スプリンターズS~攻略案②~

過去5回のラップデータ
スプリンターズSラップ

こちらも馬場改修前と改修後とで傾向が変化しつつある。
去年はまさかのテン34.1というGIとは思えない遅さで後傾ラップw
今年は純粋な逃げ馬というのがいないものの、前走でビッグアーサーがテン32秒台で逃げ切り勝ち
今回も最内枠ということで展開がどうなるか非常に難しい(^^;

改修後の傾向からテンは速くなりにくく上りが33秒台が出やすい馬場になってる感。
ビッグアーサーが今回も飛ばして速い流れになるか、去年のように落ち着くのか・・

★テンが速くなればおそらく前残り&内枠有利
 ビッグアーサー
 ブランボヌール
 ソルヴェイグ
 シュウジ
 ベルカント


★ペースが落ち着けば差しが届きそう
 芝1200mでテン33.5~35秒以下で上り34.5以下の成績(過去2年以内)

ビッグアーサー   【4・2・0・0】
ダンスディレクター 【2・1・0・1】
サクラゴスペル   【1・2・0・0】


ブランボヌール   【1・0・0・0】
レッドファルクス   【1・0・0・0】
シュウジ       【0・1・0・0】
スポンサーサイト

スプリンターズS~攻略案①~

過去5回の血統データ
スプリンターズS血統

とりあえず改修前と後で中山芝の傾向が違い過ぎる問題が発生してるw
サンデー系がさっぱりだった13年までだったのが去年はよもやの1~3着独占とか(苦笑)

今年もサンデー系なのか?それとも去年だけイレギュラーだったのか?

ということで今回は中山芝1200mのデータを調べ
改修前の13~14年春と改修後の14冬~先週までの成績で
明確に変化のあった血統傾向をチラ見せw

3調査依頼
改修前 【7・5・1・43】 12.5% 21.4% 23.2%
改修後 【3・1・5・44】  5.7% 7.5%  17%



5調査依頼
改修前 【3・2・2・28】  8.6% 14.3%  20%
改修後 【1・0・0・8】  11.1% 11.1%  11.1%



4調査依頼
改修前 【1・0・2・12】  6.7%  6.7% 20%
改修後 【3・0・1・12】 18.8% 18.8%  25%


さて狙う馬は・・・w

オールカマー~攻略案②~

神戸新聞杯~攻略案②~

オールカマー~攻略案①~

過去5年の血統データ
オールカマー血統

なんだか最近サンデー系とトニービンしか言ってない気がするのは気のせい?(笑)
神戸新聞杯とほぼ同じ傾向で父or母父サンデー系が圧倒、アーネストリー以外は該当しておりおもんないw
そしてこれまた同じくトニービン内包が現在4年連続連対中となってます(^^ゞ
他ではノーザンテースト内包には注意が必要。

これではあまりにも面白味がないのでもうひとひねりw
トニービン内包で好走した馬の共通点としてノーザンダンサーのクロスがあり、しかも全てが4代前にノーザンダンサーが。
今年は該当馬1頭いますが・・w

そして今開催の中山芝はディープ産駒の成績が良く先週もセントライト記念は1~3着独占。
1800m以上で【3・3・2・6】で1~3人気だと【3・3・1・0】と人気のディープには逆らわない方が無難w

注目馬
マリアライト     (父ディープ、母父エルコン)
サトノノブレス    (父ディープ、母父トニービン)
ワンアンドオンリー (父ハーツ、トニービン&4代目ノーザンダンサー内包)
ツクバアズマオー  (父ステイ、母父ジャイアンツコーズ、ノーザンテースト内包)



過去5年のラップデータ
オールカマーラップ

13年はネコパンチの大逃げのせいで前傾ラップになってますが基本は前半60秒ちょいのペースでラスト2ハロン最速戦。
ただ早めのスパートにもなりやすい傾向もあり単純に瞬発戦といった感じでもなさそう。
過去5回では上り上位が強く、上り1位【3・1・0・1】 2位 【0・2・2・1】 3位 【2・1・0・5】と勝ち馬は全て上り3位以内。

毎度おなじみ上り最速を叩きだせる馬を探すお仕事ですw

★前走2000m以上の重賞
★重賞で4角5番手以内で上り3位以内で連対
★中山芝2000m以上で上り2位以内で1着
 (重賞なら上り3位以内で連対)
★5歳以下or6歳以上は前走57.5キロ以上


注目馬
ゴールドアクター
クリールカイザー

マリアライト

神戸新聞杯~攻略案①~

過去5年の血統データ
神戸新聞杯血統

ローズSに続きサンデー祭りですなw
2400m戦以降の9回で父サンデー7勝、母父サンデー2勝となっております。
ただディープ産駒はまだ勝ちがなく去年もロブロイ産駒のリアファルが1人気のリアルスティールを撃破。
穴狙うならディープ以外の父サンデー系か母父サンデー系からの単系馬券か。

そしてこれまたローズSに続き今週もトニービン内包には注意w
ハーツが3連対、ディープの母父トニービンが2頭圏内と過去5回で4回連対馬を輩出。
去年も馬券圏内には届かなかったがジャンポケ産駒のバイガエシが4着と人気薄であわやのシーン。

他ではボールドルーラー内包、そしてここ2年で5頭圏内のミスプロ内包に注意。

注目馬
カフジプリンス    (父ハーツ、母父シンクリ、トニービン&ミスプロ&シアトルスルー内包)
ジョルジュサンク   (父ピサ、母父ラムタラ、ミスプロ&ネヴァーベンド内包)
ナムラシングン    (父ピサ、ミスプロ&シアトルスルー内包)
レッドエルディスト  (父ロブロイ、母父ダルシャーン、ミスプロ内包)
マイネルラフレシア (父ジャンポケ、母父ダンス、ミスプロ内包)


サトノダイヤモンドから穴狙いの相手に一考w
個人的には距離伸びて良さを出してきそうなジャンポケ×ダンスのマイネルラフレシアに期待。


過去5年のラップデータ
神戸新聞杯ラップ

またまたローズSと同じく上り最速を探すお仕事にw
2400mになった過去8回の上り最速は【5・3・2・0】とパーフェクト圏内(・∀・)
ひとまず上り最速をあぶり出す作業はしておきましょう(・∀・)

★前走重賞以外なら上り35秒未満
★①過去に34秒未満の上りを使ってる
      or
  ②芝全戦で上り3位以内
★前走①重賞なら5着以内
     ②重賞以外は勝ちかタイム差なしの2着
★前走初角5番手以下
★父ノーザンダンサー系以外


以上の条件★5個満たしてる馬が上り最速候補

注目馬
エアスピネル
サトノダイヤモンド
ナムラシングン
ミッキーロケット

秋の新ドラマ紹介★

毎度おなじみ新ドラマ紹介のコーナー!イエ━━━━━(σ・∀・)σ━━━━━ッイ!!!

まずは7~9月期のドラマを振り返ってみます(・∀・)
見る前の期待度は、

★★★★★=『ON』 『神の舌を持つ男』『そして誰もいなくなった』
★★★★=『家売るオンナ』 『刑事7人』
★★★=『好きな人が』 


で、見終わったあとの満足度は、

★★★★☆= 『神の舌を持つ男』『そして誰もいなくなった』 『家売るオンナ』
★★★★=『ON』 『刑事7人』
★★★=『好きな人が』 



今回はほぼ期待した感じと同じ感じだったw
「神の舌を持つ男」は堤幸彦ワールド全開でおもろかった(・∀・)
ただやはり設定が微妙すぎてw向井理のキャラがもうちょい違ってたら大ヒットもあったかもなぁ。
木村文乃と佐藤二朗のコンビがかなり良かったので今後も続いてほしいと思ってたら映画化決定(笑)
平均視聴率5.6%でよく映画化することになったもんだww

「そして誰もいなくなった」はストーリー的には上々のデキで毎回楽しめた♪
ただやはりラスボスがジャニーズの子というのがね、役不足で残念やったわ。
最終回の盛り上がるとこが黒木瞳と藤原竜也との間で一人浮いてて盛り上がりに欠けるというねw
演技が薄っぺらくて早送りしたくなったわ(苦笑)

そして意外と面白かった「家売るオンナ」
まさかの北川景子が面白キャラというw篠原涼子がやったハケンの品格の大前春子と似た感じw
昨今の当たるドラマのデキる人が痛快にことを進めていくというパターンの内容で今期のドラマトップの視聴率をゲット。
まぁそれでも11%ですがwちょっと脇役が甘かった感。千葉雄大、工藤阿須賀、イモトではなぁ(^^;

刑事ドラマの2つ「ON」と「刑事7人」は安定のデキ。
「ON」は波瑠ちゃんの明るいながらも闇を抱える感じは良かったが事件が猟奇殺人ばかりでちょっと滅入るww
麻里子さまもすぐに死んじゃうし(笑)こちらは関ジャニ横も意外と良かったし脇もしっかりしてたから最後までいい感じやった。
「刑事7人」の方はまぁあの枠の刑事ドラマとしての安定感っぷりを発揮した感じで今後も続きそうな感じ。
ただレギュラーだった鈴木浩介が死んじゃったのが残念(^^;

「好きな人がいること」は最後まで微妙やったなぁ。
やはり山崎賢人があーゆうキャラというのがねw最後まで見るのがめんどくさかったけど桐谷美玲のかわいさに免じて(笑)
初回こそ10%越えたものの尻下がりに視聴率下がり最終的には8.9%と一桁に落ち着く。
これで月9は3期連続の一桁台ともう月9というブランド力はなくなりましたなw


今期の最高は前述の通り「家売るオンナ」が平均11.4%
2位が「仰げば尊し」で10.5%と健闘。2桁越えたのはこの2つだけでした。

では秋の新ドラマ紹介の方へいきましょう(・∀・)クリック

セントライト記念~攻略案②~

ローズS~攻略案②~

セントライト記念~攻略案①~

過去5回の血統データ
セントライト記念血統

サンデー系が強いレースですがどのサンデー系を狙うかを見極めたいところ。
まずサンデー系の中でも好相性は中山重賞マイスターwステイゴールド産駒。
過去5年で【2・0・1・3】と2頭に2頭は圏内に。人気も1.6.10人気と幅広く好走。

他では菊でも2着と好走したフォゲッタブルは父ダンス、10年3着のアロマカフェは父マンカフェ、
13年ユールシンギングは母父スペシャルと菊花賞で好走した馬の産駒が結果だしており長距離系サンデーには要注意か。
逆に人気になるディープ産駒は【0・1・1・14】と舞台適正は良くない気配。

そしてなんといっても最注目はノーザンテースト内包馬でしょう(・∀・)
現在6連勝中wワンツーも4回あり、去年は1~3着が該当と猛威を奮うw
特にロベルト系との組み合わせは好走率高く、父ロベルト系でノーザンテースト内包馬は【1・2・0・1】
今年該当馬はいませんがw
逆に母父ロベルト系は00年以降【0・0・0・13】と全くふるわずw去年も1人気サトノラーゼンがぶっ飛びましたが
今年のディーマジェスティは果たして?!

他ではリボー内包、ボールドルーラー、レイズアネイティブあたりにも注目。

注目馬
キークラッカー  (父ジャンポケ、母父ステイゴールド、ボールドルーラー&ノーザンテースト内包)
ステイパーシスト (父ステイゴールド、母父アグネスデジタル、ノーザンテースト&レイズアネイティヴ内包)


今年は血統からはこの2頭を狙い撃ち!
父ディープ×母父ロベルト系のディーマジェスティとゼーヴィントは疑ってみるw


過去5年のラップデータ
セントライト記念ラップ

馬場改修前と後のここ2回がともに前半61秒越えのペースでタイムも2分13秒台と時計がかかってます。
去年からエアレーションでこの傾向がますます高くなりそうということで、過去2回の圏内6頭から共通項を探っていきましょうかね。

★東京または阪神芝18~2000mで1着経験あり
 (重賞以外なら上り2位以内、重賞は上り順不問)

★レース後半3ハロン34.9秒以上で上り2位以内で1着


注目馬
ディーマジェスティ
メートルダール
プロディガルサン


ステイパーシスト
ゼーヴィント
ネイチャーレット
マウントロブソン

ローズS~攻略案①~

過去5年の血統データ
ローズS血統

とりあえず父サンデー系強しwさらに言えばディープ強しww
過去5年で【3・2・2・13】1人気なら【2・1・0・0】と去年のミッキークイーンが負けたものの信頼度高し。
ひとまず父or母父サンデーは必須か。

もひとつ注目は欧州血統。
まず目につくのはトニービン内包馬の激走。一昨年はワンツーを決めておりさらには人気薄の好走が多い。
14年2着のタガノエトワールは15番人気、13年2着のシャトーブランシュは9人気、キョウワジャンヌ7人気、
11年マイネイサベル10人気とことごとく人気薄を圏内に持ってきており人気なくてもトニービン内包馬は要注意。

去年はトニービン絡まなかったが1着が母父サドラーズウェルズのタッチングスピーチで7人気。
一昨年9人気で3着のリラヴァティもは母父サドラー系シングスピールとこちらも穴人気で好走しており、
前述のシャトーブランシュの父父はダンシングブレーヴと凱旋門賞好走馬の血を持つ馬は狙ってみたいところ。

他では過去5年で4勝のボールドルーラー内包馬、2連勝中のネヴァーベンド内包馬、
キングマンボ系を含めミスプロ系内包馬は注目したいところ。

注目馬
シンハライト    (父ディープ、母父シングスピール)
レッドアヴァンセ  (父ディープ、母父ダンシングブレーヴ)
フライングレディ  (父ディープ、母父フレンチ、ボールドルーラー内包)
ラベンダーヴァレイ (父ディープ、母父フレンチ、ボールドルーラー内包)
テラノヴァ     (父ヴィクトワールピサ、母父トニービン、ミスプロ&ラジャババ内包)
バレエダンサー  (父ハーツ、母父ストームキャット系、トニービン&セクレタリアト内包)
フロムマイハート  (父ハーツ、母父アグネスデジタル、トニービン内包)



過去5年のラップデータ
ローズSラップ

★前走上り5位以内(全馬該当)
  +
①1800m以上のOP戦で上り2位以内
②GIで上り3位以内
③古馬条件戦で上り最速で1着
④全戦で上り2位以内


①~④のどれかに該当。

注目馬
シンハライト   (前走上り1位+①②)
ジュエラー    (前走上り1位+②④)


カイザーバル   (前走上り5位+1800m500万で上り最速)
テラノヴァ     (前走上り1位+古馬条件戦上り最速で2着)
フォールインラヴ (前走上り1位+古馬条件戦上り2位で1着)
アドマイヤリード  (前走上り11位+GIで上り2位)
アットザシーサイド (前走上り10位+GIで上り2位)


完璧クリアはGI馬2頭。
各条件を緩めて拾うなら青文字の5頭。穴なら前走上り最速で古馬条件戦実績のあるテラノヴァとフォールインラヴ。

京成杯AH~攻略案②~

セントウルS~攻略案②~

セントウルS~攻略案①~

過去5年の血統データ
セントウルS血統

まず目につくのはミスプロ系の活躍。過去5年でミスプロ内包が4勝、
それに準じてレイズアネイティヴ内包が圏内15頭中10頭が該当。
次いで現在5連勝中のボールドルーラー内包馬も要注意。

そして去年穴開けたアクティブミノルも該当したストームキャット系、2着のウリウリの母父フレンチなど
ダート血統保持も狙い目。

注目馬
ネロ       (父ヨハネスブルグ、母父サンデー、ボールドルーラー&ミスプロ内包)
アットウィル  (父アドマイヤムーン。母父タイキシャトル、サンデー&シアトルスルー&レイズアネイティヴ内包)
ティーハーフ  (父ストーミングホーム、ボールドルーラー&レイズアネイティヴ内包)
ビッグアーサー (父バクシンオー、母父キングマンボ、ノーザンテースト&ボールドビター&レイズアネイティヴ内包)
ウリウリ      (父ディープ、母父フレンチ、ボールドルーラー内包)


ネロでいいでしょうw


過去5年のラップデータ
セントウルSラップ

比較的前半速くならない感じ。開幕週も重なって先行馬が強いレース。

★前走4角5番手以内もしくは上り3位以内

この2点で過去5年の圏内馬はすべて拾えるw

☆芝1200mで上り34.5以下&レース上り34.5以下ともに好成績の馬

注目馬
ダンスディレクター
ビッグアーサー


アットウィル
レッドアリオン

京成杯AH~攻略案①~

過去5回の血統データ
京成杯AH血統

★欧州血統
 ・・11年アプリコットフィズ(父父トニービン)
   12年レオアクティブ (母父オペラハウス)
   13年ゴットフリート (父父サドラー)
★米国ダート血統
 ・・10年ファイアーフロート(母父ストームキャット系)
   12年スピリタス     (母父ストームキャット系)
   13年エクセラントカーヴ   (母父エーピーインディ)
   15年フラアンジェリコ    (母父ジャッジアンジルーチ)

★パワー系サンデー、ボールドルーラー・ネヴァーベンド・ノーザンテースト内包

注目馬
ロードクエスト   (父マツリダ、母父チーフベアハート、ボールドルーラー&ネヴァーベンド&ノーザンテースト内包)
ダノンプラチナ   (父ディープ、母父アンブライドルズソング、シアトルスルー&ネヴァーベンド内包)
アルマディヴァン (父メジロベイリー、母父メジロライアン、ネヴァーベンド&ニジンスキー内包)
クラリティスカイ  (父クロフネ、母父スペシャルウィーク、ボールドルーラー&ネヴァーベンド内包)
ダイワリベラル  (父ダイワメジャー、母父トニービン、ノーザンテースト内包)
ラングレー     (父ディープ、母父ストームキャット、ボールドルーラー゙内包)



過去5回のラップデータ
京成杯AHラップ

馬場改修後初の去年は後傾ラップでラス2最速の瞬発戦でフラアンジェリコが大外ズドンで大波乱w
10年もスローペースになっており基本ハイペースになりやすい傾向だがスローもあるのでややこしい。

開幕週の中山なので先行有利なイメージですが過去5回で4角3番手以内は【1・0・1・20】と大不振。
逃げ馬に至っては14着、6着、13着、12着、6着と掲示板すらなしw
エアレーション効果が大きくなってる今年は去年に続き差し馬有利になりそうな気配。
とにかく土曜の馬場チェックは大事でしょう。

過去1年以内
★OPクラス1800m以上で4角5番手以内で連対
★ラス2,11秒5以下でラス1、11秒台で上り2位以内連対
★4角3番手以内でラス2,11秒5以下でラス1、11秒台で3着以内
★58キロ以上でラス2,11秒5以下でラス1、11秒台で上り最速


☆57キロ以上は1800m以上の重賞で3着以内実績
☆53キロ以下は重賞で上り3位以内で3着以内実績
☆前走重賞以外は1着


注目馬
ダイワリベラル
ダノンプラチナ
トウショウドラフタ
ピークトラム
リーサルウェポン
ラングレー
ロードクエスト

新潟記念~攻略案②~

小倉2歳S~攻略案②~

新潟記念~攻略案①~

過去5年の血統データ
新潟記念血統

もう一目瞭然の感じw
父はサンデー系、母父はノーザンダンサー系を買っておけばよし(笑)
あとは過去5年で3勝、2着3回のボールドルーラー系内包馬、毎年圏内のレイズアネイティヴ内包を注意しておけば問題なしw
穴なら過去5年で6頭圏内のうち5頭が7人気以下のノーザンテースト内包馬。

注目馬
アルバートドック  (父ディープ、母父アンユージュアルヒート)
マイネルミラノ   (父ステイ、母父ポリッシュプレジデント、ノーザンテースト&ボールドラッド内包)
アロマカフェ     (父マンカフェ、母父ハートレイク、レイズアネイティヴ内包)
マイネルディーン  (父ダンス、母父トニービン、レイズアネイティヴ&ノーザンテースト内包)
ルミナスウォリアー (父メイショウサムソン、母父タキオン、シアトルスルー&ノーザンダンサー内包)


サンデー系×ノーザンダンサー系から3頭チョイス。
人気になるであろう、ここ2年勝ち馬を出してるディープのアルバートドックは有力。
穴なら前に行けたときのマイネルディーンか。


過去5年のラップデータ
新潟記念ラップ

★前3走とも初or4角6番手以内
★前3走内に重賞で4角5番手以内で上り3位以内(重賞以外なら1着)
★同年の新潟大賞典で4角3番手以内か上り最速で好走
★新潟芝で着外なし
★前走上り最速で重賞勝ち


注目馬
アルバートドック
エーシンマックス
マイネルミラノ
メイショウナルト
ルミナスウォリアー
GO TOP