アイビスSD~攻略案②~

うっかりクイーンSを間違えて札幌記念と書いてしまったさっきの記事すいません(笑)

今夜は珍しく夜勤なので「同窓生」がリアルタイムで見れん(>_<)
稲森いずみのかわいさだけを見るドラマですがw内容がクソ過ぎて腹立つのが残念w

アイビスSDラップ

過去5年のラップデータ

注目点としては上り1位が3連勝中というのと前走で先行(逃げ)していた馬の好成績が目立つという点(・∀・)

要はスタートダッシュが出来て上りも速い馬が勝つというごく当たり前な結果なのですww

ということでシンプルに
①芝1200m以下で逃げ切り勝ちのある馬、
②上り1位で勝ったことのある馬
をチョイスすると・・

①アンバルブライベン・パドトロワ・フォーエバーマーク・フクノドリーム
②アンゲネーム・パドトロワ・セイコーライコウ・フクノドリーム・リトルゲルダ
(ダートでは②デュアルスウォードとローブドヴルール)


①と②ともに該当したのはパドトロワとフクノドリーム。
パドトロワはさすがに8歳と59キロで厳しい(^^ゞここでもフクノドリームが有力か。

ただ人気しそうなので穴馬候補を(・∀・)
血統でも推奨したデュアルスウォードは3走前の同舞台で勝ったセイコーライコウと同じく上り最速で4着と好走この時は2枠2番ということで外枠引けば面白い。
同じくアンネゲームも最内枠からで上り0.1秒差の3位で5着とこちらも枠次第では。

そしてもう1頭、現在最注目の穴馬をw
前走初角先頭で0.2秒差以内に好走した斤量56キロ以下の5歳以下の馬は【4・1・2・0】と複勝率100%(´艸`)ムププ

該当馬が1頭だけいますね~アンバルブライベン(・∀・)
この馬芝で逃げた場合 【4・1・2・3】とかなりしぶとい。初の直千ですがスタート決めれば出足が速いだけに行き切れるのでは。
CBC賞勝ったトーホウアマポーラに2度勝ってるので馬場が悪い方がいいかもしれませんが、持ち時計も1分7秒台なのでスピード決着でも大丈夫なはずw

穴馬ならこの3頭。おそらく6~9人気あたりでしょうか(・∀・)
スポンサーサイト

クイーンS~攻略案①~

毎日暑くてやんなりますね~(*ノД`*)タハッ
ただ朝晩は比較的涼しいのがまだ救いwこれで寝苦しかったらクーラーなしじゃもちませんww

ではクイーンSの分析へ(・∀・)

クイーンS血統

過去5回の札幌開催の血統データ

パッと見、サンデー系の活躍が目立つ印象。現在5年連続でサンデー内包馬のワンツー☆彡

そしてミスプロ系も毎年3着以内馬を出しており去年は1~3着独占が母父ミスプロ系。
しかし父ミスプロよりは母父や父母ミスプロ系の好走が多い模様。
父ミスプロ系は過去5回で 【0・0・1・4】

他ではボールドルーラー系が毎年3着圏内馬を出しており注目。あとはレイズアネイティヴやノーザンサンサー系内包が良い感じ。


では出走馬の中から注目馬をピックアップ☆彡

マーブルカテドラル (父ダイワメジャー、ノーザンテースト&ボールドルーラー内包)
オツウ         (父ハーツクライ、トニービン&ノーザンテースト&リファール内包)
スマートレイアー   (父ディープ、ボールドルーラー系&リファール内包)


アロマティコ      (父キンカメ、母父サンデー、ノーザンテースト&ヌレイエフ&レイズアネイティヴ内包)
ディアデラマドレ   (父キンカメ、母父サンデー、レイズアネイティヴ&ヌレイエフ内包)


ん~正直微妙ですw
サンデー系からバッチリ合いそうな馬はいないのでキンカメ産駒にやられそうな気もします(^^ゞ

穴で狙ってたケイティバローズは回避、プロクリスは除外となってしまい血統からの穴馬はいなくなった_l ̄l○lll ガクッ

アイビスSD~攻略案①~

先週すっかりサボったおかげで完全に怠けクセがついてしまってます(笑)
そしてパズドラに全力投球しすぎてますwww

今週は荒れそうな重賞2つなのでなんとか頑張ってブログ更新していきましょう!╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
アイビスSDをメインにクイーンSは時間は取れたら更新していきます(^^ゞ

ではアイビスSDの血統分析から

アイビス血統

過去5年の血統データ
見ても解るようにまずはミスプロ系は押えるべきと言うところでしょうw
3着以内15頭中ミスプロ内包馬は実に12頭。軸はここから(・∀・)
ミスプロ系が来てるのでレイズアネイティヴ内包馬の活躍も多く、こちらはアルティマトゥーレ以外該当と驚異的w


さらに特徴的なのはインリアリティ内包馬の活躍☆彡
7頭が3着圏内に来ており、過去5年で毎年1頭は必ず来てます(・∀・)

ミスプロ系以外で来た3頭のうち2頭がインリアリティ内包馬で、ミスプロ&インリアリティ以外で来たのは去年2着のフォーエバーマークのみ。

父で注目はサクラバクシンオーとファルブラヴ産駒がともに3頭ずつ3着以内に来ており、ノーザンテーストやプリンスリーギフト内包馬は毎年3着以内馬を輩出してるので要注意。

他ではリボー、ニジンスキー、ボールドルーラー系もよく走ってますね。

新潟1000mの種牡馬成績トップ5
サクラバクシンオー   10-15-11-123  連対率157 複勝率226
マンハッタンカフェ    6-1-3-32
マイネルラヴ       5-4-5-38
スウェプトオーヴァーボード   5-3-3-60
スターオブコジーン   5-2-2-22

ファルブラヴ       3-5-2-15  連対率320 複勝率400
ケイホーム        0-0-0-13

勝ち鞍はバクシンオーがダントツですがそもそもの出走頭数が多いので当然かw
ミスプロ系は3位と4位。
率で言うなら上位ではファルブラヴがやはり良い感じ。逆にミスプロ系でもオール圏外はケイホーム(^^ゞ


では出走予定馬の中から注目馬をピックアップ☆彡

デュアルスウォード (母父エンドスウィープ【ミスプロ】、ノーザンテースト&レイズアネイティヴ&インリアリティ内包)

パドトロワ     (父スウェプトオーヴァーボード【ミスプロ】、レイズアネイティヴ&ボールドルーラー&インリアリティ内包)

フクノドリーム    (ミスプロ&レイズアネイティヴ&インリアリティ内包)

リトルゲルダ    (父インリアリティ系、母父ブッダ【ミスプロ】、コーニッシュプリンス内包)

ローブドヴルール  (父サウスヴィグラス【ミスプロ】、母父ジェイドロバリー【ミスプロ】、ノーザンテースト&レイズアネイティヴ&ニジンスキー&ボールドルーラー内包)

ジャベリン      (母父ジェイドロバリー【ミスプロ】、レイズアネイティヴ&ニジンスキー&セクレタリアト内包)
 


シャイニーホーク (母父サクラユタカオー、インリアリティ&コーニッシュプリンス内包)

ミスプロ系にインリアリティ内包してる馬は4頭。
パドトロワは年齢と斤量的にしんどいし、リトルゲルダは半年以上の休み明けで狙いづらい(^^ゞ
ということでイチオシはフクノドリームとデュアルスウォードでしょうか(・∀・)

非ミスプロ系からはアルティマトゥーレと同じフキジキセキ産駒で母父がプリンスリーギフトのシャイニーホーク。

中京記念&エルムS~予想~

今週はすっかりブログ休んでしまいました(^^ゞ
ほぼ分析してないので参考にしない方が身のためです(笑)

中京記念

◎クロフネサプライズ
〇ブレイズアトレイル
▲ミッキードリーム
★フラガラッハ
△クッカーニャ
△オリービン
△ダノンヨーヨー
△ゲシュタルト



エルムS
◎クリノスターオー
〇ソロル
▲エイシンモアオバー
★ブライトライン
△ジェベルムーサ

函館記念~最終戦略~

函館2歳は◎〇が4~5着で撃沈(*ノД`*)タハッ
トーセンラークは後方から上り最速で突っ込んできたんだが(^^ゞ距離伸びて出て来たら次は確勝級かも(・∀・)
新潟2歳かアルテミスあたりで狙ってみたい。

では函館記念の予想へ(・∀・)

7/19函館芝血統

土曜の函館芝(1200m以外)の血統傾向
やはりミスプロ系の好走が目立ちますね。キンカメ産駒は注意しといた方が良さそう。
あとはニジンスキーやトニービン、サドラーズウェルズなど力のいる馬場でお馴染みな血統がチラホラw
ただ時計が出てるのでサンデー系も必要な感じ。

ジョッキー的に注目は函館リーディング争いをしてるコウセイとヤスナリの2人でしょうか(・∀・)
午前中終わって現在コウセイが12勝、ヤスナリが11勝とわずか1つ差w
函館記念で決着なるか!?

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

9.5pt シゲルササグリ
8.5pt アンコイルド
 8 pt グランデッツァ
      アドマイヤタイシ
7.5pt サクラアルディート
      トウカイパラダイス
 7 pt ラブイズブーシェ
6.5pt ステラウインド
      ゼロス
 6 pt バウンスシャッセ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

5.5pt ダークシャドウ
 5 pt アスカクリチャン
      リルダヴァル

以下略

◎アンコイルド
〇シゲルササグリ
▲ラブイズブーシェ
★ステラウインド
△ゼロス
△トウカイパラダイス
△バウンスシャッセ


注サクラアルディート
  グランデッツァ


いや~難しい(苦笑)たいていこーゆう時って当たらないww

で本命はアンコイルド
一番無難なとこを選んでみましたw去年2着、重賞勝ちこそないが去年の秋天4着、JCもジェンティルと0.3秒差なら重賞初Vがあっても不思議ではない。

対抗はシゲルササグリ
鞍上が四位じゃなきゃ本命でも良かったんですけどね(苦笑)
前走初洋芝で3着と好走、前走より2キロ減の54キロならさらに前進が見込めそう。母父デインヒルでリボーに母母にニジンスキーと血統的にも洋芝ドント来いw

3番手はラブイズブーシェ
福島記念に有馬記念での好走から小回り得意、函館も2勝と洋芝もOK(・∀・)
さらに6~8月は【2・2・2・1】と夏馬の予感w

★評価はステラウインド
函館リーディングがかかるコーセイの手腕に期待w前走から3キロ減、欧州での経験が洋芝のここで生きるはず。
ただ1枠の成績が良くないのだけが気がかり(^^ゞ

他ではキンカメ産駒の逃げ切り一発に期待のゼロス
2000mで勝ちがないので2~3着っぽいものの先行力が生きるならトウカイパラダイス
斤量51キロは断然有利なバウンスシャッセまでは押えたいところ。

安田の疲労が心配なグランデッツァは1人気では嫌いたい(^^ゞ
大穴ならサクラアルディート。

函館2歳S~最終戦略~

サクっと予想してみますw

函館2歳S血統

函館開催過去5回の血統データ

父サンデー系の不振が目につくw
08年以降の函館開催の父サンデー系の成績は【0・0・1・17】と圏内は昨年のトーセンシルエットのみ。

断然ミスプロ系が優勢。毎年父or母父ミスプロ系が2頭馬券圏内に来てます。軸はミスプロ系から(・∀・)

エンターザスフィア  (父ヴァーミリアン【キングマンボ系】
カゼノトビラ      (父ソングオブウインド【キングマンボ系】
マイネルエスパス  (父マイネルラヴ【ミスプロ系】
タケルオウジ     (父スウェプトオーヴァーボード【ミスプロ系】
トーセンラーク    (父アルデバランⅡ【ミスプロ系】
キッズライトオン   (母父エンドスウィープ【ミスプロ系】



函館2歳ラップ
函館2歳グラフ

函館開催過去5回のラップデータ
オール前傾ラップ、右上がりの持続戦。しかしながら上り1位が【4・2・0・0】とパーフェクト連対。
ラストしっかり脚が使える馬が良い。

そこで賭神さんとひろしさんのブログの分析を拝借ww
前走のラスト200mが速い馬をピックアップ☆彡


アンブリカル      【11.6 - 11.4 - 11.8
スルターナ       【11.5 - 11.3 - 11.7
グランドポピー     【12.3 - 11.6 - 11.9
トーセンラーク     【11.9 - 11.6 - 11.7


ラスト400mと200mの差が0.4以下でラスト200mが11秒台の馬を選んでみました(・∀・)


ラストに鉄板データをひとつ(・∀・)
⇒前走芝で上り1位で0.4秒差以上で勝ってる父ミスプロ系 【2・1・1・0】(08年以降の函館開催)
 ★マイネルエスパス

◎マイネルエスパス
〇トーセンラーク
▲スルターナ
★エンターザスフィア
△アンブリカル
△カゼノトビラ
△キッズライトオン


注トウショウピスト

函館記念~攻略案③~

週末は雨模様ですか~早く梅雨明けしてもらいたいもんですが(^^ゞ来週あたりには明けそうですかねw

明日のオールスターはセ・藤浪、パ・大谷の先発ですね(・∀・)
見れないのが残念(*ノД`*)タハッ

函館記念~攻略案②~

W杯終わってオープニングネタもないのでさっさと考察に行きましょう(笑)


函館記念ラップ

函館記念グラフ

過去5回の函館開催のラップデータ

前傾ラップからの上りがかかる持続戦という感じですね(・∀・)
上り最速が1連対のみですが連対馬は全て上り5位以内でそれなりの上りは欲しいところ。
そして全馬4角一桁ポジションで後方の馬でも3角あたりから捲って行かないと届かない感じ。
とくに斤量背負った馬は4角である程度前にいないと厳しい。

今回も出走馬の上りかかるレースや4角ポジションでの成績を見てみます(・∀・)

函館記念比較

トップ評価はグランデッツァ、アドマイヤタイシ、サクラアルディートの3頭。

グランデッツァは前々走こそレコードで勝ってますが、2歳時には札幌2歳や皐月賞で前傾ラップの上りかかる展開で好走しており、前目にさえ付けれれば勝機十分でしょうか。4角5番手以内なら複勝率100%w

アドマイヤタイシは上りかかってこその馬w連対したレースは全て上り35秒以上のレース(^^ゞ
逆に上り35秒以下のレースでは【0・0・2・4】と3着まで。

サクラアルディートも前に付けれるか、もしくはマクっていけるかがカギ。4角5番手以内にいれば好走率がグッと上がるタイプw
若手のホープひっしーの手腕に期待がかかるw

他でもアンコやラブイズもポジショニング次第では圏内の可能性十分。
リルダ、ダーク、ナイトは斤量背負ってるだけに後方からではアウトでしょう。こちらも思い切って前にいけるかどうか。

てか逃げずに2~4番手に付けれた馬が好走するでしょうww

函館記念~攻略案①~

2014FIFAブラジルW杯はドイツの24年振り4回目の優勝で幕を閉じました
決勝戦にふさわしい良いゲームでしたね~延長後半まで0-0でしたがゴールのチャンスは何度もあって、
退屈な0-0とはわけが違うwそして4年前と同じくPKになる前に決勝ゴールが生まれる展開╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
あの一瞬だけアルゼンチンのDF陣は集中途切れましたね~そのわずかなスキを突いたシュルレのサイド突破、
そしてワンチャンスを生かしたゲッツェの華麗なボレーシュート(≧∀≦)♪

ドイツ
優勝
☆彡(ノ。・ω・)ノCongratulationsヽ(・ω・。ヽ)☆彡 


ただメッシがMVPってのはどうもしっくり来ない(^^ゞ


では函館記念の血統データへ

函館記念血統

函館開催の過去5回の血統データ

まず気になるとこではサンデー系の不振傾向
勝ち馬は去年のゴールドヘイローのみ。過去10年で見てもこの1勝だけw毎年2~3着には来てるので相手ではいいが軸には向かない感。

~~~追記~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

08年以降函館開催の5回
①父サンデー系 【1・2・3・30】
②父サンデー系の6歳以上 【0・0・2・22】


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


逆に狙い目はロベルト系やグレイソヴリン系(・∀・)
グレイソヴリン内包馬は過去5回で4勝、ロベルト内包馬はは3年連続連対中と要注意。

そしてここんとこ毎週のように出て来てるニジンスキーは今週も注目ですw
ニジンスキー内包馬は毎年3着圏内に来ており過去5回で3勝、3連覇したエリモハリアーも父ニジンスキー系でした(・∀・)
同じくリボーも毎年3着圏内に来ておりこちらも注目。他ではノーザンダンサー系を2代前までに持ってることが好走条件か。


では出走馬から注目馬をピックアップ☆彡

アスカクリチャン  (父ミスプロ系、母父ノーザンテースト系、ニジンスキー&リボー内包)

サクラアルディート (父ディープ、母父ニジンスキー系、グレイソヴリン内包)
シゲルササグリ   (父ブラックタキシード、母父ダンジグ系、リボー&ニジンスキー内包)
ナカヤマナイ ト  (父ステイゴールド、ニジンスキー&ノーザンテースト内包)
アドマイヤフライト (父マンカフェ、母父トニービン、リボー内包)



今年はやけにサンデー系が多いので困るww
サンデー系以外ではアスカクリチャンが最有力か。

サンデー系の中ではニジンスキーxリボーのササグリ、グレイソヴリン系内包のサクラとフライトが個人的には狙ってみたい(・∀・)

七夕賞~最終戦略~

まずは今日の福島芝の血統傾向(芝5鞍のうち1200m戦を除く3レースが対象)

7/12福島芝血統

芝2000mでは父サンデー系が独占wそしてノーザンテーストの好走率がすごい(^^ゞ
他ではミルリーフとグレイソヴリン系が目立つ感じか。

続いて福島芝2000mの騎手データ
                   単  連   複
吉田隼人  13-9-11-41  0.176 0.297 0.446
蛯名正義   7-4-3-20   0.206 0.324 0.412
柴田大知   7-4-2-13   0.269 0.423 0.500
大野拓弥   6-6-4-46   0.097 0.194 0.258
内田博幸   6-3-5-19   0.182 0.273 0.424

上位二人がいない中、トップ評価は柴田大知。なんといっても複勝率が5割というのが素晴らしい☆彡
率は悪いもののこのコースで数多く乗ってる大野も連対数では2番目。

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

12.5pt マイネルラクリマ
10.5pt マデイラ
  9 pt ダコール
  7 pt ラブリーデイ
       ダイワファルコン
 6.5pt アドマイヤブルー
  6 pt メイショウナルト
       ミキノバンジョー

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

  5 pt コスモバルバラ
 4.5pt ヴィクトリースター
       ニューダイナスティ

以下略

◎マデイラ
○マイネルラクリマ
▲メイショウナルト
★ラブリーデイ
△ダイワファルコン
△ミキノバンジョー
△ダコール
△グランデスバル


注オートドラゴン
  ニューダイナスティ


本命は現在11人気のマデイラ
本来ならマイネルラクリマですんなりなんでしょうがやはり荒れるハンデ戦を期待してここは思い切ってマデイラに◎
七夕賞のトレンドニジンスキーxミスプロ、母父サンデーなのも╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
相性のいい大野に乗り替わり、1800から得意の2000に変わるのも良しでしょう(・∀・)ただハンデは1キロ見込まれた感w

対抗はマイネルラクリマ
宝塚をパスしここに来たってことは確実に取りに来たという感じ。相性の良い福島2000mで鞍上が複勝率5割の大知ならまず圏内は外さない。
ただ58キロでは【0・1・1・2】と勝ち切れてないだけに何かに足元救われそう(^^ゞ

三番手は夏馬メイショウナルト
7~9月の成績は【3・4・0・2】と暑くなると調子を上げるタイプか。内枠を引いてべーやんが上手くさばいて来れば。
この人気なら妙味十分(・∀・)

★評価はラブリーデイ
血統的には一番好走条件に合ってるだけに外枠じゃなければ(>_<)w
ゆーががわざわざ乗りに来るし今日騎乗停止になったし勝ちに来る競馬をしてどこまで(^^ゞ

他では同舞台の福島記念2勝のダイワファルコンはデキが良ければ圏内十分。ただこの馬夏に弱そうw
最内から上手く乗れば一昨年の3着が光るミキノバンジョー
ラストは必ず差してくるも小回りだけに届かない可能性高いダコール
福島2戦2連対のグランデスバルまでは押えたい。

大穴ならオートドラゴン、
腹くくって最内でじっとして内から伸びて来れればニューダイナスティも怖い存在。ただキャプテン渡辺の本命ww

七夕賞~攻略案③~

W杯の決勝はドイツvsアルゼンチンとなりました(・∀・)

優勝経験国同士ですが両国とも優勝からは遠ざかっており、アルゼンチンは1986年以来、ドイツは西ドイツ時代の1990年大会以来の優勝を目指す(・∀・)
総合的にはドイツが優勢でしょう。アルゼンチンが勝つにはメッシ爆発に賭けるか今日みたいに守ってPKしかない気がするw

もうブラジルとオランダの3位決定戦は必要ないでしょ(^^ゞ

七夕賞~攻略案②~

いや~まさかの7-1でドイツ歴史的大勝というかブラジル歴史的大敗という準決勝(^^ゞ
オランダがスペインに圧勝したときのように、ブラジルはメンタルの弱さが出た感じですね~。

ネイマールとチアゴ・シウヴァがいなかったのも痛かったが、それ以上にドイツの強さがブラジルを上回ってたのもまた真なり(・∀・)
でも7-1はないわ~ww

明朝のオランダvsアルゼンチンはどんな試合になるか今から楽しみや(´艸`)ムププ
オイラの予想通り欧州決戦あるで!


では七夕賞へw

七夕賞ラップ

七夕賞グラフ

福島開催の過去5回のラップデータ

一昨年までは1000m60秒以上と平均からスローな流れで上りが1~2位が連対してたものの、開幕週となった去年は前半33秒台とアホみたいな流れw
それを4角1~2番手だった馬がワンツーとちょっと傾向が変わる可能性が(^^ゞ

まぁとりあえず先週のラジNIKEと同じような分析でいってみましょうかw

過去5回の連対馬はラジニケと同じように上り2位以内か4角5番手以内で共通。

ということで恒例の出走馬チェックw
上り35秒以上での成績と4角5番手以内の成績を芝1800~2000m限定で見てみます。

七夕賞ラップ比較

トップ評価はこのコースで重賞勝ちのある2頭(・∀・)
ラクリマは58キロが他馬との差でどうかだか自身は去年の福島記念で2着と克服は可能か。
ファルコンは休み明けだけにデキ次第w

血統で高評価だったマデイラとラブリーデイも上りのかかる展開で好走歴が多く期待が持てそう。
ただし速い上りがないだけに4角5番手以内が条件か。

ダコールは去年5着だったように上りは確実に使って追い込むも届かずの安定感ですかねww

七夕賞~攻略案①~

いよいよW杯も準決勝(・∀・)
なんと、予選の時にオイラが予想した4強がズバリ残りましたww

ここからは毎日5時起きで頑張りましょう(・∀・)決勝だけなぜ4時(苦笑)

スバリ決勝はドイツvsオランダの欧州対決!

では七夕賞の予想へ

七夕賞血統

過去5回福島開催の血統データ

キーポイントはミスプロxニジンスキー☆彡
ミスプロ内包馬は9/16、ニジンスキー内包馬は10/16と毎年連対馬を出してます。
そしてここにサンデー系を加えればもう鬼に金棒でしょうかww
まず軸はミスプロ&ニジンスキー内包馬から選ぶのがベター(・∀・)

ミスプロの影響からレイズアネイティヴにネイティヴダンサーも多いですね。さらにノーザンテーストも毎年1頭は圏内に来てます。
他ではボールドルーラー系にプリンスリーギフト、リボー内包に注目。

では注目馬をピックアップ☆彡

ラブリーデイ   (父キンカメ、母父ダンス、ニジンスキー&ノーザンテースト&レイズアネイティヴ内包)
マデイラ      (父クロフネ、母父サンデー、ミスプロ&ニジンスキー&レイズアネイティヴ内包) 


メイショウナルト  (父ハーツクライ、母父サドラーズウェルズ、ニジンスキー内包)
ヴィクトリースター (父ディープ、母父カーリアン【ニジンスキー】)
ステラウインド   (父ロブロイ、ミスプロ&レイズアネイティヴ&リボー内包)
アドマイヤブルー (父キンカメ、母父フジキセキ、レイズアネイティヴ&ボールドルーラー系内包)
マイネルラクリマ (母父サンデー、ボールドルーラー&ノーザンテースト&リボー内包)
 


最注目はミスプロ&ニジンスキー内包の2頭(・∀・)
人気ならラブリーデイ、人気薄ならマデイラw
ハーツxニジンスキーのメイショウナルトも人気が落ちれば面白い。

ラジオNIKKEI賞~最終戦略~

W杯見過ぎでw時間がなくなったため今日は簡単に印だけ(^^ゞ

◎クラリティシチー
○ウインフェニックス
▲ブレイブリー
★ハドソンヤード

△ピオネロ
△ラリングクライ
△ミヤビジャスパー
△メドウヒルズ


注ウインマーレライ
  ショウナンワダチ


55キロならクラリティシチーで(・∀・)
対抗三番手は1800m戦得意な2頭へ。
★は先行して魅力ありそうなハドソンヤード。


オマケw
CBC賞
◎マコトワラタナ
○ブルーデジャブ
▲ベルカント
★トーホウアマポーラ
△スギノエンデバー
△スイートジュエリー
△ルナフォンターナ

ラジオNIKKEI賞~攻略案③~

祝!アクセス数20000突破!!ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

いつもお越しいただき(*´∀`)ノゞアリガトゴザイマス.。.・゚
これからもドォゾ(シ・ω・)シ ((o_ _)oョロシク

ラジオNIKKEI賞~攻略案②~

昨日からパソコンの調子が悪く非常に不便(*ノД`*)タハッ
急に速度が遅くなりやはったヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

週末はブログ書かけないかもしれませんがご了承ください

ラジオNIKKEI賞ラップ

ラジオNIKKEIラップグラフ

福島開催過去5回のラップデータ

平均~スローな感じで後傾ラップになりやすい。小回りなだけに連対馬は前行った馬が多いが上り34秒台を出せれば、
後方からでも差し切れる。

そしてハンデ戦ながら55キロ以上の馬が毎年連対。
ポイントとしては上り2位以内もしくは4角2番手以内というのが共通項。
斤量背負った馬は速い上りを出せるかどうか、早め先頭の競馬が出来るかどうかがカギ。

今年55キロ以上は4頭。

クラリティシチー
ピオネロ
ショウナンワダチ
ミヤビジャスパー


クラリティシチーは前走逃げ切り勝ち、それ以外では皐月賞を除き上り3位以内で好走してるので圏内有力候補。
ショウナンワダチはまず後方からになりそうですがこちらも速い上りを出せるので可能性アリ。

ミヤビジャスパーは上り3位以内が多いもののレースの上りが34秒台のものが多く
35秒以上の上りがかかる展開では【1・0・0・3】取りこぼしが多くやや不安。
ピオネロは中団~後方で上りも4位以下が多く割引。

注目馬はクラリティシチーショウナンワダチ

ラジオNIKKEI賞~攻略案①~

宝塚記念で春のGI戦線も終了し、本格的に夏競馬に(・∀・)
しかしW杯観戦の時差ボケと最近始めたパズドラのせいで競馬予想完全にサボってました(笑)

今週はブログはラジオNIKKEI賞のみでお送りしますw

ラジオNIKKEI3歳

福島開催のみの過去5回の血統データ

現在福島開催では父サンデー系が5連勝中☆彡

そして父&母父ではミスプロ系やサドラーズウェルズ、ニジンスキーなのどのノーザンダンサー系が目立ちます(・∀・)

他ではボールドルーラー系を筆頭にネヴァーベンド、プリンスリーギフト、ブラッシングブルームなどナスルーラ系が多く好走してますし、あとはロベルト系内包馬にも要注意。

では注目馬をピックアップ☆彡

ラディウス      (父マンカフェ、母父フォティーナイナー、ボールドネシアン&ブラッシングブルーム内包)
ウインマーレライ  (父マツリダゴッホ、母父フサイチペガサス、ボールドルーラー&ネヴァーベンド内包)
ハドソンヤード   (父マンカフェ、母父エルコンドルパサー、ノーザンテースト&ボールドネシアン&シアトルスルー内包)
カウニスクkッカ  (父マンカフェ、母父レイズアネイティヴ系、ボールドネシアン&ロベルト内包)
ラリングクライ   (父ハーツクライ、母父シアトルスルー系、ボールドネシアン&ミスプロ内包)


オウケンブラック (父アグネスデジタル、母父ノーザンダンサー系、レイズアネイティヴ&セクレタリアト内包)

個人的にはハドソンヤードに注目してます(・∀・)
GO TOP