根岸S~攻略案③~

今日はアジアカップの決勝戦。NHKBS1でしか放送ないとかテレ朝のダメっぷりクソw
スポンサーサイト

根岸S~攻略案②~

雪の影響で東京ダートは不良馬場。明日どこまで回復するか。

根岸S血統

過去5年の血統データ

ダート戦でもサンデー系の出番の模様wここ2年は父サンデー系が1~3着独占で現在4連勝中。
とりあえず父サンデー系は押えておくべきかw

ミスプロ系も毎年3着圏内を出しており注目だが01年以降稍重~不良では父ミスプロ系【0・0・0・15】と馬場が渋ったらイランかもwwサンデー系も同条件では【0・0・1・4】と連対ないだけに馬場次第では要らん可能性も(^^ゞ

他では過去5年で4勝、3着3回のニジンスキー、同じく4勝のネイティヴダンサー、毎年3着圏内に来てるプリンスキロ内包は要注意。

東京ダート1400m種牡馬成績(12~14年)
東京ダ1400

トップ3はやはりサンデー系。ただし良馬場に限るw

では注目馬をピックアップ☆彡

シルクフォーチュン  (父ゴールドアリュール、プリンスキロ&ニジンスキー&ボールドルーラー&ネイティヴダンサー内包)
ワイドバッハ      (父アジュディケーティング、母父スキャン、ボールドルーラー&プリンスキロ&ニジンスキー&ネイティヴダンサー内包)
ゴールスキー     (父ネオユニ、母父ヌレイエフ、ニジンスキー&ネイティヴダンサー内包)
サトノプリンシパル  (父バーナーディニ、母父ヌレイエフ、ミスプロ&ボールドルーラー&ネイティヴダンサー内包)


良馬場ならシルクとゴールスキーのサンデー系、馬場が渋ってればワイドバッハの差し切りか大逃げサトノプリンシパルの逃げ残りw

根岸S~攻略案①~

mussyuさんとの初コラボ企画から早いもので1年経つんですね~(・∀・)
今年は自力での予想で的中目指しますw

根岸Sラップ

過去5年のラップデータ

一昨年だけ前後半差がなかったものの基本的には前傾ラップの流れ。
スタートがダートのため芝スタートの阪神や京都のダート1400mや東京ダ1600mと比べると
ペースは速くなりにくい。そのため顕著に出てるのが上りの速い馬の好走率の高さ。

過去5年上り2位以内の成績を見ると【5・1・4・3】と現在5連勝中と圧倒的な数字w
現在の日程になった02年以降で見ても毎年上り2位の馬が連対しており狙いは上り速い馬というのが基本。

そして上り速い馬が優勢ながらコース的には先行馬が有利なのもあり、毎年初角5番手以内の馬が3着以内に来てる。
02年以降で絡まなかったのは04年の1回のみ。


ただ逃げ馬は【1・1・0・10】と不振w逃げ切ったのはメイショウボーラーのみで2着も不良馬場のタイセイファントム。
2~5番手あたりで長くいい脚を使える馬も押えておきたいところ。


注目点としては
①上り35秒5以下経験
②東京ダート1400m成績
③前半35秒以上のレースで1着


シルクロードS~攻略案③~

雪結構降りましたね~東京は金曜の夜間発売中止だとか(^^ゞ

今週から新たに過去5年のデータでも絞ってみます(・∀・)

★前走4角10番手以下 【0・0・0・17】

★前走480キロ未満の牡馬 【0・0・0・12】

★前走4角7番手以下の父サンデー系 【0・0・0・10】

★前走0.3秒差以上負けてる父ノーザンダンサー系 【0・0・0・10】

★前走490キロ未満の父ミスプロ系 【0・0・0・10】

★前走上り33.5秒以上の父ミスプロ系 【0・0・0・11】

★前走馬体重480キロ以下(牝馬470キロ以下)の母父ミスプロ系 【0・0・0・6】

★前走上り1位 【0・0・0・6】

★54キロ以下 【0・0・4・25】


☆前走4角6番手以内で1人気で1着 【3・1・0・0】

シルクロードS~攻略案②~

川崎記念はホッコータルマエが連覇達成でしたね(・∀・)
フェブラリーSには出てくるのかな?

シルクロードS血統

過去5年の血統データ

目立つのは母父ノーザンダンサー系とミスプロ系の固め打ちwここ2年は5/6が母父ミスプロ系、その前が母父ノーザンダンサー系が1~3着独占と短距離重賞で強い血統が出てますが、
父はサンデー系が過去5年で3勝と好走してるのが京都1200mの特徴といったところか。
しかもフジキセキとマンカフェ産駒だけというw

母父で好走してるミスプロ系ですが父となるとカナロア1頭だけ。
父ミスプロ系(キングマンボ系を除く)に限ると過去5年で【0・0・0・14】と全滅w(1~3人気は3頭)
さらに母父サンデー系も【0・0・0・12】と全滅ww
さらにさらに父ノーザンダンサー系は前走好走馬が3着圏内に来ており
前走0.3秒差以上負けてる父ノーザンダンサー系は【0・0・0・10】と全滅ww

今年は出走出来そうな馬の中に父ミスプロ系が大挙出走予定(^^ゞ
上位人気必至のアンバルブライベンにエイシンブルズアイが該当しておりデータがハマるのか壊れるのか興味津々(笑)

他では現在4連勝中のボールドルーラー系内包馬、2勝、2着2回のニジンスキー内包馬には要注意。

京都芝1200m種牡馬成績(12~14年)
京都芝1200m

ワンツーはシルクロードSの傾向とマッチしそう(・∀・)
しかしながら率はミスプロ系のムーンとストーミングが良いというwさてどちらを取るか(苦笑)


では注目馬をピックアップ☆彡

スギノエンデバー (父バクシンオー、母父ブライアンズタイム、ボールドルーラー&ナスルーラ&リボー内包)
ベルカント      (父バクシンオー、母父ボストンハーバー、ナスルーラ&ボールドリーズニング内包)
ベステゲシェンク  (父ディープ、母父スヴァニアコピー【ミスプロ】、リボー&ボールドリーズニング内包)
ニザエモン     (父フジキセキ、母父スターマン【リボー】、ボールドビダー内包)


父ミスプロ系の好走条件
①馬体重前走490キロ以上
    or
②前走上り1位


カオスモス     (父マイネルラヴ、母父ファルブラヴ、サンデー&ボールドルーラー&ニジンスキー内包)
ワキノブレイブ   (父マイネルラヴ、母父ブライアンズタイム、ボールドルーラー&リボー内包)


最注目馬
カオスモス
京都芝1200m 【 初 】
過去上り最速33.0 1着 (上り33秒前半は1回)
芝1200m後傾ラップ  【1・0・0・0】(芝1400m以上 【1・1・2・3】)
芝1200m前半34秒台 【0・0・1・0】


父ミスプロ系はカナロアが1頭来ただけで不振傾向だが母父ノーザンダンサー系にボールドルーラー内包と
好走の要素も揃っており、さらにサンデーの血も入ってるということでデータ壊すならこの馬か。
坂路調教で超抜時計を出すことで有名だがなかなか1200m戦に出てこずw
2歳時以来のスプリント戦にワクワクが止まらない(・∀・)

そこそこ人気になるもなかなか結果が出ない同馬だが実は芝1400m以下に限れば【2・1・3・0】と馬券圏内を外してないのである。
3歳時にマイル路線で好走してしまったばっかりにずっとマイルを使われて来たが実はマイルは長い可能性が高いのでは?
注目すべきは3走前の白秋S。36.0-33.4のスローからの上り勝負を5番手で追走し直線は前がなかなか開かない中、
狭いところを強引に抜けて来て上り33.0で差し切った。
3歳時は先行して粘るという印象だったがスローでキレ味ある末脚も繰り出せる新たな面を見せた。

続くオーロCでは34.2-34.7のやや速い流れを中団で運び直線半ばで先頭に立ってそのまま押し切るかと思いきや
大外から突っ込んで来たダノンプログラマーに交わされクビ差の2着。
しかしこれはカオスモス56キロに対しダノンプログラマー53キロという斤量差がデカい。1、3~4着が4角二桁ポジからの
追い込みだったのに対し、56キロで6番手から33.9なら悪くない。

前走はなぜかダートに出てきたが参考外でw
スプリント戦は未知数だが京都芝1200mという舞台でハマる可能性は十分あると思う(・∀・)
ただ56キロかやや不安材料ではあるが、この馬は馬格があるのでエイシンブルズアイよりは大丈夫だと思う。
あとは他馬との差がどう出るか。

騎手が決まってないっぽいので出走してくるがわからないけどぜひ出てきてもらいたい1頭。

シルクロード~攻略案①~

シルクロードSラップ
シルクロードSグラフ

過去5年のラップデータ

過去5年全て前半34秒台と1200m戦にしてはペースが上がらないのが特徴。
12年以外は後傾ラップで上り1位も3勝と先行有利だが最後までしっかりと脚を延ばせるかがポイント。

内枠の馬が逃げた場合は後傾ラップになりやすく、外から逃げた場合ペースが速くなる可能性も考えておきたい。
が、前哨戦の淀短も去年の京阪杯もアンバルブライベンがすんなり先手を取って34秒後半で逃げておりペースが速くなる可能性は低いはず(^^ゞ

今回注目するポントは
①京都芝1200m実績
⇒単純に同舞台での成績に加え、4角5番手以内で好走してるかどうかが人気薄を狙うポイント。

②短距離戦で上り33秒前後で好走歴があるかどうか。
⇒前半ペースが速くならないのならやはり上りが使えるかどうかがキーポイント。

③後傾ラップでの好走歴
⇒1200mの後傾ラップでどれだけ好走してるかは押えたいところ。

では出走馬を何頭かピックアップして見てみましょう(・∀・)

AJCC~最終戦略~

京都牝馬Sは無理ゲーでしたね~あの3複の組み合わせは俺にはどうあがいても買えませんw

ここで明日も荒れるかも!?と思わずに地に足をつけて落ち着いて買いましょう(^^ゞ

まずは土曜の中山芝血統傾向
1/24中山芝

トニービンいいですね~あとはミスプロとほんのりサドラーのかほりw

ついで中山芝2000m重賞のみの騎手データ

蛯名  【4・1・3・14】
横山典 【4・1・0・13】


北村宏 【2・1・1・16】
田辺  【2・0・0・6】
後藤  【1・2・1・10】
ベリー 【1・1・0・1】

松岡  【0・2・1・17】
吉田豊 【0・1・5・10】
岩田  【0・0・2・2】
三浦  【0・0・1・6】
戸崎  【0・0・1・4】
柴田大 【0・0・0・6】
ブノワ  【0・0・0・1】

人気でのエビちゃん、人気薄でものノリw

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

10.5pt ゴールドシップ
       エアソミュール
 10 pt フェイムゲーム
  8 pt ショウナンラグーン
 7.5pt クリールカイザー
  7 pt マイネルディーン
 6.5pt フラガラッハ
  6 pt マイネルメダリスト
  5 pt ミトラ
       セイクリッドバレー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 4.5pt ディサイファ
       ダークシャドウ
 3.5pt オーシャンブルー
       マイネルフロスト
  3 pt ユニバーサルバンク

以下略

◎ゴールドシップ
○エアソミュール
▲フラガハッラ
★クリールカイザー
△ダークシャドウ
△ショウナンラグーン
△フェイムゲーム


本命は言わずもがなのゴールドシップでw

対抗はトニービン内包からエアソミュール。
折り合えばゴルシに迫る可能性も。

三番手に穴の期待のフラガラッハ
母父トニービンで去年5着。ゴルシが捲って前を掃除すればw

★はクリールカイザー
前走4角5番手で上り2位を記録。これがAJCCでは大きな武器になるはず。

他では内枠のベリーにもう一回騙されるつもりでダークシャドウ
こちらも前がつぶれたときの漁夫の利追い込みのショウナンラグーン
嫌々でフェイムゲームまでw


オマケの東海Sw

◎ナムラビクター
○コパノリッキー
▲インカンテーション
★ソロル
△ランウェイワルツ


まぁ堅いでしょうw

京都牝馬S~最終戦略~

とりあえず京都の芝は良馬場に回復した模様。
パンパンではなさそうだがある程度時計勝負にはなりそう。

京都芝1600m重賞のみの騎手データ

岩田  【9・3・4・26】
浜中  【7・0・1・22】
武豊  【5・3・3・20】


福永  【1・6・8・21】
川田  【1・1・2・25】
蛯名  【0・2・0・4】
内田博 【0・1・0・5】
Cデム 【0・0・1・1】
バルジュ 【0・0・0・2】

松山  【0・0・0・7】
四位  【0・1・1・25】
川島  【0・0・0・12】


トップ3は人気薄過ぎて手が出しづらい(苦笑)
ここは勝ち鞍こそしょぼいがw複勝率ならヒケを取らないユーイチか。

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

10.5pt ウリウリ
  7 pt ベルルミエール
       メイショウスザンナ
 6.5pt パワースポット
       レーヴデトワール
  6 pt キャトルフィーユ
 5.5pt リアルヴィーナス
  5 pt アロマティコ
       ダンスアミーガ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 4.5pt マコトブリジャール
  4 pt クッカーニャ
       レイカーラ

以下略

◎ウリウリ
○ベルルミエール
▲キャトルフィーユ
★ダンスアミーガ
△メイショウスザンナ
△アロマティコ
△パワースポット
△レーヴデトワール


内枠引けば鉄板だっただけに外枠がどうかだが本命はウリウリで仕方なし(^^ゞ
ユーイチでも外回して普通に乗れば3着には来るでしょうw

対抗は前に行けるベルルミエール
まだ内の先行有利とみて前に行く馬ならこの馬が最上位とみる。不安は騎手だけw

3番手はディープ産駒のキャトルフィーユ
スローになったらアウトくさいがデータ的には外せない1頭なのでこれ以上評価は下げない。

★評価にダンスアミーガ
デムーロ配置で勝負気配も休み明けで京都実績がないバクシンオー産駒ということで穴なら面白かったが
2人気ではうま味がないw

他ではデータからメイショウスザンナ
実績最上位のアロマティコ
馬場が思ったより渋ってればパワースポット
ピンかパーのレーヴデトワールを嫌々押えるw

AJCC~攻略案②~

日本vsUAEは1-1からのPK戦の末、日本は敗退(^^ゞ
5大会ぶりに準々決勝で負けるというディフェンディングチャンピオンなのに体たらくな結果にw

まぁそもそもがW杯で惨敗したメンバーを主力にしてアジアカップに臨んだ時点でズレてる。
ダメだったメンバーでアジアカップ優勝したところで進歩などない。
負けて一から出直した方がよっぽどいいのでこの負けは結果オーライでしょう(・∀・)

UAE戦に関しては相変わらずの裏取られるDF陣の進歩のなさで先制点を奪われ、
何十回とゴールチャンスあったのに結局は柴崎のシンプルなポストに当ててダイレクトシュートで決めた1点のみ。
いつまでたっても調子の上がらない香川はこちょこちょ持ってシュート打たないわ、打っても枠に行かないわw

武藤は思い切りがいいと言えば良く聞こえるが初戦大学生に毛が生えたレベルの技術ではラッキーゴールしか生まれないw
ヘッドが持ち味の豊田はヘッドで決めるチャンスを全く生かせず。
そもそも前半動きの良かった乾を早々と変えたのが凡ミス。

90分で決められる試合を延長にし、延長で決めれる試合をPKにした時点で勝っちゃいけない試合ww

後半から動きが悪くなるでお馴染みの本田はもうPK戦のときには余力なし。
香川は10番背負ってるのに6番目で出てくる時点で察しww

ここ一番できっちりPK決めて外した選手を笑顔でむかえにいける長谷部のキャプテンシーだけが褒められる試合でした。

一番テンションあがったのはUAEオマルのPKでしょ(笑)あれはスゴイww

京都牝馬S~攻略案③~

今日はアジアカップ準々決勝ですがここは楽に勝って次のオーストラリア戦を見たいですね(・∀・)

AJCC~攻略案②~

AJCCラップ

過去5年のラップデータ

13年こそ前半速かったものの基本的には向こう正面までは上りになってるのでゆったりペースになりがち。
中盤のペースにばらつきはあるものの、3コーナー手前からペースが上りラスト1Fで失速。
去年は前後半あまり差がなく上り4位以下が1~2着とマクリ合戦の持続力戦(^^ゞ


連対馬の4角ポジションを見ると全馬7番手以内、10頭中8頭は4番手以内と後方一気は厳しいところ。
先行力か3コーナーから捲って行ける機動力が欲しいところ。

中山開催の19回で

4角5番手以内で上り3位以内 【11・6・7・2】(着外2回はともに4着)
4角5番手以内で上り2位以内 【7・6・4・0】


前に行ってきっちり上がって来れる馬が鉄板ですなw
ちなみに4角10番手以下は【0・0・1・49】と4角1桁ポジションはキープしたい。

京都牝馬S~攻略案②~

雨やみませんね~土曜の京都は多少馬場渋りそうな気配(^^ゞ
前に行く馬にちょっと注意したい。

京都牝馬Sラップ
京都牝馬Sラップグラフ

過去5年のラップデータ

過去5回全て後傾ラップ、4回はラスト2ハロン最速の上り勝負。
上り最速が4勝で残り1回も2位同士のワンツー、過去5年の上り1~2位は【5・2・0・4】
上りの速い馬から軸をチョイスしましょうw

というこうとで今回は過去1年以内でラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップがあったレースで上り2位以内の好走歴があった馬をピックアップ☆彡

ダンスアミーガ
(長岡S1着 12.4-10.6-11.5-11.6-11.7-11.9-10.7-12.0)【上り】

イリュミナンス
(糺の森特別1着 12.3-11.1-11.2-12-11.9-11.8-12.2-11.1-11.5)【上り2位】

ウリウリ
(京都牝馬S1着 12.5-11.1-11.5-12-11.8-11.8-11.1-11.2)【上り1位】

パワースポット
(紅葉S1着 12.4-11.5-11.5-11.8-11.6-11.0-11.6-12.2)【上り1位】

レーヴデトワール
(紫苑S1着 12.8-11.2-11.9-12.3-13.1-13.2-13.0-11.5-11.1-13.2)【上り1位】

この5頭から圏内1頭は出るはずww

東海S~攻略案①~

東海Sもちょろっと予想してみましょうw

去年のチャンピオンズCの予想が良い感じだったのでそれを利用(笑)
チャンピオンズC~攻略案①~

結局チャンピオンズCも4角4番手で上り4位のナムラビクターが2着となりました。
これで「4角4番手以内で上り5位以内は【12・6・2・0】」

今回も先行して上りの使える馬をチョイスすればねw

さて今回はここからさらに掘り下げて行こうかと思います(・∀・)
まずはこの鉄板データ圏内20頭の前走のコースを見てみると・・

中京ダ18コース1

ついにくぅ~データーにもターゲットがやってまいりましたゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
今まで手動で頑張ってましたがこれからは文明の利器を駆使していきます(笑)

関西圏の競馬場が多いのと同じ左回りの東京、中京、新潟はありますね。
でお気づきの方もいらっしゃることでしょうw
前走中山がいないというのが注目ですね(・∀・)

そこで12年以降の中京ダート1800m戦の全レースの前走コース別成績を見てみると

中京ダ18コース

前走中山の成績が抜けて悪い(^^ゞ
さらにクラス別で見てみると

中京ダ18コース中山

1000万~重賞クラスで見ると連対馬はいませんでしたw
一昨年の東海Sで1人気のタルマエでも3着まで。

これはちょっと前走中山組は買いづらいですね~(^^ゞなんかしらの要因があるんでしょうねw



そして最後に今回のキーホース、コパノリッキーの気になるデータを発見(・∀・)

「前走地方で4角先頭だった馬は【0・0・0・16】」と全圏外w

果たして!?

AJCC~攻略案①~

今場所も白鵬の優勝がほぼ決まった感で他の横綱大関陣の体たらくがひどいですなw
大関は3回負け越したら陥落にすればいいのにね。

AJCC血統

過去5年の血統データ
サンデー系の好走も多いですがなんといっても注目はトニービン内包馬でしょう(・∀・)
過去5年で3勝、3着3回と毎年1頭は3着以内に来てます。
今年はトニービン内包が4頭がエントリー。ゴールドシップからこの4頭に流せば当たるんじゃね?ww

あとはノーザンダンサー系、中でもニジンスキーとノーザンテーストが良い。
ボールドルーラー系内包も毎年3着圏内に来ており要注意。

中山芝2000m種牡馬成績(12~14年)
              着別度数        勝率    連対率   複勝率
ディープインパクト  12- 11- 16- 68/107  11.2%    21.5%    36.4%
キングカメハメハ   11- 7- 11- 66/ 95   11.6%    18.9%    30.5%
ハーツクライ       9- 10- 13- 50/ 82  11.0%    23.2%    39.0%
シンボリクリスエス   8- 8- 5- 57/ 78    10.3%    20.5%    26.9%
メイショウサムソン   7- 1- 3- 24/ 35    20.0%    22.9%    31.4%


ディープ、キンカメ、ハーツの3強といったところか。
4~5位にシンクリとサムソンが入っているのは頭の片隅に置いておきたいところw

では注目馬をピックアップ☆彡

フェイムゲーム   (父ハーツ、母父リボー系、トニービン&ボールドネシアン&ノーザンテースト内包)
マイネルディーン  (父ダンス、母父トニービン、ニジンスキー&ノーザンテースト内包)
フラガラッハ     (父デュランダル、母父トニービン、ノーザンテースト内包)
ショウナンラグーン (父シンクリ、母父サンデー、ノーザンテースト&ボールドリーズニンク&パーソロン゙内包)
エアソミュール    (父ジャンポケ、母父サンデー、ボールドルーラー&リボー内包)


とりあえずサンデーにトニービンに注目(・∀・)
人気ならエアソとフェイム。穴ならゴルシが前やっつけてくれたときのラグーンとガラッハの追い込み一気w

京都牝馬S~攻略案①~

今回のドラマ楽しめそうなのはウロボロス、流星ワゴン、銭の戦争かな~(・∀・)
流星ワゴンは話の展開によっては飽きるかもしれんが(^^ゞ

あとはとりあえず様子見で見る感じw学校のカイダンは初回見てつまらなかったので2話目は見なかったww

では血統分析へ

京都牝馬S血統

過去5年の血統データ

1月の京都芝重賞を見るとサンデー系が強いのは明らかですがここでは圧倒というほどではない。
でも過去10年必ず父サンデー系が連対しており、やはり軸は父サンデー系でいくのがベスト(・∀・)

父ではサンデー系以外はミスプロとノーザンダンサー系で占めておりこれは1月の京都重賞で見ても、
今年のシンザン記念のグァンチャーレ(父ロベルト系)以外は過去5年全てでこの3系統しかいない。
それ以外の系統は割引か。穴人気しそうなダンスアミーガは血統的にはマイナス(^^ゞ

さらに注目はヴァイスイリージェント内包の活躍が目立つとこ。
過去5回のうち4回で馬券圏内に来ており今年もウリウリには注目。

他では過去5年で
3勝のボールドルーラー内包馬、6連対のニジンスキー内包馬、現在3連勝中のネヴァーベンド内包馬
には注意が必要か。

京都芝1600m種牡馬成績(12~14年)

ディープインパクト 36- 39- 24-131 15.7% 32.6% 43.0%
ダイワメジャー  12- 7- 6- 86  10.8% 17.1% 22.5%
ハーツクライ   10- 8- 4- 82   9.6% 17.3% 21.2%
キングカメハメハ  8- 12- 11-104  5.9% 14.8% 23.0%
アグネスタキオン  8- 11- 8- 79  7.5% 17.9% 25.5%


ディープ圧勝wwとりあえずディープから買っときゃなんとかなる(笑)

ちなみに過去3年の京都芝マイル重賞で
「ディープ産駒の当日3人気以内の1~4枠 【5・5・0・1】」

ウリウリかキャトルフィーユが内枠入ったら全力買いww

では注目馬をピックアップ☆彡

ウリウリ      (父ディープ、母父フレンチデピュティ、ボールドルーラー内包)
リアルヴィーナス (父ネオユニ、母父ロックオブジブラルタル、ニジンスキー&ボールドラッド&ミスプロ内包)
パワースポット  (父スズカマンボ、母父パラダイスクリーク、ボールドルーラー&キングマンボニジンスキー内包)
レーヴデトワール (父ロブロイ、ミスプロ&ニジンスキー&ネヴァーベンド内包)
レイカーラ     (父キンカメ、母父カーリアン、ネヴァーベンド内包)


軸ならウリウリ、穴で面白そうなのはパワースポット(・∀・)

京成杯~最終戦略~

まずは土曜の中山芝血統傾向

1/17中山芝

グレイソブリンとロベルト感が出てますかね~。
先週爆発したサドラーは2頭とやや薄めw

続いて中山芝2000m重賞のみの騎手データ(06年以降)

川田   【4・1・1・7】
ベリー 【3・1・0・2】


横山典 【3・1・3・21】
蛯名  【3・1・1・22】
田中勝 【3・1・2・20】
内田博 【2・1・3・18】
柴田大 【2・0・2・6】
柴山  【1・0・1・3】

後藤  【0・3・3・19】
吉田豊 【0・4・0・15】
戸崎  【0・1・1・6】
三浦  【0・1・0・10】
和田  【0・1・0・3】
大野  【0・1・0・4】
ブノワ 【0・0・0・1】

ユーガとベリーは買うべきw

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

11.5pt ベルーフ
 11 pt ブラックバゴ
 9  pt バルビエール
 8.5pt ナスノセイカン
 7.5pt タケルラムセス
 6.5pt クラージュシチー
       クルーガー
  6 pt サディックメア
 5.5pt マイネルシュバリエ
  5 pt ソールインパクト
       ブライトバローズ
       ディアコンチェルト

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 4.5pt フォワードカフェ

以下略

◎ブラックバゴ
○ベルーフ
▲バルビエール
★ブライトバローズ

△クラージュシチー
△クルーガー
△タケルラムセス
△ディアコンチェルト
△ナスノセイカン


絞りきれん(苦笑)
 

日経新春杯~最終戦略~

まずは土曜の京都芝の血統傾向

1/17京都芝

父or母父にサンデー系は欲しい。そしてミスプロ感が出てる(・∀・)
あとは4レース中3レースで勝ってるニジンスキー内包馬には要注意。

続いて京都芝2400m重賞のみの騎手データ(06年以降)

池添  【4・0・0・9】(3人気以内【3・0・0・0】)
福永  【2・2・0・7】


北村友 【1・0・0・5】
岩田  【0・2・1・9】
武豊  【0・1・2・6】
浜中  【0・1・2・3】
小牧  【0・1・1・6】
四位  【0・1・1・8】
津村  【0・1・0・0】
酒井  【0・0・3・5】

幸   【0・0・1・12】
秋山  【0・0・0・7】


ゾエの人気馬の信頼度高しwそしてユタカ&岩田の成績がイマイチ(^^ゞ

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

 12 pt  サトノノブレス
11.5pt  トウシンモンステラ
 7.5pt  タマモベストプレイ
        アクションスター
  7 pt  ハギノハイブリッド
        フーラブライト
 6.5pt  ホーカーテンペスト
  6 pt  ダコール
 5.5pt  アドマイヤフライト 
        ビービートレイター

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 4.5pt  アドマイヤデウス
 3.5pt  コウエイオトメ

以下略

◎トウシンモンステラ
○ハギノハイブリッド
▲サトノノブレス
★アクションスター
△タマモベストプレイ
△フーラブライト
△ビービートレイター
△ホーカーテンペスト


注ダコール

時間ないので印だけ(^^ゞ

京成杯~攻略案③~

こじはる◎ソールインパクト
まいやん◎ベルーフ
ほそじゅん◎クラージュシチー
キャプテン◎クルーガー

日経新春杯~攻略案③~

去年重賞予想は106レース。ほぼほぼ重賞は全レース買った感w
全重賞予想するのは大変というので今年はレースを絞ろうかとも思ったが、
よくよく考えれば週に1~2レース、多くても3~4レース。

俺からすれば土日毎週午前中からレース予想して馬券買ってる人の方がすごいわw

ということで今年も重賞は全レース参戦する宣言(笑)
新たな武器も手に入れたしね(´艸`)ムププ

京成杯~攻略案②~

疲れが抜けずw
時間も足りないので画像だけ載せて来年への申し送りw

京成杯~攻略案①~

狙ってたトウシンモンステラとベルーフがともに大外とか嫌がらせとしか思えない(苦笑)

京成杯血統

過去5年の血統データ

もうお馴染みのフレーズですがwサンデー系が強い感じで現在父サンデー系4連勝中。
過去10年で父サンデー系が連対しなかったのは10年の1回のみ。軸は父サンデー系から行きたいところ。

そしてもう1つの注目はノーザンテースト内包馬。
過去5年で3勝、2着1回、3着3回と抜群の相性(・∀・)ノーザンテースト内包のサンデー系に注目。

他ではミスプロ系、ナスルーラ系が良い感じ。

中山芝2000m種牡馬成績(09年以降)

キングカメハメハ  20-14-17-106 0.127 0.217 0.325
ディープインパクト 17-14-18-90 0.122 0.223 0.353
ハーツクライ    11-17-19-66  0.097 0.248 0.416
ステイゴールド   10-13-13-133 0.059 0.136 0.213
シンボリクリスエス 10-9-10-92 0.083 0.157 0.240
ゼンノロブロイ   10-6-7-73  0.104 0.167 0.240


勝ち鞍トップはキンカメも率ではディープとハーツに分がある感。

ハービンジャー 3-2-1-6 0.250 0.417 0.500

そして新種牡馬ハービンジャーが悪くない(・∀・)


では注目馬をピックアップ☆彡

ブラックバゴ    (父バゴ、母父ステイ、ノーザンテースト&ヌレイエフ&ミスプロ&ナスルーラ&ボールドルーラー内包)
ベルーフ      (父ハービンジャー、父サンデー、ノーザンテースト&プリンスリーギフト内包)
ディアコンチェルト (父サムライハート、トニービン&ノーザンテースト&サドラーズウェルズ&ミスプロ&ボールドルーラー内包)
ダノンリバティ   (父キンカメ、母父エリシオ、サンデー&ノーザンテースト&ヌレイエフ内包)


サンデー系にノーザンテースト内包の馬をピックアップ☆彡
人気になりそうなバゴとベルーフは父サンデー系じゃないだけに2~3着のイメージw
最大の惑星は先週祭り開催したサドラーも内包してるディアコンチェルト(・∀・)

日経新春杯~攻略案②~

「残念な夫」と「○○妻」が同じ時間帯とかバチバチ過ぎるww

日経新春杯血統

では日経新春杯の血統分析(・∀・)
過去5年の血統データ

サンデー系が強いという以外はあまりこれといった傾向が見当たらない(苦笑)過去3年では1~3着は父or母父サンデー系が独占中。
キンカメが3頭来てますがGIで好走するような実力馬3頭なのでただ単に強かった説濃厚(笑)

そして注目はナスルーラ系が強い感。トニービン内包が3勝で現在連勝中。
ミルリーフやナスルーラを5代前までに内包してる馬も含めると10連勝中w
ナスルーラ系内包馬には要注意。

他ではヌレイエフ、リボー、ボールドルーラー、バックパサーなどが良い感じ。

では注目馬をピックアップ☆彡

サトノノブレス    (父ディープ、母父トニービン、ボールドルーラー&ノーザンダンサー&ハイペリオン内包)
アドマイヤデウス  (父アドマイヤドン、母父サンデー、トニービン&ノーザンダンサー&バックパサー内包)
タマモベストプレイ (父フジキセキ、母父ノーザンテースト、ナスルーラ&ファイントップ内包)
ダコール       (父ディープ、母父ミスプロ系、リファール&グレイソヴリン&インリアリティ内包)
トウシンモンステラ (父キンカメ、母父サンデー、ノーザンダンサー&ミルリーフ&ヌレイエフ内包)
アドマイヤフライト  (父マンカフェ、母父トニービン&リボー&ボールドルーラー&ハイペリオン内包)


ひとまずサンデー系にナスルーラ系を拾ってみた。
リピーターで去年の1~2着のノノブレスにフライト、同舞台京都大賞典2着のタマモが実績的には上位か。
明け4歳のアドマイヤデウス、上り馬トウシンモンステラあたりも人気次第では面白い(・∀・)

日経新春杯~攻略案①~

日経新春杯の最大の注目点は上り最速馬の成績

00年以降【9・4・3・1】

着外1頭も4着とほぼパーフェクトw過去15年でこの成績はすばらしい(^^ゞ

ではデータから上り最速馬の共通項を探ってみましょう(・∀・)

対象は上り最速馬で3着以内に来た16頭

①斤量54キロ以上    ・・15/16
②5歳以下         ・・14/16
③前走3着以内      ・・13/16
④中6週以内        ・・15/16
⑤前3走内に上り2位以内・・15/16
⑥前走1800m以上   ・・16/16
⑦重賞経験有       ・・15/16


今年の登録馬で6つ全てを満たすのは残念ながらいない(^^ゞ5つ該当が
トウシンモンステラ (×中11週)
ホーカーテンペスト (×6歳)


の3頭。
さらに1頭ずつ見てみましょう。

中6週以上で上り最速を出したのはシルクフェイマスのみ。同じく中11週、前走京都2400m1着と似た感じw
トウシンモンステラ有力(・∀・)

6歳以上で上り最速を出したのはマーベラスタイマー、ステイゴールド2頭。
マーベラスとステゴは前走GⅡとGIでそれぞれ重賞勝ちとGI連対実績があった。
ホーカーテンペストは前走条件戦で重賞実績もなくやや厳しい感じ。

前走条件戦の馬は当日上位人気に支持されないと好走してないのでトウシンモンステラは人気に注目☆彡
そして内枠が条件w

フェアリーS~最終戦略~

0時過ぎに帰宅して明日は朝4時起きということで寝ずに暇潰しすることにw
まずはフェアリーSの予想から(笑)

土日の中山芝血統傾向
1/10中山芝

芝1600m以上が6鞍ありましたが実に5レースでサドラーズウェルズ内包馬が圏内に来るというサドラー祭り開催中ww
うち2レースはワンツーとどうやら先週までの時計の出る馬場からやや変わりつつあるかも。
先週猛威を振るったキングマンボ系はやや失速、変わってノーザンダンサー系が土曜は好走多く、
特に前述のサドラーとニジンスキーあたりが出現率高い感じですかね。

次いで中山芝マイル重賞のみの騎手データ(06年以降)

横山典 【5・4・1・19】

蛯名  【1・4・3・19】
田中勝 【1・2・1・26】
戸崎  【2・0・0・5】
勝浦  【1・0・0・19】
三浦  【1・0・0・17】
北村宏 【0・4・2・25】
吉田隼 【0・1・2・16】
田辺  【0・1・1・12】
ブノワ 【0・1・0・0】
柴山  【0・0・0・9】
北村友 【0・0・0・4】
丸山  【0・0・0・5】
大野  【0・0・0・1】
Cデム 【  初  】

ノリ独り勝ちw

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

 11 pt エヴァンジル
10.5pt テンダリーヴォイス
 10 pt トーセンラーク
 7.5pt マラケシュ
  6 pt アドマイヤピンク
 5.5pt カービングパス
       ノットフォーマル
       コートシャルマン

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

 5 pt ローデット
4.5pt トラストレイカ
 4 pt ヤマタケマツリ
      ギンザヴィクトリア

以下略

◎エヴァンジル
○カービングパス
▲テンダリーヴォイス
★ローデット
△マラケシュ
△トーセンラーク
△アドマイヤピンク
△メイショウメイゲツ


注ノットフォーマル
  ギンザヴィクトリア


今回の重要視したポイントとしては
★血統からサンデー系にノーザンダンサー系の組み合わせ。サドラー内包馬。
★ハイペースになると読んでましたがどうやらマラケシュが逃げそうとみてペースが落ち着く可能性高いと変更
 ①マイル以上で上り2位以内で好走してた馬
 ②前走4角5番手以内から好走
★過去6回必ず3着以内に前走牡馬混合戦の馬が1頭は来ている点

正直4頭は優劣つけにくい感じ(^^ゞ
そんな中で本命はエヴァンジル
父サンデー系x母父ノーザンダンサー系で前走中山で1人気で勝ってる点を評価。
新馬戦も上り最速を記録しておりスローからの決めて勝負になれば上位争い必至とみる。

対抗はカービングパス
こちらは勝ち切れなさそうだが2~3着は堅そうなイメージ。土曜にハービンジャー産駒が好走しており、
今の中山の馬場が合いそうな気配。前走休み明けで4角5番手から上り最速で差のない3着で今回も好走可能なはず。

3番手はテンダリーヴォイス
最内からスムーズに運べれば逆転まであるのはこちらか。
スローの切れ味勝負なら分があるので好枠をうまく生かせるかヒロシーの腕次第wただ馬格がないのでその辺が中山でどうか。

★評価はローデッド
こちらもディープ産駒で前走は好時計で勝ち上がり。そして牡馬混合戦という点がいい(・∀・)
とにもかくにも8枠という点だけが残念(^^ゞ今年まだ未勝利の戸崎の奮起に期待w

この4頭のうち2頭は来てほしいところww

他ではサドラー祭りに乗っかり逃げ残りを期待したいマラケシュ
大外じゃなければ実力最右翼のトーセンラーク
前走牡馬混合戦で好走したアドマイヤピンク
サッカーファンなら気付くサインがあるメイショウメイゲツまでは押えたい。

シンザン記念~最終戦略~

ん~なんだか気分が乗らないレースですね~(苦笑)

今日の京都芝はやはりサンデー系&内枠優勢な傾向で先週と変わらない感じで良さそう。

京都芝1600m重賞のみの騎手データ

岩田  【9・3・4・25】
浜中  【7・0・1・21】


武豊  【4・3・3・20】
和田  【2・5・2・30】
福永  【1・6・7・21】
川田  【1・1・2・24】

Cデム 【0・0・1・0】
戸崎  【0・0・0・1】
四位  【0・0・1・25】

血統&ラップ&消去データをポイント化した順位は、

 8 pt ナヴィオン
      ダッシングブレイズ
 7 pt サトノフラム
6.5pt レンイングランド
5.5pt メイショウマサカゼ
4.5pt ロードフェリーチェ
 4 pt グァンチャーレ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

2.5pt クイーンズターフ
      ヤマニンマンドール
 以下略

◎サトノフラム
○ダッシングブレイズ
▲ナヴィオン
★レンイングランド
△メイショウマサカゼ
△ヤマニンマンドール
△ロードフェリーチェ


本命はサトノフラム
正直どの馬も決め手に欠けて推しづらいw
内枠のサンデー系ということでこの馬が人気的にもおいしいかなと(^^ゞ

対抗はダッシングブレイズ
連軸という点ではこの馬が一番無難かも。非サンデー系で外枠ということで差し届かずの可能性も高いとみて2番手。

3番手はナヴィオン
ホントはもうちょい評価しただったんですが結局他の馬がいま一つなのでなんだかんだで2~3着には来るんじゃないと(笑)

短距離実績しかなく非サンデー系のレンイングランドはあまり買いたくないが内枠の先行馬ということで嫌々の押えw

あとはGIで先行したメイショウマサカゼ、
京都マイルの岩田は押えるヤマニンマンドール、
馬は良さそうだが四位の外枠で軽視のロードフェリーチェまで。

フェアリーS~攻略案③~

高校サッカーの決勝は星稜vs前橋育英になりましたね(・∀・)

去年の決勝であとわずかのとこで2-0を逆転され優勝を逃した星稜に、
準決の壁をようやく乗り越え初の決勝となる前橋育英。

どちらが勝っても初優勝。ここ数年は初優勝が続いており昔のような有力校ばかりに選手が集まることが少なくなり
全国各地の指導者のレベルが上がったことで全国制覇が狙える学校が多くなったのは非常にいいことですね╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

シンザン記念~攻略案③~

買いたい馬がいなくなったw

≪追記≫消去データを追加
GO TOP