スワンS~最終戦略~

スワンS

◎ベルルミエール
○フィエロ
▲サトノルパン
★オメガヴェンデッタ
△コパノリチャード
△ダイワマッジョーレ
△エーシントップ


本命はベルルミエール
京都芝1400mは3戦3勝、今年は全て重賞戦で10着、2着、14着、4着(0.2差)、3着と大きく負けた2戦はマイル戦。
1400以下では全て0.3差以内に好走しており短距離戦では安定感が出てきた。
前走で1分7秒台決着にも対応し京都の高速馬場でも大丈夫なはず。得意の舞台に変わりここは圏内の可能性高い。
現在7人気だがそんなおいしいわけはないw

対抗はフィエロ
去年3着、のちにマイルCSで2着と京都では【1・3・2・0】とこちらも舞台代わりはプラス。
鞍上もミルコに変わり強化となれば鉄板級w
ただ懸念材料としては安田記念好走馬んがこの秋不振なのと出遅れ常習のミルコで出遅れた場合この外枠は厳しいという点w

三番手はサトノルパン
折り合いに難がある同馬にとって最内は壁を作れるので吉と出そう。
マイルのイメージがあるが1400m以下で【3・1・1・1】と圏外はドン詰まった京王杯SCだけw
ドン詰まらなければ強烈な末脚炸裂する可能性大。

★評価はオメガヴェンデッタ
ダートでデビューして初勝利もダートだがその後芝で9戦して3勝、負けても全て0.2差以内という堅実派。
ここ3戦は先行して好走しており今の京都に向きそう。
鞍上に岩田を迎え母ビハインドザマスクの良血馬が重賞初制覇なるか?!

他ではGI実績があるのに人気のないコパノリチャードとダイワマッジョーレ。
過去5年逃げ馬が複勝率100%なのでエーシントップまで押える。


オマケのアルテミスSw

◎ウインファビラス
○メジャーエンブレム
▲マシェリガール
★カイザーバル
△クナウ
△ビービーバーレル
△デンコウアンジュ
スポンサーサイト

スワンS~攻略案②~

ソフトバンク日本一(◎ゝ∀・)ノ【*:+ぉめでとぉ+:*】

天皇賞・秋~攻略案③~

狙ってた馬が軒並み外枠でアカンことにw

スワンS~攻略案①~

過去5年の血統データ
スワンS血統

ここ2年は父サンデー系が1~3着独占、過去5年で見ても父か母父サンデー系が13/15。
短距離戦ながらサンデー系が強いレースとなってるのは頭に入れておきたいところ。
そして母父だとノーザンダンサー系が強く去年は1~3着独占と注目。
他ではボールドルーラー、リボー、ノーザンテースト内包が相性良い。

さらに詳しく見るとダート血統や凱旋門賞血統保持が毎年穴を開けている点にも注意したい。

14年  4人気サンライズメジャー(母父デピュティミニスター)
13年  8人気コパノリチャード  (母父トニービン)
    10人気サダムパテック   (母父エリシオ)
12年 6人気テイエムオオタカ  (父ホワイトマズル)
11年10人気レッドランサム    (父レッドランサム)
10年 9人気ショウナンアルバ  (父ウォーエンブレム)


京都ながら面白い傾向w穴狙いならこの辺に注目しておきたいところ。

推奨馬
ダイワマッジョーレ (父ダイワメジャー、母父ローソサイエティ、ノーザンテースト&ボールドルーラー内包)
フィエロ        (ディープ、母父デインヒル、リボー&ボールドルーラー内包)
サンライズメジャー (ダイワメジャー、母父デピュティミニスター、ノーザンテースト内包)
コパノリチャード   (父ダイワメジャー、母父トニービン、ノーザンテースト内包)


オメガヴェンデッタ (父ロブロイ、母父ホワイトマズル、ミスプロ&タイラント内包)
フミノムーン     (父アドマイヤムーン、母父サンダーガルチ、サンデー&ストームバード内包)
ベルルミエール   (父スウェプトオーヴァー、母父サンデー、ノーザンダンサー内包)


とりあえずリピーター4頭と穴っぽいところ3頭w
京都で実績のあるベルルミエールが一番面白い(・∀・)


過去5年のラップデータ
スワンSラップ

基本的にはペースは速くならずにスローになりやすい。過去5年前半は34~35秒台。
ということで前残りが目立ち、過去5年で逃げ馬は【2・2・1・0】と神(笑)
ただ上り最速も【1・1・3・4】と毎年3着圏内に1頭来ており逃げも差しも狙える難しい展開ww

圏内に来た馬を探って逃げ馬と上り最速馬のポイントを見つけてみましょう(・∀・)

逃げ馬のポイント
①前走逃げ切り勝ち
②過去に4角2番手以内で重賞勝ち実績


上り最速馬のポイント
①東京のマイル戦以下で上り33秒台走破実績かつ前走GⅡかGIで1秒以内差
②近3走とも上り2位以内


で今年の出走馬で該当するのは、

逃げ馬ポイント①が該当なし、②に該当するのは
エーシントップ  (シンザン記念)
アルビアーノ   (フラワーC)
コパノリチャード (スワンS他)


上り最速ポイント①に該当馬
ダイワマッジョーレ
ティーハーフ
フィエロ


②は該当なし。

逃げ馬候補3頭の中で先手を奪った馬は圏内の確率高しw
上り最速で圏内に来た馬は秋天同様馬体重の重い馬ばかりなのでフィエロが最有力。

アルテミスS~攻略案①~

アルテミスSはサクっといきますw

過去3年の血統データ
アルテミスS血統

1~2回は父サンデー系がワンツーも去年は2~3着にミスプロ系が来ており、この2系統が内包も含め最有力血統になりそう。
母父ではノーザンダンサー系、特にストームバード系が3頭絡んでおり注目。

他ではノーザンテースト、レイズアネイティヴ、東京マイルではお馴染みのボールドルーラー内包に要注意w

推奨馬
メジャーエンブレム (父ダイワメジャー、母父オペラハウス、ノーザンテースト内包)
カイザーバル    (父エンパイアメーカー、母父サンデー、レイズアネイティヴ&コーニッシュプリンス&ノーザンダンサー内包)
ウインファビラス  (父ステイ、母父アドマイヤコジーン、ミスプロ&ノーザンテースト&レイズアネイティヴ内包)
マシェリガール   (父トーセンファントム、母父ブライアンズタイム、トニービン&ノーザンテースト&リボー内包)
シープルメリア   (父ストリートセンス、母父アルザオ、レイズアネイティヴ&リボー&レビュアー内包)


過去3年の優勝馬は父サンデーx母父ノーザンダンサー系ということで今年該当するのはメジャーエンブレムのみw
人気でもここは外せないか。
ミスプロxサンデーのカイザーバルも有力だし、過去2頭の圏内馬を出してるステイゴールドのウインファビラスも良さそうで
今年の人気馬は適性ありw
穴では今年の2歳戦の注目血統として挙げたネオユニ系サンデーのトーセンファントム産駒マシェリガールか(・∀・)


過去5年のラップデータ
アルテミスSラップ

ペース的には速くもなく遅くもなくの平均ペースでお送りしてますw
ポイントとしてはラスト4ハロン目まではそんなにペースが上がらずでラスト3ハロンが11秒台が続く流れ。
過去の好走馬を見ても「ラスト3ハロンが11秒台のレースで好走」してた馬が結構来てる。

ポイント
★1400m以上で
①ラスト3ハロンが11秒台のレースで1着
②ラスト1ハロンが加速ラップor11秒前半で1着
(①②ともに0,2差以内でも可)


推奨馬
カイザーバル
ウインファビラス
クナウ
デンコウアンジュ

ウインクルサルーテ
メジャーエンブレム


ん~今年は人気馬が順当に来ちゃいそうな雰囲気ww
ただウインクルとメジャーは前半遅い流れでのものなので前半47秒前後の流れに対応出来るかがカギ。
人気ならカイザーバルとウインファビラスに信頼度。

こちらでの穴候補は前走前残りの展開を早めに動いて強引に差し切ったデンコウアンジュ
馬券圏内外してないのに人気にならないクナウか(・∀・)

天皇賞・秋~攻略案②~

過去5年のラップデータ
天皇賞秋ラップ

とにかく近年の秋天は上り重視でOKですねw
過去5年優勝馬は上り2位以内。上り最速馬は【3・1・2・0】とパーフェクト♪
お馴染みの上り最速馬を探すお仕事ですw

まずは過去5年の上り最速馬を見てみましょう

14年 1着スピルバーグ    前走毎日王冠上り33.2(2位)  506キロ
13年 1着ジャスタウェイ    前走毎日王冠上り32.7(1位) 496キロ
12年 1着エイシンフラッシュ 前走毎日王冠上り33.8(6位)  486キロ
12年 3着ルーラーシップ   前走宝塚記念上り35.4(3位)  514キロ
11年 3着ペルーサ       前走天皇賞・春上り36.1(8位) 520キロ
10年 2着ペルーサ       前走毎日王冠上り34.3(1位)  502キロ

まず全馬共通してる点として馬格があるというところに注目。480キロ以上が目安。
(上り最速馬に限らず連対馬10頭中9頭が470キロ以上となっており、ここ数年秋天は馬体重の重い馬が好走の条件)
そして前走で見ると毎日王冠組が優勢で前走で上り33秒台(前半がベスト)か上り最速を出してるというのが一つ。
3着の2頭はともに前走GIからの直行だがやはりローテ的に3着までといったところか。

ポイント
★馬体重480キロ以上
かつ
①前走毎日王冠で上り33秒前半で3位以内か上り最速
②前走GIで4角6番手以内だったGI連対馬


推奨馬
スピルバーグ    前走馬体重500キロ 毎日王冠上り33.3(3位)
トーセンスターダム 前走馬体重492キロ 毎日王冠上り33.4(4位)


傾向にバッチリ合うのはこの2頭だけwトーセンスターダムは除外濃厚なのでスピルバーグということになりますが(^^ゞ
ただ6歳というのが・・ここ5年の上り最速は全て5歳以下なのが引っかかる。

エイシンフラッシュのパターンまで広げるならば
イスラボニータ   前走馬体重480キロ 毎日王冠上り33.7(8位)
クラレント      前走馬体重498キロ 毎日王冠上り33.6(5位)
ディサイファ     前走馬体重500キロ 毎日王冠上り33.6(5位)


この3頭にもチャンスありそうですが秋天で上り最速だすイメージがww
イスラボニータが差しに回れば面白そうだが。

今年は別路線組から上り最速が出る可能性も。
別路線組で過去5年圏内に来た馬を見ると軒並み先行馬ということになってます。

京都大賞典で4角6番手から上り最速で勝ったラブリーデイ
穴っぽいところでは札幌記念でマクって上り3位にまとめたラストインパクト

この辺は圏内のチャンスありかなと。

天皇賞・秋~攻略案①~

過去5年の血統データ
天皇賞秋血統

好走ポイントとしてはやはり父サンデー系は外せないところ。他では3頭が圏内に来てるキングマンボ系を含め
ミスプロ内包が毎年のように馬券圏内へ。
さらに勝ち馬2頭に3着2頭を出してるトニービン内包。去年は3着のイスラボニータが来てるのでグレイソヴリンまで広げてみてもいいかも。
あとはノーザンテーストにハイペリオン内包馬にも注意が必要か。

そしてマイナスポイントとしては父ノーザンダンサー系、母父サンデー系がここ5年でまったく馬券になってないというところw
今年は父ノーザンダンサー系は父マルジュのサトノクラウンのみ。
父キンカメで母父ダンスのラブリーデイ、父ジャンポケで母父サンデーのダービーフィズが相性のいい父とマイナスの母父で
どっちに転ぶかが見物w

推奨馬
ワンアンドオンリー  (父ハーツクライ、トニービン&ミスプロ&リファール内包)
アンビシャス      (父ディープ、母父エルコン、リファール&シアトルスルー内包)
ダコール        (父ディープ、母父アンブライドルド、リファール&グレイソヴリン内包)
ペルーサ        (父ロブロイ、ミスプロ&ハイペリオン&リファール内包)
エイシンヒカリ     (父ディープ、母父スートムキャット、グレイソヴリン&ボールドルーラー内包)


ダービー馬の復活期待のワンアンドオンリー
出遅れなければのアンビシャス
折り合いついてリラックスして走れればのエイシンヒカリの3頭が狙い目かな(・∀・)

菊花賞~最終戦略~

印だけ

◎ベルーフ
○サトノラーゼン
▲タンタアレグリア
★リアルスティール
△リアファル
△マサハヤドリーム
△ミュゼエイリアン
△キタサンブラック

富士S~最終戦略~

富士S

◎サトノアラジン
○フルーキー
▲アルマワイオリ
★マイネルホウオウ
△ヤングマンパワー
△クラリティスカイ
△シャイニープリンス


混戦模様ですが本命はサトノアラジン
GI奪取へ向けてここは確実に賞金を加算したいところ。ルメールと3戦3連対と圏内は外さなそう。

対抗はフルーキー
前走は先行して抜け出す競馬でOP勝ち。キレ勝負だと分が悪いので外から先行出来ればラストは上り上位を
出すのでここもイケるのでは。

三番手に人気薄のアルマワイオリ
母父ピルサドスキー1点に賭けるw掛かり癖があるのでペースが流れて欲しいところ。

★評価にマイネルホウオウ
58キロがカギだが前走で久々に連対してGIを勝った舞台で完全復活に期待したい。

他では前走大幅な馬体重減が気になるが古馬重賞で連続好走してるヤングマンパワー
3歳で57キロは酷だがGI勝ちの舞台では外せないクラリティスカイ
2年連続圏内のリピーター・シャイニープリンス

菊花賞~攻略案②~

菊花賞むずかしいw
人気馬も死角あるし人気薄も不安ばかりでコレという馬がいないw

富士S~攻略案②~

やっぱ地方球団には地元の選手が行く方がいいよな~

菊花賞~攻略案①~

過去5年の血統データ
菊花賞血統

菊花賞は血統とよく言われますがここ数年は京都の高速馬場でタイムが速く結局はサンデー系という傾向になりつつありますねw
現在6年連続父or母父サンデー系の馬が優勝しており勝ち馬はサンデー系から狙うのがベター。

しかしながら菊花賞でしか走らないような馬が穴を開けてるのも事実で長距離血統から穴馬を見つけていきましょう(・∀・)

まず注目はロベルト系でしょう。
 7人気 ゴールドアクター (父スクリーンヒーロー)
 5人気 スカイディグニティ (父ブライアンズタイム)
13人気 ビートブラック    (母父ブライアンズタイム)
 8人気 スリーロールス   (母父ブライアンズタイム)
 6人気 セイウンワンダー  (父グラスワンダー)
15人気 フローテーション   (母父リアルシャダイ)


過去10年で人気薄での好走が目立つw人気でもエピファネイアが勝っておりロベルト系内包馬はまず要注意が必要でしょう。

該当馬
ミュゼエイリアン   (父スクリーンヒーロー)
サトノラーゼン    (母父ロベルト系)


人気のない方ということではミュゼエイリアンが狙い目でしょう。バレバレっぽいのでそこそこ人気になりそうですがww

続いて気になるとことしてはノーザンダンサー(ノーザンテースト)内包馬。
ポイントとしては3代前までに持ってるか4x4のクロス持ち。
 4人気 サウンズオブアース (3代前ノーザンダンサー)
 7人気 ゴールドアクター   (4代前ノーザンダンサー&ノーザンテースト)
 3人気 バンデ          (ノーザンダンサー4x4)
 5人気 スカイディグニティ  (母父ノーザンテースト)
 2人気 ウインバリアシオン  (3代前ノーザンダンサー)
 6人気 ビッグウィーク     (ノーザンダンサー4x4)


長丁場だけにサンデー系にノーザンダンサーの底力が欲しいといったところかな?w

該当馬
スティーグリッツ  (3代前ノーザンテースト)
マサハヤドリーム (ノーザンダンサー4x4)
ミコラソン      (3代前ノーザンテースト)


正直ミコラソンは能力が足りないと思われwマサハヤドリームかスティーグリッツが穴候補か(・∀・)
サムソン産駒はのちのと菊血統となりそうな予感で先物買い(笑)


過去5年のラップデータ
菊花賞ラップ

ここ最近はペースは上がらずに序盤~中盤は60秒を越えるゆったりした感じで残り3ハロンは不良馬場の年を除けば
11秒台が続くという感じで上り34秒台が必要といった感じか。
去年はラスト4ハロンが減速しない流れでレースレコードが出る始末w先週の秋華賞も高速決着で週末も天気持ちそうなら
今週も高速決着となる可能性が高いでしょうね~(^^ゞ

逃げ宣言のルメールが17番に入ってしまい、さらにハナにこだわりたいというミノルも大外ということでこの2頭が
先頭争いなら意外と速くなるかも。ただ魔術師ノリが内に入ってミュゼエイリアンがすんなりハナを取る展開なら
スタンド前までは流れは落ちつきそうでペースがどうなるかわかりづらい枠順に(^^ゞ

例年通りペースが落ち着けばポジショニングが重要で内か前目で運べる馬が断然優勢。
先週のようにペースが予想以上にあがると一転して差し馬決着となるでしょう。

ペースが落ち着くなら内で我慢して岩田のイン強襲サトノラーゼン
外枠から控えて先団から出し抜ければリアファル
春天や去年の菊のように早め先頭から粘り込みをはかるエビちゃんのタンタアレグリア
同じくユタカが前目を意識すればレッドソロモン
血統からも推せるミュゼエイリアン、距離不安大だがキタサンブラックといったところか。

逆に8枠2頭がペース上げて逃げて上りのかかる展開ならば後方待機組に漁夫の利w
後方でじっと脚を溜めて直線イン差しに賭けて来そうなアルバートドックにタガノエスプレッソの無欲の追い込み。
京都でマクリを封印して追い込みに賭けるならブライトエンブレム
5戦中4戦で上り2位以内で叩いた上積みがありそうなマッサビエルの直線一気あたりでしょうか。

リアルスティールはスローだと消極的なユーイチがポジション取れずに差し届かず、
ペース上がっても人気だけに中団くらいに位置して脚を溜められずに伸び悩みといいイメージが浮かばない(笑)

富士S~攻略案①~

過去5年の血統データ
富士S血統

父or母父はサンデー系とノーザンダンサー系で網羅w
どちらかに該当してることがまずは第一歩(・∀・)特に注目はノーザンダンサー系。

ライブコンサート  (父シングスピール)
エイシンアポロン (母父サドラーズウェルズ)
アプリコットフィズ (父父トニービン)
クラレント      (母父ダンシングブレーヴ)
ダノンシャーク   (母父カーリアン)
シャイニープリンス (父父ダンシングプレーヴ)
レッドアリオン    (母父ダンシングブレーヴ)


毎年のように欧州長距離血統が絡んでますね(・∀・)
マイルですが重厚な血統の馬が穴を開けてるというのが府中マイルっぽいww

そして府中のマイル重賞ではお馴染みのボールドルーラー系も内包してるとプラス。
後は最近のトレンドっぽいのはサーゲイロード内包といったところか。

推奨馬
アルマワイオリ   (父マツリダゴッホ、母父ピルサドスキー、ボールドルーラー&ニジンスキー内包)
ロゴタイプ      (父ローエングリン【サドラー】、母父サンデー、ボールドルーラー&ヌレイエフ内包)
シャイニープリンス (父キングヘイロー【ダンシングブレーヴ】、母父リンドシェーバー、サーゲイロード&バックパサー内包)
ブレイズアトレイル (父ダイワメジャー、母父エルコン、ノーザンテースト&シアトルスルー&サドラー内包)


穴っぽいところを狙ってみたいですねw
マツリダゴッホ産駒が東京でどうかだが3歳馬の中ではアルマワイオリの一発に期待。
去年大敗したブレイズアトレイルだが今年の安田記念くらい走れば十分チャンスはあるとみたい。


過去5年のラップデータ
富士Sラップ

ここ2年はスローからの上り勝負でレースの上りが33秒台となっており後半勝負に強い馬、もしくは前目で速い上りを使える馬を
狙うのが良さそう。

フルーキー
ブレイズアトレイル
ロサギガンティア
サトノアラジン

シャイニープリンス
ヤングマンパワー
クラリティスカイ



上り性能ではアラジンとロサギガンティア、フルーキーが確実に33秒台の脚を使いそう。
前目で勝負出来そうなのは3歳2頭にベーヤンで前目に付けれそうなシャイニープリンス。

秋華賞~最終戦略~

土曜の京都は先週に引き続き高速馬場で準OPマイルで1.32.0とか出ちゃう始末w
最終レース後に散水してましたが明日も天気良さそうで秋華賞は1分57秒台出ちゃうかもね(^^ゞ

◎レッツゴードンキ
○ホワイトエレガンス
▲トーセンビクトリー
★クインズミラーグロ
△アスカビレン
△ディープジュリー
△シングウィズジョイ
△マキシマムドパリ


本命はレッツゴードンキ
どう考えても前と内にアドバンテージがある以上、人気の中ではドンキが一番有利とみる。
トーセンビクトリーと悩んだがより前目で運べそうなドンキにしましたw
桜花賞で4馬身差の圧勝は同世代では能力は上なはず。オークスはさすがに距離が長すぎたが
内回りの2000mならギリギリ我慢できるはず。前走速いペースで逃げてガス抜き出来たなら
今回はきっちり折り合って番手でも逃げても最後まで粘れるとみた(・∀・)

対抗はホワイトエレガンス
こちらも前で勝負出来る馬でクロフネxサンデーは高速馬場が合うイメージ。
前々走が強い内容で前走も自ら動いて早め先頭でわずかに差されたが中山から京都の平坦に
舞台が変われば粘りも増すはず。栗東滞在の関東馬なら問題なく、あとは丸田がGIでヤレるかどうかだけw
現在単勝12人気も複勝が5人気と売れておりいい迷惑(笑)

3番手はトーセンビクトリー
前走は権利獲得を狙っての安全策で3着とユタカさんらしい走りw
今回は内目の枠を引いて序盤出して中団あたりに付ければ前走よりも好走出来そうで
進路次第ではアタマまでも(・∀・)

★はクインズミラーグロ
こちらも1枠と絶好枠を引き当てたのがいいね。内で我慢してスルスルと抜けて来れば去年の
ショウナンパンドラの再現も。ただ初の関西で直前輸送の関東馬なので当日の馬体重をチェックしてからかな。

他ではもうちょい内枠が欲しかったが早目にスパートすれば面白いアスカビレン
内枠の差し馬狙いでこちらも栗東滞在の国枝厩舎のディープジュエリー
ウッチーが神逃げすれば波乱演出出来そうなシングウィズジョイ
抽選通って非常に怖い存在のマキシマムドパリまで。

ミッキークイーンは強いのはわかってるが今回は舞台適性向かないのと大外枠というのが運がないw
これが来るなら堅い決着だろうみて消しw
タッチングスピーチはルメールの継続騎乗の牝馬は非常に成績悪いのでこちらも飛んでくださいww

府中牝馬S~最終戦略~

今回も印だけw

◎シャトーブランシュ
○スイートサルサ
▲レッドリヴェール
★イリュミナンス
△ノボリディアーナ
△リメインサイレント
△パワースポット
×ケイアイエレガント


かなり雨降ったが時計はまずまず出る感じ。ただ内は良くないようで外を回した方が伸びそう。
内は先行馬、差しは外回して馬場悪化を苦にしなさそうな馬をチョイス

府中牝馬S~攻略案②~

メイショウマンボの復活はあるんでしょうかね?w

秋華賞~攻略案③~

抽選で通ったマキシマムドパリが結構買えるとこが判明w
キンカメxサンデー、前目で運べて内枠ゲット。データでも減点なくしれっと3着とかありそうw

秋華賞~攻略案②~

過去5年のラップデータ
秋華賞ラップ

ジェンティルの年だけ前半ドスローでしたが基本的には流れる感じで前傾ラップ。
ただ最近はGIだからペースが上がるというのは都市伝説でw桜花賞とスプリンターズSで史上まれに見るスローペースになる始末。
さらに京都の馬場は高速状態で水でもまかない限りは今週も時計は速いでしょう。
押えたつもりでも前半59秒台は楽に出ちゃいそうで59-58.5とかで後傾ラップもありそうでやっかい(苦笑)

逃げそうなのはノットフォーマルかシングウィズジョイか引っかかってのレッツゴードンキかw
前回ハイペースで飛ばし4着のドンキは岩田がなんとか押えていきそうだし、逃げたことのないシングウィズジョイ、
GIで大逃げかます度胸はない黛では序盤はまずスローになる公算が高そう。
ただあまりにもスロー過ぎると向こう正面あたりから思い切って先手奪う騎手がいるかもしれないが。
(ジェンティルの年のチェリーメドゥーサのように)可能性ありそうなのは池添くらいかな?w


ただ前半スローといっても60秒は切って来るだろうし上勝負じゃ後方組にやられるのは目に見えてるので
3コーナー前くらいからペースを上げてかないと前は厳しいでしょう。
ならば前目で狙うならロンスパ戦が得意な馬。差し馬は前半でポジショニングを取れるスタートの良い馬や
団子状態のときに動ける機動力のある馬や内に進路を取れる馬ということになるでしょう。

正直レッツゴードンキが折り合って進めばかなり圏内は有力な気がしますね~ただそれが出来るかどうか(笑)
トーセンビクトリーは前々走の小倉のように前に付ければこちらも好走率は高くなりそう。
ミッキーとタッチングスピーチはともにスタートが良くないだけに後方にならざるを得ない可能性が高い。
去年のヌーヴォのように中団くらいにはつけないと今の馬場では届かない。

前に付けてればキレる脚はなくとも粘り込めるのが秋華賞。過去5年で上り最速で連対はアニメイトバイオのみ。
先週の京都大賞典のように前にいて上り33秒台を出せば後ろの馬は届かないでしょうw

前目の馬で高速馬場に対応出来そうなので穴馬を探して見ましょうか。
まずはアスカビレン
春は後方からの競馬だったが前走は3番手につけて上り33秒6で押し切る内容。
2000mもフローラSでコンマ4秒差で上り最速を出しており序盤ペースが上がらないならラストは伸びるはずで
テン乗りの池添が積極的な競馬が出来るかどうかがカギ。後方待機ならいらないw

ホワイトエレガンスも面白そう。
前々走の1000万クラスで出した1.46.4は今年の札幌1800mで最速タイム。開幕週のクイーンSよりも速いw
まぁ50キロという斤量が大きかったとは思いますが前走の紫苑Sでもエアレーション効果で時計のかかっていた開幕週で
2.00.2と開催2位の好タイムに0.1差の2着
。終始外を回ったロス、掲示板の馬は軒並み差しだったので
早めに動いて直線で先頭に立つ競馬は強かったのでは
洋芝、に時計のかかる馬場で結果を出してきたが速い時計での勝負なだけに京都の高速馬場が
プラスに働く可能性は十分ある。ここ2走の競馬がもういっちょ出来れば京都の内回りなら残り目ありそう。丸田やれるか?!w

差し馬は正直枠順を見てからじゃないとなんとも(^^ゞ
とにかく内枠が引けた馬で上り性能ある馬は注意したいところ。
穴っぽいとこではアンドリエッテ、クインズミラーグロ、ディープジュエリーあたりが内枠引いたら面白そう(・∀・)

秋華賞~攻略案①~

過去5年の血統データ
秋華賞血統

現在父サンデー系が3年連続ワンツーを決めてます。父か母父サンデー系が13/15なのでまずはそこw
そして母父ノーザンダンサー系も強く特に人気馬での好走が目立つ。

注目点としてはキングマンボ内包。アパパネとマンボの人気馬で2勝、そしてタガノ、リラコ、アロマティコと3年連続で3着馬を排出と
人気薄でも好走しており穴狙いでは外せないところw
それに付随してヌレイエフ内包も相性よく3勝、2着2回、3着4回と毎年連対中。

他では4圏内のヴァイスリージェント、5圏内のトニービン、毎年圏内に来てるボールドルーラー内包には注意したいところ。

推奨馬
ディアマイダーリン (父ハーツクライ、母父キングマンボ、トニービン&ヌレイエフ内包)
ノットフォーマル  (父ヴァーミリアン、母父マンカフェ、ヌレイエフ&シアトルスルー&ノーザンテースト内包)
レッツゴードンキ  (父キンカメ、母父マーベラスサンデー、ヌレイエフ&ノーザンテースト内包)
トーセンビクトリー (父キンカメ、母父サンデー、ヌレイエフ&ミルリーフ内包)
テンダリーヴォイス (父ディープ、母父キンカメ、セクレタリアト内包)
ミッキークイーン  (父ディープ、母父ゴールドアウェイ【ヌレイエフ】、ミスプロ&ラジャババ&レッドゴット内包)
アンドリエッテ    (父ディープ、母父シルヴァーデピュティ、ミスプロ&ラジャババ内包)


今回はディープ産駒5頭とキングマンボ内包の6頭から2頭は圏内来るのではないかという読みw
過去のディープ産駒で圏内に来た馬は3人気以内なのでディープ産駒ではミッキークイーンが最有力とみます。

去年のパンドラと同じディープxヴァイスリーのアンドリエッテは脚質的にこの舞台大外一気ではまず届かないので
内枠でじっと我慢して馬群さばけるかどうかでしょう。
過去ディープxキンカメはデニムアンドルビーが4着と1人気で負けてるのでどうかですがテンダリーヴォイスは
人気もないだろうし狙ってみたいところ。

キンカメ産駒ではレッツゴードンキとトーセンビクトリーでしょうね。ミッキーがコケるならこの2頭から行くのがベストか。

穴馬ではサンデーxキンカメにトニービン内包のディアマイダーリンはこの舞台向くはずだがさすがにローテが(^^ゞ
一度叩いていればなぁ惜しいw
ノットフォーマルは単騎で大逃げ出来れば面白そうだが若干距離が長そう。

府中牝馬S~攻略案①~

過去5年の血統データ
府中牝馬S血統

まず父と母父で見るとサンデー系とノーザンダンサー系が圧倒。父or母父のどちらかは必ずこの2系統に該当。
そしてもうひとつ重要なのがボールドルーラー内包。該当してないのはディアデラマドレとイタリアンレッドのみ。

他ではヴァイスリージェント内包が毎年圏内に来ており要注目。

推奨馬
リメインサイレント (父ホワイトマズル、母父サンデー、ヴァイスリージェント&ボールドルーラー内包)
ノボリディアーナ  (父フレンチデピュティ、母父サンデー、ボールドルーラー内包)
スイートサルサ   (父デュランダル、母値Tグランドロッジ、セクレタリアト&ネヴァーベンド内包)
スマートレイアー  (父ディープ、母父ホワイトマズル、ボールドビダー内包)


リメインサイレントとノボリディアーナが面白い(・∀・)


過去5年のラップデータ
府中牝馬Sラップ

基本後傾ラップ。スローになりやすいので前で上り34秒以下の脚を使える馬がいい感じ。
ただ去年のように平均くらいのペースなら後ろからでも上り33秒前半を使える馬なら届くか。

今年はミナレットが登録してるのでスローより平均ペースに近い流れになる可能性を視野に入れた方がいい感じw

スローで前有利なら

リメインサイレント
ノボリディアーナ
ケイアイエレガント
カレンケカリーナ


平均ペースで上り重視なら

スマートレイアー
シャトーブランシュ
イリュミナンス
カフェブリリアント
パワースポット


こんな感じで(・∀・)

京都大賞典~最終戦略~

時間ないので印だけw

◎ワンアンドオンリー
○サウンズオブアース
▲ラブリーデイ
★フーラブライト
△ラキシス

京都大賞典~攻略案②~

キングオブコント久々に納得のいく審査結果やったw
審査員がしっかりしてるとこうなるのねww

毎日王冠~最終戦略~

日曜は朝から小雨で馬場は稍重スタート。
天気回復は遅そうで毎日王冠は稍重で行われそう。

◎ステファノス
○クラレント
▲アンビシャス
★ヴァンセンヌ
△スピルバーグ
△エイシンヒカリ
△ディサイファ
△グランデッツァ


本命はステファノス
ディープ祭りの大運動会なのでディープのどれかが勝つでしょうw
その中から前走GI2着で東京マイル重賞勝ち実績のあるステファノスをチョイス、人気もいい感じのとこで今回が狙い目。

対抗はクラレント
いくら勝っても好走しても人気にならないおいしい馬w東京の開幕週なら先行していい上り使えるこの馬の出番。

3番手はアンビシャス
いや~1人気にまでなるとは(^^ゞデムーロの出遅れクセが怖いので先手取れないと届かない可能性がありそう。
うまく前に付ければ突き抜ける可能性もあるのでここに。

他では馬場渋るのは良さそうなヴァンセンヌ
GI馬で東京巧者なのに人気なさ過ぎるスピルバーグ
押えなきゃいけないエイシンヒカリ
人馬とも覚醒中のディサイファ
意外と時計が速そうなのでグランデッツァまで。

毎日王冠~攻略案②~

POG1位のシンハライトデビュー勝ち(≧∀≦)♪

サウジアラビアRC~最終戦略~

◎ハレルヤボーイ
○トウショウドラフタ
▲アストラエンブレム
★ブレイブスマッシュ
△リセエンヌ
△イモータル
△マコトルーメン


狙いはネオユニ系サンデー3頭(・∀・)

ハレルヤボーイの前走は大外から出遅れで圧巻の走り。東京で成績出てないが休み明けを挟んで成長した感w
稍重であのタイムなら良でキレる可能性も。

対抗は東京で好タイムを出しるトウショウドラフタ。最内引いて逃げれれば残り目十分。
前走馬場を敗因に挙げてたのでこちらも良馬場なら前進必死。

三番手は二強の中からアストラエンブレム。謎のスグリン東上に期待w

★評価に安定して成績出してるトーセンファントム産駒2頭目のブレイブスマッシュ。
相手なりに走るのでここでも好走可能と見る。

他では唯一のディープ産駒のリセエンヌ
前走の上りを出せればイモータル
重賞実績光るマコトルーメンまで

サウジアラビアロイヤルC~攻略案①~

いちょうSから名前を変えて第一回となるサウジなんちゃらカップw
今回は4回東京開催の過去3年と今年の2歳芝レースのデータから傾向を探ってみます(・∀・)

参考資料

4回東京芝2歳戦騎手データ(1600~2000m)
2歳4回東京芝騎手

4回東京芝2歳戦種牡馬データ(1600~2000m)
2歳4回東京種牡馬16~20
4kai.jpg

1600mのみ
2歳4回東京種牡馬
4回東京2歳ネオユニ

4回東京芝2歳戦母父データ(1600~2000m)
2歳4回東京母父種牡馬


2015年東京開催2歳戦種牡馬データ(1600~2000m)
20152歳東京種牡馬

2015年東京開催2歳戦母父データ(1600~2000m)
20152歳東京母父種牡馬


雑感
この時期の2歳戦ネオユニ産駒の好走が面白い。
あとはこの時期のサムソン産駒、今年も母父サドラー系が1勝してるという点にも注目。
今年の傾向としては父ダイワメジャー産駒、母父ロベルト系の好走が目立ちます。

ジョッキーでは蛯名、ノリ、ユーイチが良い。
人気馬に絞ると皇成、北村宏、エダテルを加えておきたい。

サウジアラビアロイヤルC出走馬プラスデータ

リセエンヌ       (4回東京芝過去3年ディープ産駒x蛯名【3・0・1・1】、サドラー内包)
アストラエンブレム  (父ダイワメジャー)
マコトルーメン     (父ダイワメジャー)
シトロン         (母父ブライアンズタイム)
ハレルヤボーイ    (父父ネオユニ)
ブレイブスマッシュ  (父父ネオユニ、鞍上ノリ)
トウショウドラフタ   (父父ネオユニ、サドラー内包)
アポロジョージア   (父サドラーズウェルズ系)
クラウンスカイ    (母父サドーズウェルズ系)


最注目はリセエンヌでしょう(・∀・)鞍上がエビチャンに決まったなら買いw
個人的な狙いはトーセンファントム産駒の2頭と舞台適性が向きそうなトウショウドラフタ。

特にトウショウドラフタは前走後、馬場が良ならって言ってたので開幕週の馬場ならかなりキレるかもれない。
新馬戦のタイムも6月開催の東京1400mでは最速でここは人気落ちで狙い目かも(´艸`)ムププ

京都大賞典~攻略案②~

過去5年の血統データ
京都大賞典血統

頭数少ないしサクサクと行きますかw
傾向的にはここ2~3年でちょっと変わって来てるかなという印象。
さらに今年はエアレーションをやったようで中山開催のように馬場傾向がガラっと変わる可能性もw
11年ころから夏にシャッタリングマシンを入れるようになった京都もその積み重ねでここ数年は馬場が軟らかくなってきてるようで
そこに開催前のエアレーションとならば開幕週とはいえ時計はかかるかも、9月の中山開幕週のように差しが決まる可能性も視野に。

ということで過去の傾向と過去3年の4回京都開催の種牡馬傾向から注目は母父ミスプロ系
これに最注目傾向としてみましょう(・∀・)と思ったら今回の登録に該当馬おらんかった(笑)

あとはオウケンブルースリの影響大ですがwトニービン内包にも注目しておきますか(^^ゞ

推奨馬
ラブリーデイ    (父キンカメ、母父ダンス、ノーザンダンサー&トニービン&レイズアネイティヴ内包)
レコンダイト     (父ハーツ、母父ラストタイクーン、トニービン&リファール内包)
ワンアンドオンリー (父ハーツ、母父タイキシャトル、トニービン&リファール&ミスプロ内包)
ラキシス       (父ディープ、母父ストームキャット、リファール&ミスプロ内包)


過去5年で2勝のキンカメ、今回唯一父か母父にミスプロ系のあるラブリーデイが人気でも相性良さそうですかね。
あとはトニービン内包とラキシスでいいんじゃね?ww


過去5年のラップデータ
京都大賞典ラップ


過去5年、上り2位以内は【4・2・2・4】と全て掲示板。
「前走GI、それ以外は良なら上り最速。重不良なら4角5番手以内」
前走GI組は前2走内に上り3位以内があるのが望ましい。

該当馬
サウンズオブアース
ラキシス
ラブリーデイ


この3頭で上り2位以内を競ってもらいましょうw
GO TOP