目黒記念~攻略案①~

時間もないのでちょろっとだけ目黒記念w

目黒記念血統

過去5年の血統データ
09年だけ父サンデー系が来てませんがこの年は不良馬場だったので仕方なしかw1~3着の父を見れば納得の道悪血統ww

それ以外の年はサンデー系とロベルト系の馬でワンツーが4年連続継続中
母父ではノーザンダンサー系とグレイソヴリン系の好走が目立つ。

内包ではバックパサーが毎年1頭は3着圏内に来てるので要注目(・∀・)
他ではリボー、ミスプロ、ナスルーラあたりに注意。

では注目馬をピックアップ☆彡

ステラウインド   (父ロブロイ、母父ヌレイエフ系、リボー&ミスプロ&バックパサー内包)
プロモントーリオ  (父ゴールドヘイロー、母父フレンチ、バックパサー&ミスプロ内包)
マイネルメダリスト (父ステイ、母父ノーザンダンサー系、バックパサー&リボー内包)
イケドラゴン    (父ニューイングランド、バックパサー&ナスルーラ&リボー内包)
アップルジャック  (父ロベルト系、母父ノーザンダンサー系、リボー&バックパサー内包)
コスモロビン    (父ロブロイ、母父ミスプロ系、ロベルト&バックパサー内包)


イチオシはステラウインド(・∀・)
54キロでユタカで先行脚質で現在5人気とかおいしすぎるでしょ(´艸`)ムププ

穴っぽいとこでは東京では掲示板を外したことがないマイネルメダリスト、
軽量でエダテルが逃げ打てば面白いアップルジャックかな(・∀・)
スポンサーサイト

東京優駿~攻略案④~

まさかの3連続拍手二桁とか゚+。.*マヂ*。.+゚(つД`。)゚+。.*ゥレシィ ゚+。.*
消去データも頑張ります(*`・ω・´)シャキーン

東京優駿~攻略案③~

さすがのダービーということなのか拍手の数が多くて焦っております(笑)

先週のオークス当日の最終レース終了後、内ラチ沿いの芝を豪快に刈ってましたが今週からCコース?
じゃあんま影響ないのか?(^^ゞ
DSCN7186.jpg

ではラップデータ分析

ダービーラップ
ダービーラップグラフ

不良馬場だった09年と11年を除いた過去5回のラップデータ

先週のオークスがまずまずな見解だったので今週も同じスタンスでいってみましょうか(・∀・)
オークスと同じく上り最速の好成績にまず注目。過去5回で【4・0・0・2】と強く、
圏外2頭は12年のワールドエースとゴルシが上り最速タイで4~5着w
良馬場開催だけをピックアップして過去10回で見てみても【8・1・0・2】と驚異の勝率(^^ゞ

とにかく上り最速を記録できる馬が有力なのは間違いない模様。
上り最速が凡走するとなるのは唯一の凡走となった12年のように前傾ラップになった場合でしょう(・∀・)

では上り最速だった11頭の前走上りを見てみると・・

前走上り1位 【5・1・0・1】
前走上り2位 【1・0・0・1】
前走上り3位 【2・0・0・0】

全馬前走で上り3位以内。上り最速を出す条件としては前走上り3位以内だったことがまずひとつ(・∀・)
次に前走着順を見てみると、

前走1着 【5・1・0・1】
前走2着 【1・0・0・1】
前走3着 【2・0・0・0】

一緒やんw全馬前走で3着以内。
ということで「前走3着以内で上り3位以内」これが上り最速を出す条件とします(・∀・)

今回この条件を満たすのは、
皐月賞組からはイスラボニータ    (前走1着、上り3位)
青葉賞組からはショウナンラグーン (前走1着、上り1位)
京都新聞杯組からはハギノハイブリッド (前走1着、上り2位)
桜花賞からレッドリヴェール     (前走2着、上り2位)
プリンシパルからベルキャニオン  (前走1着、上り1位)


以上の5頭(・∀・)エキマエはダートなので除外w
前傾ラップの消耗戦にならなければこの中から連対馬が出るでしょう(・∀・)

続いてこちらもオークスと同じように前哨戦を見比べてみます。
今回は皐月賞と青葉賞と京都新聞杯をチョイス。

まずは皐月賞
良馬場開催の過去5回で皐月賞組の3着以内は7頭。まずは皐月賞での上りタイムを見てみると、

皐月賞上り1位・・・・・アドマイヤオーラ
皐月賞上り3位・・・・・エイシンフラッシュ・ヴィクトワールピサ
皐月賞上り4位以下・・スマイルジャック・ローズキングダム・ディープブリランテ・エピファネイア

意外にも皐月賞組は上り最速だった馬の成績は良くないっぽいw
パターン①としては「皐月賞前傾ラップで上り最速を記録したが圏外に負けた馬」

上り3位以下を見てみるとスマイルジャックの場合は皐月賞が前半スローの後傾ラップを4角3番手で9着、
ダービーは前半1000mと残り1000mが同タイムで4角3番手で2着ということ。【②】

フラッシュとローキンの場合、皐月が前半60.1-60.7で追い込むも届かず3~4着。
ダービーはドスローの上り勝負で1~2着とういこと。【②】
ピサは同じような感じで皐月は最内通ったぶん勝って、ダービーは瞬発負けの3着。

ブリランテとエピは皐月賞が前半が後半より2秒以上早い展開で4角3~4番手から2~3着に好走。
ブリランテはダービーも前傾ラップになり前目から勝利(追い込みのエースとゴルシが届かず)【③】
エピは後傾ラップをダービーは4角10番手から差しに回り2着(先行したロゴタイプは5着)【④】


ということで上り3位以下の好走パターンとしては
パターン② 「皐月賞、瞬発戦(持続力戦)で負けてた馬がダービーで持続戦(瞬発戦)になって好走」
パターン③ 「皐月賞で前半速い流れを前目で3着以内に好走し、ダービーも前傾ラップを前目に付けて好走」
パターン④ 「皐月賞で前半速い流れを前目で3着以内に好走し、ダービーが後傾ラップを追いこんで好走」


今年の皐月賞は前半60.2-後半59.4の後傾ラップ。パターンとしては②かもしくは①。
ただタイムが1.59秒台とちょっと速かったので微妙(^^ゞこれを瞬発戦と見るかどうかw

パターン①に当てはまるのはワンアンドオンリーでしょう。
もうちょい範囲を広げるなら16番手から上り2位で7着に来たベルキャニオン。

パターン②にしっくりきそうだったのがバウンスシャッセ(笑)
ダービーも瞬発戦になった場合、皐月賞組は上位陣がそのままな感。例外があるなら皐月は中団で負けたトーセンが後方一気に回って突っ込んで来るパターンかw

皐月賞組からは上りデータからイスラボニータ、パターン①からワンアンドオンリーを推奨。次点でトーセンとベルキャニ。

長くなったので青葉賞と京都新聞杯組は隠すww

東京優駿~攻略案②~

昨日のダービー王道データへの拍手数にびっくりw
なかなか好評だったようで良かった(・∀・)

では血統データへ

ダービー血統

不良馬場での開催が2回あったので過去7年まで見てみます(・∀・)

オークスほどではないが父サンデー系が強い印象。過去7年で5勝、現在3連勝中。
そして父サンデー系x母父ノーザンダンサー系の組み合わせが10年以外で圏内馬を輩出。

他ではボールドルーラー系内包馬とノーザンダンサー系のクロスを持つ馬が毎年3着圏内を出しておりこちらも注目(・∀・)

東京芝2400mの種牡馬データ

ディープインパクト 【16-8-9-56】 勝率180 連対率270 複勝率371
キングカメハメハ  【11-9-9-78】 勝率103 連対率187 複勝率271
ステイゴールド   【10-11-10-80】 勝率090 連対率189 複勝率279
ゼンノロブロイ   【10-3ー9-40】 勝率161  連対率210 複勝率355
ハーツクライ    【9-9-6-34】  勝率155  連対率310  複勝率414

ディープはさすがの安定感。
さらに注目はロブロイとハーツでしょう。ハーツの複勝率4割越えは要注意w

血統でのマイナスデータとしては(96年以降)

重賞未勝利の父ミスプロ系(キングマンボ系除く)  【0・0・0・11】
「母父ロベルト系」 【0・1・0・11】
「母父ミスプロ系」 【0・2・4・25】
「母父サンデー系」 【0・4・1・21】


いすれも優勝馬が出ておらず勝ち馬を絞る時の参考に(・∀・)

では注目馬をピックアップ☆彡

ベルキャニオン   (父ディープ、母父フレンチ、ニジンスキーxリファール&ボールドルーラー内包)
トーセンスターダム (父ディープ、母父ミスプロ系、リファールxノーザンテースト&セクレタリアト内包)
サトノルパン     (父ディープ、母父ダンシングブレーヴ、リファールクロス&ボールドルーラー内包)
ワンアンドオンリー (父ハーツクライ、ダンジグ&ニジンスキー&リファール内包)
ワールドインパクト (父ディープ、母父ヌレイエフ系、リファール内包)
サウンドオブアース (父ネオユニ、母父ノーザンダンサー系、ボールドルーラー内包)


舞台適性的にはベルキャニオンが最右翼か。
頭は厳しいがトーセンスターダムも2~3着は十分。
あとはハーツ産駒のワンアンドオンリー(・∀・)

東京優駿~攻略案①~

さぁいよいよ今週は競馬の祭典日本ダービー(・∀・)

目黒記念はほったかかしにしてダービー勝負といきましょうw

まずは3年前から使ってるダービー馬をあぶり出す「ダービー王道データ」

優駿牝馬~最終戦略~

今日は競馬場参戦して生ハープスターを見てくるであります(・∀・)もしかしたら最後になるかもしれないしw

まずは土日の東京馬場血統データから。

5/24東京血統


いや~ミスプロ感がハンパネーヤw全てのレースで3着圏内に父か母父ミスプロ来てるやん(・∀・)
父サンデー系とミスプロは外せない感じ。あとはサドラーズウェルズとニジンスキー感がちょっろっと。

続いて東京芝2400m重賞のみの騎手データ

岩田  【4・1・3・10】
蛯名  【3・3・0・20】
内田博 【2・4・2・16】


横山典 【3・0・0・19】
川田  【2・0・0・12】 (3人気以内【2・0・0・0】)
戸崎  【1・1・1・9】
松岡  【0・2・1・20】
ウィリ  【0・1・3・9】
北村宏 【0・0・1・14】
勝浦  【0・2・0・5】
浜中  【0・1・0・6】
秋山  【0・1・0・2】


田中勝 【0・0・0・15】
三浦  【0・0・0・13】
田辺  【0・0・0・5】
柴田大 【0・0・0・4】
藤岡康 【0・0・0・2】
川島  【0・0・0・2】


先週のマイル戦に続き今週も関西ながら岩田の成績が光る。関東ではエビちゃんとウッチーが良い感じ。
ゆーがは人気馬なら問題なしw

注目騎手
 ⇒岩田(ヌーヴォレコルト)・蛯名(フォーエバーモア)・内田博(ペイシャフェリス)

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

11.5pt ハープスター
10.5pt ヌーヴォレコルト
 7  pt サングレアル
 6  pt バウンスシャッセ
       フォーエバーモア
 5.5pt マイネオーラム
 5  pt ブランネージュ
       ディルガ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

 3.5 pt マーブルカテドラル
        ペイシャフェリス
        シャイニーガール
  3  pt パシフィックギャル
        マイネグレヴィル
 2.5 pt  マジックタイム
  2  pt  エリーザベスト

以下略


◎ハープスター
○ヌーヴォレコルト
▲マジックタイム
★マイネオーラム
△フォーエバーモア
△ディルガ
△ブランネージュ
△マイネグレヴィル
△バウンスシャッセ


注パシフィックギャル
 ペイシャフェリス


本命は言わずもがなのハープスター
距離不安、追い込み届かずなどありますが次元の違う脚でねじ伏せていただきたい(・∀・)

対抗はヌーヴォレコルト
順当ですが他にハープに迫れそうな馬が見当たらず可能性あるなら岩田のイン差しかなと。

3番手にはマジックタイム
クイーンCの時はオークスはこの馬と思ってたので人気落ちての激走に期待。ノリの神騎乗来い!w

★はマイネオーラム
前走は不利な外枠から追い込んでの3着。今回は内枠引いてうまく抜けて来れば1発の期待☆彡

他では桜花賞組からの巻き返し狙うならフォーエバーモア
ミスプロ感がすごいのディルガ
前残りなら狙いたかったがどうも差しが効いてるので評価落としたブランネージュとマイネグレヴィル
異例のローテのバウンスシャッセまでは押えたい。

パシフィックギャルとペイシャフェリスも展開次第では残りそうなんだけどな~。
サングレアルは馬体重次第w

優駿牝馬~攻略案③~

血統データ・オークス(92年以降)

★父ロベルト系 【2・1・2・20】
 ⇒圏内5頭は00年シルク(1人気)98年ファレノ(1人気)97年【重】ナナヨー(13人気)
          94年チョウカイ(2人気)93年マックス(2人気)

昔の名牝がズラリw4頭が当日2人気以内、人気薄のナナヨーは当日重馬場でブライアンズタイムの血が騒いだw

★当日良馬場で3人気以下の父ロベルト系【0・0・0・19】(86年以降)

優駿牝馬~攻略案②~

今日はAKB総選挙の速報発表ですね~さや姉がどこまで上位に食い込むかに注目w

ではオークスのラップデータ分析

オークスラップ

オークスラップグラフ

過去5年のラップデータ

まず目につくのが上り最速の成績の良さw過去5年では【4・1・1・0】とパーフェクト☆彡
過去10年で見ても【5・2・3・2】とほぼほぼ圏内w

ブエナ、アパパネ、ジェンティルは4角二桁ポジションからの差し切り勝ちの強さw
上り最速を出せる脚があれば後方一気も通用する模様。ハープスターが無事に走れば3着圏内は堅そう(・∀・)

しかし上り2位と3位の成績を見てみると

上り2位 【0・2・0・2】 (4角10番手以下【0・0・0・2】)
上り3位 【0・1・2・2】 (4角10番手以下【0・0・2・2】)

連対を果たした3頭は4角までに一桁ポジションは確保3着2頭も10、11番手。
上り最速じゃない限り後方一気は厳しいという感じですね。

ハープスターに勝つというというのはもちろん、連対するなら中団より前に位置したいところ。

まぁだいたいの人はわかってると思いますが(笑)

そこで今回は桜花賞とフローラS組に絞って探って行こうと思います(・∀・)

まずは桜花賞から。

過去5年の3着以内馬15頭中、前走桜花賞組は半数の8頭。去年のメイショウマンボ以外は3着以内。
その7頭の共通点は桜花賞で上り34秒4以下で3着以内だった点。

去年の桜花賞は上り3Fが36.1と掛かっており、1着アユサンは35.5、上り最速で2着のレッドオーヴァルでも35.1だった。
上りのかかる流れで桜花賞好走した場合、オークスでは微妙なのかも?
ちなみに同じように上り35.8かかった06年桜花賞を上り最速34.9で制したキストゥヘヴン、2着アドマイヤキッス、3着コイウタの上位陣はオークスで全滅w

今年の桜花賞はレース上り3Fは36.3とかかっていますが、これはフクノドリームの大逃げのせいww
1着ハープスターが驚異の32.9w3着ヌーヴォレコルトも33.8とオークス好走ラインはクリア(・∀・)
この2頭は有力とみていいでしょう(・∀・)
ヌーヴォレコルトは前走のように後方じゃなくいかに前目に付けれるかがポイントでしょう。

続いてフローラS

過去5年の3着以内馬15頭中、前走フローラSは6頭と桜花賞組といい勝負。全馬フローラSで3着以内。

好走の条件としてはフローラSが後傾ラップだったことと4角5番手以内で3着以内

11年のピュアブリーゼはフローラSで前傾ラップでしたがこの年は重馬場だったため例外ってことでw

オークスのラップが4Fあたりで大きく加速して瞬発戦になりやすく上り最速の成績が良いため、
フローラSでもスローからの急加速を前目で乗り切った馬がオークスでも好走しやすいのかも?

今年のフローラSは前半60.7、後半59.3の後傾ラップ。
1着サングレアルは4角13番手から34.3で差し切ったがこれをどう評価するかが難しい(^^ゞ
個人的には4角3番手から2着に踏ん張ったブランネージュの方に妙味有w

ということでラップデータからはハープスター・ヌーヴォレコルト・ブランネージュを注目馬として挙げておきます(・∀・)

優駿牝馬~攻略案①~

今週はオークス1本勝負なので更新も比較的楽に出来そう(・∀・)

軸不動だから相手をしっかり精査していきましょうw


オークス血統

過去5年の血統データ

父サンデー系の活躍が目立ちます(・∀・)
10年と11年はレースの時雨が降ってたので基本晴れてるときはサンデー三昧(笑)
母父はノーザンダンサー系の活躍が目立つ。去年のマンボ以外はサンデーxノーザンダンサーが優勝しており
この組み合わせは注目。

その他の注目内包としてはミスプロ系、ボールドルーラー系、バックパサー、ヌレイエフなどがいい感じ。

では注目馬をピックアップ☆彡

ヌーヴォレコルト  (父ハーツクライ、母父ヌレイエフ系、セクレタリアト&ミスプロ内包)
サングレアル    (父ロブロイ、母父ニジンスキー系、ミスプロ&バックパサー内包)
マーブルカテドラル(父ダイワメジャー、母父ノーザンダンサー系、ボールドルーラー内包)
ペイシャフェリス  (父スペシャル、母父ダンジグ系、バックパサー内包)
マイネオーラム  (父ステゴ、母父リファール系、ミスプロ&ノーザンテースト内包)
バウンスシャッセ (父ロブロイ、ミスプロ&バックパサー内包)
ハープスター   (父ディープ、母父ノーザンダンサー系、トニービン内包)


マイネグレヴィル (父ブライアンズタイム、母父サンデー、ナスルーラ&バックパサー内包)
ブランネージュ  (父シンクリ、母父フレンチデピュティ、サンデー&ボールドルーラー内包)


イチオシは桜花賞から距離伸びて良さそうなヌーヴォレコルト。
サンデーxノーザンダンサー系でハーツからトニービン内包も東京ではプラス(・∀・)

スピード勝負になればサングレアルやマーブルカテドラル、スタミナ勝負になればペイシャフェリス、マイネオーラムが面白そう。

さらに馬場渋ったりパワー要する流れならサンデー系内包してる父ロベルト系の2頭は台頭してきそう(・∀・)

ヴィクトリアマイル~最終戦略~

先週に引き続き非常に難解ですな~(^^ゞ
どの馬も一長一短でもう好みで選ぶしかww

まずは東京の馬場好走血統傾向から

5/17東京芝

サンデー系は外せないといった感じか。特にマイル以下では顕著に出てる感。
非サンデー系なら父か母父にノーザンダンサー系が欲しいところ。そして日曜2レースではブラッシングブルーム内包が4/6出ており注目。ナスルーラ系がいいのかも?

続いて東京芝マイル重賞のみの騎手データ(06年以降)

岩田  【5・1・3・24】
内田  【4・3・3・27】
横山典 【4・2・2・36】
蛯名  【4・4・1・33】
武豊  【4・2・1・21】


田中勝 【2・4・0・31】
浜中  【2・1・0・8】
北村宏 【2・0・2・29】
ウィリ  【1・2・0・8】
福永  【1・1・4・27】
石橋脩 【1・1・1・24】
三浦  【1・1・3・16】
戸崎  【1・1・1・7】
武幸  【1・0・0・3】
柴山  【0・2・0・15】


吉田豊 【0・1・0・26】
川田  【0・0・1・8】
酒井  【0・0・0・1】


関東の御三家を押えてトップは騎乗停止明けの岩田。内がポッカリ空いたら怖いw
関東御三家は人気薄での好走が目立つため今週も要注意か(・∀・)ユタカは人気馬なら信頼できるw

注目騎手
岩田(ストレイトガール)・内田博(ヴィルシーナ)・蛯名(ホエールキャプチャ)・横山典(ローブティサージュ)・武豊(スマートレイアー)

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

10.5pt ヴィルシーナ
 9.5pt ホエールキャプチャ
       スマートレイアー
  9 pt ウリウリ
  7 pt エクセラントカーヴ
       ケイアイエレガント
  6 pt フーラブライト
 5.5pt クロフネサプライズ
       デニムアンドルビー
 4.5pt ラキシス
       ストレイトガール
       メイショウマンボ
       ローブティサージュ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

  4 pt キャトルフィーユ
       レイカーラ
       エバーブロッサム
       ゴールデンナンバー
       プリンセスメモリー


◎ホエールキャプチャ
○ヴィルシーナ
▲クロフネサプライズ
★ラキシス
△スマートレイアー
△デニムアンドルビー
△ストレイトガール
△エクセラントカーヴ


注ローブティサージュ
  ウリウリ
  フーラブライト


過去の傾向から重要視したいのは
①マイル重賞実績
②東京重賞実績
③GI実績
④4歳


この4つ(・∀・)今年これらを全て満たす馬は残念ながらいなかったw

本命はホエールキャプチャ
6歳というのだけがネックだが昨日のレッドスパーダは年齢で軽視してやられたので今日は気にしないww
マイル&東京では鬼の成績でジョッキーも乗りにノッてるエビちゃんということで3着圏内という軸では最適か。

対抗はヴィルシーナ
データ的にはこちらが上ですがメンタル面が戻ってるかどうかの見極めが出来ないため信頼しづらい(^^ゞ
ただ去年のホエールキャプチャの例があるだけにここで復活連覇があっても驚けないw

3番手には4歳馬の中からクロフネサプライズ
Bコースになりやはり先行馬有利。絶好枠から逃げ濃厚なだけにブラボーデイジーの再現でなんとか2~3着な感じにw

★は未知の魅力でラキシス
まだ重賞勝ちはないものの前2走牡馬混合重賞で好走しており牝馬限定戦ならやれる実力はあるはず。
マイル戦がどうかだけ。

他では追い込み脚質だけに取りこぼしがありそうな分軸にしづらいものの押えは必要なスマートレイアー
海外帰りで状態だけが不安も東京は走るデニムアンドルビー
最内からロスなくのればジョッキーの腕で距離克服の可能性あるストレイトガール
高速決着なら持ちタイムが生きそうなエクセラントカーヴまでは押えたい。

8枠じゃなきゃ印回したであろうウリウリ、ローブティサージュ、フーラブライトは泣く泣く切る(*ノД`*)タハッ

メイショウマンボは強いがここはカワカミプリンセスとイメージがだぶるのと前走負けすぎで急遽矛先を変えてきたローテが気に食わないので
来たら諦めの世界でww

ヴィクトリアマイル~攻略案③~

眠すぎてつらたん( - _ゞ ゴシゴシ (´0`)ゞファー

京王杯SC~最終戦略~

立て続けに予想も(・∀・)

まずは東京芝1400mのみの騎手データ

横山典 【1・1・1・8】
蛯名  【1・1・0・11】
石橋脩 【1・0・1・4】
ウィリア 【1・0・0・1】
浜中  【1・0・0・4】
川田  【0・1・0・1】
内田博 【0・1・2・8】
柴田大 【0・0・0・1】
丸田  【0・1・0・0】

松岡  【1・0・0・11】
北村宏 【0・1・1・10】
田中勝 【0・0・1・11】


う~む、正直微妙w
推せる騎手はいません(^^ゞ

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

9.5pt アミカブルナンバー
8.5pt エールブリーズ
7.5pt コパノリチャード
     クラレント
 7 pt インパルスヒーロー
      レッドスパーダ
 6 pt クラウンロゼ
      メイショウヤタロウ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

 5  pt シャイニープリンス
4.5 pt インプレスウィナー
3.5 pt アフォード
      インプロヴァイズ

以下略

◎インパルスヒーロー
○アミカブルナンバー
▲コパノリチャード
★エールブリーズ
△クラレント
△メイショウヤタロウ
△シャイニープリンス


注レッドスパーダ
 クラウンロゼ
 インプレスウィナー


本命は初志貫徹でインパルスヒーロー
前走が復活の兆しを見せる走りでGI連対の東京&3戦全勝の1400mへの舞台変わりは絶好(・∀・)
不安は騎手だけwwどん詰まりだけはやめておくれよ(>_<)

対抗はアミカブルナンバー
客観的にみればこちらが本命でもいいんですが好みの差で対抗にww東京1400mは4勝と庭(笑)
データ的にはマイナス要素なく人気もほどよいところでウッチー復活Vも?!w

三番手は覚醒した感のあるコパノリチャード
前2走は非常に強い内容で完全に本格化の兆し(^^ゞ安田よりここ狙いな感じであっさりの可能性も。
ただ58キロ背負って東京の長い直線を押し切れるかどうか・・

★評価はエールブリーズ
こちらは東京芝1400m3戦全勝とマイホーム(笑)血統とラップから舞台適性は一番合うと思われ(・∀・)
ただちょっと人気になりすぎてる感。バレテ~ラ~ww

他ではここはた叩き台も56キロは明らかに有利なクラレント
一発大穴なら前につけれた時のメイショウヤタロウ
エビちゃんの勢いが怖いシャイニープリンスまで押さえましょうか(・∀・)

レッスパとインプレスウィナーは本来は押さえたいとこだが・・(。-`ω´-)ンー

京王杯SC~攻略案③~

なでしこ見ながら更新(・∀・)

澤をオーストラリア戦休ませて戦えたのはデカいし、選手層厚いw

ヴィクトリアマイル~攻略案②~

今日はボーダーからの続・最後から二番目の恋の安定ライン(・∀・)

MOZUはちょっと飽きてきたww


で出走馬も決まったヴィクトリアマイルのラップ分析へ

VMラップ

VMラップグラフ

過去5年のラップデータ

11年だけ異色なラップwwこの年はオウケンサクラが大逃げかましたので2番手以降はここまで速くないとしても前半4F45秒台だったはず。

今週からBコースになり先週より時計は早くなるでしょうか。先週のNHKマイルが1・33・2。過去5年のタイムを見てもわかるように今年も32秒台の決着が濃厚なのでは?

中盤は11秒台が続くので一瞬速い脚よりも長くいい脚が使える馬を狙ってみたい(・∀・)

データ的にも前走上り1~2位は【0・0・3・26】と連対なし。瞬発戦では分が悪く、持続戦で好走しそうな馬が穴で面白いかも。
それともう一つ。前走初角10番手以下だった馬【0・1・1・45】と大不振。
VMでも過去5年で初角10番手以降から連対したのは、ブエナとホエールキャプチャのみ。
ともにマイルでも東京でもGIを勝ってた馬。能力あってマイル適性&コース適性がないと後方一気は厳しいとみます。

ということで、

①芝マイル持ち時計のある馬
②持続戦に強い馬
③前走上り3位以下
④前走初角一桁ポジション


この辺を満たす馬をピックアップ☆彡

レイカーラ
ウリウリ
エクセラントカーヴ
ヴィルシーナ
ケイアイエレガント


京王杯SC~攻略案②~

なんか記事書くのバージョンアップでもしたか?w

人気になりそうだったトーセンラーが回避(*ノД`*)タハッ
せっかく人気して飛んでもらおうと思ってたのに残念w

京王杯SC

京王杯SCラップ

過去5年のラップデータ

去年こそトウケイヘイローの逃げで前半33秒台のハイペースとなりましたが、基本はこのコース前半はペース速くならず後傾ラップ。
その証拠に去年以外の連対馬は全て上り33秒台w逃げ粘ったシルポートでさえ33.8なのだから驚き(笑)

去年も33秒9のハイペースとはいえ逃げたトウケイは0.3秒差に踏ん張っており、ある程度前に行ってないと勝つには厳しい模様。直線一気は32秒前半でも繰り出さない限り無理かww

狙いは前目で速い上りを使える馬(・∀・)

では短距離戦おなじみの調査をw

京王杯SC比較

トップ評価はアミカブルナンバー
東京芝1400m 【4・2・1・4】の成績が光る(・∀・)コンスタントに上り33秒台を繰り出せるし、
前走重賞初挑戦でも0.2差に追い込みメドはたった。得意の東京で前目に付けれれば。

同じく東京1400m得意のエールブリーズも得意の舞台で巻き返し十分。
前目で運べるレッドスパーダ、33秒台の脚がコンスタントに使えるインプスウィナー、メイショウヤタロウ、シャイニープリンスも穴で面白い。

ヴィクトリアマイル~攻略案①~

今日は安定のビターブラッドからのブラックプレジデントコース(´艸`)ムププ
ただ9時まで見たいテレビがないw

なのでヴィクトリアマイルの血統分析やってみよう(笑)


VM血統

過去5年の血統データ

昨日の京王杯SCでも書いたようにここでもまたボールドルーラー系内包馬の活躍が目立ちますね(・∀・)
この時期の東京芝短距離戦はボールドルーラー系内包が強いのか?これは安田記念まで注目ですね。

そしてこれまた昨日書いた記憶がありますがwノーザンダンサー系の重要性w
ウオッカ以外はすべて2代前までにノーザンダンサー系を持ってます。

特にいいのがヴァイスリージェント系。内包馬が過去5年で2勝、2着2回、3着回の活躍☆彡
サンデー系も2勝、2着3回、3着1回と軽視禁物w

他ではグレイソヴリンなどナスルーラ系が非常に多い。
あとはロベルト、バックパサーにも注意が必要か。


では注目馬をピックアップ☆彡

ホエールキャプチャ  (父クロフネ(ND)、母父サンデー、ボールドルーラー&ロベルト内包)
クロフネサプライズ  (父クロフネ(ND)、母父トニービン、ボールドルーラー&ロベルト内包)
スマートレイアー   (父ディープ、母父ホワイトマズル(ND)、ボールドビター内包)
ウリウリ       (父ディープ、母父フレンチ(ND)、ボールドルーラー内包)
エクセラントカーヴ  (父ダイワメジャ、ノーザンテースト&ボールドルーラー&バックパサー内包)
ラキシス       (父ディープ、母父ストームキャット(ND)、ボールドルーラー内包)
ケイアイエレガント  (父キンカメ、ノーザンダンサー&ボールドルーラー&ロベルト&バックパサー内包)


注目は芦毛の3頭w
ヴァイスリージェントxボールドルーラーはこのコース押さえて損はないはず。白い馬どれかは来るでしょうw

そんなに人気しなさそうなエクセラントカーヴとラキシスあたりは意外と狙い目か。
大穴なら勝っても人気にならないケイアイエレガント(笑)

京王杯SC~攻略案①~

今日ブラジルW杯の日本代表メンバーが発表されました
ザックになってから1試合しか出場してなかった大久保が選出されたのがサプライズといえばサプライズ(・∀・)
チームにフィットすれば大久保スタメンも面白い☆彡

そして個人的に選ばれて欲しいと思ってたハマのメッシ・斉藤が入ったのが良かった+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
あのドリブルは切り札として絶対有効なはず╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

ただ不安のDF陣に若手が入らなかった、精神的支柱になりそうなベテランも選ばれず。
今シーズンろくに試合にも出ず故障明けの吉田マーヤと昨季J2で過ごしてた今野が不動のセンターバックじゃ世界に太刀打ち出来ないでしょう。
バックアップも伊野波と森重では・・・

おっと、サッカー話が長くなってしまったww

今週の勝負レース京王杯SCの分析へ行きましょう

京王杯SC血統


過去5年の血統データ

先週のNHKマイルに似たようにここでもボールドルーラー系内包馬の好走が目立ちます。

あとはこれといった大きな傾向はないものの、サンデー系よりノーザンダンサー系を重要視した方が良さそうな感じで、
2代前までにノーザンダンサー系を持ってる馬が14/15とアーバニティ以外該当。

この2点は重要視しましょう(・∀・)

他ではプリンスキロ、リボー、ノーザンテースト、ニジンスキー、バックパサー、プリンスリーギフトなどが注目でしょうか。

では出走予定馬から注目馬をピックアップ☆彡

エールブリーズ   (父フジキセキ、母父カーリアン(ND)、ボールドルーラー&プリンスキロ内包)
インパルスヒーロー (父クロフネ(ND)、母父サンデー、ノーザンテースト&ボールドルーラー内包)
レッドスパーダ   (母父ストームキャット(ND)、ニジンスキー&ボールドルーラー内包)
タムロスカイ    (父フジキセキ、母父セクレト(ND)、ボールドルーラー&プリンスリーギフト内包)
メイショウヤタロウ (父タキオン、母父ストームキャット(ND)、ボールドルーラー内包)


クラレント     (母父ダンシングブレーヴ(ND)、ニジンスキー&プリンスリーギフト&バックパサー内包)
インプレスウィナー (父フサイチコンコルド(ND)、ノーザンテースト&リボー内包)


除外対象
クラウンロゼ    (母父ヒシアケボノ(ミスプロ)、リファール&ボールドルーラー&バックパサー&リボー&プリンスリーギフト内包)
セイコーライコウ  (父クロフネ(ND)、母父サンデー、ボールドルーラー&バックパサー内包)


除外対象ながらクラウンロゼはちょっとこのコースで見てみたいw東京マイルの新馬戦で勝っており距離短縮の方が良さそうだし出てきたら狙ってみたい(・∀・)

あとはインパルスヒーローとエールブリーズは必ず押さえたいところ。

NHKマイルC~最終戦略~

遅くなりましたが予想です(・∀・)

まずは昨日と今日の午前中までの東京芝血統傾向から。

5/10東京芝血統

思ったほどサンデー系が無双といった感じではないか(^^ゞ
目立つとこではトニービンやボールドルーラーなどナスルーラ系の好走馬が多い。
そして地味にサドラーズウェルズ内包がちょいちょい来てるw


続いて東京芝マイル重賞のみの騎手データ(06年以降)

横山典【4・2・2・35】(4人気以下【2・2・2・27】)
蛯名 【4・4・0・33】
武豊 【4・2・1・20】
(4人気以下【0・0・0・14】)

藤田 【2・3・2・14】(4人気以下【2・1・2・14】)
北村宏【2・0・2・28】



ウィリ【1・2・0・7】
福永 【1・1・4・26】(4人気以下【0・0・1・19】)
四位 【1・1・1・14】(4人気以下【0・0・0・11】)
浜中 【1・1・0・8】
田辺 【1・1・2・8】
戸崎 【1・1・1・7】
石橋脩【1・1・1・23】
三浦 【1・0・3・16】


柴田善【0・2・2・25】
川田 【0・0・1・7】
和田 【0・1・0・4】
川島 【0・0・0・1】
吉田豊【0・1・0・25】


勝ち鞍トップはノリ、エビちゃん、ユタカの3人。
特徴としてはノリは人気薄で、逆にユタカは人気じゃないと来ないwwルパンは微妙な人気だな~(^^ゞ

率でいうと藤田とウィリアムおじさんがいい感じ。

注目騎手
 ⇒横山典(ピークトラム)・蛯名(キングズオブザサン)・武豊(サトノルパン)・藤田(ダンツキャンサー)・ウィリアムズ(マイネルディアベル)


血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

 12 pt ロサギガンティア
11.5pt エイシンブルズアイ
10.5pt サトノルパン
       ウインフェニックス
       ホウライアキコ
 10 pt ショウナンアチーヴ
9.5 pt ショウナンワダチ
8.5 pt ミッキーアイル
       ベルルミエール
 8  pt タガノブルグ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

7.5 pt カラダレジェンド
       アドマイヤビジン
 7  pt アルマエルナト
       ピークトラム
 6  pt アトム
       ダンツキャンサー
       マイネルディアベル
5.5 pt キングズオブザサン


◎ショウナンアチーヴ
○サトノルパン
▲エイシンブルズアイ
★アルマエルナト
△ショウナンワダチ
△ウインフェニックス
△ロサギガンティア
△ベルルミエール


注マイネルディアベル
 ミッキーアイル
 ホウライアキコ
 ピークトラム


いや~正直難しすぎて当たる気がしないww

そんな中、本命はショウナンアチーヴ
どの馬も勝つ条件に何かしら足りない感じのなかでこの馬はショウナンカンプというのを嫌わなければ(^^ゞ

対抗はサトノルパン
勝ち馬はすべて前走1600m以上なので2着までかなという感じですが
ただ前走がファルコンSが1400mになってからデータ的にまだ未知数なとこがあるので一番キレそうなこの馬は3複の軸ならこの馬かな。

3番手はエイシンブルズアイ
データ的にはこの馬が一番なんですが、やはり非SS系がネック。キレ勝負になった場合にも分が悪そうだけどうまく前で流れにのれれば。ただユーイチですww

★評価にはNZT後から狙ってるアルマエルナト
正直データ的にも騎手的にも厳しいですがwあれだけ推しててここで来て取り逃すわけにはいかないww
ハイペースになって直線一気が決まれば出番はあるはず。

他にも買いたい馬はたくさんいますが全部買うわけにもいかずw
非SS系も東京変わりでNZTより向きそうなショウナンワダチ
東京芝連対率100%で今まで掲示板を外してない堅実なウインフェニックス
皐月賞より舞台適性高そうなロサギガンティア
先行してしぶといベルルミエールまではまず押さえたい。


ミッキーアイルは人気ほどの信頼感はなく不安要素が多いので来たらしょうがないの体でw
あとはオッズ次第で(^^ゞ

新潟大賞典~最終戦略~

やっぱ3重賞はきついw

新潟大賞典は簡単な予想だけですいません(^^ゞ

①血統からは父ロベルト系かサンデー系でグレイソヴリン内包が特注。

②ラップからは上り最速が過去5年【3・2・2・0】と抜群。過去に前傾ラップで上り1~2位を記録した馬を狙う

③データから斤量55~56キロが良い。年明け初戦はマイナス。7歳以下。



血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

8.5pt マジェスティハーツ
 8 pt ユールシンギング
      ケイアイチョウサン
6.5pt レッドレイヴン
 6 pt トランスワープ
5.5pt ナリタクリスタル
 5 pt サクラアルディート
      メイショウナルト
4.5pt エクスペディション
 4 pt カルドブレッサ
      シンゲン

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

3.5pt スマートギア
      アドマイヤタイシ
2.5pt ダノンヨーヨー

以下略

◎ユールシンギング
○マジェスティハーツ
▲ケイアイチョウサン
★カルドブレッサ
△サクラアルディート
△タマモベストプレイ


注レッドレイヴン
 メイショウナルト


詳しく予想する時間なかったので大雑把に
「8歳以上」「年明け初戦」56.5キロ以上」は消してみた結果こんな感じにw

ユールシンギングは
★前走重賞1800~2000mで0.2差以内(勝ち含む)だった斤量56キロ 【1・3・2・0】(06年以降)
とう鉄板データから本命に。

あとは冒頭に書いた条件にマッチする馬をピックアップ☆彡

レッドレイヴンは非常に悩むとこですがここはちょっと穴狙いに(・∀・)

NHKマイルC~攻略案③~

土曜当たると日曜勝負出来るからいいですね~(´艸`)ムププ

大穴狙うかなw

NHKマイルCの予想は明日の昼くらいになりそうです(;´Д`A ```

京都新聞杯~最終戦略~

ちょっと色々としんどくなってきたので新潟大賞典手抜きしますwwご心配おかけしてしまいコメントくれた方ありがとうございます(ノД`)・゜・。


京都新聞杯も簡易版で(^^ゞ


京都芝2200m重賞のみの騎手データ

武豊  【7・2・0・12】

池添  【1・3・2・11】
福永  【1・2・1・18】

ユタカが断然過ぎて他はどっこいどっこいwチョリ添とユーイチが及第点。

注目騎手
 ⇒武豊(シャドウダンサー)

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

12 pt サウンズオブアース
8.5pt ガリバルディ
 8 pt ダンディーズムーン
      ミヤジジャスパー
      スズカデヴィアス
7.5pt アズマシャトル
 7 pt ハギノハイブリッド
      ロングリバイバル

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

5.5pt ステイインシアトル
 5 pt シャドウダンサー
      ストロベリーキング
 4 pt リーゼントロック

以下略

◎サウンズオブアース
○スズカデヴィアス
▲ハギノハイブリッド
★シャドウダンサー
△ガリバルディ
△ミヤジジャスパー


注ロングリバイバル
 アズマシャトル


本命はサウンズオブアース
血統ラップデータどれも良し(・∀・)

対抗はスズカデヴィアス
★前走重賞に出走してた2勝馬で12月以降の芝2000mでデビュー 【2・0・3・0】に該当

3番手はハギノハイブリッド
サトノロブロイやワールドインパクトと好勝負してきた能力の高さ

★はシャドウダンサー
ユタカww

ガリバルディはPOG馬なので(っ`・ω・´)っフレーフレー!!!
安定感のあるミヤジジャスパーまで。


簡単ですいません(笑)

京都新聞杯~攻略案③~

なんだか体が怠い

京都新聞杯~攻略案②~

続けざまに京都記念のラップ分析もw3重賞にNHKマイルに時間割いたためサクっとで申し訳(^^ゞ

京都新聞杯ラップ


京都新聞杯ラップグラフ

過去5年のラップデータ

基本前行ったもん勝ちみたいな感じですかねw去年のキズナだけ異常だったということで(笑)
キズナ以外の連対馬は全部4角5番手以内。

ただ上り2位以内の馬が半数を占め、先行してしっかり上りをまとめられる馬を狙いたいところ(・∀・)


ということで単純に2000m以上で4角5番手以内で上り34秒台以下で2位以内を記録したことのある馬をピックアップ☆

ガリバルディ
サウンズオブアース
スズカデヴィアス
ダンディーズムーン
ハギノハイブリッド
ミヤビジャスパー
ロングリバイバル


結構いるww
この中でどの馬が先行するかを見極めることが出来れば馬券取れそうw

新潟大賞典~攻略案①~

遅ぇよ長倉~(≧3≦) =3いいですね~ハセキョウw
今期のドラマは木曜のBORDERからの続・最後からの流れが一番面白い(・∀・)


ってことで出走馬が絞れた新潟大賞典の血統考察行ってみよw

新潟大賞典血統


過去5年の血統データ

目立つのはサンデーとロベルトのヘイルトゥーリーズン系が非常に多いとこ。
特に新潟だけにスピード勝負になりやすいからか父or母父サンデー系が13/15と活躍。ただロベルト系が来てるので
長い直線を乗り切るスタミナもあったほうが良い印象。

そして見逃せないのがグレイソヴリン系の多さw毎年1頭は3着以内に来てます(・∀・)

他ではリボー、ノーザンダンサー、ネイティヴダンサー、ボールドルーラー系あたりには注意が必要か。


では注目馬をピックアップ☆

マジェスティハーツ (父ハーツクライ、トニービン&ミスプロ&セクレタリアト内包)
ユールシンギング  (父シンクリ、母父スペシャル、トニービン&ノーザンテースト内包) 
スマートギア    (父マーベラスサンデー、ノーザンダンサー&ネイティヴダンサー内包)
ナリタクリスタル  (父スペシャル、母父ノーザンダンサー系、ボールドルーラー系内包)
サクラアルディート (父ディープ、グレイソヴリン内包)
メイショウナルト  (父ハーツクライ、トニービン内包)
トランスワープ   (母父リアルシャダイ、ノーザンテースト&リボー&ネイティヴダンサー内包)
カルドブレッサ   (父ジャンポケ、母父サンデー、セクレタリアト内包)


イチオシはこのレース血統にバッチリ合いそうなユールシンギング(・∀・)
あとはハーツ産駒のナルトマジェスティ2頭とディープにグレイソヴリン内包のサクラアルディートは注目したい。

NHKマイルC~攻略案②~

天皇賞(春)で4着に入ったキズナはどうやらレース中に骨折をしていた模様(ノД`)・゜・。
距離や能力うんぬんよりアクシデントの影響だったとしたらゴルシに続き不運だったとしか・・・
秋の復帰を目指すということですが宝塚はもちろん、凱旋門賞も白紙ということで非常に残念です_l ̄l○lll ガクッ


ではNHKマイルCのラップ分析へ。

NHKマイルラップ

過去5年のラップデータ
12年、カレンブラックヒルが逃げ切った年だけ後傾ラップですが基本的には前半速い流れの前傾ラップ。

NHKマイルラップグラフ

09年は逃げたゲットフルマークが大きく逃げ、2番手のジョーカプはそんなに速くなかったのかも。3番手はさらに離れてたため後ろの馬はだいぶ遅かった可能性も(^^ゞ
結果掲示板は4角5番手以内の馬が独占と上り最速33.7を繰り出したワンカラットは4角17番手と後ろ過ぎて届かず6着まで。

12年は完全にカレンブラックヒルがペースを握り突っつく馬もいなかったためスローの前有利な流れ。
しかも残り3ハロンで急激にペースが上がったため脚を溜めてた馬もキレキレとまではいかず、上り最速は
4角15~16番手のセイクレットレーヴとジャスタウェイで5~6着まで。前との差がありすぎて届かずといった感じ。

と先行馬が残った展開はこの2回ですがポイントとしては「差し脚鋭い馬に4角でいかに差をつけるか?」
この辺がポイントとなるような気がします。
いわゆる引き付けての溜め逃げでは最後捕まるパターンのやつやw

今年の逃げ候補はミッキーアイルですが勝ちきるならカレンブラックヒルと同じパターンしかないですかね~。
09年は人気薄の逃げと2番手だったから成立した流れなので(^^ゞ

ではミッキーアイルが逃げ切った前2走とカレンブラックヒルのレースを比べてみましょう(・∀・)

NHKマイルCラップ比較


ラップ推移的にはカレンの時と似た感じですね。しかしシンザン記念のラップよりさらに楽なのがカレンブラックヒルの年w
これを見るとよっぽど恵まれないとミッキーの逃げ切りは厳しい感じ(^^ゞ

ただ、後ろの有力馬が最後の直線に賭け過ぎて道中じっとしすぎた場合、スグリンがビビらずに速めにペース上げて行けば逃げ切れる可能性も。後ろ来ないからってビビッて溜め逃げしたらたぶん差されるw


キーを握りそうなのが男騎乗のダンツキャンサー。
前走1400m逃げ切ってハナに行きたいと陣営が言ってるのでミッキーに絡むとしたらこの馬か。
この馬が序盤から競りかけて行ったらペース緩まず持続戦になってミッキーには厳しくなるが、
すんなり番手に控えたらミッキーにもチャンスは出てくるか。


今回は大穴狙いと行きたいのでミッキーアイルにはハイペースで沈んでもらうパターンで予想(笑)

ペース上がった時に上位に馬のポイントとしては、
①1800m以上で上り34秒台で1~2位(33秒台なら3位でも可)で好走してる馬(重賞なら特注)
②1400m戦を先行して上り34秒台で1~2位(33秒台なら3位でも可)で好走してる馬(重賞なら特注)


①はマイネルホウオウ・コティリオン・ダノンシャンティ・リルダヴァルなどが該当
②はリアルインパクト・グランプリボス・ダイワバーバリアン・インパルスヒーローなどが該当



今年の出走馬の中で見てみると、

①ロサギガンティア
②カラダレジェンド・ベルルミエール


正直微妙(^^ゞ
今年は重賞での該当馬がいないため信頼度に欠ける感w

マイネルフロストが出てきてればかなり有力だったと思うんですけどね~(>_<)
こうなるとペース落ち着いてミッキーアイルの粘り込みのパターンの方が現実味がありそうで怖いww

そうなると前行ってなだれこめる馬でしょう。
そうなった場合でもベルルミエールは非常に面白い存在だと思います(・∀・)
他では毎日杯2着の実績光るエイシンブルズアイ、ウィリアムおじさんで先行粘り込みが期待出来そうなマイネルディアベルの2頭を挙げておきます。
GO TOP