金鯱賞~攻略案①~

時期変わって過去4回なのでさらっとw
去年の考察が結構ハマってたのでそのまま活用する手抜き感炸裂させますww

過去4年の血統データ
金鯱賞血統

父サンデー系orトニービン内包、このどっちか買っておけば良いでしょう(笑)
あとはボールドルーラー系とノーザンダンサーがあればなお良しw

注目馬
サトノノブレス    (父ディープ、母父トニービン、リファール&ボールドルーラー&ノーザンダンサー内包)
シュンドルボン   (父ハーツ、母父エルコン、トニービン&シアトルスルー内包)
プロモントーリオ  (父ゴールドヘイロー、母父フレンチ、ノーザンサンサー&ボールドルーラー内包)
レコンダイト     (父ハーツ、母父ラストタイクーン、トニービン内包)


過去2年圏内のノノブレスとハーツ2頭に注目(・∀・)
土曜重賞の男ユタカさんのレコンダイト人気そこそこでおねしゃすw


過去4年のラップデータ
金鯱賞ラップ

過去4年でレコード決着が2回、去年もレコードタイと高速決着の流れ。
ならばお馴染み持ちタイムから探ってみますかw

過去4回の好走馬の持ちタイム(過去1年半以内)から共通点を探ると、

★2000mで3着以内で1分59秒以下の持ちタイム
 12年 1着オーシャンブルー (1.58.6)
     3着アドマイヤラクティ (1.58.4)
 13年 2着ラブリーデイ    (1.57.3)
 14年 1着ラストインパクト  (1.58.3)
     2着サトノノブレス   (1.58.8)
 15年 1着ミトラ        (1.58.1)


★1800mで持ちタイム1位(1分46秒以下)
 12年 2着ダイワマッジョーレ (1.44.6 1位)
 13年 1着カレンミロティック  (1.44.5 1位)
 14年 3着エアソミュール    (1.45.2 1位)
 15年 2着ディサイファ     (1.45.3 1位)


★2200m2分11秒台の持ちタイム
 13年 3着ウインバリアシオン (2.11.7)

では今年の登録馬を見てみますかね(・∀・)

★2000mで3着以内で1分59秒以下の持ちタイム
 サトノノブレス   1.57.6 (鳴尾記念1着)
 プロモントーリオ 1.58.2 (1600万下1着)
 パドルウィール  1.58.4 (1000万下1着)

★1800mで持ちタイム1位(1分46秒以下)
 シュンドルボン  1.45.9 (500万下1着)

★2200m2分11秒台の持ちタイム
 トルークマクト  2.11.8 (1600万下6着)
 サトノノブレス  2.11.9 (オールカマー2着)


サトノノブレス以外は条件戦のものなので微妙ですが
注目は現中京芝2000mレコードホルダーのパドルウィール(・∀・)
スポンサーサイト

京阪杯~攻略案②~

ジャパンカップ~攻略案③~

*データは菊花賞の開催時期が変更になった過去16年のうち東京開催の15回が対象
 (日本馬がのみ対象)

ジャパンカップ~攻略案②~

*外国馬のみ対象

*データは過去23年のうち東京開催の22回が対象

京阪杯~攻略案①~

過去5年の血統データ
京阪杯血統

目立つのはミスプロ系ですね(・∀・)過去5回の内、3回で父ミスプロ系がワンツー。
ミスプロ内包が毎年3着以内に来ておりここは外せないところ。
特に過去5年で父or母父キングマンボ系で前走3着以内の馬は【2・2・0・1】と好相性♪
ただ残念ながら今年は該当馬おらずw

ミスプロ以外ではやはり短距離に強いバクシンオーやユタカオーのプリンスリーギフト内包馬。
去年のサトノルパン以外、連対馬の父or母父はミスプロ系かプリンスリーギフト系のどちらかに該当してる馬が来ており
血統的な軸馬はこの辺を重要視していきたいところ。
逆に父サンデー系は圏内2頭(両方ともディープ)しか来ておらず狙いは下げたい感。

そしてボールドルーラー内包馬も強い。毎年2頭以上圏内とこちらも外せないw
他ではノーザンテースト内包も頻繁に出現と要注意。
さらに二桁人気で3着に来た3頭が共通してたのがリボー内包なのでこれは大穴で狙いたいところ。

注目馬
エイシンスパルタン  (父ゼンセーショナル、母父ムタクディム、シアトルスルー内包)
ティーハーフ      (父ストーミングホーム、母父グリーンデザート、ボールドネシアン内包)
オウノミチ        (父オレハマッテルゼ、母父スターマン【リボー】、ボールドルーラー&ノーザンテースト内包)
メラグラーナ      (父ファストネットロック、母父シークレットセーヴィングスリボー内包)


人気になりそうなエイシンスパルタンですが内枠引いたら買うしかないw
穴の好走馬に該当するメラグラーナとオウノミチですが前者は人気しそうで後者は父サンデー系と微妙w


過去5年のラップデータ
京阪杯ラップ

スプリント重賞とは思えないここ最近の後傾ラップ続きw
過去5年の逃げ馬の成績は【2・1・0・2】で全て4着以内と好走。
勝ち馬は5頭とも4角4番手以内で基本前にいないと勝てない感じか。

今年は前走逃げたエイシンスパルタン、同じ舞台オパールSを逃げ切ったラインスピリットの他にも
ネロ、ペイシャフェリスなど先行馬が多くペースが速くなる可能性もありそう。


では4角3番手以内で好走した馬の共通項を探してみましょう。

①連対馬6頭は1~4枠かつ前走3人気以内
②連対馬6頭5頭は前走初角5番手以内(例外ロードカナロアは上り最速で1着)
③連対馬は6頭は全て一桁馬番
④圏内馬9頭全て斤量56キロ以下
⑤圏内9頭中8頭は5歳以下


注目馬
オウノミチ
セカンドテーブル
クリスマス
フミノムーン

ジャパンカップ~攻略案①~

過去5年の血統データ
JC血統

去年は5頭挙げて1~3着をきっちりとらえてたのでそのままコピペw

父の傾向がめっさ偏ってるw
とりあえずサンデー系かキンカメかジャンポケでおけ?(笑)
そして近年の傾向として注目しておきたいのが「母方にノーザンダンサー系」ということ。
特に母父か母母父がノーザンダンサー系の馬が5年連続でワンツーともう外せないw

さらに過去5年の勝ち馬は父か母父がダービー馬というのも面白い(・∀・)
ちなみにオルフェーヴル以外の父は全てダービー連対馬の子供wやはり東京2400mのGIは適性出るっぽい。

そして元祖東京の鬼のトニービン内包も無類の強さを見せており
5年連続で3着圏内に来ており注目でしょう。

注目馬
サウンズオブアース (父ネオユニ、母父ディキシーランドバンド、ボールドルーラー&ネイティヴダンサー内包)
ラストインパクト   (父ディープ、母父ティンバーカントリー母母父ノーザンダンサー系&レイズアネイティヴ内包)
シュヴァルグラン   (父ハーツ、母父マキャベリアン母母父ヌレイエフ系トニービン&レイズアネイティヴ内包)
トーホウジャッカル  (父スペシャルウィーク、母父アンブライドルズソング母母父ヌレイエフ系&レイズアネイティヴ内包)
ディーマジェスティ  (父ディープ、母父ブライアンズタイム、母母父サドラーズウェルズ
リアルスティール   (父ディープ、母父ストームキャット、レイズアネイティヴ内包)
ワンアンドオンリー  (父ハーツ、母父タイキシャトル、母母父ダンジグ系トニービン内包)


この中ではここ3年好走率が高いSS×ミスプロの中から臨戦過程の良いシュヴァルグラン、
前走秋天組が強いことからリアルスティールの2頭が有力か(・∀・)
馬場が渋ればBTにサドラーの血が騒ぐディーマジェスティ。


過去5年のラップデータ
JCラップ

11~13年は60秒を越えるスローペースで上り33秒台を出す馬が多く瞬発戦になりやすいレース。

14年は良馬場だったが前日の雨で午前中までは稍重と力の要る馬場。前半1000mは60秒を切るペースで
レース上りは35秒と消耗戦になってエピファネイアが4馬身突き抜ける。
後傾ラップだがエピファネイアが0.7も突き離したので2着以下は実質前傾ラップといった感じ。
しかしながら上り最速は3着スピルバーグでしっかり圏内はキープ。

去年はカレンミロが果敢に飛ばし1秒以上の前傾ラップで上りも35秒3とかかる展開。
しかし連対馬は上り2位の2頭という感じに。

過去5年の上り2位以内は【4・2・3・6】複勝率6割。
では圏内に来た馬と圏外の馬の振り分けターイム!w

★前走クラス
GI       【4・2・3・3】(圏外3頭のうち2頭は凱旋門賞)
GⅡ      【0・0・0・1】
1600万下  【0・0・0・2】


前走GI組が圧倒w圏外3頭のうち2頭は前走凱旋門賞のハープとデインドリーム、
残り1頭は3着と同タイムで4着のダークシャドウ。
前走GⅡも勝ち馬と0.1差4着のアドマイヤラクティと悪くない。

★年齢
3歳    【1・1・0・2】
4歳    【2・0・0・1】
5歳    【1・1・2・2】
6歳以上 【0・0・1・1】


5歳以下が優勢。

★前走4角位置取り
7番手以内  【0・0・0・1】
8~13番手 【4・1・1・3】
14番手以下 【0・1・2・0】


前走先行してた馬はほぼいなく、中団からやや後方くらいがベスト。
あまりにも後ろ過ぎると勝ちきれないが圏内は堅いというw

★前走距離
2000m    【4・1・3・3】
2200m    【0・1・0・0】
2400m以上 【0・0・0・3】


圧倒的に2000m組優勢w
長い距離からの臨戦過程はあまりよろしくない。

ということでここまでで上り最速を見つけるための項目は、

①5歳以下
②前走4角8番手以下
③前走2000~2200mのGI


注目馬
◎リアルスティール  (4歳・前走4角10番手・前走秋天上り最速)
○ルージュバック   (4歳・前走4角10番手・前走秋天上り5位)


△トーホウジャッカル (5歳・前走4角9番手・前走宝塚記念)
△ビッシュ        (3歳・前走4角10番手・前走秋華賞)


最有力はリアルスティール(・∀・)
現在前走秋天で上り3位以内の馬が7年連続3着以内に好走しており今年該当馬はこの馬だけw
ルージュバックは前走上り5位というところが微妙で去年のパンドラは秋天4着も上り最速だっただけに。

マイルCS~攻略案②~

マイルCS~攻略案①~

過去5年の血統データ
マイルCS血統

良馬場のここ3年は化け物モーリス以外は父サンデー系が独占。
そして時計勝負の京都ではディープ産駒の強さは周知の事実w
11年からディープ産駒が参戦してますが稍重の2年は【0・0・1・6】ですが良馬場の近3年は【2・2・1・12】と強さを発揮。
今年の登録馬は8頭。良馬場なら今年も絡んで来ることは間違いないでしょう。

まずはディープ産駒のチョイスからやってみようw

年齢
3歳 【0・0・0・5】
4歳 【0・0・1・5】

5歳 【1・1・1・4】
6歳 【1・1・0・2】

7歳 【0・0・0・2】


⇒若い馬が不振で年取ってる方が優勢というw
  特に3歳馬は全圏外wマルセリーナ、ミッキーアイル、リアルインパクトのGI馬は掲示板にすら載れず。
  4歳馬も連対なしで3着は稍重の時の牝馬ドナウブルー。7歳はディープに限らず不振なのでw
  狙いは5~6歳のディープ(・∀・)
  

前走着順
1~3着  【1・2・2・8】
4着以下 【1・0・0・10】


着差
0.3秒差以内 【2・2・2・12】
0.4秒差以上 【0・0・0・6】


⇒前走好走馬が馬券圏内に来るパターン。前走4着以下で勝ったダノンシャークも0.3秒差と大きく負けておらず、
  前走大敗のディープ産駒は狙い下げやw

前走人気
2人気以内 【2・2・2・7】
3人気以下 【0・0・0・11】


⇒前走人気のないディープも要らんw

母父血統
ノーザンダンサー系 【1・2・2・5】
ミスプロ系       【1・0・0・3】
それ以外       【0・0・0・10】


⇒圧倒的にノーザンダンサー系との相性が良い(・∀・)


では登録馬8頭をチェック!

ダノンシャーク    (8歳・前走9着1.0・前走10人気・母父ノーザンダンサー系
ダコール       (8歳・前走16着1.6・前走3人気・母父ミスプロ系
フィエロ        (7歳・前走9着0.6・前走1人気・母父ノーザンダンサー系
ディサイファ     (7歳・前走6着0.9・前走4人気・母父ミスプロ系

サトノルパン     (5歳・前走2着0.2・前走8人気・母父ノーザンダンサー系)
ガリバルディ     (5歳・前走5着0.3・前走6人気母父ミスプロ系
ミッキーアイル    (5歳・前走2着0.0・前走2人気・母父ノーザンダンサー系)
サトノアラジン    (5歳・前走1着-0.2・前走2人気・母父ノーザンダンサー系)
 


満点評価はミッキーアイルとサトノアラジンの2頭。
軸はこの2頭のどちらかかな。
穴なら今週もミルコのサトノルパンか前走上り最速のディープが【0・2・0・0】のガリバルディ。


ディープ以外の血統傾向を見ると注目は母父ノーザンダンサー系。
過去5年で4勝と好相性。さらにカーネギー、デインヒル、エリシオ、サドラーズウェルズなど欧州血統を母父に持つ馬が良い。

注目馬
サトノルパン    (母父ダンシングブレーヴ)
クラレント      (母父ダンシングブレーヴ)
フィエロ       (母父デインヒル)
ミッキーアイル   (母父ロックオブジブラルタル)



過去5年のラップデータ
マイルCSラップ

ここ5年で2回が前傾ラップ、14年は前半45秒3というハイペースに。
ここ4年は32秒台と高速決着になりやすく一昨年はレースレコード決着。
タイムが速いならシンプルに持ち時計で好走馬を探ってみましょうかねw

稍重が2回あるので07年くらいから調べてみました(適当w)
★過去1年半以内の最高値で比較

07年 1着ダイワメジャー    (1800m持ち時計2位1.44.5) 
    (4着アグネスアーク 1800m持ち時計1位1.44.4)

08年 2着スーパーホーネット (1800m持ち時計1位1.44.6) 
    (1着ブルーメンブラッド 1800m持ち時計4位1.45.5)


09年 1着カンパニー      (1800m持ち時計1位1.45.1) 

10年 1着エーシンフォワード (1400m持ち時計2位1.20.2)
    (4着サプレザ 1400m持ち時計1位1.19.6)
    【1800m持ち時計1位1.45.8 ワイルドラズベリー 8着】

11年(稍重) 3着サプレザ        (1400m持ち時計1位1.19.2)
    【1800m持ち時計1位1.45.0 ミッキードリーム 9着】

12年(稍重) 1着サダムパテック   (1400m持ち時計3位1.20.1)
         2着グランプリボス   (1800m持ち時計3位1.45.5)


13年 2着ダイワマッジョーレ  (1800m持ち時計1位1.44.6 1400m持ち時計2位1.20.6)

14年 3着グランデッツァ     (1800m持ち時計1位1.43.9)

15年 1着モーリス         (1800m持ち時計2位1.45.2)
    2着フィエロ          (1400m持ち時計2位1.20.4)

 【1800m持ち時計1位1.44.7 サトノアラジン 4着】
 【1400m持ち時計1位1.20.2 アルビアーノ 5着】


たくさん書いたから説明とかめんどいから察してw
要は1800mや1400m、いわゆる非根幹距離で好タイム出してる馬が好走しやすいってことでw

良馬場の場合は1800m、稍重の時は1400mという感じか。

さらにもういっちょ面白いデータ(・∀・)

マイルの持ち時計1位の成績(過去1年半)
07年  5着カンパニー      持ち時計1.31.8
08年  4着カンパニー        同上
09年 11着ザレマ         持ち時計1.32.1
10年 17着ショウワモダン    持ち時計1.31.7
11年  4着ダノンヨーヨー    持ち時計1.31.8
     11着スマイルジャック   同上
     15着エーシンフォワード  同上
12年 15着レオアクティブ    持ち時計1.30.7
13年  9着グランプリボス    持ち時計1.31.3
14年  8着ワールドエース   持ち時計1.31.4
15年  2着フィエロ        持ち時計1.31.5
     10着ダノンシャーク    同上


マイルの持ち時計1位は不振w去年フィエロが2着でしたが1400mの持ち時計があったことが好走の要因か。

祝☆3周年~♪

早いものでこの予想ブログ始めて丸3年が経ちました~(*≧∇≦)//パチパチ

我ながらよくも飽きずに毎週毎週書き続けたもんですw
まぁ最近は去年あたりと比べるとだいぶ簡略化してますが(笑)

アクセス数もいつの間にか8万を突破とお越しくださってる方々あざまーす♪
2調査依頼

3周年を記念してwすっかりさぼってた予想印を復活しましょうか(・∀・)

東スポ杯2歳S
◎ブレスジャーニー
○スワーヴリチャード
▲トラスト
△ジュンヴァリアス
△ムーヴザワールド



本命はすんなりブレスジャーニー
血統的にもクラシックまでの期待は薄いが2歳戦までならなんとかなるw
新馬戦ではラスト11.2-11.5のラップで上り32.9の猛追。
前走も11.1-11.6を上り33.8で差し切りととにかくラス2最速のラップのとこで
使える脚がすごい。トップスピードの質ではこのメンバーでは随一、しかも
それをちょうどラス2が坂の東京で繰り出せるという点で今回の舞台ではストロングポイント。
マイルの方がよりいいが東京1800mなら完成度でこなせるのでは。

対抗は素質を買ってスワーヴリチャード
こちらも新馬のラップがお気に入りw
3コーナーで前がつまりブレーキかけて一度は減速し勝ち馬から離されるものの
ラスト200mで4~5馬身あった差を次元の違う脚でハナ差まで詰め寄った。
レースのラスト1ハロンが11.7なのでおそらくこの馬は11秒前後のタイムを刻んでるはず。
そして阪神のラス1はこれもまた坂のところである(・∀・)
バンドワゴンの下ということで気性難がネックになってるっぽいがここで結果が出るようなら
来年のクラシックが非常に楽しみな素材♪

三番手はトラスト
ダート2戦に洋芝と今のところ東京1800mのキレ味勝負になったら分が悪そうということでの3番手ですが
明日はあいにくの雨予報なので馬場が渋ったらこの馬の好位からの抜け出しでやられそうw

あとは左回りで3戦連続上り最速のジュンヴァリアスに
ここではまだ怪しいが素質が高そうなムーヴザワールド。

ととりあえず馬場がそんなに悪化しないならこんな感じ(^^;
もし朝から激しく雨が降って重以上になるようならキングズラッシュや
初戦ダートで圧勝しムーアを乗せてきたエルデュクラージュあたりが浮上しそう。

東スポ杯2歳S~攻略案②~

東スポ杯2歳S~攻略案①~

過去5年の血統データ
東スポ杯2歳S血統

注目はミスプロ系。
12年は父ミスプロ系が1~3着独占。13、14年は母母父ミスプロ系が連勝し去年は2着馬が該当と
ここ数年活躍が目立つ。

そして今年の東京芝2歳戦の種牡馬成績を見てみると
1調査依頼

ディープ強しwそしてそれに迫る勢いのハービンジャーの図。

注目馬
ブレスジャーニー  (父バトルプラン、母父タニギム、サンデー内包)
キングズラッシュ  (父キンカメ、母父シンクリ、サンデー内包)
スワーヴリチャード (父ハーツ、母父アンブライドルズソング、トニービン内包)
ムーヴザワールド  (父ディープ、母父サドラー、レイズアネイティヴ内包)



過去5年のラップデータ
東スポ杯2歳Sラップ

注目ポイントは
★ラスト2ハロンが11秒5以下のレースで連対
★東京1800mでラスト3ハロン内で11秒2以下があって1着
★東京芝でラスト3ハロン11秒台で上り34.2以下の上り最速で1着


注目馬
◎プレスジャーニー  (サウジ1着 11.7-11.1-11.6 上り33.8最速)

△ジュンヴァリアス   (東・新馬3着 11.9-11.1-11.6 上り33.8最速)
△ムーブザワールト  (阪・1800m1着 11.7-11.1-11.6 上り34.0最速)
△オーバースペック  (東・新馬3着 11.8-11.5-11.5 上り34.1最速)


プレスジャーニーが上り最速最有力。
残りの3頭はややズレが生じてますがラップ的に好走の可能性は高そう。

エリザベス女王杯~攻略案②~

福島記念~攻略案②~

武蔵野S~攻略案②~

エリザベス女王杯~攻略案①~

過去5年の血統データ
エリ女血統

ポイントは2点。ディープ産駒かミスプロ系(・∀・)
京都芝といえばディープw現在2連勝中で4年連続連対中で過去の成績は【2・2・2・10】
圏内馬は全馬前走2000m以上で4歳以下という共通点。
さらに圏内に来たディープ産駒は全てミスプロ内包馬。

そして過去5年でミスプロ内包が4勝、さらになんと現在キングマンボ内包が6年連続3着圏内。
キングマンボ内包馬には最注目でしょう♪

それともうひとつの重要血統がヌレイエフ。キンカメが絡んでるのも大きいですがそれ以外でも
アヴェンチュラ、ヴィルシーナ、ヌーヴォレコルト、マリアライトと連絡みしており毎年圏内馬を出してます。

注目馬
マリアライト     (父ディープ、母父エルコンドルパサー、ヌレイエフ内包)
シュンドルボン   (父ハーツ、母父エルコンドルパサー、ヌレイエフ内包)
プロレタリアト    (父ハーツ、母父キンカメ、ヌレイエフ内包)
マキシマムドパリ  (父キンカメ、母父サンデーサイレンス、ヌレイエフ内包)
ミッキークイーン  (父ディープ、母父ゴールドウェイ、ミスプロ内包)

アスカビレン    (父ブラックタイド、母父スウェプトオーヴァー)


今年はキングマンボ内包が豊富w
連覇を狙うマリアライトはディープ産駒の5歳というのがやや気になる。
シュンドルボンは関西圏への輸送があまり良くなさそう。
プロレタリアトとマキシマムドパリは前走条件戦で力不足は否めない。
ミッキークイーンは前走マイルからのディープ引っかかる。
ならばディープと同じ血統のブラックタイド産駒で母父ミスプロのアスカビレンに穴の期待♪


過去5年のラップデータ
エリ女ラップ

基本上りのかかるレース展開だったがここ2年はラスト3ハロンは34秒前半、しかもラスト1ハロンは
11秒3、11秒2とかなり速くなっており最後までしっかり伸びる馬が狙い目か。

過去5年で上り1位は【2・0・3・3】、過去10年で見ても【3・2・5・4】と好成績。

ただ過去5年の2勝はスノーフェアリー、重のメイショウマンボとやや怪しい感w
過去10年内での勝ち馬もう1頭は宝塚勝って前走秋天5着からのピーク時の
スイープトウショウということでめっさ強い馬や重馬場巧者が勝ってるだけで実は上り最速は不振なんじゃ?
という仮説を立てた去年、案の定上り最速は5着のスマートレイアー
2着2回も5歳時のスイープと4角3番手から上り最速だったフサイチパンドラですし(^^ゞ

データ的にも前走上り1位の馬は不振傾向で過去5年【0・0・2・10】

ということで上り性能よりも中団より前に付けられる馬で勝ち馬を見つけ出したい。
目安としては4角6番手以内で上り5位以内。

中団より前で好走した馬のポイント
①前走重賞
②前走2200m以下
③4歳以下
 (5歳以上なら前走4角5番手以内で連対)
④前走斤量55キロ以上
 (54キロ以下なら牡馬混合重賞で連対)
⑤重賞勝ちorGI連対実績


該当馬
タッチングスピーチ
パールコード
ミッキークイーン

福島記念~攻略案①~

過去5年の血統データ
福島記念血統

サンデー系が強いが特徴としては父の場合は長距離やパワー系のサンデー系が狙い目。
そして母父サンデーサイレンスが相性よく過去5年で3勝、2着2回と4年連続連対中。

同じくノーザンテースト内包馬も3勝、2着3回でこちらも4年連続連対中。
他ではトニービンやサドラー内包がここ4年圏内に来ており注目。

注目馬
オリオンザジャパン  (父クロフネ、母父サンデーサイレンス、トニービン&ノーザンテースト内包)
ダイワリベラル     (父ダイワメジャー、母父トニービン、ロベルト&ノーザンテースト内包)
ファントムライト    (父オペラハウス、母父サンデーサイレンス、ノーザンテースト内包)
フレイムコード     (父タヤスツヨシ、母父オペラハウス、グレイソヴリン&ノーザンテースト内包)
マイネルラクリマ    (父チーフベアハート、母父サンデーサイレンス、ノーザンテースト内包)
ダイワドレッサー    (父ネオユニ、母父スウェプトオーヴァー、トニービン内包)


オリオンザジャパンとダイワリベラルがドンピシャ!
前者は前々走同舞台の七夕賞で3着、後者は福島芝2000m2戦2勝とさすがの舞台適正w


過去5年のラップデータ
福島記念ラップ

スタートして直線が続くため前半ペースが流れ前傾ラップになることが多い。
向正面でペースが緩み4コーナーの下りでペースがあがる。

過去5年で4回は4角2番手以内の馬が優勝しており基本的には先行有利、
かと思いきや差しが届くこともあり過去5回で上り最速は【2・1・3・0】とどちらからでも狙える感。

上り最速候補ポイント
①斤量55キロ以下
②前走4角7番手以下
③前走馬体重460キロ以上
④牡馬
⑤前走芝上り4位以下


ファントムライト
プロフェット

(ダイワリベラル)
(ダービーフィズ)



先行馬のポイント
★前走重賞&56キロ以上で
①前走2000m以下
②前走4角5番手以内
③前走470キロ以上


①~③のうち2つ以上該当馬

クランモンタナ
ゼーヴィント
ダイワドレッサー
ダイワリベラル
マーティンボロ

武蔵野S~攻略案①~

過去5年の血統データ
武蔵野S血統

まずはミスプロ系が主力でしょうw
現在父or母父ミスプロ系が6連勝中。勝ち馬はミスプロ系から探して行きましょう(・∀・)

ついでほぼ必須と思われるのがボールドルーラー内包w過去5年で13/15となっておりこちらも特注血統。
特にシアトルスルー内包には注目したいところ。

父サンデー系は過去5年で【0・1・1・25】と不振傾向。
圏内2頭は母父ボールドルーラー系でGI勝ちのグレープブランデーと
母父シルヴァーデピュティでダート戦連対率100%の3歳馬ガンジスの2頭。
父サンデー系は母父がダート血統の実績馬か底を見せてないような馬じゃないと軽視してもいいかも?w

注目馬
カフジテイク   (父プリサイスエンド、母父スキャン、セクレタリアト&スピークジョン内包)
タガノトネール  (父ケイムホーム、母父キンカメ、セクレタリアト内包)
ドリームキラリ  (父ジャイアンツ、母父ゴーンウェスト、セクレタリアト&スピークジョン内包)
モーニン      (父ヘニーヒューズ、母父ディストーテッドヒューマー、セクレタリアト&スピークジョン内包)
ワイドバッハ   (父アジュディケーティング、母父スキャン、ボールドルーラー&プリンスキロ内包)

ゴールドドリーム (父ゴールドアリュール、母父フレンチ、ボールドルーラー&ミスプロ内包)


前走人気で好走してる馬が狙い目なのでタガノトネール、モーニン、ゴールドドリームが狙い目か。


過去5年のラップデータ
武蔵野Sラップ

芝スタートからの直線とあって前半は速くなりやすく前傾ラップが基本。

狙いとしては先団~中団でそれなりに上がって来れる馬とまぁごくごく普通な結論(笑)

ちなみに前走ダート戦で4角10番手以下で上り3位以下は【1・1・0・21】とダメダメな結果w(06年以降)

★前走4角6番手以内か上り2位以内
★前走4角7番手以下の場合、前走GⅡ以上か上り最速
★前走4人気以内
★5歳以下。6歳以上の場合前走GⅡ以上or芝


注目馬
ロンドンタウン
メイショウスミトモ
ブラゾンドゥリス
ノボバカラ
ソルティコメント
ゴールドドリーム

デイリー杯2歳S~攻略案①~

2週続けて4重賞とかやめていただきたいw

過去5年の血統データ
デイリー杯2歳S血統

注目はミスプロ系。去年一昨年とキングマンボ内包が勝っており、毎年3着以内に好走馬が出てます。
特に母方にミスプロ持ちの馬が多く人気馬なら信頼が高い。過去5年母父ミスプロ系で5人気以内は【1・2・1・0】
3代前まで広げても【2・3・2・1】と好成績(・∀・)

他ではここ2年好相性のトニービン内包馬と毎年絡んでくるノーザンダンサー内包。

そして今開催の京都芝の2歳戦種牡馬成績を見てみましょう

1調査依頼

ディープトップは相変わらずですが連対率と複勝率で上回るハーツにマンカフェ。

注目馬
ジューヌエコール  (父クロフネ、母父タキオン、母母父ミスプロ)
トウケイライデン   (父パイロ、母父バブルガム、母母父ミスプロ)
タイセイストーリー (父マンカフェ、母父ロックオブ、ノーザンダンサー内包)
ダイシンクイント   (父ルーラーシップ、母父タキオン、トニービン内包)


軸はジューヌエコールで問題ないでしょう(・∀・)


過去5年のラップデータ
デイリー杯2歳Sラップ

過去5年で上り2位以内が【4・4・2・2】と上り使える馬を探しましょうw
単純に前走1着&前走2人気以内&上り2位以内&キャリア3戦以下の馬で【3・4・1・0】と大半を占める。

注目馬
サングレーザー
ジューヌエコール
タイセイストーリー
ディーパワンサ
リナーテ

アルゼンチン共和国杯~攻略案②~

ファンタジーS~攻略案②~

京王杯2歳S~攻略案②~

京王杯2歳S~攻略案①~

過去5年の血統データ
京王杯2歳S血統

まず注目はダート血統。過去5年の優勝馬は

11年レオアクティブ   (父父エンドスウィープ)
12年エーシントップ   (父父ストームキャット)
13年カラダレジェンド  (父フレンチデピュティ)
14年セカンドテーブル  (父トワイニング)
15年ボールライトニング (母父デヒア)


父か母父がダート血統の馬が優勝しており狙い目はコレw
そして毎年圏内に1頭は来てるノーザンテースト内包馬も要注意。
特に過去5年で3頭圏内に来てるダイワメジャー産駒は注目したいところ。
さらに2年連続2着馬排出のキンシャサノキセキも。

注目馬
タイセイブレーク   (父ダイワメジャー、母父ブライアンズタイム、ノーザンテースト&ミスプロ内包)
ダノンハイパワー  (父ダノンシャンティ、母父シャマルダル、ストームキャット&ミスプロ内包)
ディバインコード   (父マツリダ、母父ヘクタープロテクター、ボールドルーラー内包)
モンドキャンノ    (父キンシャサ、母父バクシンオー、ノーザンテースト内包)
レヴァンテライオン (父パイオニアオブザナイル、母父ゴストザペッパー、ボールドルーラー内包)



過去5年のラップデータ
京王杯2歳Sラップ

ここ4年は明確にスロー(去年は特にヒドイw)で基本テンは35秒以上かかり上りが速い展開だが、上り最速は成績いまひとつ。
ファンタジーSよりもさらに先行有利の傾向になってます。

ここ4年の優勝馬は4角2番手以内。そして過去5年の連対馬10頭中9頭が前走で4角5番手以内となっており
基礎スピードある馬やスタートから先団に取りつける馬が有利。
前走4角6番手以下の馬は【1・0・0・28】で一昨年逃げに出たセカンドテーブルだけw
前走重賞以外だと【0・0・0・22】と全滅。本番で差して来た馬はキャリア3戦以上の馬ばかり(リアルインパクトだけ例外)
基本、前走新馬や未勝利戦で追い込んでる馬は厳しいという結果に。

さらに一昨年去年の記事から引用w

「じゃ先行してる馬を狙えばいいのか?
 がしかしw前走芝1200m以下で4角3番手以内だった馬は【1・0・0・18】(98年以降)
 勝ったのはゲットフルマークで前走6着。前走3着以内でくくると【0・0・0・17】と全滅w」


といった感じで1200mで先行して好走したような馬だとスピード一本調子だけでは乗り切れない感じ。
血統傾向からも軽い馬より最後の長い直線を乗り切るパワー型の馬が狙い目か。
ちなみに前走1200mから圏内に来たのは4頭で前走4角4番手以下で
過去に上り最速で1着経験ありというのが共通項。

★前走1400m以上は前走4角5番手以内
★前走1200m以下は前走4角5番手以下で上り最速で1着実績


注目馬
コウソクストレート
ジョークストリクトリ
ディバインコード
モンドキャンノ
ダイイチターミナル

アルゼンチン共和国杯~攻略案①~

過去5年の血統データ
アル共血統

まずパッと目につくのはトニービンを含めグレイソヴリン内包ですかね。
過去5年毎年圏内馬を出してます。同じくサーゲイロード内包馬も毎年圏内。
そしてノーザンテースト内包が3勝、2着2回、3着1回、さらにリボー内包が3勝、2着3回、3着1回と大暴れw
他では去年ワンツーを決めたロベルト内包馬にも注目。

今回はグレイソヴリン・ノーザンテースト・リボー・サーゲイロード・ロベルトと、この中から2つ以上
内包してる馬を重要視してみたいと思います(・∀・)

注目馬
アルバート      (父アドマイヤドン、母父ダンス、トニービン&ノーザンテースト内包)
クリールカイザー  (父キングヘイロー、母父サッカーボーイ、サーゲイロード&ノーザンテースト内包)
ハギノハイブリッド (父タニノギムレット、母父トニービン、サンデー&リボー内包)
フェイムゲーム   (父ハーツ、母父アレミロード、トニービン&ノーザンテースト内包)
フェスティヴイェル (父シンクリ、母父タキオン、カロ内包)
マイネルメダリスト (父ステイ、母父アサティス、ノーザンテースト&リボー内包)
モンドインテロ    (父ディープ、母父ブライアンズタイム、リボー内包)



過去5年のラップデータ
アル共ラップ

注目点は長距離戦ながら上り最速馬の優秀なことw
過去5年で上り最速は【2・2・1・1】と全て掲示板で毎年必ず3着以内に来ており長距離戦でラストまでしっかり脚を伸ばせる馬を
チョイスするのがベスト。
さらに連対馬は全馬55キロ以上、うち7頭は56キロ以上と斤量背負った実績馬の好走が多い。
長距離だし速い上り出すなら軽い方が有利な気がするんですが違うみたいww

ただ瞬発戦ということで7歳以上は用無し感w上り2位以内は全て掲示板だが全馬6歳以下の馬。

ポイント
★①2400m以上で上り最速で1着(重賞なら連対)
 ②2000m以上の重賞で上り35秒台で2位以内
★斤量55キロ以上
★6歳以下


注目馬
アルバート
シュヴァルグラン
ハギノハイブリッド
フェイムゲーム
モンドインテロ
ヴォルシェーブ


この6頭から上り最速が出ると予想(・∀・)
ここからさらに絞るなら過去5年の上り2位以内で圏内に来た馬は前走0.4差以内の好走
もしくは前走GIに出走していた3歳馬。

前走勝っていたハギノハイブリッド、モンドインテロ、ヴォルシェーブか前走春天で0.5差のアルバートが有力。

ファンタジーS~攻略案①~

過去5年の血統データ
ファンタジーSラップ

ここ2年はスローな流れだったせいか父サンデー系のワンツー、去年に至ってはディープが3着内独占w
流れが落ち着けばサンデー系のキレ味が良さげな感じに。

流れればノーザンダンサー系やミスプロ系が相性よく短距離戦っぽい感じw
なかでもヴァイスリージェント系が強く、10年には1~3着、13年は父クロフネが2.3着
去年も2着のメジェルダが母父フレンチデピュティと好相性。
ミスプロ系も一昨年は母父でワンツー、12年は父ミスプロ系で1~3着独占と固め打ちの傾向ありw

そして一番の注目はボールドルーラー系内包馬。現在7連勝中で過去10年でも8勝とほぼ必須状態w
特にシアトルスルー持ちは要注意

注目馬
アオアラシ     (父アルデバラン2、母父クロフネ、サンデー内包)
ミスエルテ     (父フランケル、母父プルピット、シアトルスルー&ミスプロ内包)
モンロー      (父クロフネ、母父サンデー、ボールドルーラー内包)
ヤマカツグレース (父ハービンジャー、母父グラスワンダー、ヴァイスリージェント&ボールドネシアン内包)


穴ならクロフネ持ちの2頭か。おそらく1人気のミスエルテが唯一のシアトルスルー持ちと外せない感w

過去5年のラップデータ
ファンタジーS血統

ここ2年は後傾ラップとなって前半35秒台の遅い流れ。しかしながら上り最速は絡まずw
上り最速馬の成績は良くなくポジショニングが重要な感じでアイムユアーズ以外は4角4番手以内の馬が優勝。

前半流れて上りのかかるレースで好走歴のある馬が上位に来る傾向があり
スローの上り勝負しか経験してない馬はちょっと割引きたい感じ。
またOPクラスで先行出来てる馬も注意が必要で上り性能より基礎スピード重視で行きたい

★前傾ラップのレース上り35秒以上で
 ①1200mの場合上り最速で1着
 ②1400m以上の場合上り3位以内で1着
  (ともに条件戦・OPクラスなら3着以内)
★条件戦・OPクラスで4角5番手以内で3着以内
★1800m以上で上り35秒以上で1着


注目馬
ディアドラ
クインズサリナ
ブラックオニキス
ヤマカツグレース

(モンロー)
GO TOP