産経大阪杯~攻略案①~

過去5年のラップデータ

大阪杯血統

過去5年で父サンデー系が5連勝中、母父ノーザンダンサー系が4勝とオルフェ以外はサンデー×ノーザンダンサーが勝ち馬の血統傾向。
過去10年で見ても父サンデー系が7勝、母父ノーザンダンサー系が7勝で
勝ち馬10頭中9頭はどちらかに該当し例外1頭は父オペラハウスのテイエムアンコール。

そして過去10年で母父サンデー系は未勝利となってますw

さらに注目はボールドルーラー系内包馬。
過去5年で4勝、2着3回、3着3回と毎年馬券圏内に来てます。

ポイント
★父サンデー系
★母父ノーザンダンサー系
★ボールドルーラー系内包


注目馬
ショウナンパンドラ  (父ディープ、母父フレンチデピュティ、ボールドルーラー内包)
タッチングスピーチ  (父ディープ、母父サドラー、ボールドラッド内包)
ヌーヴォレコルト   (父ハーツ、母父スピニングワールド、セクレタリアト内包)


今年も勝つのは牝馬かな?w


過去5年のラップデータ
大阪杯ラップ

去年は不良馬場で後半時計かかって前傾ラップでしたが基本はゆったり流れての瞬発戦。
過去5年で上り最速が【3・1・0・1】、上り2位が【1・2・1・1】ですべて4着以内。
内回りでも差し追い込みが届く展開。

今週から内回りのBコースに替わるだけに先週の中京のように高速馬場にならないとも限らないw
となると同じくらいの上りなら少しでも前にいる馬が良さそうだが33秒前半の脚が使えれば後ろからでも届きそう。
とりあえずは土曜の馬場チェックですな。

注目馬
ショウナンパンドラ (天皇賞秋4着、上り33.4)
イスラボニータ    (マイルCS3着、上り33.0)
ラブリーデイ     (京都大賞典1着、上り32.3)


高速馬場で究極の上り勝負になったらイスラは出遅れてのものなので今回は
パンドラvsラブリーデイの感。

多少上りのかかる馬場ならタッチングスピーチとアンビシャスに浮上の余地。
スポンサーサイト

春の新ドラマ紹介☆彡

さて、4月を前に早めにお馴染みのやっておきますか(笑)

新ドラマ紹介のコーナー!イエ━━━━━(σ・∀・)σ━━━━━ッイ!!!

まずは1~3月期のドラマを振り返ってみます(・∀・)
見る前の期待度は、

★★★★★=『ヒガンバナ』 『フラジャイル』
★★★★=『お義父さん』 『怪盗山猫』 『ナオミとカナコ』
★★★=『火村英生』 『スペシャリスト』 『家族ノカタチ』
★★=『いつかこの恋を』 『わたしを離さないで』


で、見終わったあとの満足度は、

★★★★☆=『ナオミとカナコ』 『ダメなわたしに』 
★★★★=『フラジャイル』『お義父さん』 『スペシャリスト』
★★★= 『ヒガンバナ』『火村英生』『怪盗山猫』『家族ノカタチ』

途中離脱=『いつかこの恋を』
見てない=『わたしを離さないで』


まさかのダークホースだったのが深キョンとディーンの「ダメなわたしに恋してください」
深キョンがかわいすぎたのと初めて見たディーンフジオカがかっこよすぎた(笑)
全く期待してなかったのにトップ評価というw

「ナオミとカナコ」は最終回までハラハラドキドキの展開で非常にハマったんだがやはりラストでしょうね~
あの終わり方はハッピーエンドの展開ならまだしもバッドエンドで使っちゃダメw
まぁ捕まるの前提で終わるという流れで、逃げる内田有紀と広末涼子を乱暴に取り押さえるシーンを流したくない(流せない?)
という事情があったのかもしれんがそれにしてもほかにきっちり決着つける終わり方の方がよかったなぁ。
その分の★4.5評価w

「フラジャイル」はまぁ期待してたラインは越えてくれたかなと。ただ若干尻つぼみ感。
序盤は長瀬がろくでもない医者を叩き潰すという構図で面白かったが、徐々に流れが変わってしまい
最後も中途半端な感じで、半沢直樹やドクターXと比べると物足りなかったw

シリアスなものが多かった中でダメ恋とこの「お父さんと呼ばせて」が笑えてハートフルなストーリーで楽しめましたね(・∀・)
エンケンさんはやっぱこわもての役よりコメディの方が面白い♪

「スペシャリスト」は謎解きという点で見てて毎回飽きなかったかな。1~3月期のドラマでは視聴率トップと結果も出てたし。
ただ草なぎ君の演技はどうも苦手かもww

「ヒガンバナ」は期待してた分ガッカリ感がwあとDAIGOの演技が下手w

「怪盗山猫」は小ネタとかは面白かったし堀北真希の野ブタコンビ復活は地味に感激したw
けど最後の真相がイマイチで微妙。

「火村英生」はそもそも主演の2人が俺には合わなかった(笑)

「家族のカタチ」はまぁ可もなく不可もなくw

月9は有村架純のかわいさを上回るストーリーのつまらなさで第一章終わった時点でリタイアww
今まで数々のドラマ見てきたけどあのタイミングで見るのやめたのってたぶん初めてかも(苦笑)
基本ある程度見たら最後まで必ず見る派だったんだけどw
視聴率的にも平均9.7%とどうやら月9史上最低記録を更新した模様ww

では春の新ドラマ紹介の方へいきましょう(・∀・)クリック

高松宮記念~最終戦略~

高松宮記念
◎ミッキーアイル  (2着)
○アルビアーノ   (3着)
▲ビッグアーサー      (1着)
★サトノルパン      (18着)
△ウリウリ         (9着)
△レッツゴードンキ    (8着)
△ハクサンムーン     (11着)
△エイシンブルズアイ   (5着)




おまけのマーチS
◎バスタータイプ  (2着)
○マイネルクロップ  (13着)
▲イッシンドウタイ   (4着)
★ドコフクカゼ      (3着)
△ショウナンアポロン  (1着)
△サンマルデューク   (11着)

今日の注目馬 #17

毎日杯&日経賞~最終戦略~

毎日杯
◎ロワアブソリュー  (5着)
○スマートオーディン  (1着)
▲アーバンキッド  (2着)
★タイセイサミット  (3着)
△ディープエクシード  (6着)


日経賞
◎サウンズオブアース  (2着)
○アルバート        (4着)
▲ゴールドアクター    (1着)
★ディサイファ       (5着)
△マリアライト       (3着)

マーチS~攻略案②~

今日の注目馬 #16

高松宮記念~攻略案②~

日経賞~攻略案②~

毎日杯~攻略案②~

マーチS~攻略案①~

中山開催過去5回の血統データ

マーチS血統

とにかくロベルト内包を買っておけばOKw
あとは13年まではミスプロ系だったのがここ2年はノーザンダンサー系にシフトチェンジしてる感。
サンデー系☓ノーザンダンサー系がトレンドか。

そして今開催の中山ダート1800mはキンカメ産駒が好調で【4・3・2・8】と複勝率5割越え。

この3点に注目してみます。


注目馬
マイネルクロップ   (父クロフネ、母父サンデー、ミスプロ&ロベルト内包)
ヒラボクプリンス   (父ストラヴィンスキー、母父ダンス、ロベルト&ミスプロ内包)
バスタータイプ    (父ホワイトマズル、母父ブライアンズタイム、キングマンボ&リボー内包)
グランドシチー    (父キンカメ、母父ブライアンズタイム、レイズアネイティヴ&リボー内包)
イッシンドウタイ   (父スズカマンボ、母父スラヴィック、キングマンボ&レイズアネイティヴ内包)
ドコフクカゼ     (父ワイルドラッシュ、母父フレンチ、リボー&ロベルト&ミスプロ内包)


今年はロベルト内包が多いw
その中でも連覇を狙うマイネルクロップ、3連勝中で勢いのあるバスタータイプが狙い目か。


中山開催過去5回のラップデータ
マーチSラップ

基本前傾ラップ。
テンが速くて中盤緩んで上りのかかるレース展開。

そして去年も注目した「上り2位」の好走w
なぜか上り2位が過去5回で【2・3・0・2】と毎年連対中。
2位じゃダメなんですか?いや!最速じゃなく2位でいいんです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

そんな古いネタはおいといてw

RPCI・43以下、PCI3・48以下で好走してる馬や中山ダートでの好走実績馬を狙いたいところ。

注目馬
キープインタッチ  
バスタータイプ
モズライジン
イッシンドウタイ
サンマルデューク

日経賞~攻略案①~

4重賞しんどいわ~

過去5回の中山開催血統データ
日経賞血統

簡単にいきましょうw
★サンデー系☓ノーザンダンサー系
★トニービン内包


この2点でw

注目馬
アルバート      (父アドマイヤドン、母父ダンス、トニービン&ノーザンテースト内包)
ホッコーブレーヴ  (父マーベラス、母父ダンシングブレーヴ、ノーザンダンサー&フォルティノ内包)
サウンズオブアース (父ネオユニ、母父ディキシーランドバンド)
フラガラッハ      (父デュランダル、母父トニービン)


ここはアルバートに期待(・∀・)


中山開催過去5回のラップデータ
日経賞ラップ

  
過去5回で上り最速が【3・1・0・1】、上り2位が【1・2・2・1】合わせて【4・3・2・2】と速い上りを使える馬を狙いたい。

しかしながら4角5番手以内の馬が4勝、7連対とポジショニングも大事。

上り2位以内の馬をあぶり出して行きましょう

上り2位以内だったで6歳以上馬は【2・2・0・0】
圏内4頭中3頭は前走中山で上り2位以内。例外1頭は前走JCだったホッコーブレーヴ

4~5歳は【2・1・2・2】
圏内5頭は前走2400m以下。距離短縮組は上り出せずw

★6歳以上は前走中山で上り2位以内か中山以外のGI戦
★5歳以下は前走2400m以下


上り2位以内だった馬で前走中山以外は【2・2・1・1】うち関東馬は【1・1・0・0】
上り2位以内だった馬で前走中山は【2・1・1・1】うち関西馬は【1・0・1・0】

★関東馬なら前走中山以外、関西馬なら前走中山だった馬が狙い目

上り2位以内だった前走GⅡorGIで4角7番手以下は【3・3・2・0】

★前走4角7番手以下が狙い目

枠は1~4枠が【1・0・0・1】なのに対し5~8枠が【3・3・2・1】と外枠優勢

注目馬
フラガラッハ
アルバート
サウンズオブアース
ディサイファ
ホッコーブレーヴ

高松宮記念~攻略案①~

過去4年の血統データ
宮記念血統

改修されて今年で5回目の宮記念。
パッと見で目につくのがボールドルーラーやミルリーフ、グレイソヴリン内包馬の圏内が多くナスルーラ系には要注意でしょう。
この3つを内包してなかったのはエアロヴェロシティだけ。
今年はここに焦点を合わせていきたい。

2016年中京開催12~1400mの種牡馬成績
2016中京芝12~14

今年の中京短距離戦は父サンデー系が強い傾向。
特に牡馬で人気のディープは信頼度高い感。

もう1頭はマンカフェ。勝ち星、回収率でディープを上回り穴ならこっちか。

オマケ情報
サクラバクシンオー産駒の宮記念(00年以降)【1・0・1・19】
 ⇒勝ち馬は02年ショウナンカンプ、3着は06年シーイズトウショウ
  もう10年圏内馬なし

サクラバクシンオー産駒GI成績(過去10年)【2・3・2・72】
 ⇒連対5回はいずれもグランプリボスでマイル戦のもの。
  1200mGIは【0・0・2・40】
  09年スプリンターズのカノヤザクラ3着以来圏内なし



注目馬
ミッキーアイル  (父ディープ、ボールドラッド&ノーザンダンサー内包)
ハクサンムーン (父アドマイヤムーン、ミルリーフ&ノーザンテースト&ボールドラッド内包)
レッツゴードンキ (父キンカメ、ミルリーフ&ノーザンテースト内包)
スノードラゴン  (父アドマイヤコジーン、ノーザンテースト&ミルリーフ内包)
ヒルノデイバロー (父マンカフェ、ボールドネシアン内包)


ミッキーアイルが最有力でしょうか。松山くんが不安ですがw
あとは過去に好走のあるスノードラゴンとハクサンムーンの高齢馬。
穴なら人気落ちのドンキとマンカフェのヒルノデイバロー。


過去4年のラップデータ
宮記念ラップ

速かったり遅かったりラジバンダリw
時計が出ても8秒台ですがここ2年は馬場が悪かったのでどうか。
先週土曜は不良馬場で行われただけに今週の馬場チェックはしっかりしておきたいところ。

ポジショニングが重要で過去4年、前走4角7番手以下の馬は【0・2・1・31】と分が悪い。
圏内3頭は前走重賞3着以内でカナロアとサンカルロは当日3人気以内。
スノードラゴンは当日不良馬場が味方したのは明白で追い込み差しで結果出してた馬は
当日人気の実力馬かなんらかのアシストがないと厳しい感。

宮記念で見ても4角7番手以下は【1・3・1・41】で前述の3頭プラス
前走重賞勝ちで当日2人気以内とストレイトガールとドリームバレンチノ。

基本前走好走馬&人気馬が活躍するレースで人気薄で狙うなら
前走重賞好走してるのに人気なしか前走先行して負けてての人気落ちを狙うのがベター。

人気馬
ミッキーアイル    (前走逃げ切り勝ち・当日上位人気)
ハクサンムーン   (前走逃げて連対・当日上位人気)


人気薄
ウリウリ        (前走先行してちょい負けで人気落ち)
レッツゴードンキ   (同上)
エイシンブルズアイ (前走重賞好走してるが人気なさそう)
ローレルベローチェ (同上)


人気薄なら前走ともに2人気と高い支持を受けながら圏外に負け今回は人気落ち必死の牝馬2頭と
前走重賞で好走していながら鞍上がGIでは荷が重いということで人気落ちそうな2頭w

毎日杯~攻略案①~

過去5年の血統データ
毎日杯血統

とりあえずサンデー系、とくにディープを買っておけば良しw
という流れだったが去年は一転してキングマンボ系を父or母父に持つ馬が1~3着独占。

とりあえず過去5年で必ず3着以内に来てるディープは注目も今のところ出走しそうなのはディープエクシードくらいで今年は流れが変わるかもw
去年1~3着のキングマンボ系にあるようにミスプロ系は要注意、。
あとはボールドルーラー系、ノーザンテースト内包、そしてフレンチやストームキャット、ロベルト系などダート血統保持も面白い。


注目馬
ロワアブソリュー  (父ロブロイ、母父ミスプロ系、シアトルスルー内包)
トーアライジン   (父デュランダル、母父ミスプロ系、ノーザンテースト&ボールドラッド内包)
ドゥオーモ      (父ディープ、ミスプロ&ロベルト内包)
タイセイサミット   (父ダイワメジャー、母父エンドスウィープ、ノーザンテースト内包)
ディープエクシード (父ディープ、母父ミスプロ系)


ミスプロ内包でシアトルスルーが効いてきそうなロワアブソリューが一番手。
ディープ産駒では出てくるか微妙だが出てくれば重い印を打ちたいドゥオーモでしょう。
意外と舞台が向きそうなタイセイサミットも人気が落ちれば。


過去5年のラップデータ
毎日杯ラップ
 
血統傾向と同じようにこちらも非常にわかりやすいw上り最速の馬を買っておけば良しww
後半の最速ラップが11秒前後になりやすくトップスピードの質が問われる感じ。
ギアチェンジについていけて直線でギュンと伸びる馬を探しましょうかw

過去5年で上り最速は【3・2・0・1】
着外は前走未勝利勝ちだったパドルウィール。

上り最速馬のポイント
①前走上り3位以内
②前走条件戦or重賞
③1~5枠
④ラス2で11.3以下で
 ★上り最速で連対(重賞なら3着以内)
 ★上り2位で1着


注目馬
ロワアブソリュー

該当馬1頭wレプランシュも該当だが回避ということで(´・ω・`)ショボーン
ロワアブ内枠引いたら鉄板(笑)

前走上り3位を除けばスマートオーディンとアーバンキッド
前走未勝利を気にしなければドゥオーモとアイファープリティ

フラワーC~最終戦略~

◎アオイサンシャイン  (6着)
○ゲッカコウ        (2着)
▲フェイスベロシティ   (11着)
★エンジェルフェイス   (1着)
△ラブリーアモン      (7着)
△キモーヴ         (4着)
△ペルソナリテ       (15着)

今日の注目馬 #15

阪神大賞典&スプリングS~最終戦略~

阪神大賞典
◎シュヴァルグラン
○アドマイヤデウス
▲カレンミロティック
★トーホウジャッカル
△タンタアレグリア


スプリングS
◎ロードクエスト
○マイネルハニー
▲ハレルヤボーイ
★ミッキーロケット
△マウントロブソン
△ドレッドノータス

フラワーC~攻略案①~

今日の注目馬 #14

ファルコンS~最終戦略~

◎シゲルノコギリザメ (3着)
○ブレイブスマッシュ   (2着)
▲トウショウドラフタ         (1着)
★ペイシャフェリシタ        (17着)
△シュウジ              (12着)
△ショウナンライズ         (8着)
△メイショウシャチ          (16着)

スプリングS~攻略案①~

今日の注目馬 #13

阪神大賞典~攻略案①~

フラワーC~攻略案①~

中山開催過去5回の血統データ
フラワーC血統


スプリングSと同じくサンデー系強しで毎年2頭は父or母父サンデー系。
特にゼンノロブロイ産駒は【1・2・1・3】と複勝率5割越えwwただ今年も該当馬なし(´・ω・`)ショボーン

次いで注目はミスプロ系とロベルト系。
ミスプロ系サンデーのロブロイ以外では母父ミスプロ系とキングマンボ系がここ数年で好走が目立つ。
先週のシュンドルボンしかり今年の中山芝重賞でキングマンボ系が躍動中。

2016年中山芝重賞
父キングマンボ系  【2・2・2・6】
母父キングマンボ系 【1・1・0・1】 


7レースに出走して実に8頭が圏内で馬券に絡まなかったのはAJCCのみ。
キングマンボ系保持には常に目を光らせておきましょうw

そしてここ数年穴を開けてる馬の特徴がリボー内包馬。

注目馬
フェイスベロシティ  (父キンカメ、母父スペシャル、ヴァイスリージェント&トニービン内包)
アオイプリンセス   (父キンカメ、母父シングスピール、ロベルト内包)
ラブリーアモン    (父ソングオブ、母父ライアン、サンデー&トニービン内包)
ルフォール      (父キンカメ、母父サンデー)
エンジェルフェイス  (父キンカメ、母父テラノラン)

フジマサアクトレス  (父ヴィクトワールピサ) 


過去キンカメ産駒は去年のロッカフラベイビーのみだが今年は4頭も参戦。
キングマンボ系含め5頭のどれかは来るはずw
中でもトニービン内包のフェイスとラブリー、ロベルト内包のアオイプリンセスは要注意。
とくに亡くなったメジロライアンの血を引くラブリーアモンは今度こそで必ず押さえた。

さらにミスプロ系サンデーつながりでピサ産駒のフジマサアクトレスにも注目。

中山開催過去5回のラップデータ
フラワーCラップ

特徴としては序盤はペースが速くならず比較的仕掛けの遅いラス2最速戦になることが多くスピードのある馬に注目したいところだが、
例年、今の中山開催は馬場が悪くなってきて時計が掛かる傾向になっておりややタフな馬場になるのでポジショニングが大事なレースでもある。

ただ一昨年から馬場が変わり中山も高速化してる感じで去年は1分50秒を切ってきてる。
今年も開幕週の中山記念でドゥラメンテが過去10年では最速となるタイムで勝っている。

しかし先週は週中の雨の影響からか時計は開幕週よりはかかっており標準並み。

スローで好成績を上げてきた馬より速い流れで先行して好走してる馬をチョイスしたい。

注目馬
エテルナミノル
エンジェルフェイス


スプリングS~攻略案①~

中山開催過去5回の血統データ
スプリングS血統

サンデー系が強く過去5年で父or母父サンデー系じゃなかったのはGI馬アジアエクスプレスのみ。
去年はディープとその兄ブラックタイドで1~3着という結果w

あとは5連勝中のボールドルーラー系内包馬、ノーザンテーストとノーザンダンサー内包が強い。
またエンドスウィープやフレンチデピュティ、ストームキャットなどダート血統内包にも要注意。


注目馬
マウントロブソン  (父ディープ、母父ミスターグリーリー、ボールドルーラー内包)
ハレルヤボーイ  (父トーセンファントム、母父キンカメ、トニービン&ノーザンテースト内包)
マイネルハニー  (父マツリダゴッホ、母父ナリタブライアン、ボールドルーラー&ノーザンダンサー内包)
ロードクエスト   (父マツリダゴッホ、母父チーフベアハート、ボールドルーラー&ノーザンテースト内包)
ケンホファヴァルト (父マーベラス、母父トニービン、ノーザンダンサー&セクレタリアト内包)


ロードクエストが人気でしょうが一発逆転の目があるならマウントロブソンかハレルヤボーイかなと。


中山開催過去5回のラップデータ
スプリングSラップ

基本ペースは上がらず平均~スローになり4角位置取りを見ても分かるように前に行った馬が優勢。
連対10頭中8頭が4角5番手以内。残り2頭でも7番手と差し一辺倒の馬にはやや厳しい感じ。

ちなみに過去5回で前走「上り5位以下で4角3番手以下」は【0・0・0・15】
勝ち馬は全馬前走4角5番手以内で3着以内だった。とくに東京競馬場で先行してた馬には要注意。

前走で上り上位の馬、もしくは先行してた馬を狙うのがベター。

注目馬
ドレッドノータス
マイネルハニー

ハレルヤボーイ
マウントロブソン



勝ち馬候補はユタカさんが逃げたら怖いドレッドノータス、
前走東京で逃げ切り勝ちのマイネルハニーか。
マウントロブソンは前走後方からのマクリと小倉がネックw
ハレルヤボーイは前走こそ先行したが控えてくる可能性も高そうなので2~3着候補か。

フィリーズレビュー&中山牝馬S~最終戦略~

フィリーズレビュー
◎ダイアナヘイロー (4着)
○ナタリーバローズ   (16着)
▲キャンディバローズ    (3着)
★エイシンピカソ   (11着)
△ソルヴェイク   (1着)
△クードラパン   (17着)
△リルティングインク (6着)



中山牝馬S
◎アーズライズ  (8着)
○レイヌドネージュ  (10着)
▲シングウィズジョイ   (15着)
★シュンドルボン     (1着)
△クインズミラーグロ    (16着)
△ルージュバック       (2着)
△ハピネスダンサー     (5着)

今日の注目馬 #12

中山牝馬S~攻略案①~

中日新聞杯~最終戦略~

◎サトノノブレス  (1着)
○ファントムライト   (2着)
▲ヒストリカル         (9着)
★ヤマニンボワラクテ    (4着)
△アングライフェン      (12着)
△ショウナンバッハ      (11着)
△ケツァルテナンゴ      (8着)

今日の注目馬 #11

GO TOP