京阪杯~攻略案②~

今日は京都最終で万馬券(σ・Д・)σゲッツ!!
それまでちっとも当たらずハゲるとこやったw

ジャパンカップ~攻略案④~

日本馬のみが対象(・∀・)

ジャパンカップ~攻略案③~

外国馬のみを対象とした消去データ(・∀・)

京阪杯~攻略案①~

過去5年の血統データ
京阪杯血統

目立つのはミスプロ系ですね(・∀・)過去5回の内、3回で父ミスプロ系がワンツー。
ミスプロ内包が毎年3着以内に来ておりここは外せないところ。

そしてそれ以上に来てるのがボールドルーラー内包馬。毎年2頭以上圏内とこちらも外せないw
他では去年こそ圏内には来なかったがノーザンテーストorノーザンダンサー内包も頻繁に出現と要注意。
さらにここ3年で二桁人気で3着に来た3頭が共通してたのがリボー内包なのでこれは大穴で狙いたいところ。

推奨馬
ビッグアーサー   (父バクシンオー、母父キングマンボ、ノーザンテースト&ボールドビダー内包)
サドンストーム   (父ストーミングホーム、母父グリーンデザート、ノーザンダンサー&ボールドルーラー内包)
ウイングザムーン (父アドマイヤムーン、母父ストームキャット、サンデー&ノーザンダンサー&ボールドルーラー内包)
エイシンブルズアイ (父ベルグラヴィア、母父サイフォン、リボー&ボールドルーラー内包)
ワキノブレイブ    (父マイネルラヴ、母父ブライアンズタイム、ボールドルーラー&リボー内包)
ベルカント      (父バクシンオー、母父ボストンハーバー、ノーザンテースト&ナスルーラ内包)
メイショウツガル  (父キンカメ、母父マウンテンキャット、ノーザンダンサー&セクレタリト&ミルリーフ内包)


人気必死のビッグアーサーですがバクシンオーに母父ミスプロ系なら問題なしwここは通過点ということできっちり勝ってもらいたい。
差し馬では去年2着のサドンストームにウイングザムーンの父ミスプロ系の2頭。
穴ならリボー内包の2頭ですがブルズアイは人気でしょうからワキノブレイブが面白い(・∀・)
瞬発戦では分が悪そうなのでハイペースになればw


過去5年のラップデータ
京阪杯ラップ

スプリント重賞とは思えないここ最近の後傾ラップ続きw去年は1秒以上のスローでアンバルブライベンの逃げ切り勝ち。
過去5年の逃げ馬の成績は【2・1・0・2】で現在3年連続連対中。
勝ち馬は5頭とも4角3番手以内で基本前にいないと勝てない感じか。

今年は確固たる逃げ馬不在でスロー濃厚。どの馬が行くかわからないw
まぁこの枠並びならビッグアーサーが先団へ取りつくのは間違いなさそうでベルカントが逃げるかどうかがカギとなりそう。

では4角3番手以内で好走した馬の共通項を探してみましょう。

①勝ち馬5頭中4頭は前走1着(例外ハクサンムーンは前走1人気)
②勝ち馬5頭中4頭は前走も4角3番手以内(例外ロードカナロアは上り最速で1着)
③連対馬は6頭は全て一桁馬番
④圏内馬9頭全て斤量56キロ以下
⑤圏内9頭中8頭は5歳以下



推奨馬
◎エイシンブルズアイ
○ビッグアーサー


△ベルカント
△ベルルミエール


前走長期休み明けを快勝したエイシンブルズアイが満点評価。
京都では4角5番手以内ならパーフェクト連対なだけに前に行けるかどうかがキー。
2走ボケさえなければボウマンの手腕で逆転の可能性も。
ビッグアーサーもほぼ互角な評価。この2頭が最有力。

ベルカントも前走GI大敗の影響さえなければ相手筆頭格。
外枠がマイナスだが距離短縮で北九州くらい走ればベルルミエールの3着もありか。

ジャパンカップ~攻略案②~

過去5年のラップデータ
JCラップ

10~14年は60秒を越えるスローペースで上り33秒台を出す馬が多く瞬発戦になりやすいレース。
去年は良馬場だったが前日の雨で午前中までは稍重と力の要る馬場だった。
前半1000mは60秒を切るペースでレース上りは35秒と消耗戦になってエピファネイアが4馬身突き抜ける。
後傾ラップだがエピファネイアが0.7も突き離したので2着以下は実質前傾ラップといった感じ。

しかしながら上り最速は3着スピルバーグでしっかり圏内はキープ。
過去5年の上り最速は【1・2・2・1】、過去10年で見ても【2・5・2・2】と3着圏内に来る確率が高い。

圏外の2頭も10年0.4差5着のペルーサと07年0.2差4着のウオッカと掲示板は確保。ともに3歳で4角15番手以下でした。
3歳は斤量が軽く実力馬なら上り最速が出やすいもののあまりにも後ろ過ぎると届かない。
ミッキークイーンはポジションが非常に重要となりそう。前走やオークスのように中団につけれれば圏内かなり有力も
ローズSやクイーンCのような後方だと同じく届かない可能性高しw

では上り最速を出す馬を見つけられればおのずと的中に近づけるはず(・∀・)

過去5年の上り最速馬を詳しく見てみると、

★年齢★
3歳・・2頭
4歳・・1頭
5歳・・3頭
6歳以上無し

★性別★
牝馬・・・3頭(53キロ1頭、55キロ2頭)
牡馬・・・3頭(55キロ1頭、57キロ2頭)


6歳以上はまず圏外w
5歳は牝馬のブエナと離された3着のルーラーとスピルバーグなので
牡馬の5歳以上は勝ち切るのは難しいか。
ってか日本の5歳以上牡馬で勝ったのタップダンスシチーしかおらんww

瞬発戦はやはり斤量の軽い方、年齢が若い方が優勢ということで(・∀・)

★前走4角位置★
5番手以内・・・0頭
6~9番手・・・・2頭
10番手以下・・4頭

★前走距離★
2000m・・5頭
2200m・・1頭


前走で先行していた馬は過去5年ではゼロ。過去10年でも08年ディープスカイ(前走4角5番手)のみ。
1位入線の2頭は前走秋天で4角8番手と9番手だったブエナの2回。全て前走上り3位以内。

ここ数年のトレンドは秋天で上り3位以内。現在6年連続で秋天上り3位以内の馬が3着以内に来てます(・∀・)
(ちなみに今年は該当いませんが前走秋天上り3位以内外人騎手に乗り替わり【2・1・1・1】)

そして前走距離は完全に中距離からの馬が圧倒w
秋天からが5頭で最多。残りは2200mのエリ女からのデニム。

ということでここまでで上り最速を見つけるための項目は、

①5歳以下
②前走4角8番手以下
③前走2000~2200mのGIで上り3位以内


こんなところでDOでしょう(・∀・)

推奨馬
◎ショウナンパンドラ (4歳・前走4角12番手・前走秋天上り1位)
○アドマイヤデウス  (4歳・前走4角18番手・前走秋天上り1位)

△ヒットザターゲット  (7歳・前走4角12番手・前走札幌記念上り1位)
△サウンズオブアース (4歳・前走4角5番手・前走京都大賞典上り3位


過去の傾向とバッチリ合うのはショウナンパンドラ。ただまたもや外枠という(苦笑)
アドマイヤデウスは前走ちょっと負けすぎw

他に目をつぶって上りだけで拾うならヒットザとサウンズか。

ジャパンカップ~攻略案①~

過去5年の血統データ
JC血統

父の傾向がめっさ偏ってるw
とりあえずサンデー系かキンカメかジャンポケでおk?(笑)
そして近年の傾向として注目しておきたいのが「母方にノーザンダンサー系」ということ。
特に母父か母母がノーザンダンサー系の馬が4年連続で1~3着に該当しておりこれはもう外せないw

さらに過去5年の勝ち馬は父か母父がダービー馬というのも面白い(・∀・)
ちなみにオルフェーヴル以外の父は全てダービー連対馬の子供wやはり東京2400mのGIは適性出るっぽい。

そして元祖東京の鬼のトニービン内包も無類の強さを見せており注目でしょう。

推奨馬
ミッキークイーン   (父ディープ、母父ゴールドアウェイ、ミスプロ&レイズアネイティヴ&ラジャババ内包)
ショウナンパンドラ  (父ディープ、母父フレンチデピュティ、ボールドルーラー&ノーザンテースト内包)
サウンズオブアース (父ネオユニ、母父ディキシーランドバンド、ボールドルーラー&ネイティヴダンサー内包)
ラストインパクト   (父ディープ、母父ティンバーカントリー、母母ノーザンダンサー系&レイズアネイティヴ内包)
ラブリーデイ     (父キンカメ、母父ダンス、トニービン&ノーザンテースト&レイズアネイティヴ内包)


今年はディープ産駒に注目してみたい。
サンデーxノーザンダンサー系の牝馬2頭は速い上りが使えるだけにスローの瞬発勝負になれば上位争い出来そう。

ラストインパクトはここ2年でデニム、スピルバーグと人気薄で圏内に来てるディープxミスプロの組み合わせ。
マイルCSを制したムーアを鞍上に迎え怖い存在か。

ネオユニでダービーを勝ったデムーロがその子供で今度はJCを勝つとなるとこれまたドラマチックw
上り勝負の京都大賞典でラブリーデイに迫っただけに力的には足りるかな?

そして人気必死のラブリーデイも父ダービー馬x母父ダービー2着馬の組み合わせは去年のエピファネイアと逆パターンw
トニービン内包でもあり覚醒した今ならこの舞台がマイナスだとは思えない(^^ゞ

名前は挙げなかった穴なら母母ノーザンダンサー系でトニービン内包してるハーツクライ産駒の2頭か。

東スポ杯2歳S~最終戦略~

携帯から初めて記事書くかもw
なので印だけ(笑)

◎マイネルラフレシア
○キラージョー
▲スマートオーディン
★ロスかボス
△タイセイサミット
△アグレアーブル
△ハレルヤボーイ

東スポ杯2歳S~攻略案②~

意見なんて人それぞれ。押し付けないし押し付けて欲しくもない。

マイルCS~最終戦略~

マイルCS

◎イスラボニータ
○サトノアラジン
▲アルビアーノ
★フィエロ
△ダイワマッジョーレ
△モーリス
△クラリティスカイ
△レッツゴードンキ


本命はイスラボニータ
全てが整いすぎて逆に不安という気もしないでもないですが人間素直が大事(笑)
ひと昔前まで秋天からのローテは王道だったので久々にそこを信じましょう。

対抗はサトノアラジン
ルメールならソツなく乗って2~3着は堅いwただどうしても勝つイメージがないww

3番手はアルビアーノ
混戦にケリをつけるなら3歳馬かなと思うので、今回の3歳馬ではこれが一番狙いやすいかな。
馬場がちょっと時計掛かるようなら短い距離に実績ある馬が来る感。

★はフィエロ
当初は本命予定もちょっとラップデータがね(^^ゞ馬場も高速ではなさそうなのでやや評価落とす感。

他では内の差し馬でダイワマッジョーレ
結局は化け物説のモーリスw
ノリが逃げれば面白いクラリティスカイ
距離短縮に岩田から解放されたレッツゴードンキまで。

マイルCS~攻略案③~

侍ジャパン負けましたね~みんなで大谷に土下座しましょう(笑)

監督経験不足の小久保監督が見事にテンパっての継投ミス、というか選手選考からミスってたというべきか。
ダルビッシュが急造抑えで優勝したことはあるが基本的に先発に抑えや中継ぎを任せるのは酷。
やはり中継ぎ専門を選んでおくべきやった。

あとは単純に押えの力不足。松井が結果出してたとはいえ今期最下位の楽天だし、両リーグの優勝チームの
抑えが外人と言う時点で察しw
増井ってそもそも知らんw野球をたいして見てない人でも知ってるくらいのネームヴァリューがない侍ジャパンというのがねw

まぁこのメンツで綱渡りでよくここまで勝ってきたという状況だっただけにこの結果もありっちゃありw
WBCがあるならもいっちょ小久保監督でいくべきでしょう。この敗戦から学んだことを生かさなきゃなんの意味もないプレミア12やで。

土曜に3決とかなにをモチベーションにやればいいのか(苦笑)同率3位でええやんw

東スポ杯2歳S~攻略案①~

過去5年の血統データ
東スポ杯2歳S血統

父はサンデー系とミスプロ系でおk?wってか父or母父にサンデーかミスプロ以内とダメっぽい(笑)

特にミスプロ内包は現在5連勝とノリに乗っておりサンデー系よりミスプロ重視で行きますかね。

あとはナスルーラ系も強くグレイソヴリンにボールドルーラーは特に要警戒。

推奨馬
ハレルヤボーイ   (父トーセンファントム、母父キンカメ、トニービン&ノーザンテースト内包)
ロスカボス      (父キンカメ、母父サンデー、ミルリーフ&ボールドネシアン内包)
タイセイサミット   (父ダイワメジャー、母父エンドスウィープ、ノーザンテースト内包)
アグレアーブル   (父マンカフェ、母父シーキンザゴールド、セクレタリアト&リボー内包)


前走も期待したハレルヤボーイw使える脚が短いので中山の方が良さそうですがノリに乗り替わってもういっちょ期待w
2歳戦好調のダイワメジャー産駒のタイセイサミットも母父エンドスウィープで馬場渋ればムーアだし期待w


過去5年のラップデータ
東スポ杯2歳ラップ

コディーノの年だけ46秒台だが5ハロン目が13.1と緩んでおり基本47秒後半以上かかっており緩い流れから上り勝負の傾向。
上り最速が3勝、2着1回、3着1回の好成績。
ただ4角5番手以内の先行馬も半数と前で上り34秒前後を使えれば勝機あり。

不良馬場のディープブリランテを除き上り最速は33秒台を出しておりかなりキレる馬じゃないと差しきりは難しい。

過去5年の好走馬のラップから好走のポイントを探ってみましょう(・∀・)

09年 1着ローズキングダム 新馬戦1着  ラス3 11.6-11.3-11.3

10年 1着サダムパテック   新馬戦2着   ラス3 11.9-11.1-11.1
     3着フェイトフルウォー 新馬戦(重)1着ラス3 11.8-11.5-11.5

12年 1着コディーノ      新馬戦1着 ラス3 11.9-11.3-11.1
     2着レッドレイヴン   百日草1着 ラス3 11.5-11.3-11.3

13年 1着イスラボニータ   いちょう東京1着 ラス3 11.9-11.0-11.5
     3着クラリティシチー  同上レース0.2差の3着

14年 2着アヴニールマルシェ 新馬戦東京1着 ラス3 11.9-11.1-11.3

注目ポイントは
★ラスト2ハロンが11秒前半のレースで連対
★東京1800mでラスト3ハロン内で11秒1以下があって1着


なんとなくこんな感じww

推奨馬
キラージョー      (新馬戦ラス3 11.5-11.0-11.0
スマートオーディン  (新馬戦ラス3 11.5-11.1-11.1
アグレアーブル    (新馬戦ラス3 11.8-10.9-11.6)
マイネルラフレシア  (アイビーSラス3 11.8-10.9-11.7)

マイルCS~攻略案①~

過去5年のラップデータ
マイルCSラップ

ここ5年で3回が前傾ラップ、10年と14年は前半45秒3というハイペースに。
稍重の年が32秒後半から33秒台となってますが基本はやはり高速決着になりやすく去年はレースレコード決着w
タイムが速いならシンプルに持ち時計で好走馬を探ってみましょうかねw

稍重が2回あるので07年くらいから調べてみました(適当w)
★過去1年半以内の最高値で比較

07年 1着ダイワメジャー    (1800m持ち時計2位1.44.5) 
    (4着アグネスアーク 1800m持ち時計1位1.44.4)

08年 2着スーパーホーネット (1800m持ち時計1位1.44.6) 
    (1着ブルーメンブラッド 1800m持ち時計4位1.45.5)

09年 1着カンパニー      (1800m持ち時計1位1.45.1) 

10年 1着エーシンフォワード (1400m持ち時計2位1.20.2)
    (4着サプレザ 1400m持ち時計1位1.19.6)
    【1800m持ち時計1位1.45.8 ワイルドラズベリー 8着】

11年(稍重) 3着サプレザ        (1400m持ち時計1位1.19.2)
    【1800m持ち時計1位1.45.0 ミッキードリーム 9着】

12年(稍重) 1着サダムパテック   (1400m持ち時計3位1.20.1)
         2着グランプリボス   (1800m持ち時計3位1.45.5)

13年 2着ダイワマッジョーレ  (1800m持ち時計1位1.44.6 1400m持ち時計2位1.20.6)

14年 3着グランデッツァ     (1800m持ち時計1位1.43.9) 

たくさん書いたから説明とかめんどいから察してw
要は1800mや1400m、いわゆる非根幹距離で好タイム出してる馬が好走しやすいってことでおk?w

良馬場の場合は1800m、稍重の時は1400mという感じか。

さらにもういっちょ面白いデータ(・∀・)

マイルの持ち時計1位の成績(過去1年半)
07年  5着カンパニー      持ち時計1.31.8
08年  4着カンパニー        同上
09年 11着ザレマ         持ち時計1.32.1
10年 17着ショウワモダン    持ち時計1.31.7
11年  4着ダノンヨーヨー    持ち時計1.31.8
     11着スマイルジャック   同上
     15着エーシンフォワード  同上
12年 15着レオアクティブ    持ち時計1.30.7
13年  9着グランプリボス    持ち時計1.31.3
14年  8着ワールドエース   持ち時計1.31.4


どいひーwww
マイルの持ち時計1位は要らないってことでおk?

マイルCS~攻略案①~

過去5年の血統データ
マイルCS血統

良馬場のここ2年は父サンデー系が1~3着独占。時計勝負の京都ではディープ産駒の強さは周知の事実w
11年からディープ産駒が参戦してますが稍重の2年は【0・0・1・6】ですが良馬場の近2年は【2・1・1・7】と強さを発揮。
今年の登録馬は6頭。良馬場なら今年も絡んで来ることは間違いないでしょう。

まずはディープ産駒のチョイスからやってみようw

年齢
3歳 【0・0・0・5】
4歳 【0・0・1・3】
5歳 【1・1・1・4】
6歳 【1・0・0・1】


⇒若い馬が不振で年取ってる方が優勢というw
  特に3歳馬は全圏外wマルセリーナ、ミッキーアイル、リアルインパクトのGI馬は掲示板にすら載れず。
  4歳馬も連対なしで3着は稍重の時の牝馬ドナウブルー。ただ去年一昨年は4歳ディープ産駒の出走がないので何とも(^^ゞ

前走着順
1~3着  【1・1・2・6】
4着以下 【1・0・0・7】

着差
0.3秒差以内 【2・1・2・9】
0.4秒差以上 【0・0・0・4】

⇒前走好走馬が馬券圏内に来るパターン。前走4着以下で勝ったダノンシャークも0.3秒差と大きく負けておらず、
  前走大敗のディープ産駒は狙い下げやw

母父血統
ノーザンダンサー系 【1・1・2・3】
ミスプロ系       【1・0・0・2】
それ以外       【0・0・0・8】

⇒圧倒的にノーザンダンサー系との相性が良い(・∀・)

馬体重
460キロ以下 【2・0・2・4】
462キロ以上 【0・1・0・9】

⇒ディープ産駒らしく軽い馬が複勝率5割越えwちなみに牡馬に限定すると460キロ以下【2・0・1・1】
  重いので来たのは去年のフィエロ

では登録馬6頭をチェック!

ダノンシャーク    (7歳・前走4着0.3・母父ノーザンダンサー系・前走446キロ
フィエロ        (6歳・前走2着0.2・母父ノーザンダンサー系前走506キロ
サトノアラジン    (4歳・前走2着0.0・母父ノーザンダンサー系・前走526キロ
トーセンスターダム (4歳・前走1着・母父ミスプロ系前走496キロ
ヴァンセンヌ     (6歳前走18着1.9・母父ターントゥ系・前走502キロ
リアルインパクト   (7歳・前走12着1.0・母父セントサイモン系・前走530キロ

満点はおらんかった(^^ゞ有力は2頭。
7歳が微妙なラインだがそれ以外はクリアしたダノンシャーク。
00年以降、7歳以上で馬券圏内はカンパニーのみなのがネックだが去年と同じようなステップでチャンスはあるか。

ついでフィエロ。こちらは馬体重が引っかかったが自身が去年連対しており問題はなさそう。
こちらは去年と全く同じローテでの参戦で圏内は堅そうだが勝ちはなさそうw

4歳2頭がどうなるかだがアラジンは重賞未勝利がネックでこちらも勝ちはなさそうw
スターダムはどう考えても騎手がアカン(苦笑)
そしてともに池江厩舎だが過去10年で池江厩舎のマイルGI【1・0・0・15】というのがかなり不安(^^ゞ
短距離重賞の厩舎じゃないんよね~06年朝日杯ドリームジャーニー以来圏内すらないw

ヴァンセンヌとリアルインパクトは消しでいいでしょう。


ではディープ産駒以外の注目血統をサラっとww

父サンデー系と同じくらい重要視が母父ノーザンダンサー系。去年は1~3着独占で過去5年で3勝しており注目。
そして過去5年で4勝のボールドルーラー系、毎年3着以内を出してるネヴァーベンド内包
2年連続2着、サプレザやダノンヨーヨーも好走しており人気馬で持ってると面白いリボーが要注目か。

推奨馬
アルマワイオリ  (父マツリダゴッホ、母父ピルサドスキー、ボールドルーラー&ネヴァーベンド内包)
アルビアーノ   (父ハーランズホリデー、母父アンブライドルド、ネヴァーベンド&セクレタリアト内包)
クラリティスカイ  (父父クロフネ、母父スペシャルウィーク、ボールドルーラー&ネヴァーベンド&ミスプロ内包)


ディープを除いた中ではこちらの3頭が推奨馬wくしくも3歳3頭(^^ゞ
アルマワイオリはサンデーxノーザンダンサー系でボールドルーラーにネヴァーベンド内包と過去の好走血統に合致。
関西圏では【1・2・0・1】で全て掲示板と走っており上りのかかる展開になれば一発の期待。

アルビアーノはエーシン2頭と同じ父ストームキャット系。瞬発戦になったら分が悪そうだがうまくスローに落として
早めに仕掛けて出し抜ければ。

クラリティスカイは逆に高速決着が得意なだけに時計の出る京都の馬場がもしかしたら得意なんじゃないかという見立てw
関西馬だが初の京都、前走こそ崩れたがマイルは【2・1・1・1】と一番向く舞台なのでは?
あとは前走の大敗の原因がなんなのかというのが気になるところ(^^ゞ

エリザベス女王杯&福島記念~最終戦略~

エリザベス女王杯

◎ラキシス
○ヌーヴォレコルト
▲クイーンズリング
★タッチングスピーチ
△スマートレイアー
△シュンドルボン
△マリアライト


堅いww
本命はラキシス
GI勝ちのある5歳馬で当日人気の馬は信頼度高く、今年は牡馬混合戦ばかり使ってた経験が
牝馬限定戦で爆発するでしょう。鞍上ムーアで鉄板軸。

対抗はヌーヴォレコルト
こちらも牡馬混合戦でもまれた経験が生きるはず。ただ岩田が現在41連敗中と大不振ww
ここも2~3着の可能性高しw

3番手は3歳馬からクイーンズリングをチョイス
シュタルケがやや不安だがこの枠で先行出来れば逆転の目も。

タッチングスピーチはルメールの手腕次第。前走のように後方過ぎると届かないのでなんとか中団より前に。

あとは実力の割に今年は人気のないスマートレイアー
血統的にキングマンボ系が熱いシュンドルボンとマリアライトまで。


福島記念

◎ファントムライト
○シャイニープリンス
▲バロンドゥフォール
★メイショウナルト
△ミトラ
△フレイムコード
△ヤマカツエース


軸は乗れてる吉田隼人のファントムライトで(・∀・)
穴なら小回りが合うシャイニープリンス

エリザベス女王杯~攻略案①~

エアスピネル強かったな~これは来年まで楽しみや(・∀・)

武蔵野S&デイリー杯2歳S~最終戦略~

明日は全国的に雨模様なんですね~馬場悪化すると予想がややこしくなるから面倒やw

武蔵野S
◎タガノトネール
○モーニン
▲ニシケンモノノフ
★ノンコノユメ
△ゴールデンバローズ
△チャーリーブレイヴ


本命はタガノトネール
馬場が悪化すればおのずとタイムは速くなりそうで前が止まらなくなると予想。
前走でマイルGI連対と距離のメドも立ち、今回はモーニンとの一騎打ちのような気がするw

対抗はそのモーニン
前走が強い内容で同世代のノンコノユメと3キロ差はデカイw
ただ重賞が初ということで壁にぶち当たる可能性もある点でタガノトネールを上に取ってみた。

三番手はニシケンモノノフ
鞍上がノリに強化され馬場悪化もポラリスSの内容からプラスに出そうで内からスタート決めて先手取れば面白い。

ノンコノユメはやはりこの馬格で3歳での58キロは非常に厳しいと思い実力は認めても相手が無難かなと。

他はムーアで実力発揮出来れば怖いゴールデンバローズ
前走重馬場で快勝したチャーリーブレイヴまで。


デイリー杯2歳S
◎エアスピネル
○リッチーリッチー
▲シュウジ
★ラハトケレブ
△テイエムハヤブサ
△ナイトオブナイツ
×デピュティスカイ


本命はエアスピネル
これは週明けから決めてましたw大きく馬場が悪化するとどうかと思うけど普通に走ればここは通過点。
出来れば先行して欲しいけどユタカさんだから溜めそうやな~(^^ゞ

対抗はリッチーリッチー
馬場が悪化すればサドラーの血が騒ぐwシュウジとの間に割って入るならこれかな。

三番手はシュウジ
個人的にはあまり強いとは思ってないんだけど他もそんなでもないので仕方なく3番手w

ラハトケレブは3戦で上り最速を記録しており時計のかかる展開で末脚を伸ばせそうなイメージ

他では前走稍重を上り最速で勝ったテイエムハヤブサ
今の京都が合いそうなハービンジャー産駒のナイトオブナイツ
馬場が予想以上に悪化すればダートで堅実なデピュティスカイまで押えるかな。

福島記念~攻略案②~

アジア2次予選はさっさと終わって早く最終予選にならんかね~つまらんw

武蔵野S~攻略案②~

侍ジャパン3連勝(・∀・)これで予選突破は間違いないでしょう。
次アメリカに勝って1位突破といきますかねw

エリザベス女王杯~攻略案②~

過去5年のラップデータ
エリ女ラップ

基本上りのかかるレース展開だったがここ2年はラスト3ハロンは34秒前半、しかもラスト1ハロンは
11秒3、11秒2とかなり速くなっており最後までしっかり伸びる馬が狙い目か。

過去5年で上り1位は【3・0・3・2】、過去10年で見ても【4・2・5・3】と好成績。

ただ過去5年の3勝はスノーフェアリー2勝、重のメイショウマンボとちょっと怪しい気配w
血統傾向のロベルト系と同じやww過去10年内での勝ち馬もう1頭は宝塚勝って前走秋天5着からの
ピーク時のスイープトウショウということでめっさ強い馬や重馬場巧者が勝ってるだけで実は上り最速は不振なんじゃ?

という仮説を立ててみるw
2着2回も5歳時のスイープと4角3番手から上り最速だったフサイチパンドラですし(^^ゞ

データ的にも前走上り1位の馬は不振傾向で過去10年【1・0・3・23】
逆に上り4位以下が【6・6・3・79】と圏内の数では圧倒w

ということで上り性能よりも中団より前に付けられる馬で勝ち馬を見つけ出したい。
目安としては4角7番手以内で上り5位以内。

中団より前で好走した馬のポイント
①前走重賞
②前走2200m以下
③4歳以下
 (5歳以上なら前走4角5番手以内で連対)
④前走斤量55キロ以上
 (54キロ以下なら牡馬混合重賞で連対)
⑤重賞勝ちorGI連対実績


該当馬
クイーンズリング
タッチングスピーチ
ヌーヴォレコルト


3頭しか残らずww
最有力はヌーヴォレコルトか。

ここで3歳馬の好走ポイントも探ってみましょう★

過去5年で6頭の連対馬を出してる3歳馬。勝ち馬2頭は上り1位だったスノーフェアリーとメイショウマンボ。
残りの4頭は4角4番手以内だったという点に注目。

過去10年でエリ女で4角8番手以下だった3歳馬は【0・0・0・26】と全滅w
中団より前に付けれない3歳馬は要らんということ。

そして前走4角10番手以下だった馬も【1・1・1・22】

圏内3頭はルメールマジックで4角3番手から押し切ったリトルアマポーラ
大逃げ2頭を捕まえに行って4角3番手で回ったものの時すでに遅しで3着だったブエナビスタ
そして去年のヌーヴォレコルトもエリ女では終始3番手から2着と
3頭とも本番では4角では3番手以内という積極策にしたのが良かったということに。

上記の2頭クイーンズリングとタッチングスピーチですが両馬とも前走4角10番手以下(苦笑)
ルメールがアマポーラのように先行出来るのか?
シュタルケがローズSのようにクイーンズリングを先行させられるのか?

これがクリア出来れば今年はこの3歳2頭が怖い存在になりそう(・∀・)

エリザベス女王杯~攻略案①~

今週からトミー・ベリーとムーアが来日するらしいんですが、トミーベリーって誰?ww

過去5年の血統データ
エリ女血統

去年は4連勝中だったロベルト系に注目しましたがスノーフェアリー2回と重馬場での2勝ということでいまひとつ信頼してなかった
ですが案の定連勝ストップw今年も該当は不振真っ只中のメイショウマンボのみなので新たな傾向を探ってみますw

そこで目についたのがミスプロ系(・∀・)
過去5年でミスプロ内包が4勝、さらになんと現在キングマンボ内包が5年連続3着という珍記録ww
今年の注目はキングマンボ系ということにしてみましょう♪

それともうひとつの重要血統がヌレイエフ。キンカメが絡んでるのも大きいですがそれ以外でも
アヴェンチュラ、ヴィルシーナ、ヌーヴォレコルトと連絡みしており毎年圏内馬を出してます。


そしてこちらは去年と今年の秋の京都開催種牡馬成績ですがトップ2は一緒ですが3位以下に大きく変化が。
1調査依頼

去年は未勝利だったハーツクライ産駒がすでに3勝、さらにメイショウサムソン産駒も3勝という結果が(・∀・)
トニービン系とサドラー系が走ってるということはやはり開幕前にエアレーションをした影響が出ているということでしょうか?
馬場が柔らかくなってスピードプラスパワーもいる馬場なのかも。加えて週末は今週も雨予報w
ただディープがすでに去年の勝ち鞍に追いつく勢いというのもこれまた面白い(^^ゞ
この秋の京都ディープxミスプロ系は【3・2・1・0】ですよ♪

推奨馬
シュンドルボン    (父ハーツ、母父エルコン、トニービン&リファール&ヌレイエフ&サドラー&ボールドルーラー内包)
マリアライト      (父ディープ、母父エルコン、リファール&ヌレイエフ&サドラー&シアトルスルー内包)
タガノエトワール   (父キンカメ、母父サンデー、トニービン&ヌレイエフ&ノーザンテースト内包)
パワースポット    (父スズカマンボ、母父パラダイスクリーク、キングマンボ&ヌレイエフ&リファール&ニジンスキー内包)
メイショウマンボ   (父スズカマンボ、母父グラスワンダー、キングマンボ&ヌレイエフ&ニジンスキー内包)
ヌーヴォレコルト   (父ハーツ、母父スピニングワールド、トニービン&リファール&ミスプロ&セクレタリアト内包)


今年の注目は母父エルコンドルパサーの2頭でしょう(・∀・)
シュンドルボンは秋の京都好調のハーツ産駒で母父がキングマンボ系、トニービン&サドラー持ちと馬場渋っても
問題なさそう。現在3連勝中と勢いもありますが初重賞&初関西と壁も大きいw
来日後未勝利のアッゼニとともに最大の惑星ならこれか(・∀・)

マリアライトは現在秋の京都パーフェクト圏内中のディープ×ミスプロ系の組み合わせ。
前走は牡馬相手に健闘しており輸送もマーメイドで経験して好走してるので大丈夫そう。
京都外回りに好調のエビちゃんとなればこちらも期待したいところ(・∀・)

他では今年唯一のキンカメ産駒のタガノエトワールが穴、去年の雪辱狙うヌーヴォレコルトが人気では一番か。

マンボはもう終わってる感、パワースポットは抜群の血統相性ながらさすがにオバアチャンww

福島記念~攻略案①~

4重賞なんで駆け足で行きましょうw

過去5年の血統データ
福島記念血統

馬場が荒れてる最終週の福島ということでトニービンやサドラー系の好走が目立つのが特徴。
サンデー系が基本だがこちらもマーベラスサンデー、トーセンダンス、アドマイヤベガなどマイナーなサンデー系や
ダンス、マンカフェ、ネオユニとパワー系タイプを狙うのがいい感じ。

そしてここ3連勝中のノーザンテースト内包も要注意。

1調査依頼

そして今開催の福島芝1800m以上の種牡馬成績を見るとキンカメが3勝とトップながら注目はナスルーラ系の好走の多さw
ジャンポケのトニービンやカンパニーなどのグレイソヴリン、この開催穴開けまくってるコンデュイットのネヴァーベンドには要注目。
さらに父では勝ち鞍ないが母父で2勝してるサドラー系も外せないところ。

推奨馬
メイショウナルト  (父ハーツ、母父カーネギー、トニービン&ニジンスキー&リファール&ネヴァーベンド内包)
ネコタイショウ   (父サムライハート、母父ダンシングブレーヴ、トニービン&ミルリーフ&ノーザンテースト&ネヴァーベンド内包)
フレイムコード   (父タヤスツヨシ、母父オペラハウス、グレイソヴリン&ノーザンテースト内包)
ファントムライト  (父オペラハウス、母父サンデー、ノーザンテースト内包)
ノットフォーマル  (父ヴァーミリアン、母父マンカフェ、サドラー&ノーザンテースト内包)


人気的に面白い馬が揃ったw
去年3着、七夕賞でも僅差の勝負をしたナルト。トニービン系サンデーのハーツに母父サドラー系と
ここでは抜群の相性を誇る。去年より0.5減の斤量で臨む今年はいかに。

ついで評価はネコタイショウとフレイムコード。前者はトニービン系のサムライハートに母父は欧州血統のダンシングブレーヴ。
ノーザンテーストにネヴァーベンド内包、斤量51キロで大逃げ出来る鞍上が乗れば面白いw
後者はグレイソヴリン系サンデーのマイナータヤスツヨシで母父は特注のサドラー系オペラハウス(・∀・)
前走は人気薄ながら府中牝馬で4着に健闘。福島は1戦1勝、洋芝で結果も出てるし力のいる馬場は得意な口か。

人気しそうだけどサドラー系×サンデーのファントムライトも有力、距離が微妙だがうまくペース落とせればノットフォーマルも。


過去5年のラップデータ
福島記念ラップ

スタートして直線が続くため前半ペースが流れ前傾ラップになることが多い。
向正面でペースが緩み4コーナーの下りでペースがあがる。

過去5年で4回は4角2番手以内の馬が優勝しており基本的には先行有利、
かと思いきや最終週で内が荒れて外差しが届くこともあり過去5回で上り最速は【1・2・2・0】とどちらからでも狙える感。

上り最速候補ポイント
①斤量55キロ以下
②前走4角7番手以下
③前走馬体重460キロ以上
④牡馬
⑤前走上り4位以下
⑥6歳以下
⑦前走1600~2000m


ファントムライト
バロンドウォール
マデイラ
ヤマカツエース


斤量軽く、馬体重が重い若い差し馬といったとことか。
この中ではファントムライトが無難な感じだが出て来ればヤマカツエースあたりは面白そう。

先行馬のポイント
①前走重賞
②前走2000m以下
②前走4角5番手以内


ノットフォーマル
フレイムコード


ここは先行して重賞実績のある牝馬2頭に注目。
ちなみに前走秋華賞は【1・1・0・0】わかるな?(笑)

武蔵野S~攻略案①~

過去5年の血統データ
武蔵野S血統

まずはミスプロ系が主力でしょうw
現在父or母父ミスプロ系が5連勝中。勝ち馬はミスプロ系から探して行きましょう(・∀・)

ついでほぼ必須と思われるのがボールドルーラー内包w過去5年で13/15となっておりこちらも特注血統。
特にシアトルスルー内包には注目したいところ。

そしてキンカメ以外父父米国血統なのにも注意しておきたい。


推奨馬
ツクバコガネオー  (父キンカメ、母父エーピーインディ、ノーザンダンサー&ボールドルーラー&バックパサー内包)
タガノトネール    (父ケイホーム、母父キンカメ、父父ゴーンウェスト、ボールドルーラー内包)
ノンコノユメ      (父トワイニング、母父タキオン、父父フォーティーナイナー、ラジャババ内包)
モーニン        (父ヘニーヒューズ、母父ディストテッドヒューマー、父父ヘネシー、セクレタリアト内包)
ゴールデンバローズ (父タピット、母父マヤコフスキー、父父プルピット、ミスプロ&ストームキャット内包)
ニシケンモノノフ   (父メイショウボーラー、母父アフリート、ストームキャット&セクレタリアト内包)


人気しそうな2頭ノンコノユメとモーニンは不安なしといったところ。勝ち馬はこの2頭のどっちかかな?
毎回人気するゴールデンバローズより伏兵くらいで面白そうなのはタガノトネールとニシケンモノノフ。
前者はミスプロ×ミスプロ、前走でGI連対、プロキオンでもコーリンベリーとクビ差とここでもやれる実力あり。
後者は父が同舞台のGI勝ちでアフリートにストームキャットとこの舞台はユニコーンS以来だが大崩れなさそうで穴で一考(・∀・)


過去5年のラップデータ
武蔵野Sラップ

芝スタートからの直線とあって前半は速くなりやすく前傾ラップが基本。

狙いとしては先団~中団でそれなりに上がって来れる馬とまぁごくごく普通な結論(笑)

ちなみに前走ダート戦で4角10番手以下で上り3位以下は【1・1・0・28】とダメダメな結果w(00年以降)

目安としては前走ダートで先行or上り最速で好走してる馬を注目馬としてピックアップしてみたい。


推奨馬
モーニン        (前走上り最速で1着)
ノンコノユメ      (前走上り最速で1着)
ベルゲンクライ    (前走上り最速で2着)
グレープブランデー (前走4角3番手で2着)
タガノトネール     (前走4角先頭で2着)
チャーリーブレイヴ  (前走4角6番手上り2位で1着)
ニシケンモノノフ    (前走4角4番手で2着)


ここでもノンコノユメとモーニンは堅軸w
そしてタガノトネールとニシケンモノノフもよしww

デイリー杯2歳S~攻略案①~

2週続けて4重賞とかやめていただきたいw

過去5年の血統データ
デイリー杯2歳S血統

サンデー系が強く過去10年で父サンデー系が8勝、母父サンデー系が1勝となってますw
勝ち馬は父or母父サンデー系からでしょう(・∀・)

ついで注目はミスプロ系。去年一昨年とミスプロ内包が勝っており、毎年3着以内に好走馬が出てます。
特に母方にミスプロ持ちの馬が多くその辺に注目。

他ではナスルーラ系が結構目立っておりネヴァーベンド、グレイソヴリン、プリンスリーギフトなどは注意か。

4、5回京都2歳戦種牡馬成績
1調査依頼

ディープ、キンカメの両巨頭に割って入る今年好調なダイワメジャー、そして固め打ちのあったハービンジャーが上位。
さらに今年注目してるネオユニ系のヴィクトワールピサも健闘(・∀・)

推奨馬
クラウンドジャック    (父ピサ、母父アフリート、バックパサー内包)
ウォーターミリオン    (父ハーツ、母父ロックオブジブラルタル、リファール&トニービン&ネヴァーベンド内包)
シュウジ          (父キンシャサ、母父キングマンボ、ロベルト&リファール内包)

メイプルキング      (父キンカメ、母父ダンス、ノーザンダンサー&ミルリーフ&ネヴァーベンド内包)
エアスピネル       (父キンカメ、母父サンデー、ノーザンテースト&ミルリーフ内包)
パティスティーニ     (父キンカメ、母父サンデー、ノーザンテースト&ミルリーフ内包)


ビシっと来る馬がいないのでサンデー系とキンカメで無難にww
人気なさそうだがヴィクトワールピサ×アフリートのクラウンドジャックは馬場が渋ったら怖いw
順当ならシュウジとエアスピネルでしょう(^^ゞ


過去5年のラップデータ
デイリー杯2歳Sラップ

過去5年で上り2位以内が【4・4・2・2】と上り使える馬を探しましょうw
単純に前走1着&前走2人気以内&上り2位以内&1400m以上の馬で【3・4・1・1】と大半を占める。

推奨馬
エアスピネル
バティスティーニ
リッチーリッチー


はいこの3頭でww
バティスティーニとリッチーリッチーは黄菊賞に行きそうな雰囲気なのでエアスピネル一択かな(笑)

アルゼンチン共和国杯~最終戦略~

印だけw

アルゼンチン共和国杯

◎ゴールドアクター
○スーパームーン
▲プロモントーリオ
★ラブイズブーシェ
△レーヴミストラル
△マイネルフロスト
△メイショウカドマツ



オマケのみやこSw

◎ローマンレジェンド
○クリノスターオー
▲アスカノロマン
△ダノンリバティ
△カゼノコ
△マイネルクロップ

アルゼンチン共和国杯~攻略案②~

明日は2重賞ともつまらなそうw

京王杯2歳S~最終戦略~

先週は差し決着だった前残りで大波乱だったり東京の馬場は読みにくいw

◎トウショウドラフタ
○シャドウアプローチ
▲ボールライトニング
★レッドカーペット
△キングライオン
△フジマサアクトレス
△アドマイヤモラール


本命は週明けから決めてたトウショウドラフタw
前走も狙ってたもののマイルは明らかに長い感。今年2歳戦で注目してるネオユニ系サンデーで距離短縮の
この舞台は絶対向くはず。外枠も今の馬場ならいい方に出るとの願望も込めてww

対抗はシャドウアプローチ
速い流れの方が向きそうで血統的にジャンポケにフレンチならコース替りもプラスに働きそう。
ルメールが前走後「長くいい脚を使う」と言ってたのも魅力。

3番手はボールライトニング
大外というのがどう出るかだが、前走の走りが伸びしろ十分な感じで父ダイワメジャーとなればここは押えておきたい1頭。
ここで勝ち負けしたらこの先かなり楽しみになりそうw

★評価はレッドカーペット
イタリアの新星アッゼニが日本でどんな騎乗を見せるか楽しみだがその初重賞がこの馬。
スローな流れになったら最内が逆に仇となりそうな気がするが(^^ゞ差し馬ならこの馬が一番かな。

他では前走は出遅れて最後方になってしまったものの上り最速で追い込んだキングライオン
今回牝馬は基本軽視したが前走同舞台を上り最速で勝ったヴォクトワールピサ産駒のフジマサアクトレス
距離短縮が良さそうなアドマイヤモラールまで。

レッドラウダとモーゼスは非常に悩むところ(^^ゞ
GO TOP