アーリントンC~最終戦略~

本日2本目の更新(・∀・)なんとか今日中にもう1回いっときたいが・・

時間もないのでさっそく予想の方へww


まずは阪神1600m重賞のみの騎手データから。


武豊 【3・4・1・22】
岩田 【1・5・5・23】


Cデム【1・0・0・0】
池添 【1・4・0・15】
秋山 【2・0・2・12】

川田 【0・1・2・19】
幸  【1・1・0・20】
浜中 【0・1・1・15】


和田 【0・0・1・16】

3勝で並ぶはユタカ(・∀・)勝ち鞍こそ1勝も2着と3着がすごい岩田ww

人気のミッキーアイルに乗るスグリンは阪神マイルは苦手ちなみに京都マイルは7勝w

注目騎手
武豊(フェルメッツァ)・岩田(タガノグランパ)

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

10 pt ミッキーアイル
9.5pt タガノグランパ
 9 pt エイシンブルズアイ
5.5pt タガノブルグ
 4 pt グランフィデリオ
3.5pt フェルメッツァ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

 3 pt マキャヴィティ
      グットスピリッツ
      アドマイヤメテオ
1.5pt レッドルシファー


◎エイシンブルズアイ
○ミッキーアイル
▲タガノグランパ
△フェルメッツァ
△タガノブルグ


注グランフィデリオ

本命はミッキーアイル・・・と行く予定でしたが逆転を期待してエイシンブルズアイに◎
ミッキーアイルよりプラスな点として
①ジョッキーの阪神マイル重賞成績
②上り勝負の瞬発戦


前走のシンザン記念の舞台だった京都マイル重賞では【7・0・1・18】と無類の強さを誇ったスグリンですが、
こと阪神マイルだと【0・1・1・17】と勝ちなしの大暴落wここに落とし穴があるのでは?
Cデムーロは1戦1勝、記憶に新しい去年の桜花賞ですね(・∀・)

シンザン記念と比べ、アーリントンCは瞬発力のある馬が好走しており前2走、阪神&京都で上り33秒台を出して好走してるエイシンブルズアイの方に分があるのでは。ミッキーアイルは34秒台が限界っぽいので負けるならキレ負け。
シンザン記念でもラスト、ウインフルに迫られてたので阪神の坂で今度は逆転があるのでは?
きさらぎ賞のバンドワゴンvsトーセンスターダムのイメージですww
出遅れさえなく先団に取り付けられれば・・・


対抗にはもちろんミッキーアイル
なんの嫌がらせかまたしても大外ですがwすんなり先手を取れるでしょう。
今回も他に絡んで来る馬も見当たらず前半は35秒台で流れる感じで行けばまず連は外さないはずw

ほぼほぼこの2頭でワンツーと思われます(^^ゞ


3番手はタガノグランパ
3戦連続で上り最速を記録してるので岩田でいつもより前目に付けていければ3着は堅そう。
上位2頭になにかミスがあればあわよくばの2着もw

他では距離実績がないので強く推せませんがこのメンツなら3着くらいに来れそうなタガノブルグ。
ユタカマジックが出れば同じく3着くらいならのフェルメッツァまで。

前走船橋でミラクルな走りを見せたグランフィデリオを別の意味で注目しときましょう(笑)
スポンサーサイト

阪急杯~攻略案②~

あっという間に金曜日になってしまいましたヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
先週から1つ減ったものの3重賞でも時間が足りんww


阪急杯ラップデータ

過去5年のラップデータ
キレイに過去5年とも前傾ラップ。注目としては上り最速馬の不振。過去5年で【1・0・1・4】と11年に1着と3着に来た以外は全滅でございw
この年は前半33.2とかなり早かったためサンカルロが上り1位で差し切りました。

ポイントとしては前半33秒台になれば上り速い馬にも出番はありますが基本はキレ味勝負の馬より持続力勝負が優勢な感じ。


阪急杯ラップグラフ

グラフで確認したら解りやすいw中盤緩んだ12年以外は失速ラップの持続力戦。
血統でサンデー系が不振というところはこの辺のレース質も関係してるのでしょう。

では今年も前傾ラップで持続戦になるのか?ここで暮れの阪神Cの分析&回顧を振り返ってみましょうw

阪神C~ラップ
阪神C~回顧

こーゆうのが出来るとこがブログ初めて良かったところww
結果は思い出したくもないですが(苦笑)去年の阪神Cは後傾ラップ。スローになってリアルインパクトが逃げ切ってしまったレース(^^ゞ

阪神Cは比較的差しが決まってる感じですね~阪急杯とはやや傾向が違うのは、暮れ開催と開幕週とかの影響でしょうか。


枠順決まってコパノリチャードが最内に。これは逃げてくださいと言わんばかりwコパノが逃げれば35秒台になる可能性は十分。
他に純粋な逃げ馬もいないので速くても34秒後半に落ち着くのでは?

となると・・ん~難しいwwまぁどっちにしても中団より前目に付けた馬が有利だと思われ。

ポイントとしては

①レースの上りが35秒以上
②阪神1400m実績


この2点に注目して出走馬を見てみると、
阪急杯出走馬データ

阪神1400m実績で群を抜くサンカルロは上りのかかるレースの成績も良く1400m以下に限れば複勝率727ww
マヤノリュウジン、シャイニーホーク、パドトロワの3頭も上りかかる勝負は得意な部類。

4歳馬ではレッドオーヴァルとプリムラブルガリスが1400m以下で上りかかるレースでは着外がないので1発に注意。

ダノンシャークとカレンブラックヒルは1400mの実績がないのがどう影響するかですね~。


ここに「1600m以上で連対実績」という点を加えてラップからの最終推しホースは、

サンカルロ
シャイニーホーク
レッドオーヴァル
プリムラブルガリス
マヤノリュウジン


この5頭にしましょう(・∀・)

阪急杯~攻略案①~

本日2回目の更新( ̄∀ ̄*)イヒ
出走馬も決まったので阪急杯の予想に取り掛かりましょう(・∀・)


阪急杯血統

過去5年の血統データ

短距離戦はやはりノーザンダンサー系(・∀・)
過去5年の3着以内15頭全馬が2代前までにノーザンダンサー系を内包。とりあえずこれを必須項目としましょうw

そして逆に不振はサンデー系。過去5年で父サンデー系は【0・1・2・21】
軸には出来まへんなw非サンデー系が毎年連対してるということからも軸は非サンデー系から選びたいところ。

他ではボールドルーラー内包馬が毎年連対してる。特にセクレタリアトは毎年3着以内馬を出しており特注。

ネイティブダンサーにプリンスキロ内包も5回中4回で3着圏内が出てるので注目。
ミスプロ系も相性良くここ4年連続で父か母父にミスプロ系の馬が3着圏内に。特に母父ミスプロ系は注意w


では出走予定馬から注目馬をピックアップ☆彡

サンカルロ    (非サンデー系、母父ミスプロ系、母母ノーザンダンサー系、プリンスキロ&ネイティブダンサー&セクレタリアト内包)
マヤノリュウジン (非サンデー系、母父ミスプロ系、母母ノーザンダンサー系、ボールドルーラー内包)
サンレイレーザー (非サンデー系、ミスプロ&プリンスキロ内包)


カレンブラックヒル (母父ミスプロ系、母父ミスプロ系、父母ノーザンテースト系、セクレタリアト内包)
プリムラブルガリス (父フレンチデピュティ、母母ノーザンダンサー系、プリンスキロ&ボールドルーラー内包)


ほぼ満点評価はサンカルロw過去3回馬券に絡み去年も4着ととにかく阪神1400mマイスターなので当然かww
非サンデー系ではマヤノリュウジンとサンレイレーザー、この3頭が有力でしょう。

他ではボールドルーラー系内包を上位に取り母父ミスプロのカレンブラックヒルと父ノーザンダンサー系のプリムラを挙げておきます(・∀・)

アーリントンC~攻略案③~

週末は天気が微妙になりそうですね~2月は週末天気悪すぎだったので3月は良馬場開催でお願いしたい(苦笑)

関西の方は土曜は大丈夫そうなのでアーリントンCはなんとか良で(^^ゞ

アーリントンC~攻略案②~

今週は3重賞と先週より1つ少ないものの時間が足りん(苦笑)
中山記念は過去5年で見ても良馬場が2回しかなく、今週も天候悪そうなのでラップ分析はお休みします(+o+)

阪神は明日雨っぽいけど金土はくもりっぽいのでなんとか馬場大丈夫かな?(^^ゞ

アーリントンCラップ

過去5年のラップデータ
09年こそ前傾ラップですがここ4年は後傾ラップの瞬発戦。上り3位以内の馬が必ず連対してます。

ただ10年は前半4Fは遅かったものの5ハロン目から急に速くなりラストが大きく失速というラップでコスモセンサーが逃げ切り勝ち。

アーリントンCラップグラフ

グラフで見ると分かりやすいように09年と10年はやや異質な感じwでは今年はどんな感じになるのか?
ミッキーアイルという実力ある逃げ馬がいるので検証しやすいかw



アーリントンCラップ比較

まずはアーリントンCの平均ラップとミッキーアイルが逃げ切った3戦の平均ラップを比較。
アーリントンCの方がやや中盤楽な感じはあるがほぼ同じようなラップでミッキーアイルが逃げた場合、
ここ3年と同じように前半ゆったり入って4~5F目あたりからペースアップという流れになるのでは。


では出走予定馬の中から芝マイル戦で好走したレースのラップと比較してみましょう。


アーリントンラップ

アドマイヤメテオの新馬戦はちょっと質が違う感じ。
やはり人気でもエイシンブルズアイは外せない感じですね~(^^ゞ
白梅賞はちょっと序盤遅いですが4~7ハロンで0.5秒以上のペースアップを繰り出して上り33秒8で逃げ切ったのは評価出来るのでは?

この良馬場ならこの2頭の圏内はかなり堅そうな気がw
あとは瞬発戦なら短距離戦で勝って来た馬に期待したいところで、上り33秒台で好走してるタガノ2頭が有力かな(・∀・)

中山記念~攻略案①~

回顧記事へのコメントいただいた方々(*´∀`)ノゞアリガトゴザイマス.。.・゚

今後も読みごたえある記事が書けるように頑張りますww

あっという間に水曜日なので分析急ぎましょう(^^ゞ


中山記念血統

過去5年の血統データ

せっかくの開幕週なのに良馬場が2回しかない(苦笑)今週も天気がイマイチっぽいのでとりあえずこの傾向のまま分析してみます。
さらに1月開催の中山重賞の血統分析も参考に。
AJCC
京成杯
中山金杯


不良馬場の10年以外は父or母父サンデー系が好走してます。父サンデー系の中でもステイゴールド、ネオユニ、タキオンと時計のかかる馬場が得意そうな名前が来てるのも注目。

内包で見てみるとボールドルーラーとネイティブダンサーが毎年1頭は圏内に来てます。
そして1月開催でも目立った亜流血統内包は全ての馬に該当してるのでここは必須か。

さらにこちらも1月の中山芝でも目立ったグレイソヴリン系は引き続き警戒が必要で父or母父にグレイソヴリン系が過去4回で3着圏内へ。

他ではニジンスキー&リファール内包、1月開催重賞からの傾向からはノーザンテースト内包やキングマンボ系も
にも注目。


出走予定馬からピックアップしてみると、

カレンミロティック (父ハーツクライ、トニービン&ニジンスキー&リファール&ボールドルーラー&バックパサー内包)
ナカヤマナイト   (父ステイゴールド、ファイントップ&ネイティヴダンサー&ニジンスキー&ノーザンテースト内包)
ダイワマッジョーレ (父ダイワメジャー、ノーザンテースト&ボールドルーラー&ハイペリオン内包)
ジャスタウェイ   (父ハーツクライ、トニービン&リファール&ハイペリオン内包)
トウケイヘイロー  (父ゴールドヘイロー、ノーザンテースト&グレイソヴリン内包)


ユールシンギング  (母父サンデー、トニービン&ノーザンテースト&ニジンスキー内包)
ヴェルデグリーン  (父ジャンポケ、母父サンデー系、ニジンスキー&ハイペリオン内包)
ダイワファルコン  (父ジャンポケ、母父サンデー、ノーザンテースト&ハイペリオン内包)
エアソミュール   (父ジャンポケ、母父サンデー、ボールドルーラー&ハイペリオン内包)


いや~好メンバー過ぎてどっからでも狙える感じです(笑)
その中でもトニービン内包に注目をしてピックアップしてみました。
あえて順番付けるならカレンミロティックが一番ですかね~
脚質的にトウケイヘイロー、そしてジャンポケ産駒から1頭は圏内に来る可能性高いという気がします(・∀・)

アーリントンC~攻略案①~

あっという間にソチ五輪終わってしまいましたね~(´・ω・`)ショボーン

そこでMタキオンが選ぶ感動の名場面ベスト3のコーナーw

第一位 「メダル確定に駆け寄る後輩3人と笑顔で抱き合うレジェンド葛西」

第二位 「5度目の五輪もメダルに届かなかった上村愛子の清々しい涙」

第三位 「喜怒哀楽を思う存分味あわせてくれたカーママ日本」 


世間的には羽生くんの金、真央ちゃんの涙、スノボの10代活躍あたりがトップに来るんでしょうが個人的には
ダントツで葛西の銀ですね(・∀・)
あの場面はなんどみても鳥肌w

泣ける場面としては真央ちゃんよりも上村愛子かな~今回こそはホントメダル取って欲しかった(´;ω;`)ウッ

そしてソチ五輪で一番見た競技がカーリングww毎回冬季五輪見るたびにカーリングをやりたくなる4年に一度あるある(笑)


関係ない前置きが長くなってしまいましたがアーリントンCの血統分析に行きましょうww

アーリントンC血統

過去5年の血統データ

京都の重賞では基本サンデー祭り開催中でしたが阪神に変わってややサンデー系の勢いが弱くなってしまうのか(^^ゞ
替りにミスプロ系が活躍。過去5年で毎年1頭は父or母父ミスプロ系が3着以内に来てます

もちろんサンデー系も有力で父サンデー系は同じく毎年3着圏内輩出。

他ではリファール内包が毎年3着以内に。ディープ産駒が絡んでない中での成績なのが注目。
同じようにボールドルーラー系内包も毎年圏内
5代前までにネイティヴダンサー内包も5年連続連対馬出してます。

そしてグレイソヴリン系内包は過去5回中、4回で連対馬を出しており注目

今年の出走予定馬を見て注目馬をあげると、

グランフィデリオ  (父ブラックタイド、母父キンカメ、リファール内包)
フェルメッツァ   (父ディープ、母父トニービン、リファール内包)
マキャヴィティ   (父デュランダル、ボールドルーラー&ネイティブダンサー内包)
タガノグランパ   (父キンカメ、リファール&ネイティヴダンサー内包)


あまり差が出ない感じだったんですがひとまず4頭をピックアップw

ダートで初勝利してるグランフィデリオですがサンデーxキンカメで芝走らないはずないんですが・・(笑)
他では母父トニービンのフェルメッツァには注目したい。

ミッキーアイルからの穴馬券として一考w

【お知らせ】

え~思うとこありこれから回顧記事だけ限定公開にすることにしました(笑)

共同通信杯~最終戦略~

さて忙しかった4重賞ウィークもラストwフェブラリーSの借りを少しでも返したいww

では共同通信杯いってみよ!(・∀・)

まずは今日の東京芝の血統傾向
2/23東京芝血統

サンデー内包馬が14/15とサンデー祭りww
それを示すように芝5レース、3着以内馬15頭中13頭が上り33秒台を記録。キレ味勝負
ただ父サンデー系より母父サンデーの方が多いので父サンデー系だからというだけで飛びつくのも危険かもw

そしてロベルト系の好走も目立ちます。
タニノギムレット産駒のハギノハイブレッド、母父グラワンのマイネルフロストには注意が必要か。

東京1800m重賞のみの騎手データ(06年以降)

横山典 【5・1・3・19】
蛯名  【5・4・4・20】
福永  【5・4・0・7】


岩田  【2・2・2・7】
浜中  【0・0・0・3】
戸崎  【0・0・0・6】

三浦  【0・0・0・18】

関東ではノリさんとエビちゃんが優秀
そして制裁王wのユーイチもここでは連対率5割越えと信頼感パないww

逆にコーセイは来たら事故レベル的な(苦笑)

注目騎手
福永(ベルキャニオン)・横山典(アスペンツリー)・蛯名(イスラボニータ)

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は

11.5pt イスラボニータ
       ベルキャニオン
 10 pt サトノアラジン
 8.5pt ガリバルディ
  7 pt ローハイド
  6 pt マイネルフロスト
       ラインガグラ
       ピオネロ
  5 pt アスペンツリー
       ハギノハイブリッド

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

 4.5pt ネオヴァロン
 3.5pt ショウナンワダチ

以下略

◎イスラボニータ
○ベルキャニオン
▲ローハイド
★ガリバルディ
☆ハギノハイブリッド
△サトノアラジン
△ピオネロ


注マイネルフロスト
 ショウナンワダチ


本命は鉄板データからイスラボニータ今日のタルマエのように初志貫徹でw休み明けの分1週延びたのはいい方に出ると解釈。
レベルの高かった東スポ杯をレコード勝ちした実力はこのメンバーでは1枚上。クイーンCのフォーエバーモアのように多少かかっても圏内は外さないでしょう。

対抗は急遽参戦してきたベルキャニオン
キレ味勝負ならディープ産駒は外せないでしょうwその中で東京で上り33秒台で勝ってるこの馬を最上位。
この舞台なら信頼できる鞍上wダークシャドウと同じ堀厩舎xユーイチに期待☆

3番手はローハイド
某重攻会での盛り上がりに乗っかるww単純に前走上り1位で好走した馬を見てみるとこの馬とハギノハイブリッドの2頭。
3枠が好成績、乗れてる戸崎Jに乗り替わるのも先行出来て良さ気。

★評価はこちらもディープ産駒のガリバルディ
3戦連続上り33秒台とコンスタントに速い上りを使えて勝ち切れないも確実に上位には顔を出してきそう。
鞍上がユーイチから乗り替わるのは良かったと思うが、東京1800mだったらそのままでも・・ww
吉と出るか凶と出るか(^^ゞ

同じ評価でハギノハイブリッド
とにかく今日の東京芝はロベルト系が走ってたのでタイギム産駒のこの馬は押えないといけない感じ。
母父トニービンで前走上り最速で追い込んだ脚は魅力。ただルメールだったというのも頭に入れないとねw

他では調教評価高くデータでも軸候補に残ってたピオネロ。
人気ほど信頼感ないも岩田なら押えなきゃいけないサトノアラジンまでは押えたい。

穴ならマイネルフロストだがコーセイの成績がひどすぎるのでちょっと考える(^^ゞ
ワダチも超ドスローなら距離不安でも届いてしまう可能性ありでオッズ次第では押えるか。


ん~軸は堅そうだが相手が実力伯仲でなかなか絞りきれん(;ω; ))オロオロ (( ;ω;)オロオロ

フェブラリーS~回顧~

今年初GIはまさかのシンガリ人気に勝たれるという予想外の結果でした(苦笑)

タルマエ本命までは良かったんですが・・・


◎ホッコータルマエ (2着)
○ワンダーアキュート (6着)
▲ニホンピロアワーズ (8着)
★ベストウォーリア (13着)
☆ブライトライン  (5着)
△ベルシャザール  (3着)

注ゴールスキー   (10着)


レースラップ
12.4-11.3-11.8-12.5-12.6-12.0-11.5-11.9

35.5-35.4  48.0  60.6 1:36:0

まさかここまで遅くなるとは・・4Fと1000mは04年以来のドスローw
前半3Fは35秒ちょいとは思ってましたがこのメンバーならもっと前にプレッシャーかけて激しいレースになると予想したですが完全にハズレww
芝でもスロー症候群が蔓延してますがダートGIでも出ちゃうとはね~。。


本命タルマエは5~6番手と思ったより後ろの位置。抜け出すとソラを使うクセを気にしたんでしょうか。
そしてまさか前にいる馬があんなに粘るとは思ってなかったとww
コパノに照準を合わせればもっと早めに並びかけに行けたんだろうがそれは無理な話(苦笑)
イメージ的にはピロとブライトさんがもっと前で早めに仕掛けてそこにタルマエが並びかけるという予想だったのだが・・
前目につけて上り1位で走って勝てないんだからアンラッキーだったとしか言いようがないな~(´・ω・`)
しかしあの走りをしてくれれば本命にして悔いはなし(・∀・)bベルシャザールより前に来てくれたしww


前に行って欲しかったピロとブライト。
ブライトは前半押えてたくらいなので行こうとすれば行けたはず。がユーイチは前走出遅れて行かせたらかかったので今回は押えたのか?
距離不安のあるノーザンリバーが有力馬の前5番手で進めて4着に残っただけにユーイチにしろ酒井Jにしろもっと積極的に前に行くべきだった。

ピロアワーズは馬体重マイナス16キロが影響したのかしないのかが謎ですが、調教診断が軒並み良かっただけに体調に狂いはなかったはず。
ならばこちらも前走のように早々と先頭に立つくらいの強気な騎乗をしてほしかったなぁ。

結果的にみんな弱気なシチュエーションw人気背負っても強気な横綱相撲するくらいのジョッキー出てこいやっ!ヾ(。`Д´。)ノ
あれか?オルフェーヴルくらい強い馬じゃないと出来ないのかな?(・∀・)


対抗に推したワンダーアキュートはスローペースで内ごちゃついて外出したが届かないという典型的なレース
序盤は中団に付けていい位置だったんですが3コーナーあたりでもうちょい前にいけってたら。
理想はノーザンリバーのポジションからの抜け出しでしたね。あそこ抜けてれば上り3位だっただけにタルマエといい勝負に来れたでしょう。
完全に直線入ったとこで外からかぶされ行き場をなくし外出すまで時間かかってます。正味追ったのは200mくらい。
追いだしてからはいい脚使ってただけに残念。結果的に流れがこれでは内枠が仇となってしまった。

ベルシャザールは予想したようにペースが落ちたのが個人的には良かったのではと。
もっとしまった流れだったら休み明けの分、追走出来ず最後上り1位の脚は使えなかったのでは?
マイルは短いだろうから長い距離のようにゆったり追走出来る流れが向いての3着。
しかしながら3着まで来るのはやはり力があるところですが、たぶん今日の感じでは流れ早くてもタルマエには勝てなかったかなぁと思います。

血統的に期待したベストウォーリアは13着と大敗(*ノД`*)タハッ
こちらも内でゴチャついた感じでうまく抜けて来れず見せ場作れず。とりあえず参考外として次走に期待。まだ4歳(・∀・)

ゴールスキーとシルクフォーチュンは完全にペースが合わずと芝スタートで行き脚つかなかった時点で仕方なしといったところか。


勝ったコパノリッキーは展開に恵まれた感もありますが前行って早め先頭で長い直線押し切ったのだから力はありますね。
もうちょいペース速くてもピロとブライトが早めに交わして潰しに行ってなければ3着圏内には残れたくらいの感じでしたかね。
しかしそれをレース前に見極めるのはMタキさんには無理です(苦笑)

ただ凡ミスとして抽選対象だったので血統データでの考察をサボったのはいただけなかった(>_<)
父ゴールドアリュール、ヌレイエフ&ロベルト内包なら推奨出来るレベルだっただけに猛省w
まぁそれでも買わなかったですけどねww

データ的には重賞勝ち実績なしは圏外という鉄板データが生き残ったのは救いですが、
前走重賞以外や前走9着の馬が勝つとかかなりデータ破壊されてチョー面倒です(苦笑)

この馬券は取れないので仕方なし。
今回はタルマエを本命に出来たことをプラスに考えて明日の共同通信杯につなげます(^^ゞ

フェブラリーS~最終戦略~

本日のカウント数が過去最高にwさすがGIの週といったところですかねヽ(・∀・)ノ
なんとか的中へつながる予想と行きたい(>_<)

攻略案①~血統
攻略案②~ラップ
攻略案③~消去データ

まずは今日の東京ダートの血統データ

2/22東京ダート

特に大きな偏りはなくサンデー系、ミスプロ系、ノーザンダンサー系とフラットな感。
シアトルスルーやプリンスリーギフトなどナスルーラ系統も良さ気。

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は

12 pt ホッコータルマエ
11 pt ワンダーアキュート
10 pt ベルシャザール
 9 pt ニホンピロアワーズ
 8 pt ベストウォーリア
 6 pt シルクフォーチュン
      ブライトライン

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

5.5pt ソロル
 5 pt ドリームバレンチノ
4.5pt ノーザンリバー
      グランドシチー
 4 pt ゴールスキー

以下略


◎ホッコータルマエ
○ワンダーアキュート
▲ニホンピロアワーズ
★ベストウォーリア
☆ブライトライン
△ベルシャザール


注ゴールスキー

本命は中央GI初制覇を狙うホッコータルマエ
週初めからタルマエ本命予定で考察を続け大きなマイナスもなく、他にタルマエ以上に良さ気な馬も出てこずということで初志貫徹w
前走GI勝ちの5歳以下 【4・0・1・0】このデータを信頼。ペースもそんなに速くならないと思うが、
かといってそこまで緩まないはず。最後は底力の勝負となれば若さとメンバー中最多のGI5勝の実績がモノを言うのでは。
ピロアワーズが復調気配なのも好材料で併せ馬で直線向ければ(・∀・)

対抗にはワンダーアキュート
安定感なメンバー随一wとにかくどんな条件でも確実に馬券圏内へ来るので複の軸としては最適でしょう。
8歳馬なので勝ちきるまではいかないと思いますが2~3着なら十分可能性アリ。
内でじっと待ち、直線馬群がばらけたところをユタカさんが内から抜けてくるはずw


3番手にはニホンピロアワーズ
とにかくもっぱら調教がいいと評判なピロさんw7歳にして東京ダート&マイルが初という点が非常に気になるところではありますが、
前走で左回りで勝ってここに来てさらに上昇の余地ありとみました。中距離実績が生きる流れになると踏んで阪神JCDでの歴代トップタイムを叩き出したスピードとスタミナに期待。
終わってみればこの舞台バッチリだったぁ~!あると思います(天津木村風ww)

★評価が非常に悩むとこなんですが(^^ゞ
とりあえずベストウォーリアをわずかに上に。
前走OP戦、GI実績がないのでここをステップに今年飛躍していくというのが基本的な評価な気がしますが、
血統的にもデータ的にもカジノドライヴと同じ匂いがしてしまう(笑)
連覇がかかるスグリンが去年と同じように内から抜けてこれれば2~3着の可能性はありそうな気がします。


もう一頭はブライトライン
こちらも状態が良さそうで前走みたく出遅れなければすんなり先手取れそうで、うまく流れにのって出来れば直線入ったとこで後ろを突き放すような乗り方をしてくれれば・・
って制裁王のユーイチが来週から休みなのでここを取りに来るのか、やる気なくなってるのかで大きく変わりそうww

1人気のベルシャザールですがやはり仕上がりが気になるところ。
目標はドバイなだけに先週のジェンティル同様やらかす可能性はありそう。
過去10年JCDから直行で連絡みしたのは4~5歳。

アドマイヤドン  (5歳) 35.8-48.2-60.8
カネヒキリ    (4歳) 33.9-45.3-57.4
エスポワールシチー(5歳) 34.8-47.0-59.2
トランセンド   (5歳) 35.7-47.9-60.1

連対した4頭のうち3回は1000mが59秒以上とややペースが遅い(カネヒキリは強すぎたということでw)
トランセンドが6歳時に同じローテで負けた時は46.6-58.7のペース。

もし今年ペースが緩み60秒前後になった場合、勝つ可能性ありそうですが実力馬が前に行きそうなので
そんなにペースは遅くならないと決め打ちww不発の可能性が大きいとみます(・∀・)

今年は距離短縮組が優勢と見たのでゴールスキーとシルクフォーチュンはやや厳しいと思いますが3着争いでは押えたいところではあります(^^ゞ


結果、瞬発戦になったら諦めの世界でwww

小倉大賞典~最終戦略~

ローカルハンデ重賞ということで積極的に穴狙いでww

攻略案①~
攻略案②~
攻略案③~

今日の小倉芝の血統データ(1200mを除く)

2/22小倉芝血統

10/12が父or母父サンデー系でとりあえず血統データからもノーサンデーは軽視の方向で(^^ゞ
あとはミスプロやグレイソヴリン系が好走が目立ちジャンポケやキンカメ産駒は良さ気(・∀・)

ペースがスローなレースが多かったせいもありますが前行った馬がかなり残ってましたね~。
後ろの馬も3~4コーナーでポジション上げないと届かないか。


血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は

 9 pt スマートギア
 8 pt ラストインパクト
7.5pt カルドブレッサ
 7 pt ゼロス
 6 pt ブレイズアトレイル
      カフナ
5.5pt ラブイズブーシェ
 5 pt アロマティコ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

3.5pt タムロスカイ
      サンライズメジャー
 3 pt ミヤジタイガ
      サトノシュレン
 2 pt シャトーブランシュ
      サクラプレジール

以下略

◎スマートギア
○ブレイズアトレイル
▲ラストインパクト
★カルドブレッサ
△ゼロス
△アロマティコ
△ラブイズブーシェ


注サンライズメジャー

本命は大振り狙って現在9人気のスマートギア
京都金杯で次も狙えるかも、と回顧してたとこに消去データで軸候補に残り血統的にもサンデー系から本命をチョイスしたかったのでここは勝負(・∀・)
ここ3戦は上り33秒台だし、追い込みながら小倉芝は【0・3・1・0】で重賞連対実績もあり舞台適性も悪くないはず(・∀・)

対抗には思ったより人気になってしまったブレイズアトレイル(^^ゞ
父サンデー系x母父ミスプロ系と今の馬場に合いそうで先行脚質の中では一番安定感ありそう。
芝1800mでは掲示板を外しておらず小倉も【1・1・0・1】と相性良い。


3番手には現在1人気のラストインパクト
こちらも前目につけて上りもそれなりに使えるので2走ボケがなければ圏内の可能性は高そう。
ゆーがが乗りに行ってるのもプラスでしょうか。小倉芝も1戦1勝と勝ち鞍があるのは良い。

★評価はカルドブレッサ
今日の馬場でグレイソヴリン系がちらほら来てたのでジャンポケxサンデーがマイナスにはならなさそうなので評価をアップ(・∀・)ホントは中山記念で見たかったんですがw
こちらも小倉芝は【1・1・0・1】と差し馬の割に小倉得意で問題なし。
ただ1枠を引いてしまったので下げてから大外回す展開だと届かない可能性がwwその点で★評価止まり。


他では京都で3勝してるだけに初の小倉で逃げたら面白いゼロス
小倉1800m2戦2勝と舞台適性抜群のアロマティコ
今日の芝で3圏内のマンカフェ産駒で有馬4着の実績が人気落ちてここで行きそうなラブイズブーシェまで押えます。

あとは全10場重賞制覇がかかるエビちゃんのサンライズメジャーも押えたいとこだが(^^ゞ
ホントはダコールに乗る予定だったのが回避で回ってきたっぽいので微妙ww

共同通信杯~攻略案③~

共同通信杯のラップ分析をし忘れてた(^^ゞあんま時間もないのでサラッとw

血統と消去データはこちら↓
攻略案①~血統
攻略案②~消去データ

共同通信杯ラップデータ

完全なるスローからの瞬発戦w上り3ハロンで33秒台を出せるかどうかがポイントか。
しかし頭数少ないので後方一気はなかなか難しく中団から前目のポジションを取れる馬が有利。

メンバー的にも逃げ馬不在で今年もスロー濃厚でしょうか。


共同通信杯ラップグラフ

有力馬の好走ラップと共同通信杯の平均ラップ比較(ベゴニアは1600m、未勝利2Rは2000m)

東スポ杯は中盤緩まずのラップでこのレースとはマッチしない感。先週のクイーンCのフォエバも休み明けで引っかかってただけに
イスラボニータに隙があるとしたらスローで引っかかった場合、ラスト差し込まれる可能性も。

ベルキャニオンが勝った未勝利戦はこのレースと似たようなペースで上りも33秒9と瞬発戦は望むところか。
内枠から上手く前目に取りつければ逆転の目も。

ワダチもスローの内でうまく脚を溜めれれば距離不安も大丈夫かも?ただ差し切るまでは厳しいかw

ガリバルディは大外枠だけに外々を回されると最後脚色一緒になるパターンが濃厚な気がww

ラップからはベルキャニオンが最有力とみます(・∀・)

フェブラリーS~攻略案③~

2月22日2のゾロ目(・∀・)
にゃんにゃんにゃんで猫の日だそうですw

しかし土日は馬の日のMタキオンがお送りするフェブラリーSの消去データをどうぞ(笑)

ダイヤモンドS~最終戦略~

本日3回目の更新(・∀・)

4重賞のスタートを切るダイヤモンドSの予想といきましょうw


攻略案①~
攻略案②~

ダイヤモンドSは血統と消去データで分析。しかし手薄なメンバーだこと(苦笑)

血統&消去データをポイント化した順位は

 9 pt アドマイヤバラード
6.5pt フェイムゲーム
 6 pt ラブラドライト
      タニノエポレット
 5 pt ファイヤー

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

 2 pt セイクリッドバレー
      メイショウジンム
1.5pt サイモントルナーレ
 1 pt イケドラゴン

以下略

◎アドマイヤバラード
○フェイムゲーム
▲タニノエポレット
△ラブラドライト
△ファイヤー
×セイクリッドバレー


本命はアドマイヤバラード
とても重賞とは思えないメンツですがw例年なら1000万下からは相手候補止まりですがこのメンツで53キロなら勝負になるかな。
乗れてないウッチーが不安ですがここは仕方ない(苦笑)

対抗は好走確率の高い4歳フェイムゲーム
今年は4歳馬1頭ということでここは外せないところ。ただ実績が中山に集中してるのと距離が未知数なのでポカもありそう(^^ゞ
ただハーツ産駒なので東京は向く気もしますが。

3番手はタニノエポレット
騎手込みで考えるならこの馬が逆転の可能性あり。7歳で重賞実績がないので微妙ですが前目に付けてスローの瞬発戦なら勝機ありか。

あとは軽量の大逃げで残り目がありそうなラブラドライト
JCにチャレンジしたのがどうも引っかかるノリのファイヤー

データ的には買えませんが今年はメンツが弱すぎるので重賞実績があり血統的に面白そうなセイクリッドバレーまで押えます。

しかし・・面白味のないレースになりそう(苦笑)

小倉大賞典~攻略案③~

ようやく本日2回目の更新へw

小倉大賞典の消去データ(・∀・)

フェブラリーS~攻略案②~

真央ちゃんのフリーの演技素晴らしかったですね~フリーだけの順位は3位とメダル圏内でした。
結果的に6位とSPの結果が残念でしかたないですが、あの状況の中でフリーで8種類の3回転ジャンプ全て成功させてくるのは素晴らしい☆彡

そして新種目のスキー女子ハーフパイプでは小野塚選手が初の銅メダル獲得(≧∀≦)♪
これで今大会のメダルは8個目で長野五輪の10個に次ぐ史上2位!前半戦なかなかメダル取れなかったものの後半から一気にメダルラッシュでしたw


こちらもソチ五輪に負けないように分析ラッシュといきましょう!(笑)

フェブラリーSラップデータ


過去5年のラップデータ

まず目に付くのは上り1位が4連対(09年は3着、去年は5着)、勝ち馬は全馬上り3位以内と末脚が強烈な馬を狙うのがベター。

芝スタートということもあり前半速くなる東京ダ1600m。11年トランセンドが逃げ切った年以外は4F47秒以下とさすがGIといった感じのペ-ス。

フェブラリーSラップグラフ

こう見ると09年はこのラップで前残った上位陣はすごいですね~w
逆に11年のトランセンドが逃げ切ったペースはたそんな大したこたぁなかったっぽい(^^ゞ


今年ペースを握るのはおそらくエーシントップでしょう。
まぁ逃げ宣言など信用しませんが(笑)

他に前に行きそうなのはブライトライン、タルマエ、ピロアワーズあたりか。バレンチノは岩田に乗り替わりで差しに回りそう。

ブライトラインは逃げたくないだろうし、ピロアワーズとタルマエは芝スタートが未知数。すんなりエーシンが先手で隊列は落ち着きそう。
となるとさすがにトランセンドの11年とまでは行かなくとも序盤は35秒台前後に落ち着くのでは?

前に行く馬が実力馬なだけに中盤も緩まず進み直線では地力勝負になるのではないでしょうか。ちょうど09年に似たような。
GI勝ちの実力馬や余力十分な4~5歳の馬、そしてスタミナが必要となり中長距離実績がある馬が有力。

そうなるとある程度前に付けれて上りをまとめられる馬が有利になりそう。タルマエにピロアワーズが万全なら凡走はないか?
懸念材料があるなら芝スタートに戸惑い行き脚が付かず前に取りつくのに脚を使ってしまった場合(根岸Sのブライトラインのように)
そうなると最後脚が鈍って差されるパターンw


差して来るなら隊列ばらけて内を突いて来れる馬。内枠に入ったゴールスキー、ベストウォーリア、ワンダーアキュートには注意が必要。

ベルシャザールも真ん中から抜けて来れば好走可能。逆に大外入ったシルクフォーチュンは外回すしかなさそうで届かない可能性高し(^^ゞ

ということで
①GI実績馬
②中長距離のダート重賞好走馬
③4~5歳馬


この3点を重要視していこうかと思います(・∀・)

小倉大賞典~攻略案②~

もうすぐ真央ちゃん登場(・∀・)

その前に小倉大賞典のラップ分析をw

小倉大賞典ラップデータ

2010年は中京開催のため2008年からの小倉過去5回のラップデータ

比較的前後半の差がないのが特徴ですが去年だけ例外的な感じw
向こう正面でシャイニーホークがまくってあがり一気にペースアップして前にいた馬が粘り切れず後方待機から内突いたヒットザターゲットが1着、大外回ってしまったダコールが届かず2着と差し決着に。

上り最速で連絡みしたのは2008年アサカディフィートと去年の2回。
共通点としては前半ペースが速くならず12秒台が3回あり、隊列が団子状態になれば小回りでも後方から差し届くといった感じ。

残り3回は中盤11秒台が続きよどみのない流れで隊列が長くなり、4角ではある程度前に付けてないと届かないといったところか。

小倉大賞典ラップグラフ

グラフにすると2008年と2013年が他とは違ってるのがよく分かるw


さて今年はどんな流れになるのか?

逃げそうなのはエディン、サトノシュレン、ゼロスといったところか。
3頭が競り合えばペースは上りそうだが得てしてこういう場合、どれかがすんなり先手を奪うと流れが落ち着くというパターンも(^^ゞ
しかし他にもタムロスカイやブレイズアトレイル、ミヤジタイガなど先行タイプも多いだけに去年のような途中で全体的にペースアップして団子状態になるパターンもw

どちらにしろ前半はペースは早くならないと想定。そのあとは2パターンw

①中盤緩まずに隊列が長くなり後ろがなし崩しに脚を使わされるパターン
 ⇒この場合前から早めスパートで流れ込むかマクってロングスパートかけれる馬が有利


②流れが落ち着き団子状態のままペースアップしての瞬発戦
 ⇒この場合差し脚鋭い馬が差し届く。



①の場合好走しそうな馬
ゼロス・タムロスカイ・ブレイズアトレイル

②の場合好走しそうな馬
アロマティコ・シャトーブランシュ・カルドブレッサ・スマートギア

個人的には穴狙うなら①のパターンw
差し届く展開なら小倉1800m2戦2勝のアロマティコが最有力、小倉芝【0・3・1・0】のスマートギアの激走に期待ですw

ダイヤモンドS~攻略案②~

今日もゲリラ更新しようと思ったらもうこんな時間(*ノД`*)タハッ
フィギュア見ながら行けるとこまでいったる!(笑)

フェブラリーS~攻略案①~

では本日3回目の更新へw

今年初のGIレースのフェブラリーS(・∀・)去年はデータがハマって3複万馬券取れたので今年も的中と行きたいところw

フェブラリーS血統

過去5年の血統データw

全馬に共通するのは父父が米国血統だということ
今年のメンツを見れば分かりますがこれを重要視するかどうかが非常に大きいなポイントとなりそう(^^ゞ

父と母父で見ると目立つのはロベルト系の奮闘。
そしてサンデー系ではゴールドアリュール産駒、シアトルスルー系が共に3連対という成績にも注目

その他ではリボー内包が8/15で4年連続で3着圏内を輩出
さらにアメリカ三冠馬セクレアタリアト内包とヌレイエフ内包馬も過去5回中、4回で3着圏内馬を出しておりこの血には注目したい。

そして気になるところでは父ミスプロ系の不振(^^ゞ

【フェブラリーS】(00年以降)
父ミスプロ系の成績


★前年JCDが東京開催だった08年以前  【3・1・4・35】
★前年JCDが阪神開催になった09年以降 【0・0・0・20】


これが何か要因があるのかたまたまなのかは分かりませんが急に連絡みしなくなったのは不思議(^^ゞ
08年のヴァーミリアン(父エルコンドルパサー)が勝って以来ピタっと父ミスプロ系は来なくなりましたw
この不吉なデータをタルマエとベルシャザールの人気2頭が打ち破るのかが見モノです(・∀・)

それでは注目馬をピックアップ(・∀・)

ベストウォーリア  (父シアトルスルー系、父父エーピーインディ【米】、ロベルト&セクレタリアト内包)
ワンダーアキュート (母父リボー系、父父サマースコール【米】、セクレアタリアト内包)
シルクフォーチュン (父ゴールドアリュール、父父サンデーサイレンス【米】、ヌレイエフ内包)
ソロル       (父シンクリ、父父クリスエス【米】、ヌレイエフ内包)


とりあえず少数精鋭でww
アキュートとフォーチュンは過去に3着圏内に来てるので問題なし。

ロベルト系が2頭いますがダノンカモンはもう散々チャレンジして圏外なので挙げるならソロルですがこちらも実力的に厳しいか(^^ゞ

最注目としたいのはベストウォーリアでしょうか(・∀・)

小倉大賞典~攻略案①~

続けざまに小倉大賞典も行ってみようw

小倉大賞典血統

過去5年の血統データ

ローカル重賞のせいなのか多種多彩ww
父で見るとサンデー系が毎年連対馬を出してるものの中央場所と比べるとそれほどの信頼感はないかw
母父ではミスプロ系とノーザンダンサー系(欧州系)が多く、過去5回で4回でそれぞれ3着圏内を出してます。
逆に母父サンデーは不振傾向

5代前までにネイティブダンサー内包馬が毎年連対してる点、ボールドルーラー系内包馬が5回中4回で3着圏内を出してる点も注目。


この辺に注目して出走予定馬をピックアップしてみましょう。

ラストインパクト  (父ディープ、母父ミスプロ系、ネイティヴダンサー内包)
ブレイズアトレイル (父ダイワメジャー、母父エルコン、ノーザンテースト内包)
スマートギア    (父マーベラスサンデー、ノーザンテースト&ネイティヴダンサー内包)
ナリタスプリング  (父フジキセキ、母父ミスプロ系、ネイティヴダンサー内包)
タムロスカイ    (父フジキセキ、母父ノーザンダンサー系、ボールドルーラー内包)
サンライズメジャー (父ダイワメジャー、母父ヴァイスリージェント系、ノーザンテースト内包)


アロマティコ    (父キンカメ、ノーザンテースト&ネイティヴダンサー内包)

一応除外対象馬を除いた中からではこの辺が良さ気(・∀・)

ダイヤモンドS~攻略案①~

スノーボード女子パラレル大回転で竹内智香銀メダル獲得オメデトォー!( o^∇^)/"○┼<~♪~パフ!パフ!パフ!!

いや~決勝までノーミスで安定感抜群でした☆彡決勝の1回目でリードしたものの2回目で相手選手に抜かれたところで転倒してしまって惜しくも金は逃した(>_<)
決勝まで常にリードして進んできただけに追う立場になったとこで焦りがあったのかも。

しかし今大会初の女子選手のメダル獲得だし、スノボ女子としても初メダルと素晴らしい結果でした


では今週は4重賞、しかも代替え開催ですでに水曜日ということで一気に更新していきますww

まずはダイヤモンドSから。

ダイヤモンドS血統

過去5年の血統データ

年一の条件なので傾向つかむのが難しそうですがパッと見た感じノーザンダンサー系が目立ちますかね~。
ただし父はサンデー系やロベルト、キングマンボ系なので、どちらかというと母方にノーザンダンサー系が良さそうな感じ。
特にノーザンテースト内包馬が6/15で12年以外で3着圏内を出してます。

同じようにロベルト系トニービン系も5回中、4回で3着圏内を出しており注目したいところ。

他ではミスプロ系、ボールドルーラー系内包馬もチェック(・∀・)

では今年の出走馬の中から注目馬をピックアップしてみると、

アドマイヤバラード (父ハーツクライ、母父ミスプロ系、母母ノーザンダンサー系、トニービン内包)
セイクリッドバレー (父タニギム、母父サンデー系、ノーザンテースト内包)
ファイヤー     (父タキオン、母父ミスプロ系、ボールドルーラー内包)
メイショウジンム  (母父ミスプロ系、ノーザンテースト&ロベルト内包)
フェイムゲーム   (父ハーツクライ、トニービン&ノーザンテースト内包)
ピュアソルジャー  (父ジャンポケ、母父キングマンボ系)


いや~今年のメンツは・・・(苦笑)
何が来てもおかしくない感じで狙いを定めて決め打ちするかなぁw

東京新クイーン~回顧~

スキージャンプ団体日本銅メダルオメデトォー!( o^∇^)/"○┼<~♪~パフ!パフ!パフ!!

葛西の男泣きステキやん(´;ω;`)ウッ

今夜はノルディック複合とフィギュア女子ショートプログラムに期待☆彡


では昨日の東京新聞杯と今日のクイーンCを振り返ってみます(・∀・)
まずは東京新聞杯から。

◎サトノギャラント (5着)
○コディーノ    (4着)
▲クラレント    (3着)
★ショウナンマイティ (10着)
★エキストラエンド (2着)
△レイカーラ    (6着)
△レッドスパーダ  (13着)

注エールブリーズ  (8着)
 ヴィルシーナ   (11着)


レースラップ
12.4 - 10.7 - 11.1 - 11.9 - 12.0 - 11.3 - 11.5 - 12.3

34.2-35.1  1:33:2

重馬場ながら前半34秒2と過去10年で2番目に速い前半3Fw馬場悪いし先行争いも激しくならないと思ってたので完全に想定外(^^ゞ
これでは前の馬は厳しかったですね~逃げたコスモセンサーがビリ、2番手のレッスパがブービーですからねw

勝ったホエールキャプチャには驚きしかない(苦笑)牝馬、57キロということで早々と消してしまった浅はかさを猛省せねば(*ノД`*)タハッ
これで東京マイルはクイーンC、ヴィクトリアM、東京新聞杯と重賞3勝にVMの2着で【3・1・0・0】
恐るべし適性ww今年のVMもどんな状況でも買わなきゃダメか?ww

不安視してた関西馬が2~3着。
順延じゃなきゃ有力としてたクラレントとエキストラエンドが好走したな~(>_<)
クラレントは早め先頭で一度はエキストラエンドとコディーノに交わされ沈むかと思いきやゴール前では際どい接戦にまで盛り返して来たのは立派。
こちらも東京マイルは【2・0・2・1】と重賞2勝にGI3着と舞台適性高し。

エキストラエンドはCデムーロがうまく間を抜けて内を突いて一度は先頭に立つも鯨に飲み込まれ2着w
金杯に続き重賞で2戦続けて好走で今後もマイル路線で期待出来そう。

関西馬2頭は悪条件の中良く頑張りましたね~ただこの後影響が出ないかが心配なところ。

期待した本命対抗の2頭は4~5着となんとか掲示板に載ったが。。
コディーノは絶好の位置で進むも直線伸びず(*ノД`*)タハッ
休み明けなのか馬場なのか、はたまた東京が合わないのか・・・叩いた効果があるかどうかもう1戦見てみたい。

サトノギャラントはまたも出遅れ(-"-)直線は上り最速で追い上げるも5着までが精一杯。
出遅れクセが直らないと重賞では厳しいか。。

同じく出遅れたショウナンマイティはまだ調子が戻ってないのと二度の輸送が堪えた感じ。
上り2位では物足りない。ちょっとリズム崩したかな~これは秋まで厳しいかも・・・


馬場悪化のポイントで挙げた中では
①スタミナ要するため中距離実績のある馬

これは1~3着の馬は満たしてたので見解としては良かったものの、時計が意外と速かったので斤量背負った馬でも
来れてしまった感。重馬場【0・0・0・4】のホエールキャプチャが来た時点で馬場はそんなに悪くなかったんじゃww

終わってみれば消去データで減点2以内の馬で掲示板独占とデータ重視で良かったか。


続いてクイーンC


◎マジックタイム  (2着)
○フォーエバーモア (1着)
▲カノーロ     (15着)
★ツクバアスナロ  (除外)
△デルフィーノ   (14着)
△ニシノアカツキ  (3着)

注サクラパリュール (11着)
 セレナビアンカ  (6着)

レースラップ
12.5 - 11.5 - 12.0 - 12.5 - 12.5 - 11.3 - 11.5 - 11.9

36.0-34.7  1:35:7

今日もエビちゃんでしたw
予想はまずまず。穴狙って行ったので本命対抗が逆でしたがまぁ仕方なし。ニシノアカツキもなんとか押えたので良しとしましょう。
ただ馬券は20倍以下切ったのでハズレましたが_l ̄l○lll ガクッ

ラップ的には去年と同じような感じで前半遅い瞬発戦。前目で運んだ馬と上りの速い馬での決着と結果も似た感じww


マジックタイムは出負けした感じで後方のポジショニングに。包まれたとまではいかないまでも前が空くまでやや手間取ったのか、脚をためてたのかw
結果的に内枠がやや仇に。スムーズならもうちょい際どかったかな~。

しかし勝ったフォーエバーモアもまだ余裕があった感じで強かったですね。大勢は変わらなかったかな(^^ゞ
前半引っかかってましたがすぐに落ち着き絶好の位置で直線も持ったまま追いだしを待つ余裕。完勝といったところか。
このまま桜花賞直行見たいですが、今回引っかかっただけに休み明けでの関西輸送で影響が出そうな気が・・

3着は前走に続き上り最速でニシノアカツキが突っ込んできました。
東京がどうかと思ったものの時計がかかる馬場ではいい脚使いますね~もうちょう流れが速くなれば差は詰まったでしょう。

人気してた6枠2頭は大きく負けてブービーとビリ(;´Д`A ```
とくにカノーロは大差での最下位で戸崎いわく歩様がおかしかったとか・・大事に至らなければいいんですが。。

デルフィーノも予想外の大敗。これはウッチーかなぁ(^^ゞ
向こう上面で早めに上がって行ってまくり気味に直線迎えたものの坂下でも余力なくズルズル後退。
もう完全にウッチーはしばらく買えない(苦笑)


血統的に1着ネオユニ、2着ハーツxBT、3着父オペラハウスxタキオンと例年の傾向通りサンデー系が強かったのもあり、
血統派の方にはお分かりでしょうが道悪得意な血統でもありましたねww特殊な馬場(^^ゞ


マジックタイムはプラス12キロでこれだけ走れれば次走は期待☆彡ただ右回りよりやはり左回りみたいなので桜花賞よりは渋った馬場のNHKマイルで(笑)

クイーンC~最終戦略~

今日は東京競馬無事開催されました(・∀・)
で東京新聞杯はやはり難解でした(;´Д`A ```的中して調子に乗ると外すパターンのやつでしたww

回顧はクイーンC終わったらまとめてww
血統とデータはこちらで↓

攻略案①~血統
攻略案②~消去データ


今日の馬場は不良から始まりメインには重に回復。東京新聞杯のタイムが1.33.1と良馬場の時とそんな変わらずで
明日は天気も良さそうなのでクイーンCは良馬場想定で問題ないでしょう(・∀・)

2/17東京芝血統

重馬場ながらサンデー系が走ってたので馬場回復するなら明日もこの傾向はさらに強まりそう(^^ゞ
メインまでミスプロ系がバンバン来てたので東京新聞杯も!と思ってコディーノに期待したら・・・_l ̄l○lll ガクッ(笑)

例年のクイーンC同様、血統的には父サンデー系から入るべきですね(・∀・)

東京芝1600m重賞のみの騎手データ

横山典 【4・2・2・34】
内田博 【4・3・3・26】
蛯名  【3・4・0・33】


後藤  【2・2・3・23】
北村宏 【2・2・3・24】
田中勝 【2・4・0・30】
石橋脩 【1・1・1・22】
戸崎  【1・1・1・6】
リスポリ【0・0・1・2】
ブノワ 【0・0・0・2】


吉田豊 【0・1・0・25】
江田照 【1・0・0・13】


東京新聞杯に続き東京マイル(・∀・)
今日の1勝を加えたエビちゃんがプラス騎手に格上げww
ウッチーは重賞最多4勝を挙げてる東京マイルで好走出来ないようならしばらく長いトンネルか?!w

そして東のユタカはこの舞台では買いづらいな~(苦笑)

注目騎手
横山典(ラインハーディー)・内田博(デルフィーノ)・蛯名(フォーエバーモア)

ちょろっとだけラップw

クイーンCラップデータ


≪訂正≫
ラップデータの2009年と2012年の数値が間違ってましたモーシワケヽ(≧д≦)ノ ゴザイマセンッ!m(_ _)m

上り1位が毎年連対中なので速い上りが使える馬のチョイスをしっかりしないといけない。


クイーンCラップ

平均ラップと比べて似た感じのレースを2つピックアップ☆彡
もう本命はバレましたかね?(笑)


血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は

 11 pt フォーエバーモア
10.5pt マジックタイム
       デルフィーノ
7.5 pt グリサージュ
 7  pt ツクバアスアロ
       ニシノアカツキ
 6  pt カノーロ
5.5 pt サクラパリュール

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

4.5 pt デルマサリーチャン
       プレミアステイタス
       ラインハーディー
 4  pt フリュクティドール
       タイセイティグレス

以下略

◎マジックタイム
○フォーエバーモア
▲カノーロ
★ツクバアスナロ
△デルフィーノ
△ニシノアカツキ


注サクラパリュール
 セレナビアンカ


本命はマジックタイム
道悪ならさらに良かった血統背景ですが良馬場でも新潟の2戦で33秒台の最速上りを出してるので末脚勝負でも大丈夫でしょう(・∀・)

対抗は1人気でもフォーエバーモア
あのレッドリヴェールとハープスターとタイム差なしの勝負を演じた実力は1枚上。ここは圏内は堅いと思われw


3番手にはキレ味勝負ならディープ産駒ということでカノーロ
キャリア1戦の休み明けと条件は厳しいので3着争いかなと(^^ゞ

★評価はツクバアスナロ
こちらも道悪ならと思ってたんですがね~wしかしながらデビュー戦でサトノアラジンより速い上りで最速を記録してるし、
前走も上り1位なので馬体が絞れてれば。ただ鞍上が不安大(苦笑)

そして前走上り1位のデルフィーノニシノアカツキを押える感じ。
デルフィーノはウッチー不安wニシノアカツキは東京2戦2圏外で血統からも東京<中山といった感じなので凡走もあるか。

他ではサクラパリュールとセレナビアンカが速い上りを使えそうなので余裕があれば押えたところか。
上位2頭が抜けてる感じなので堅くおさまりそう(^^ゞ

東京新聞杯~最終戦略~

先週順延になった東京新聞杯がどうやら今週はなんとか開催されそう(^^ゞ
予想は分析は先週やったのでそちらを使いまわしww

攻略案①~血統
攻略案②~ラップ
攻略案③~消去データ

もう2週も雪降っちゃってレースしてないんで馬場傾向がつかめないのが不安(^^ゞ
朝の時点で東京芝は不良馬場。道悪巧者を見つけられるかがカギw


東京芝1600m重賞のみの騎手データ

岩田  【5・1・3・23】
武豊  【4・2・1・20】(4人気以下【0・0・0・14】)
横山典 【4・2・2・33】
内田博 【4・3・3・25】


蛯名  【2・4・0・33】
北村宏 【2・2・3・23】
石橋脩 【1・1・1・21】
戸崎  【1・1・1・5】
浜中  【1・1・0・7】
Cデム 【0・0・1・2】
リスポリ【0・0・1・1】


川田  【0・0・0・7】

関西所属ながら岩田がトップの5勝は見事☆彡しかし今回はさすがに乗り馬が。。ww
同じくユタカも4勝ながら好走は全て人気馬w今回は・・・ww
そして人気の一角クラレントのゆーがは東京マイル重賞は勝ちどことか3着すらないのでやや不安(^^ゞ
去年は岩田で勝ってたのかw

注目騎手
⇒横山典(サクラゴスペル)・内田博(ヴィルシーナ)


血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は

10 pt サトノギャラント
9.5pt クラレント
 9 pt エキストラエンド
8.5pt コディーノ
 6 pt ショウナンマイティ
      ホエールキャプチャ
5.5pt ヴィルシーナ
 5 pt エールブリーズ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

4.5pt レイカーラ
      レッドスパーダ
2.5pt サクラゴスペル

以下略

道悪でのポイント
①スタミナ要するため中距離実績のある馬
②前目に付けて粘れる馬
③スローの瞬発戦より持久力戦で好走出来る馬
④斤量軽い馬


◎サトノギャラント
○コディーノ
▲クラレント
★ショウナンマイティ
★エキストラエンド

△レイカーラ
△レッドスパーダ


注エールブリーズ
 ヴィルシーナ


迷いに迷った末本命はサトノギャラント
内枠引いて出遅れクセがやっかいだが今日は天気良さそうなので内から乾く東京芝の内を突いて抜けてくれることに賭けるw正直キレ味勝負な感じなので道悪が大きく響く可能性もありますが関西馬が輸送2回が未知数なので軸は関東馬ということに(^^ゞ
斤量面、東京芝実績、消去データで唯一軸候補に残ったので最後はデータを信じることに(・∀・)

対抗はコディーノ
前走前傾ラップだったのが秋天組とレイカーラのみでその中では最有力かと。朝日杯での好走を見る限り持続戦は望むところ。
中距離実績もあり斤量56キロなら。鞍上の東京マイル実績だけがネックww

3番手には暫定的にクラレントw
舞台適性バッチリで血統的にも展開面でも有利になりそうで関西馬じゃなければ本命でしたかね~(^^ゞ
川田の東京マイル重賞成績が足を引っ張る可能性も考慮し3番手に。

★評価に実力馬ショウナンマイティ
この馬の場合とにかく輸送減りがないかどうかをチェックしないと(^^ゞ
馬体重が増えていればクラレントと評価入れ替えるかもw安田記念で見せた走りが出来ればここでは力が1枚上。
馬体が減ってたら毎日王冠の二の舞に(^^ゞ

もういっちょ★評価にエキストラエンド
順延なしの良馬場だったら最有力でしたが関西馬の輸送し直しに道悪がどうかだが、ローエングリンの下ならこなせる可能性も。


他では道悪に斤量面、距離実績もあるレイカーラ。牝馬の好走がないのでレース相性がどうかだが馬場悪化で浮上の可能性。
斤量58キロが大きく響きそうなレッドスパーダだが前目で運べる利点を生かし切れれば残り目も。


エールブリーズは道悪で距離実績ない分、ヴィルシーナは牝馬の56キロで乗れてないウッチーで評価を下げますw


正直上位5頭はどれが本命でもいい感じ(笑)とにかく順延で関西馬の状態見極めが非常に難しい。当日輸送熱で出走回避が2頭出るくらいなので(^^ゞ現時点では関東馬優勢に見るしかないか。

勝負行くなら7頭ボックスですが外れたときのダメージがでかいのでなんとか絞りますかね(^^ゞ
で絞った結果外すパターンのやつww

京都記念~回顧~

ようやく連敗脱出キタァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!

的中京都記念

3連複7420円的中☆彡

いや~長かったwwブログで的中報告するのっていつ以来だ?wハッキリ覚えてないくらい長いトンネルだった(^^ゞ

◎トーセンラー    (2着)
○ヒットザターゲット (5着)
▲デスペラード    (1着)
★ジェンティルドンナ (6着)
△アクションスター  (7着)
△ラキシス      (4着)

注アンコイルド    (3着)
 トゥザグローリー  (8着)

ヒットザターゲットが3着だったらほぼ完壁だったんですがww

レースラップ
13.3 - 11.8 - 13.2 - 12.9 - 12.5 - 12.9 - 13.0 - 12.2 - 11.5 - 11.0 - 11.7

1000m 63.7

今週はラップ分析してないのであれですが、さすがに1000m63秒は遅いですかね(^^ゞ
というかノリさん神騎乗ww4角で馬群に飲み込まれそうになったときにはもうダメかと思いましたが二枚腰w
十分ひきつけての上り最速とコンマ1秒差の34秒ですからね~(・∀・)

トーセンラーは上り最速で追い込んで来たものの2着。デスペとは馬場の不得手と斤量差ですかね。
ヒットザターゲットとアクションスターも上り34秒で同タイムもここは早めにポジション上げたユタカの好判断☆彡
良馬場なら突き抜けてたかも。春は安田記念が目標らしいので次走はマイル戦に戻すのかな?

ヒットザターゲットは内突こうとしてラキシスに前入られて外へ出した分届かなかった感。スムーズなら3着はあったかな~紙一重なとこでしたかね。
アクションスターは後方から普通に大外回してたらこのメンツじゃ差し切れんでしょ(*´-ω-`)・・・フゥ
スローペースで展開が向かなかったということもありますが騎手の差も大きいか?w

アンコイルドは昨秋の勢いがまだ衰えず今後もGⅡまでなら好勝負になりそうですがいまだ重賞未勝利とあって
勝ちきるまではどうか(^^ゞ夏の北海道開催はチャンスかもww

ジェンティルは色々不安要素があったので負けるならここかなという予感が的中。ゲートを潜ろうとしてやや入れ込んでたので
リズム良く走れなかったのが響いたのか。。ウオッカもここで6着に負けてドバイ4着となったがVM2着、安田1着と
復活したのでこの敗戦だけでは判断難しいが、
ジェンティルは3歳から激戦を続けもう5歳。もしかしたらメンタル的にヤバイ可能性も・・
とりあえず春は様子見ですかね~(^^ゞ

トゥザグローリーは見せ場十分な行きっぷりで一瞬焦ったwブリンカー効果が徐々に出てきてるのか?
相手弱化のレースに出て来たらもう一回狙ってみたい気も(^^ゞ

ラキシスは斤量差があったとはいえ4着まで来たのでこちらも相手弱化ならすぐGⅢあたりは勝てそうで牝馬GIでも面白い存在になりそう(・∀・)



今回は消去データが久々にハマった(・∀・)
攻略案②
軸候補2頭のワンツーで減点2のアンコ3着。

優勝馬共通データで唯一残ったデスペが勝ったのがありがたいw

血統的にはネオユニxトニービンにロベルト内包と馬場悪化は持って来いのデスペラードが勝ち、
2着も京都得意のディープに母父ミスプロでサドラーズウェルズ内包のトーセンラー
と十分狙える感じだった。


馬券的には共同通信杯が順延になって京都記念のみになったのが結果的に良かった(笑)
今週は共同通信杯で勝負と思ってたので2重賞だったらきっと共同通信杯で勝負したので京都記念は点数削減して外してたっぽいww

資金的にアンコイルドとトゥザグローリーあたりは買えなかったかも(^^ゞ

まぁ結果オーライということでここから流れを変えていきたい(*`・ω・´)シャキーン

ソチ五輪後半戦☆彡

あっという間にソチ五輪も折り返し(・∀・)序盤はなかなかメダルに届かなかったもののスノボの初メダルで行き追いに乗ったのかメダルラッシュ☆彡

現在の日本のメダル獲得数は5個

スーボードハーフパイプ
平野歩夢・銀メダル
平岡卓・銅メダル

ノルディック複合ノーマルヒル
渡部暁斗・銀メダル

フィギュアスケート男子シングル
羽生結弦・金メダル

ジャンプラージヒル
葛西紀明・銀メダル

個人的には今朝の葛西の銀メダルが一番興奮したw
羽生くんの金は本人も悔しがってたように本人にもパトリックチャンもミスがあったのがちょっとw
しかし初出場、19歳で金メダルは素晴らしい

そして上村愛子と高梨沙羅ちゃんの4位が非常に惜しかったなぁ(>_<)

さて、残り1週間を切った残りの日程も見ていきましょう(・∀・)

京都記念~最終戦略~

いや~結局日曜も東京競馬は中止で24日に代替え競馬ということですか(^^ゞ
また予想し直しとかwそして3週連続平日開催とか(苦笑)

明日は京都記念のみとなったので予想しておきましょうw

2/15京都芝血統

今日は終始重馬場だった模様。中距離戦ではサンデー系にノーザンダンサー系でほぼ網羅w
サンデー系では重馬場で前が残る展開もディープ産駒が差して来れる。
ノーザンダンサー系ではフレンチ、クロフネのヴァイスリージェント系やサドラーズウェルズ系が複数来ており重馬場血統には注目したいところ。

しかしながらメインの2400m戦では一転、キングマンボ系がワンツーと距離伸びた場合キンカメは押えるべきか(^^ゞ


京都芝2200m重賞のみの騎手データ
(06年以降)

武豊  【7・1・0・12】

池添  【1・3・2・10】
福永  【1・2・1・17】
川田  【0・2・1・13】
横山典 【1・1・0・5】
北村友 【0・0・1・2】


和田  【0・0・0・10】
後藤  【0・0・0・4】
Cデム 【0・0・0・2】
国分恭 【0・0・0・1】


ユタカさん一人勝ち(笑)

注目騎手
 武豊(トーセンラー)

血統&消去データをポイント化した順位は

9.5pt トゥザグローリー
8.5pt ジェンティルドンナ
7.5pt トーセンラー
      デスペラード
6.5pt ヒットザターゲット

 5 pt トレイルブレイザー
      ラキシス
      アンコイルド

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

3.5pt マイネオーチャード
 3 pt アクションスター

以下略

◎トーセンラー
○ヒットザターゲット
▲デスペラード
★ジェンティルドンナ
△アクションスター
△ラキシス


注アンコイルド
 トゥザグローリー


本命は京都大好きトーセンラー
馬場が悪いのと58キロが微妙な気はしますが、こと京都芝なら【4・1・3・1】で重賞3勝にGIも【1・1・1・0】と抜群の相性。鞍上も京都2200m大好きユタカさんなら一安心ww
消去データ軸候補の中からこの馬が一番安心な気がするので◎(・∀・)ただ今回は2~3着なイメージ(^^ゞ

対抗にはヒットザターゲット
今日の血統分析からキンカメ産駒に注目しピークがとうに過ぎたトゥザとの2択ならこちらをチョイスが無難かw
データも減点1にとどまり鞍上がクリスチャンに乗り替わるなら(・∀・)

三番手はノリがわざわざ乗りに来るデスペラード
前走GI組では有馬記念が断然なので今年唯一の該当馬で期待☆彡消去データでも軸候補、
優勝馬データでは唯一クリアしたので逆転あるならノリのやる気スイッチオン!ww

あっさりジェンティルでもおかしくないですがあくまでも目標はドバイ。ここは叩き台、
ジェンティル不得意な休み明けに東京よりは信頼度下がる右回りに56キロと不安要素が多く評価を下げてみたw
08年に6着に負けたウオッカのイメージ(・∀・)

△2頭には明け4歳の2頭。
渋った馬場がどうかだがタキオン産駒ならこなせないこともなさそうなアクションスター。ようやく馬体が回復してきて京都なら勝負になるかも(・∀・)

逆に重馬場のエリ女で好走したラキシスは血統的に今日の馬場なら斤量差生かして好走してもおかしくはないか。


データ的には押えなきゃいけないトゥザグローリー、馬場悪化ならパワー活かせるアンコイルドも押えてはおきたいところ。

京都記念~攻略案②~

羽生くん金メダルオメデトォー!( o^∇^)/"○┼<~♪~パフ!パフ!パフ!!
いや~4時まで起きてた甲斐があったw珍しく2回転倒があったものの、ライバル・パトリックチャンもミスが目立ち逆転されずに済んだ(^^ゞ

そして2週続けての大雪で土曜の東京競馬は開催中止でまさかの火曜に代替え競馬とか(苦笑)
火曜までの4日間開催とか記憶にないww

日曜は開催出来るといいんですが。。

とりあえず京都は大丈夫なので京都記念の消去データをば(・∀・)
GO TOP