショウナンラグーン

前走朝日杯で6着以下 【0・0・0・7】
プレイアンドリアル

重賞3着以内実績のある前走6着以下 【0・0・0・6】
プレイアンドリアル・マイネグレヴィル

OPクラス連対か重賞3着以内のない中6週以上の1勝馬 【0・0・1・13】
アルバート・ラングレー・ディアデルレイ


プラスデータ
★前走500万下以上の阪神芝2000mで上り2位以内 【4・3・1・2】
★前走500万下以上の阪神芝2000mで上り2位以内で3着以内 【4・0・1・1】


ヴォルシェーブ


【次の条件のうち9つ以上該当する馬が毎年3着以内に1頭は来る】

【1】前走3着以内
【2】着外1回以内
【3】前走上り3位以内
【4】重賞5着以内orOP連対
【5】前走4人気以内
【6】前走条件戦以上
【7】キャリア3戦以上
【8】中4週以内
【9】前走2000m以上
【10】1800m以上に勝ち鞍
【11】2000m以上で連対
【12】1桁馬番

該当馬
ホルボッシュ   (9)
アグネスドリーム (9)
ヴォルシェーブ  (9)
エアアンセム   (9)
キングズオブザサン(9)



優勝馬の共通データ
①キャリア2~7戦
②斤量56キロ
③前走4着以内
④1800m以上に勝ち鞍
⑤重賞3着以内or前走連対
⑥牡馬
⑦前走芝
⑧前走「2000morGIor1人気」
⑨中5週以内or2勝以上
⑩芝に勝ち鞍
⑪デビュー戦1800m以上or2000mで連対有
⑫着外2回以内orキャリア6戦以上
⑬前走上り2位以内orGI3着以内


枠順
1枠 【2・0・1・14】
2枠 【0・3・2・13】
3枠 【0・1・2・16】
4枠 【1・1・5・16】
5枠 【3・1・0・21】
6枠 【3・2・2・19】
7枠 【3・0・1・24】
8枠 【2・6・1・19】

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

消える馬②・・アルバート(7.5)

△減点4.5~7・・ツクバアズマオー(5)

▲減点2.5~4・・2.5 ディアデルレイ  3 アグネスドリーム ・マイネグレヴィル ・ヴォルシェーブ
          3.5 ショウナンラグーン


○減点1~2・・1 ラングレー ・プレイアンドリアル
         2 ホルボッシュ ・エアアンセム ・アデイインザライフ ・デリッツァリモーネ ・ピオネロ


◎軸候補・・0 ウインマーレライ ・キングズオブザサン

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

優勝馬共通データ全てを満たすのは・・
 ⇒キングズオブザサン ・ヴォルシェーブ

次点・・アデイインザライフ ・エアアンセム ・ショウナンラグーン ・ディアデルレイ

日経新春杯~攻略案③~

*データは過去14年が対象

前走重賞以外で3着以下の52キロ以下の牡馬 【0・0・0・18】
ジャングルハヤテ

重賞勝ちのない前走3着以下の52キロ以下 【0・0・0・22】
ジャングルハヤテ・コウエイオトメ

前走4着以下の52キロ以下の牡馬 【0・0・0・19】
ジャングルハヤテ・ウインドジャズ

重賞3着以内のない前走負けてる52キロ以下 【0・0・0・17】
ジャングルハヤテ・コウエイオトメ・ウインドジャズ・サフランディライト

2300m以上で連対のない52キロ以下の牡馬 【0・0・0・11】
ウインドジャズ

前走条件戦で負けてる53キロ以下 【0・0・0・13】
サフランディライト・ジャングルハヤテ

前走GI以外で二桁着順の55キロ以上 【0・0・0・14】
ラウンドワールド

前走3着以下の斤量4キロ以上減 【0・0・0・15】
ウインドジャズ

前走5着以下で斤量2キロ以上減の重賞未勝利馬【0・0・0・17】
ウインドジャズ・トップゾーン・ジャングルハヤテ・ロードオブザリング

京都重賞勝ちのない前走プラマイ10キロ以上 【0・0・0・18】
サフランディライト・アドマイヤフライト

8歳以上   【0・0・0・18】
トップゾーン・カワキタフウジン・トップカミング

前走重賞以外で4着以下の7歳以上 【0・0・0・18】
トップカミング・トップゾーン・ジャングルハヤテ

前走GI以外で4着以下の7歳以上 【0・0・0・33】
トップカミング・トップゾーン・ジャングルハヤテ・ウインドジャズ・ロードオブザリング

斤量56キロ以下で前走4着以下の7歳以上 【0・0・0・33】
トップカミング・トップゾーン・ジャングルハヤテ・ウインドジャズ・ロードオブザリング

重賞連対がなく前走3着以下の6歳以上 【0・0・0・33】
トップカミング・トップゾーン・ジャングルハヤテ・ウインドジャズ・ロードオブザリング・コウエイオトメ

斤量54キロ以上で前2走とも2000m以下の6歳以上 【0・0・0・24】
ロードオブザリング

53キロ以下の6歳以上牡馬   【0・0・0・23】
サフランディライト・トップカミング・ウインドジャズ・トップゾーン・ジャングルハヤテ

中6週以上の6歳以上 【0・0・0・19】
ジャングルハヤテ・ロードオブザリング・トップゾーン・ウインドジャズ

2400m以上未経験の5歳以上 【0・0・0・11】
ウインドジャズ

前走2300m以下で5着以下の6歳以上牡馬 【0・0・0・40】
ウインドジャズ・トップゾーン・ロードオブザリング・ジャングルハヤテ

京都芝連対実績がなく重賞未勝利の前走3着以下の馬 【0・0・0・13】
ウインドジャズ・ジャングルハヤテ

重賞勝ちのない前走2100m以下の重賞以外で2人気以下で2着以下【0・0・0・29】
サフランディライト・トップゾーン・ジャングルハヤテ

前走3着以下の12月未出走 【0・0・0・21】
ジャングルハヤテ・ロードオブザリング・トップゾーン・ウインドジャズ

重賞連対のない前走3人気以下で3着以下 【0・0・0・43】
トップカミング・ウインドジャズ・コウエイオトメ・トップゾーン・ロードオブザリング・ラブイズブーシェ・ジャングルハヤテ

重賞連対のない京都芝3着以内なし 【0・0・0・11】
ジャングルハヤテ・ステラウインド

重賞連対のない前2走とも6人気以下 【0・0・0・27】
ジャングルハヤテ・ラブイズブーシェ・ロードオブザリング・トップゾーン・ウインドジャズ・サフランディライト

前走1800m以下で3着以下 【0・0・0・39】
トップゾーン・ラウンドワールド・クラウンレガーロ・ジャングルハヤテ

前2走内に1600m以下に出走 【0・0・0・17】
クラウンレガーロ・トップゾーン

前2走内に福島記念に出走 【0・0・0・10】
ラブイズブーシェ・カワキタフウジン

前走中山芝2200m以下 【0・0・0・17】
クラウンレガーロ・ステラウインド

前走条件戦3着以下&3人気以下の馬 【0・0・0・10】
ジャングルハヤテ

前走条件戦で6人気以下 【0・0・0・11】
サフランディライト・ジャングルハヤテ

重賞3着以内のない京都芝で上り2位以内経験なし 【0・0・0・15】
サフランディライト・ジャングルハヤテ


京都芝連対がない7歳以上 【0・0・0・9】
ウインドジャズ・ジャングルハヤテ

前2走ともGI以外で二桁着順の牡馬 【0・0・0・9】
トップゾーン

重賞勝ちのない前2走とも二桁着順 【0・0・0・8】
トップゾーン

前走条件戦で0.5秒以上負け 【0・0・0・9】
ジャングルハヤテ

GI連対のない3ヶ月以上の休み明け 【0・0・0・9】
トップゾーン

GⅡ以上に勝ちのない3ヶ月以上休み明け 【0・0・0・7】
サトノノブレス・トップゾーン

京都芝重賞勝ちのない3ヶ月以上休み明け 【0・0・0・8】
サトノノブレス・トップゾーン

前走3着以下の3ヶ月以上休み明け 【0・0・0・8】
トップゾーン

GⅡ以上に勝ちがない前走3着以下の中8週以上 【0・0・0・8】
ジャングルハヤテ・トップゾーン

GⅡ勝ちかGI3着以内のない関東馬 【0・0・0・7】
クラウンレガーロ・ジャングルハヤテ・ステラウインド・トップカミング

京都芝初 【0・0・0・5】
ステラウインド

前走2300m以下の6歳以上牡馬 【0・0・1・45】
ジャングルハヤテ・ロードオブザリング・トップゾーン・ウインドジャズ・カワキタフウジン・サフランディライト

前走重賞以外で9人気以下&9着以下の馬 【0・0・1・13】
トップゾーン・ジャングルハヤテ


【毎年必ず1頭は3着以内に来る条件】

【1】2400m以上で連対
【2】前走3着以内
【3】5歳以下
【4】京都芝連対
【5】前走2000m以上
【6】前走5人気以内
【7】前走「重賞or2400m以上」
【8】中5週以内
【9】重賞連対か前走勝ってる54(牝52)キロ以上
【10】馬体重480キロ以上
【11】9月以降3戦以上
【12】1ケタ馬番

【↑の条件のうち9つ以上該当する馬が毎年3着以内に1頭は来る】

該当馬
アドマイヤフライト(11)
サトノノブレス(10)
フーラブライト(10)
カワキタフウジン(9)

枠順
1枠 【3・1・1・12】
2枠 【1・0・2・14】
3枠 【3・1・1・14】
4枠 【3・1・2・15】
5枠 【1・1・3・21】
6枠 【2・4・0・21】
7枠 【0・3・4・21】
8枠 【1・3・1・23】

優勝馬共通データ
①年齢 【4~7歳】
②斤量 【牡馬52~58.5キロ】
     【牝馬49~54キロ】
③芝重賞連対実績or前走3着以内
④前走 【12月以降or1着】
⑤前走 【重賞or2000m以上】
⑥2200m以上に勝ち鞍or2400m以上の重賞5着以内
⑦2400m以上の「京都芝orGI」を経験済みor前走京都芝勝ち
⑧前2走内に3着以内有orGI連対実績
⑨9月以降3戦以上or前走「GIor1着」
⑩京都芝で上り2位以内経験or重賞連対馬

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

消える馬①・・ジャングルハヤテ(26)・トップゾーン(20)・ウインドジャズ(17)・ロードオブザリング(11)

消える馬②・・サフランディライト(8.5)

△減点4.5~7・・トップカミング(7)

▲減点2.5~4・・2.5 カワキタフウジン 3 ステラウインド・ラブイズブーシェ 
        3.5 クラウンレガーロ 4 コウエイオトメ


○減点1~2・・1 アドマイヤフライト・サトノノブレス 2 ラウンドワールド

◎軸候補・・0 テイエムイナズマ ・フーラブライト

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

優勝馬共通データ全てを満たすのは・・
 ⇒フーラブライト

次点・・・アドマイヤフライト・カワキタフウジン・コウエイオトメ・サトノノブレス・ロードオブザリング・ラブイズブーシェ


まさかのテイエムイナズマ軸候補(苦笑)

日経新春杯~攻略案②~

日経新春杯ラップ2014

過去5年のラップデータ

長距離戦はイマイチ苦手wイメージとしては
スタートしてから1コーナーまでの直線はスピードに乗り2コーナーから向正面の上りで緩んで3コーナーからの下りからペースアップという感じ。

注目すべきは上り3F。00年以降の上り1位の成績は【9・3・1・1】と去年のカルドブレッサが4着に負けるまでは複勝率100%だったw
上り1位を出せる馬を探せば軸は見つけられるということで(笑)

同じく00年以降の3着圏内、42頭中36頭が京都芝で上り2位以内を経験あり
京都芝で速い上りを使った経験のある馬にアドバンテージがある(・∀・)

今年の出走馬で「京都芝で上り2位以内経験馬」は

アドマイヤフライト
カワキタフウジン
コウエイオトメ
サトノノブレス
ラウンドワールド
ラブイズブーシェ

トップゾーン
ウインドジャズ
ロードオブザリング


この中でウインドジャズは1200mでのものなので除外w
ロードオブザリングとトップゾーンは7歳以上は前走で上り2位以内を記録してるか前走GIじゃないと厳しいので軽視。

ということで赤字6頭を有力とみます(・∀・)

京成杯~攻略案②~

本田がカップ戦でゴール決めましたね~
ごっつぁんゴールでしたがハーフバウンドをふかさないできっちり枠を捕えるあたりはさすがプロ(笑)
相手が格下だったの今週末のリーグ戦で先発して結果が出せるかがポイントですかね(・∀・)

では競馬の話へw

京成杯過去5年ラップ

京成杯過去5年のラップデータ

09年と10年は13頭立てのスローペースで前残り決着。09年は逃げ馬3着、10年は2着と逃げ馬が残る展開。
11~12年は60秒前半のやや速めのペース、13年は平均ペースで上り速い馬が後方からでも差して来れる展開。

京成杯ラップグラフ



今年は幸運にも逃げそうな馬、アグネスドリームとホルボッシュが前走で中山2000mを逃げてるので
寒竹賞とホープフルSを参考にしてみましょう(・∀・)



京成杯逃げ馬ラップ


ホープフルは中盤緩まず1000m過ぎから失速ラップの持続力戦。
寒竹賞は1コーナーの入りでペースが落ち、向正面で一気にペースが上がりその後はホープフルと同じく失速ラップ。

ホープフルは4角で捲ってったエアアンセムが後方待機のベルキャニオンとクラリティシチーの猛追を凌ぐ。上り最速のマーレライは5着まで。
先行した馬より3~4コーナーから長くいい脚を使える馬か上りの速い馬が優勢。

寒竹賞も4角から捲ったバウンスシャッセが上り最速で1着。後方から上り3位で追い込んだ2頭が3~4着。
前半緩んだ分、逃げたホルボッシュが残れた感もこちらも差して来れる馬が上位に入り上り速い馬が優勢。


続いて同じく今開催、中山2000mで行われたレースの内、新馬・未勝利を除いた2レース、中山金杯と1000万下のレースと比較。

京成杯ラップ比較


どちらも同じような感じ(・∀・)
1000万下は上り最速が1着。金杯も差し決着となりましたね。中山金杯は先行有利と見て惨敗したのは記憶に新しい(笑)

過去5年中山金杯では上り最速は【0・0・0・5】でしたが京成杯は【1・2・0・3】と馬券に絡んで来てます。

ということで今年の馬場傾向や逃げ馬の前走ラップ分析から今年は前半60秒台くらいのペースで流れ
後半失速ラップで上りのかかるレースになると想定(・∀・)

①捲っていけたり長くいい脚を使える馬
②上りの速い馬


こんな感じで差し馬を優勢にみます。


①捲って勝った馬
 ⇒アデイインザライフ・エアアンセム

②前走上り2位以内
ウインマーレライ・キングズオブザサン・ディアデルレイ・アデイインザライフ・ショウナンラグーン・ヴォルシェーブ

この辺の馬には要注意w

日経新春杯~攻略案①~

セレッソ大阪に南アフリカW杯でMVPを取ったウルグアイ代表のフォルランが移籍してくるらしい!
これが実現すれば今年はJリーグの試合見てみる価値あるなぁ(笑)
さすがに今年はW杯あるし本気モードでプレーするだろうから前半戦は見どころありだなw

では競馬の方へww

日経新春杯血統2014

過去5年の血統データ

京都金杯、シンザン記念と同じようにサンデー系の好走が多い。11/15が父or母父がサンデー系。
他では父キングカメハメハが3頭。ただ3頭とも人気馬w

毎年圏内に来てる注目系統としてはリボー系ヌレイエフ系
この2系統は要チェック(・∀・)

他ではボールドルーラー系とニジンスキーも出現率が高く内包してる馬はプラスになりそう。

出走予定馬で注目馬をピックアップしてみると、

ステラウインド  (父ゼンノロブロイ、母父ヌレイエフ系、リボー内包)
フーラブライト  (父ゴールドアリュール、 ヌレイエフ&ニジンスキー内包)
ラブイズブーシェ (父マンカフェ、 リボー&ボールドネシアン内包)
アドマイヤフライト(父マンカフェ、 リボー&ボールドルーラー内包)
コウエイオトメ  (父ハーツクライ、母父キングマンボ、セクレタリアト&ヌレイエフ内包)
トップカミング  (父ゴールドアリュール、ヌレイエフ&ニジンスキー内包)


サンデー系で注目は過去2頭ずつ3着圏内を出してるマンカフェとゴールドアリュール産駒。
トップカミングは4年前の連対馬ですが、さすがに8歳馬となっては厳しい(^^ゞ

マンカフェ産駒2頭にフーラブライトの人気になりそうな3頭は好走高そうです(・∀・)

穴ならハーツxキングマンボ、ヌレイエフ内包してるコウエイオトメ

京成杯~攻略案①~

「福家警部補の挨拶」なかなか面白い(・∀・)
犯人が最初にわかっていて謎を解いていくパターンとか警部補とか古畑任三郎っぽい(笑)そして壇れいが美人

あ、いきなり話が逸れたww

京成杯血統2014

過去5年の京成杯血統データ

フェアリーS同様サンデー系が蔓延w父or母父がサンデー系じゃなかったのはエイシンフラッシュのみ。
そのエイシンフラッシュはキングマンボ系。過去5年のキングマンボ系は【1・1・1・0】と要注意。

そして中山金杯や有馬記念と似たように亜流血統の好走も目立つ。中山金杯ではナスルーラ系の好走が多かったですが
京成杯でも同じくナスルーラ系のネヴァーベンドやプリンスリーギフト内包が多く注目。

他では現在の馬場傾向からノーザンダンサー直仔の欧州血統、サドラーズウェルズ、リファール、ダンジグ、ニジンスキー内包馬にも注意が必要でしょう。


今年の出走予定馬の中から注目馬をピックアップすると、

ウインマーレライ (父マツリダゴッホ、ネヴァーベンド&ダンジグ&フェアトライアル内包)
ツクバアズマオー (父ステイゴールド、ファイントップ&リファール内包)
イタリアンネオ  (父ネオユニ、 母父キングマンボ系、サドラーズウェルズ&ヌレイエフ&ニジンスキー内包)
アデイインザライフ(父ディープ、母父プリンスリーギフト、リファール&ダンジグ&ニジンスキー内包)
ムードスウィング (父ハーツクライ、母父キングマンボ系、トニービン&サドラーズウェルズ&ヌレイエフ&ニジンスキー内包)


ディアデルレイ  (父キンカメ、母父サンデー、ナスルーラ&ヌレイエフ内包)
ビバワールド   (父キンカメ、母父サンデー、ヌレイエフ&ニジンスキー内包)


サンデー系の中では先週のフェアリーSを勝ったオメガハートロックと同配合のサンデーxキングマンボの2頭、
イタリアンネオムードスウィングは舞台適性合うでしょう。

ウインマーレライアデイインザライフもネヴァーベンドにプリンスリーギフト内包で欧州血統持ちなので良さ気。

父キンカメでは良血2頭に注目(・∀・)

ただデータ的に前走新馬戦と牝馬は苦戦傾向なのでアデイインザライフとムードスウィングは相手候補か(^^ゞ

フェアリーS~回顧~

ん~・・・惨敗完敗

◎ホットランナー   (14着)
○エクセレントビュー  (4着)
▲オメガハートロック  (1着)
★グリサージュ    (10着)
△アンジュデュバン  (6着)
 シーロア      (7着)

注リラヴァティ    (3着)
 スイートガーデン  (11着)
 イントロダクション (5着)


レースラップ
12.6 - 11.5 - 12.0 - 12.0 - 12.3 - 12.2 - 11.5 - 12.2

48.1-48.2  36.1-35.9  1.36.3

いや~遅いw前半も遅けりゃ上りも遅い、さすが1勝馬だけという凡戦(^^ゞ
これは次につながるんでしょうか?w

本命のホットランナーは出遅れたので出足が遅いのか・・終始最後方でただ回ってきただけみたいな。
一応上りは3位なのでそれなりに脚は使ってたので出遅れなかった場合でどうなのかというのはもう1回見てみたい気もするが・・ちょっと期待ハズレ(苦笑)

エクセレントビューもスタート今一つでポジションがやや後ろになり終始内でガマンしてたものの、
直線で内突けず外へ外へ行きながら差してスムーズ差を欠いた分届かず4着。坂上がってからいい脚で来てただけに
ウッチーの手綱さばきがなぁ・・ちょっと今のウッチー信頼感なくなってる感じw


勝ったオメガハートロックは予想時に書いたように今の馬場が血統的に相性良かったのかなぁ。
サンデーxキングマンボ、トニービンにサドラーズ、ヌレイエフにリファールとここだけ見れば本命でも良かったなぁ(笑)

2着のニシノアカツキはデータ的にはもう買えない馬なので来たら仕方ない(^^ゞ
ってかさっそく消える馬が来てしまって凹むわ~。。拾えるとしたら父オペラハウスでニジンスキー内包くらいかな~。

リラヴァティは展開に泣いた感じですかね~押し出されるように逃げる形になってしまったものの良く粘った。
こちらも母父サドラーズウェルズ系ということで結果的にサドラーズウェルズ系持ってた馬4頭中3頭での決着
今月の中山重賞ではサドラーズウェルズ系は注意しといておくべきか。

ちなみにもう1頭のサドラーズウェルズ系持ちはホットランナー・・・おいっ!!(笑)
いや~4分の1のハズレを引くとは・・_l ̄l○lll ガクッ


消去データ的にはやはり過去5年分だとまだまだサンプルが足りないので精度が低いのが露呈
個人的には10年分は欲しいとこ。

3歳牝馬で今回は1勝馬のみと非常に難解なレースだっただけに勝負回避する勇気も必要ですね(・∀・)
でも穴党としては狙いに行かないといけないレースでもあります(笑)


さて、3日間開催お疲れ様でした(・∀・)しかし中4日でまた頑張りましょうww
今週も3歳戦にハンデ戦とこれまた難しい重賞ですが(^^ゞ貪欲に狙っていきたいと思います

「あきらめない気持ち」

淀短距離S~予想~

時間に余裕があったのでシルクロードSへ向けて淀短で予行練習ww

淀短

淀短ラップ

淀短出走馬

血統的にはミスプロ系が活躍。毎年1頭は3着圏内に。父サンデー系は不振w
内包ではリボー&ボールドルーラー&ナスルーラが目立つ。


ラップ的には前半33秒台に突入しての前傾ラップが3回。去年は重馬場なので参考外にw
高速馬場でメンバー的にも先行馬が多いので今年もハイペースになりそうな気配。
でも最近のレースを見る限り33秒5~34秒くらいのペースに落ち着きそうな気もする(^^ゞ

そして上りも34秒台で決まる可能性が高く後ろ過ぎても届かない感。過去5年で連対馬は全馬4角一桁ポジション。
テンが速い中である程度前に付けられて速い上りが使える馬が良さそう。


ペースが33秒5前後の場合。

◎レディオブオペラ
○ニンジャ
▲ボストンエンペラー
★ブルーデジャブ

ペースが34秒前後の場合

◎シュプリームギフト
○レディオブオペラ
▲サドンストーム
★メイショウデイム

こんな感じで見守ります(笑)
GO TOP