宝塚記念~最終戦略~

◎キタサンブラック  (3着)
○シュヴァルグラン   (9着)
▲ステファノス  (5着)
★タッチングスピーチ (12着)
△マリアライト    (1着)
△サトノノブレス   (8着)
△トーホウジャッカル (15着)
スポンサーサイト

今日の注目馬 #42

宝塚記念~攻略案②~

宝塚記念~攻略案①~

過去5年の血統データ

宝塚記念血統

相変わらずグランプリ最強種牡馬ステイゴールド強しw過去5年で3勝。
そして父はサンデー系とキングマンボ系で14/15と圧倒的(^^;注目は母父に。

母父のポイントとしては
①長距離血統(トニービン、メジロマックイーン、ダンスインザダーク)
②米国ダート血統(ストームキャット、エーピーインディ、アンブライドルド、フレンチデピュティ)


さらに注目はノーザンテースト内包馬
現在7連勝中となっております(・∀・)

他ではレイズアネイティヴ、ニジンスキー、ボールドルーラー系内包にも注目。

注目馬
ラブリーデイ   (父キンカメ、母父ダンス、トニービン&ノーザンテースト内包)
ドゥラメンテ    (父キンカメ、母父ダンス、トニービン&ノーザンテースト内包)

ステファノス    (父ディープ、母父クロフネ、ミスプロ内包)
ラストインパクト  (父ディープ、母父ティンバーカントリー、レイズアネイティヴ内包)


今年は好メンバーで多くの該当馬がいる感じw
全て挙げてもアレなんでキンカメとディープから2頭ずつピックアップ。
キンカメからはともにトニービンとノーザンテースト内包してるラブリーとドゥラメンテが有力。
ディープからは母父がダート血統のステファノスとラスパクが面白い。
人気もそこそこだろうし血統的な穴候補はこの2頭かな。

宝塚記念ラップ

過去5年のラップデータ

ここ2年は前半62秒台と後傾ラップとなりましたが基本的には60秒前後からの前傾ラップになる感じ。
今年は有力馬のキタサンが逃げ先行なのでそこまでスローにはならなさそうだが・・

共通項は速かろうが遅かろうが上りは35秒以上かかるという点。そして上り最速馬の成績が抜群という点w

00年以降上り最速馬の成績は【7・7・0・1】と完璧に近い(^^ゞ
さぁ毎度おなじみ上り最速馬を探すお仕事のお時間です(笑)

ポイント
①レース上り35秒以上での成績が良い
②阪神芝で上り最速で最速で1着経験
③前走上り5位以内
④5歳以下


注目馬
アンビシャス     (①【3・0・0・0】 ②有 ③前走上り2位 ④4歳)
シュヴァルグラン  (①【3・3・3・0】 ②有 ③前走上り4位 ④4歳)
タッチングスピーチ (①【2・1・2・2】 ②有 ③前走上り2位 ④4歳)


アンビシャスとタッチングスピーチはローテが微妙なので最有力はシュヴァルグランでしょう。
上りのかかる展開で強いし阪神で3勝してるしユーイチがしれっと2~3着あると思いますww
ペース速くなってバテ差しの展開ならタッチングスピーチの強襲もありそう。

夏の新ドラマ紹介★

さて、梅雨真っ最中ですが早く来い来い夏休み!ということでw

新ドラマ紹介のコーナー!イエ━━━━━(σ・∀・)σ━━━━━ッイ!!!

まずは4~6月期のドラマを振り返ってみます(・∀・)
見る前の期待度は、

★★★★★=『グッドパートナー』 『99.9』
★★★★=『ラヴソング』 『9係』 『世界一難しい恋』
★★★=『重版出来』 『結婚できしな』『捜査一課長』『ゆとりですがなにか』
★★=『お迎えデス』 


で、見終わったあとの満足度は、

★★★★★=『重版出来』 『99.9』『グッドパートナー』
★★★★☆=『ゆとりですが』『世界一難しい恋』
★★★★=『結婚できしな』
★★★= 『9係』『捜査一課長』『お迎えデス』
★★=『ラヴソング』



予想を上回る面白さだったのが「重版出来」
黒木華を全然知らなかったので始まる前はどうかと思ってたけど、内容まず良かったし主人公のキャラを筆頭に
漫画家や編集者も個性豊かで見てて飽きなかったですね~♪
特に最終回は秀逸で五百旗頭が賞を取ると見越して資料用意してたり三蔵山先生が若手の漫画家に宣戦布告した場面とか震えたw

期待してた弁護士ドラマ「99.9」と「グッドパートナー」も上々のデキで毎回楽しめた♪
99.9は毎回細かい笑いのネタやサブいダジャレがクセになる(笑)有罪をひっくり返すというパターンも好きなやつw
グッドパートナーは想像通り竹野内豊と松雪泰子のコンビが抜群に良かった(・∀・)
レッドや熱海のキャラも面白かったし毎回上位に来るドラマは脇役がちゃんとしてるわ。

そして完全に尻上がりだったのが「世界一難しい恋」
序盤はとにかく大野君のわざとなのか大根なのか微妙な演技が見るに堪えないかと思ってたもののw
見続けていくにつれて完全にクセになってしまうという(笑)
最後の方は逆にあれが面白くて毎週の楽しみにw波瑠の笑顔も素晴らしく猛追して4.5評価w

「ゆとりですがなにか」もさすがクドカンだけあって笑いがありながらも
しっかり心に響くような内容になってて最後まで飽きなかったね。
ただクドカンのこーゆうドラマって毎回視聴率は取れないんだよな~「ごめんね青春」も個人的には良かったと思ったけど
結局一桁止まり(^^;

「結婚できないんじゃなくて」は藤木直人と中谷美紀のあの掛け合いが抜群に面白かった♪
ただそれ以外とところがいまいち盛り上がりにかけてちょっと物足りなさもあった分若干評価下って感じw
最後も結局藤木とくっついたのかどうかはっきりしない終わり方がナオミとカナコパターンのやつやしww

「9係」と「捜査一課長」は刑事モノの安定感でまずまず。
9係は今回もイノッチとみちこちゃんは結婚せずでいい加減にしてw
捜査一課長は最終回がまだ残ってるけどラストが2時間ならシリーズ化しそうやね。

「お迎えデス」は途中で見るの辞めようかと思ったけどなんとか最後まで見れたw
麦ちゃんが途中から活躍しだしたのが良かったかなw

月9はついに福山で月9史上過去最低の視聴率を叩きだしてしまったわ(苦笑)
やっぱ福山のラブストーリーって微妙なんだよなぁ
視聴率は平均8.5%で有村架純のやつを下回った(^^;

ちなみに今期の最高は松潤の99.9が平均17.1%でダントツ。
2位が大野君のセカムズで12.8%と嵐のワンツー決着w

では春の新ドラマ紹介の方へいきましょう(・∀・)クリック

今日の注目馬 #41

今日の注目馬 #40

ユニコーンS~攻略案②~

ユニコーンS~攻略案①~

ユニコーン血統

過去5年の血統データ

時期変更の13年以降、ミスプロ系の台頭が目立つ。ここ3年は馬場が渋ってるというのも関係してるか?
他ではヴァイスリージェント、ボールドルーラー系保持が強い印象。
ダートの割にはサンデー系の好走も多し。

注目馬
クインズサターン (父パイロ、母父クロフネ、サンデー内包)
ゴールドドリーム (父ゴールドアリュール、母父フレンチ、ミスプロ&ボールドルーラー内包)
ノーモアゲーム  (父ハイアーゲーム、母父フレンチ、セクレタリアト内包)
ピットボス      (父ゴールドヘイロー、母父フレンチ、ミスプロ&ボールドルーラー内包)
イーグルフェザー (父ネオユニ、母父エルコレドール、シルヴァーデピュティ&レビュアー内包)


ユニコーンラップ

過去5年のラップデータ

上り最速が毎年3着以内に入っておりまずは上り最速を探すお仕事w
そして前走4角3番手以内の馬が毎年連対。

基礎スピードがあって先行出来る馬か上り性能高い馬の対決。

前走4角3番手以内の好走馬
★前走4着以内
★前走OPor古馬混合戦


該当馬
グレンツェント
ゴールドドリーム


上り最速を探せ!
★前走OPor重賞
★前走3着以内
★前走上り2位以内


該当馬
ストロングバローズ
マイネルバサラ

今日の注目馬 #39

エプソムC~攻略案①~

マーメイドS~攻略案②~

今日の注目馬 #38

マーメイドS~攻略案①~

過去5年の血統データ
マーメイドS血統

ポイント
★リファール内包
★グレイソヴリン内包
★キングマンボ内包


注目馬
シュンドルボン  (父ハーツ、母父エルコン、トニービン&リファール内包)
タガノエトワール (父キンカメ、母父サンデー、トニービン内包)
ナムラアン     (母父サンデー、トニービン&リファール内包)


圧倒的にシュンドルボンw


マーメイドSラップ

過去5年のラップデータ

過去5年で上り1~2位の成績が【4・1・4・1】と抜群。
ちなみに上り最速は【3・1・1・0】
では上り最速探しの旅に出ましょうw


前走条件戦組
★前走芝&5歳以下&53キロ以下
 ①前走上り2位以内で連対
 ②前走初&4角3番手以内で0.5秒差以内


どちらか該当

該当馬
レッドオリヴィア (①②)
リラヴァティ   (②)
セウアズール  (②)



前走OPクラス組
★前走芝&5歳以下&54キロ以上
 ①前走牡馬混合重賞
 ②前走GIで0.8秒差以内
 ③前走55キロ以上で上り最速


いずれかに該当

今年は該当馬がいなかったww

上り最速は条件戦からの馬になりそうです(・∀・)
過去の戦績からセウアズールとレッドオリヴィアに注目!
ただセウアズールは回避の見込みw

安田記念~最終戦略~

◎サトノアラジン
○モーリス
▲ロサギガンティア
★リアルスティール
△クラレント
△イスラボニータ

今日の注目馬 #37

今日の注目馬 #36

安田記念~攻略案②~

安田記念~攻略案①~

過去5年の血統データ

安田記念血統

去年がちょっと過去の傾向と違ってしまったので悩ましいところ。
ひとまずここ3年で見ると父サンデー系に母父ノーザンダンサー系が強い感じ。
あとは東京マイルGI血統のボールドルーラー内包、
ストームキャットのようなダート血統と去年1、3着の凱旋門賞血統を母父に持つ馬を狙ってみる。

注目馬
レッドアリオン   (父タキオン、母父ダンシングブレーヴ、ボールドルーラー内包)
クラレント      (父ダンス、母父ダンシングブレーヴ)
サトノアラジン   (父ディープ、母父ストームキャット、ボールドルーラー内包)
リアルスティール (父ディープ、母父ストームキャット、ボールドルーラー内包)
モーリス      (父スクリーンヒーロー、母父カーネギー)



過去5年のラップデータ
安田記念ラップ

基本前傾ラップになる感じ。去年は平均ペースに近い感じだがこれでも安田の平均だと遅い部類w
例年通りなら前半45秒台か早ければ44秒台なんだが、今年は何といっても頭数が少ない(苦笑)
現時点で11~12頭立てっぽいのでもしかしたらNHKマイルやVMのように46秒台という可能性も無きにしも非ずw

このペースでも意外というか毎年上り1位か2位が連対しており上り性能あるを狙うというのも手。
少頭数で団子からの瞬発戦ならよりその傾向がハマりそう。

ポイント
①前走GⅡorGI
②前走東京or京都or阪神
③前走14~2000m
④前走0.9秒差以内
⑤馬体重470キロ以上
⑥前走上り
 ⇒★2位以内
   ★3位以下なら過去にマイルGIで上り最速の実績あり


注目馬
イスラボニータ
サトノアラジン
ロサギガンティア
GO TOP