青葉賞~最終戦略~

◎アルカサル    (10着)
○ヴァンキッシュラン (1着)
▲マイネルハニー   (8着)
★レッドエルディスト  (2着)
△メートルダール   (5着)
△プロディガルサン  (4着)
△レーヴァテイン    (3着)
スポンサーサイト

今日の注目馬 #26

青葉賞~攻略案②~

天皇賞(春)~攻略案②~

天皇賞(春)~攻略案①~

過去5年の血統データ

天皇賞春血統

ポイント
★父サンデー系(特注ステイゴールド、ハーツクライ)
★グレイソヴリン内包
★凱旋門賞血統
★リボー、ノーザンテースト内包


現在3連覇中のステイゴールド産駒、過去5年で4回馬券に絡んでるハーツクライは注目。
2012年はワンツスリー、ここ2年は2~3着のグレイソヴリン内包馬、5年連続連対中のリボー内包馬は要注意。


注目馬
フェイムゲーム   (父ハーツ、母父リボー系、トニービン&ノーザンテースト内包)
マイネルメダリスト (父ステイ、母父アサティス、ノーザンテースト&リボー内包)
タンタアレグリア  (父ロブロイ、サドラー&リボー内包)

青葉賞~攻略案①~

青葉賞血統

過去5年の血統データ

ポイント
★父サンデー系×母父ノーザンダンサー系
★ヌレイエフ内包
★ディープ産駒


去年は人気薄の該当馬2頭だけで撃沈しましたが基本サンデー×ノーザンダンサー系が強いレース。
特にディープ産駒は好成績で【1・2・3・8】で勝ちは1つながら回収率が単175円、複168円とディープ産駒にしては
珍しく大きくプラスw
母父ノーザンダンサー系に限れば【1・2・1・2】で好走率も回収率も跳ね上がる。

もう一つヌレイエフ内包が毎年馬券圏内に絡んでおり注目。

注目馬
プロディガルサン (父ディープ、母父ストームキャット、ヌレイエフ内包)
ヴァンキッシュラン (父ディープ、母父ガリレオ)
アルカサル     (父ドリームジャーニー、母父ロックオブジブラルタル


臨戦過程だけがネックですが血統的にはプロディガルサンはもってこいの舞台。
同じくディープ×ノーザンダンサー系のヴァンキッシュランも同舞台は向きそう。
中山の方が向いてそうだがアルカサルにはフェノーメノの期待w

マイラーズC&フローラS~最終戦略~

マイラーズC
◎アルバートドック (5着)
○レッドアリオン (14着)
▲テイエムイナズマ  (10着)
★ダノンリバティ  (12着)
△ケントオー      (8着)
△ケイティープライド  (7着)


フローラS
◎パールコード (2着)
○エマノン    (13着)
▲シークザフューチャ   (16着)
★ビッシュ    (5着)
△ゲッカコウ       (8着)
△ファイアクリスタル  (10着)
△エルビッシュ     (17着)

今日の注目馬 #25

フローラS~攻略案②~

福島牝馬S~最終戦略~

◎リーサルウェポン  (10着)
○アースライズ     (4着)
▲シャルール      (2着)
★ノットフォーマル   (16着)
△キャットコイン    (15着)
△ウインリバティ    (11着)
△ハピネスダンサー  (6着)

今日の注目馬 #24

福島牝馬S~攻略案②~

フローラS~攻略案①~

過去5年の血統データ
フローラS血統

ポイント
①父ターントゥ系(ステイゴールド注目)
②キングマンボ系保持
③ロベルトorトニービン内包


注目馬
アウェイク     (父ディープ、ロベルト内包)
ショコラーチ    (父キンシャサ、母父グラスワンダー、ノーザンテースト&リアルシャダイ内包)
トウカイシェーン  (父ダイワメジャー、ノーザンテースト&ロベルト内包
クロスコミア    (父ステイ、母父ボストンハーバー、サドラー&ノーザンテースト内包)
ゲッカコウ     (父ロージズインメイ、母父シンクリ、シアトルスルー内包)
エマノン      (父ハーツ、トニービン&シアトルスルー内包)


距離実績ないが母父グラワンでリアルシャダイ内包しているショコラーチが意外とおもしろいかも。
あとはステイ産駒のクロスコミア、勝ちはなさそうだが2~3着に粘りこみそうなゲッカコウ、
トニービン保持では安定感のあるエマノンか。


過去5年のラップデータ
フローラSラップデータ

重馬場だった11年を除き基本スローの後傾ラップ。
去年までは上り1~2位で4勝と開幕週の瞬発戦とあって勝つには速い上りを使える馬が優勢だったが
去年はこちらも開幕週とあって前も止まらないのもまた事実w
ワンツーは2~3番手の馬となり前残りの結果に。ただし逃げ馬は過去5年【0・0・0・5】で逃げ切りはアカンw

上り速い馬も先行馬も狙うとなるとほぼ全馬やないか~い!wということでどんな馬が好走レンジに入って来るか絞りましょう(・∀・)

過去5年の上り1~2位で馬券圏内に来た馬に共通してる点。
①前走上り3位以内
②前走1800m以上
③前走牝馬限定戦なら1人気。牡馬混合なら5人気以内
 (勝ち馬4頭は前走2人気以内)


今年の該当馬
シークザフューチャ (新馬牡混 上り1位 2人気)
パールコード     (ミモザ賞 上り2位 1人気)
ビッシュ        (牡混500万 上り2位 2人気)



続いて4角5番手以内からの好走馬をセレクト。こちらは数が多いので全馬共通ではなくだいたい共通項目で(テキトー/笑)

①前走牝馬限定戦(10頭中9頭)
②前走条件戦以上(10頭中9頭)
③過去4角5番手以内で連対(10頭中9頭)
④1~3月生まれ
⑤前走1800m以上


今年の該当馬
ゲッカコウ
パールコード
バレエダンサー

福島牝馬S~攻略案①~

過去5年の血統データ
福島牝馬S血統

ポイント
①グレイソヴリン内包
②ボールドルーラー系内包
③長距離血統


過去5回の傾向からはこの3点。
トニービンを筆頭にとにかくグレイソヴリン内包がよく来るレース。去年は高速決着でタイムが速く
グレイソヴリンお呼びでない状態でしたがw
今週からBコースに替わり馬場がどうなるかだが、先週のように時計がかかるようならグレイソヴリン内包は狙い目。

ボールドルーラー系内包は過去5回で3勝、2着2回と毎年連絡みしておりこちらは積極的に狙いたいところ。

そして去年2着のリラヴァティと12年2着コスモネモシンの母父シングスピール、おととし3着ピュアブリーゼは母父パンドレセレブル。
ジャンポケやゼンノロブロイなど長距離血統が穴を開けるパターンがちょいちょいあるので穴狙いならその辺か。

ここで先週までの福島芝18~2000mの血統成績を見てみると
3調査依頼

4調査依頼

過去の傾向と似たように父トニービン系の成績がよく、ジャンポケは6頭中5頭が掲示板確保。
そしてロベルト系も走っており、特に母父がグレイソヴリン系のタニノギムレット、母父ボールドルーラー系のシンボリクリスエスが
好走しており、福島牝馬Sにはいないので平場で狙いましょうw

注目馬
シャルール      (父ロブロイ、母父グレイソヴリン系)
ミナレット       (父スズカマンボ、ロベルト内包)
クインズミラーグロ (父マンカフェ、母父グレイソヴリン系、シアトルスルー内包)
オツウ         (父ハーツクライ、母父トウカイテイオー、トニービン&ロベルト内包)
ノットフォーマル   (母父マンカフェ、サドラーズウェルズ&シアトルスルー内包)
フレイムコード    (母父オペラハウス、グレイソヴリン内包)


結構穴っぽいところがいて面白い(・∀・)
時計がかかる良ならグレイソヴリン系内包してるミラーグロにオツウ、馬場が悪化すればフレイムコードあたり。


過去5回のラップデータ
福島牝馬Sラップデータ

大逃げが多くレースラップがあまり参考にならない感じだがw
3コーナーからペースが上がって来る傾向で差し馬はコーナーで加速出来ないとラスト届かない。
前に行く馬はいかに前半無理せずにペースアップするところでリードを保てるか、長くいい脚を使えるかがカギ。

注目馬
シャルール
メイショウスザンナ
リーサルウェポン
アルマディヴァン
ウインリバティ
キャットコイン


4走前の福島でのレースが強かったシャルールはここでも人気に応える可能性は高そう。

小倉で後方からマクって好走歴のあるリーサルウェポン、福島初も小倉3戦3勝のウインリバティが穴候補。
マイルで速い流れを快勝してるキャットコインの復活に賭けるのも面白い(・∀・)

皐月賞~最終戦略~

◎リオンディーズ   (5着)
○アドマイヤダイオウ  (9着)
▲ロードクエスト  (8着)
★サトノダイヤモンド  (3着)
△マカヒキ      (2着)
△エアスピネル   (4着)
△ナムラシングン  (7着)
△ディープマジェスティ (1着)

今日の注目馬 #23

今日の注目馬 #22

皐月賞~攻略案②~

皐月賞~攻略案①~

中山開催過去5回の血統データ
皐月賞血統

ここ最近はキングマンボ系の好走が目立ち単勝10倍以下なら【1・1・1・1】と4頭が4着以内。
もちろん父or母父サンデー系は必須といったところでエイシンフラッシュ以外は該当。
去年は1人気サトノクラウンがノーサンデーで圏外へw

そしてもうひとつの注目は『欧州血統保持』
ここ5回では

15年 ドゥラメンテ      (母母トニービン系)
14年 ウインフルブルーム (父母ニジンスキー系)
13年 ローエングリン    (父サドラー系
     エピファネイア    (母母サドラー系)
10年 ヒルノダムール    (母父ニジンスキー系)


血統的にはスピードプラススタミナが必要な背景。
あとは毎年3着圏内を出してるヌレイエフ内包に注意。

注目馬
リオンディーズ  (父キンカメ、母父スペシャル、サドラー&ヌレイエフ内包)
エアスピネル   (父キンカメ、母父サンデー、ヌレイエフ内包)
ディーマジェスティ (父ディープ、母父ブライアンズタイム、サドラー内包)


最有力は血統構成的に皐月賞向きなリオンディーズ。
一発あるなら馬場渋ったら歓迎そうなディーマジェスティ(・∀・)


中山開催過去5回のラップデータ
皐月賞ラップデータ

ここ3年は2分を切る高速決着になっており馬場改修して馬場がよくなった影響もあり今年も通常なら高速決着で予想したいところだが
どうやら日曜日は雨予報wややこしや~(苦笑)

水曜から木曜にかけてもかなり雨降ったのでパンパンの良馬場は望めそうにもない。
ならば時計がかかる想定で予想を進めていきましょうw

参考にするのはゴールドシップの勝った12年とヴィクトワールピサが勝った10年。
ともに稍重開催でタイムは2分1秒前後。レースの上りは35.9、38.4と上りのかかる展開。
上り最速はヒルノダムール35.0、ゴールドシップ34.6。

稍重程度でおさまれば追い込みも効く流れで前はなかなか残れない感。
過去に18~2000mで上り34秒後半以上で上り上位で勝ち切ってるような馬が狙い目か。
2戦とも上位人気の馬で決着してるのでOPクラスのレースで記録してるのが望ましい。

注目馬
アドマイヤダイオウ  (若葉S 36秒0 2位 1着)
ディープマジェスティ (共同通信 34.9 1位 1着)
ナムラシングン    (若葉S 35.6 1位 2着)
マウントロブソン   (スプリング 35.7 3位 1着)
ロードクエスト     (スプリング 35.0 2位 3着)
プロフェット      (京成杯 34.6 3位 1着)
 

重賞勝ちのマジェスティとロブソンが穴としては狙い目か。
重くらいまで悪化するなら若葉S組は要注意。

桜花賞~最終戦略~

◎シンハライト     (2着)
○メジャーエンブレム (4着)
▲ジュエラー      (1着)
★レッドアヴァンセ   (7着)
△ウインファビラス   (12着)
△ラベンダーヴァレイ  (6着)
△アットザシーサイド   (3着)

今日の注目馬 #21

阪神牝馬S&ニュージーランドT~最終戦略~

阪神牝馬S
◎アンドリエッテ (8着)
○カフェブリリアント (4着)
▲スマートレイアー  (1着)
★アイライン      (10着)
△ミッキークイーン   (2着)
△ストレイトガール   (9着)


ニュージーランドT
◎ダンツプリウス (1着)
○キャプテンペリー (8着)
▲サーブルオール   (7着)
★レインボーライン   (5着)
△マディディ       (10着)
△アストラエンブレム  (4着)
△ハレルヤボーイ    (6着)

今日の注目馬 #20

桜花賞~攻略案②~

NZT~攻略案②~

NZT~攻略案①~

過去5年の血統データ
NZT血統

ポイント
★母父ノーザンダンサー系
★ミスプロ内包
★ダート血統や短距離血統が狙い目


注目馬
ボールライトニング (父ダメジャー、母父ヴァイスリージェント系)
レインボーライン  (母父ヴァイスリージェント系)
アストラエンブレム (父ダメジャー、母父ウォーエンブレム)
キャプテンペリー  (父クロフネ、母父ネオユニ)
マディディ      (父スキャットダディ、ミスプロ内包)



過去5年のラップデータ
NZTラップデータ

ポイント
★前走500万以上&1400m以上の坂のあるコースで上り2位以内
★前走マイル戦で4角4番手以内で1着

注目馬
アストラエンブレム
カープストリーマー
キャプテンペリー
サーブルオール

桜花賞~攻略案①~

過去5年の血統データ
桜花賞血統

すっかり有名な「桜花賞のディープ産駒」
連勝は4で止まったものの去年も2~3着にきっちり来ており今年も有力馬が数頭、きっちり圏内にくるでしょうw
去年はペースが異常だったので例外的になったとみてw今年は定石通りディープ×ノーザンダンサー系を狙いうち(・∀・)

そして最近のトレンドはここ2年で1勝、3着2回のトニービン内包、
4年連続圏内出してるミスプロ内包か。

注目馬
レッドアヴァンセ    (父ディープ、母父ダンシングブレーヴ、ナスルーラ内包)
ラヴェンダーヴァレイ (父ディープ、母父フレンチデピュティ、ボールドルーラー内包)
シンハライト      (父ディープ、母父シングスピール)
ブランボヌール    (父ディープ、母父バクシンオー、ミスプロ内包)


ソルヴェイグ      (父ダメジャー、母父ジャンポケ、ノーザンテースト内包)


桜花賞基本ラインならレッドアヴァンセとラヴェンダーヴァレイ。
穴なら去年の2~3着パターンのブランボヌール、前走重賞勝ちも評価低そうな母父トニービンのソルヴェイグ。


過去5年のラップデータ
桜花賞ラップデータ

去年のは無視しましょうw
今年はメジャーエンブレムがいるので道中11秒台を刻む締まった流れになりそう。

阪神JF 12.5-10.9-11.4-12.1-11.8-11.7-11.5-12.6
クイーン 12.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.2-11.6-11.9


メジャーエンブレムが刻むラップについていった先行馬はつぶされるやーつ。
しかしあまりにも後ろ過ぎると届かないパターンのやーつ。
中団につけて上りを使える馬を狙いうち(・∀・)

注目馬
メジャーエンブレム
アットザシーサイド
シンハライト
ジュエラー

産経大阪杯&ダービー卿CT~最終戦略~

産経大阪杯
◎ショウナンパンドラ (3着)

○ラブリーデイ  (4着)
▲キタサンブラック   (2着)
★アンビシャス     (1着)
△タッチングスピーチ  (9着)
△ヌーヴォレコルト    (6着)


ダービー卿CT
◎エキストラエンド (7着)
○キャンベルジュニア  (8着)
▲ダイワリベラル   (4着)
★アルマワイオリ   (12着)
△インパルスヒーロー (10着)
△ロゴタイプ       (2着)
△サンライズメジャー  (5着)

今日の注目馬 #19

ダービー卿CT~攻略案②~

GO TOP