きさらぎ賞~攻略案①~

過去5年の血統データ
きさらぎ賞血統

とりあえずディープ産駒は買っておきましょうw
前走1800m以上の500万クラス以上で上り最速だったディープインパクト産駒は【3・3・1・0】と完複☆彡
サトノアーサー鉄板w

そのほかではダート血統に注意。
16年 ロイカバード     (母父ジェイドハンター)
15年 ポルトドートウィユ  (母父クロフネ)
14年 トーセンスターダム (母父エンドスウィープ)
14年 バンドワゴン     (母父アンブライドルズソング)
13年 マズルファイヤー  (母父セイントバラード)


注目馬
サトノアーサー   (父ディープ)
アメリカズカップ  (母父コロナズドクエスト)
エスピリトゥオーゾ (父ダイワメジャー、母父フォーティーナイナー)
スズカメジャー   (父ダイワメジャー、母父クロフネ)
ワンダープチュック (父ハーツ、母父ストームキャット)


穴ならメジャー産駒2頭とワンダープチュックか(・∀・)


過去5年のラップデータ
きさらぎ賞ラップ過去5年

過去10年上り最速は【3・4・2・1】
毎度おなじみ上り最速馬を探すお仕事ですw

①前走2000m(もしくは重賞で上り最速で連対)
②前走上り5位以内
③前走0.2秒差以内で4着以内
④直線平坦コースで上り2位以内で1着


注目馬
エスピリトゥオーゾ
スズカメジャー

スポンサーサイト

シルクロードS&根岸S~最終戦略~

シルクロードS
◎セカンドテーブル
○ラインスピリット
▲ネロ
△セイウンコウセイ
△ブラヴィッシモ
△ダンスディレクター


根岸S
◎ラストダンサー
○エイシンバッケン
▲カフジテイク
△ベストウォーリア
△ブルミラコロ
△キングズガード

根岸S~攻略案②~

シルクロードS~攻略案②~

シルクロードS~攻略案①~

過去5年の血統データ
シルクロードS血統

★父or母父にミスプロ系かノーザンダンサー系
★ナスルーラorネヴァーベンド内包
★ダート血統


注目馬
アースソニック   (父クロフネ、母父サクラユタカオー、ネヴァーベンド内包)
セイウンコウセイ  (父アドマイヤムーン、母父カポーテ、エンドスウィープ&シアトルスルー&ナスルーラ内包)
セカンドテーブル  (父トワイニング、母父サンデー、ネヴァーベンド内包)
ダイシンサンダー  (父アドマイヤムーン、母父マンカフェ、エンドスウィープ内包)
ダンスディレクター (父アルデバラン2、母父サンデー、ナスルーラ内包)
ラインスピリット   (父スウェプトオーヴァー、母父トニービン、エンドスウィープ内包)



過去5年のラップデータ
シルクロードSラップ

①前走逃げて連対
②前2走とも4角5番手以内でどちらかで連対
③前走上り5位以内で0.3差以内で掲示板


注目馬
ネロ
ネロセイウンコウセイ・セカンドテーブル
セイウンコウセイ・セカンドテーブル・ダンスディレクター・ラインスピリット

根岸S~攻略案①~

過去5年の血統データ
根岸S血統

まずは重馬場と良馬場での血統傾向の違いをピックアップ(・∀・)

過去5年のうち良馬場で行われた12~14年の3回は父サンデー系が優勝。13、14年は1~3着独占と
良馬場ならサンデー系が強い傾向。

そして稍重、重馬場開催だったここ2年は6頭中5頭は父非サンデー系。

過去5年の東京ダート1400mの良馬場と重・不良馬場の種牡馬成績を見てみても傾向は明らか。
良馬場
根岸S血統ダ1400

稍重以上
根岸Sダ1400重馬場

良馬場の場合、トップのゴールドアリュ-ルを筆頭に父サンデー系が5頭ランクインなのに対し
道悪ではベスト10に父サンデー系はトップ2のゴールドアリュールとダイワメジャーの2頭がかろうじてランクインw

今週は日曜に雨マークつきそうだがなんとか天気は持ちそうな雰囲気。
狙いはサンデー系か。

さらに掘り下げると連対馬はサンデー系×ノーザンダンサー系orミスプロ系なので
父or母父がサンデー系かつノーザンダンサー系orミスプロ系の組み合わせが狙い目。

他ではボールドルーラー内包馬が馬場状態関係なく好走が多い。

注目馬
スズカセクレターボ  (父タキオン、母父シーキングザゴールド、ボールドルーラー内包)
グレイスフルリープ  (父ゴールドアリュール、母父シーキングザゴールド)
ノボバカラ       (父アドマイヤオーラ、母父フレンチ、ボールドルーラー内包)
ブルミラコロ      (父キンシャサ、母父シアトリカル、シアトルスルー内包)
ラストダンサー     (父キンカメ、母父サンデー)


年よりが多いw
ノボバカラかブルミラコロか。馬場が多少渋るならラストダンサーが狙い目。


過去5年のラップデータ
根岸Sラップ

こちらは単純明快w上り最速馬を探すお仕事ですw
過去5年で上り最速が【2・1・1・1】、上り2位が【2・1・1・2】
去年こそ上り3位のモーニンが勝ちましたが基本勝ち馬は上り2位以内を出せるような馬から。

上り2位以内のポイントとしては
★東京ダートで上り最速で1着(重賞3着以内)
 ⇒1400mがベストだが1600mでもOK
★前2走内に上り2位以内を記録


逆に上り3位以下で馬券に絡んだ馬の特徴としては
★東京ダート14~1600mで4角5番手以内で1着

注目馬
★上り2位以内候補
 カフジテイク
 シンゼンレンジャー
 タールタン
 ベストマッチョ
 ラストダンサー


★3位以下
 グレイスフルリープ
 ノボバカラ
 ブライトライン


最有力はカフジテイクで問題ないw
新星誕生ならベストマッチョかラストダンサーか。

AJCC~最終戦略~

◎リアファル
○ミライヘノツバサ
▲ナスノセイカン
★ルミナスウォリアー
△クラリティスカイ
△ワンアンドオンリー
△ショウナンバッハ

AJCC~攻略案②~

AJCC~攻略案①~

過去5年の血統データ
AJCC血統

パッと見、トニービン内包の好走が目立つ。
それに関連して父or母父が欧州血統の馬が狙い目。

12年1着 ルーラーシップ  (母父トニービン)
13年2着 トランスワープ   (父ファルブラヴ)
13年3着 アドマイヤラクティ (母父エリシオ)
14年1着 ヴェルデグリーン (父父トニービン)
15年1着 クリールカイザー (父父ダンシングブレーヴ)
15年3着 エアソミュール   (父父トニービン)
16年2着 スーパームーン  (母父サドラーズウェルズ)


毎年1頭は圏内に来ており軸はここから(・∀・)
さらにマンカフェやスペシャル、リアルシャダイにサッカーボーイなど長距離血統も結構来ており
スピードよりもスタミナ系の血統が良さそうな気配。欧州血統プラスαで父や母父がこの手の
種牡馬の場合は要注意。

他ではノーザンテーストやノーザンダンサー内包がいいのは冬の中山芝の特徴。
リボー内包も毎年圏内馬を出しており注目。

注目馬
クリールカイザー  (父キングヘイロー、母父サッカーボーイ、ノーザンテースト内包)
ナスノセイカン   (父ハーツ、母父ホワイトマズル、トニービン&リボー内包)
ルミナスウォリアー (父メイショウサムソン、父母父ダンシングブレーヴ)
ホッコーブレーヴ  (母父ダンシングブレーヴ)
ヤマニンボワラクテ (母父エリシオ)


一昨年の覇者クリールカイザー、休み明けホッコーブレーヴのおじさん組、
去年5着でそこが割れてそうなヤマニンボワラクテよりも
新興勢力2頭が狙い目か。
とくにハーツで母父ホワイトマズルのナスノセイカンは血統的にドンピシャ感(・∀・)
追い込みでは厳しいだけにある程度前につけてほしいところ。


過去5年のラップデータ
AJCCラップ

①中山芝1000万以上で上り最速で0.2差以内
 (3着馬なら0.5秒以内)
②前走重賞で4角2番手以内で連対
 (3着馬なら4角5番手以内で3着以内)

③中山芝2000m以上で4角2番手以内で1着
④中京芝2000m以上の1600万クラス以上で上り2位以内で1着


注目馬
クリールカイザー  (①③)
ホッコーブレーヴ  (①)
ルミナスウォリアー (①)
ミライヘノツバサ  (②)
ヤマニンボワラクテ (②)
ワンアンドオンリー (①)


ショウナンバッハ (3着候補)
クラリティスカイ  (3着候補)
マイネルフロスト (3着候補)

京成杯~最終戦略~

◎ガンサリュート
○アサギリジョー
▲マイネルスフェーン
★アダマンティン
△ポポカテペトル
△コマノインパルス
△ベストリゾート
△イブキ

日経新春杯~攻略案②~

京成杯~攻略案②~

京成杯~攻略案①~

過去5年の血統データ
京成杯血統

ポイント
★ダート血統
★3代前までにノーザンダンサー
★ノーザンテースト内包
 


注目馬
アダマンティン   (父ハービンジャー、母父フジキセキ、ノーザンテースト内包)
イブキ        (父ルーラー、母父タキオン、ノーザンテースト内包)
オールザゴー    (父ステイ、母父フレンチ、ノーザンテースト内包)
マイネルスフェーン (父ステイ、母父ジェイドロバリー、ノーザンテースト内包)


現在2連勝中のハービンジャー産駒からはアダマンティン。母父にフジキセキ、ノーザンテースト内包と最有力。
同じく2年連続で圏内を出してるキングマンボ系からイブキ。母父タキオンでノーザンテースト内包。
中山芝といえばステイゴールド。注目は母父がダート血統のオールザゴーとマイネルスフェーン。


過去5年のラップデータ
京成杯ラップ

過去5年の好走馬からポイントをピックアップ

①前走コーナー4つの2000mで上り34秒以上2位以内で1着
  ⇒ベルーフ・キングズ・アデイイン・フェイム・メートル
②東京1800m以上で上り2位以内で1着(重賞なら上り不問で3着以内)かつ右回りで3着以内実績
  ⇒ブラバゴ・ケイアイ・ベスト・メートル
③中山or阪神1800m以上で上り3位以内連対(重賞なら0.3差以内)かつ前走4着以内
  ⇒ブラバゴ・キングズ・アデイイン・フェイム・アクション・ロブスト・アドブル・メートル
④ローカル右回りの1800m以上で4角3番手以内で上り最速で1着
 ⇒プロフェット・ケルフロイデ


該当馬
アダマンティン
コマノインパルスベストリゾート
アダマンティンコマノインパルスベストリゾート・ガンサリュート・サンティール・マイネルスフェーン
④アダムバローズ

日経新春杯~攻略案①~

過去5年の血統データ
日経新春杯血統

とにもかくにもトニービン(笑)
過去4年でトニービン内包が3勝、2着と3着が2回ずつと大暴れw
トニービン内包のパターンとしては
①父サンデー系で母父トニービン
②父母父トニービンで母母父ノーザンダンサー系


他ではヌレイエフ内包、ノーザンダンサー内包が毎年圏内。
ヌレイエフ内包は3代前までがベター。

注目馬
アドマイヤフライト  (父マンカフェ、母父トニービン)
ピンポン        (父ハーツ、トニービン&ノーザンテースト内包)
テイエムナナヒカリ  (父ジャンポケ、トニービン&ヌレイエフ内包)
ミッキーロケット   (父キンカメ、母父ヌレイエフ、ノーザンダンサー内包)


ミッキーロケット1択(笑)


過去5年のラップデータ
日経新春杯ラップ

過去10年で上り最速【5・3・2・1】と上り最速を探すお時間ですw

★前走上り4位以内
★5歳以下
★馬体重470キロ以上
★54キロ以上
★関西馬
★2200m以上で上り2位以内で連対
 (4歳馬は2000m以上のOPクラスでも可)


該当馬
カフジプリンス
ミッキーロケット
クリプトグラム
レーヴミストラル


長期休み明けの5歳2頭より4歳2頭が有力候補。
カフジプリンスはズブいので京都では無理そうw
結局ミッキーロケット1択(笑)

シンザン記念&フェアリーS~最終戦略~

フェアリーS
◎アエロリット
○メローブリーズ
▲ヒストリア
★キュイキュイ
△ツヅク
△ジャストザマリン
△アルミューテン
△パフォーム


シンザン記念
◎ペルシアンナイト
○トラスト
▲マイスタイル
★ブレイヴバローズ
△エテレインミノル
△イエローマジック

シンザン記念~攻略案②~

フェアリーS~攻略案②~

フェアリーS~攻略案①~

過去5年の血統データ
フェアリーS血統

まず注目がキングマンボ系とサドラー&シアトルスルー内包馬。
14~15年が母父エルコン、父ヴァーミリアンと連勝、去年は3着に父ワークフォークスのキングマンボ系。
13年2着、14年が1~3着、15年の1着、去年が3着とここ4年でブレイクのサドラー内包馬。
現在4連勝のシアトルスルー内包馬。

この3点を個人的には重要視していきたい(・∀・)

他では12年の1,3着ホワイトマズルが来ており上記のキングマンボ系サドラー系と関連して
欧州血統を持つ馬にも注意。

注目馬
ジャストザマリン  (父ディープブリランテ、シアトルスルー内包)
スノードーナツ   (父パイロ、母父スペシャル、ダンシングブレーヴ内包)
ツヅク        (父マツリダゴッホ、母父フサイチコンコルド、トニービン&サドラー内包)
メローブリーズ   (父スクリーンヒーロー、母父エルコン、サドラー&シアトルスルー内包)
ライジングリーズン (父ブラックタイド、母父キンカメ)


最注目はメローブリーズ(・∀・)やはりエルコンの血はこのレースは黙って買えw
そして同舞台勝ちのある母父キンカメのライジングリーズン、中山1800mを逃げ切ってるツヅクが狙い目。


過去5年のラップデータ
フェアリーSラップ

基本は47秒後半から48秒と近年は流れは緩くなる傾向。
ただ上がりは34秒後半から35秒台と冬の中山らしくかかっており、過去9年で上がり2位以内で馬券圏内に来た馬
7頭は34秒後半以上と切れる脚よりジリジリ長くいい脚を使う馬が狙い目か。
34秒前半の脚を使うような馬は基本向かないか後ろ過ぎて届かないというのがセオリー。
過去10年4角10番手以下は【0・1・0・46】と初年度にアイアムネオが来て以来全滅w
狙いは前目か中団の差し馬でいいでしょう。

過去の連対馬のポイント(すべて芝レース)
①1800m以上4角5番手以内で上り3位以内で3着以内経験
 ⇒ノットフォ・ローデッド・スピード・ネモシン・エポナ・ドレッサー
②新馬戦マイルで4角5番手以内で上り4位以下で1着
 ⇒オメガ・クラウン
③マイル戦でレース上り34秒6以上で上り2位以内で1着経験
 ⇒ニシノアカ・ウキヨ・アイアム
④マイル戦4角2番手以内で上り3位以内で1着経験
 ⇒ダンス・アプリ・ジェルミ・ベニザクラ・ビービーバーレル

★前走1400m以下からの圏内馬
 ⇒1800m以上経験ありor前走上り最速で連対


①アルミューテン・パフォーム
②該当なし
③キュイキュイ
④該当なし


★1400m組該当なし

今年は荒れそうな予感w

シンザン記念~攻略案①~

過去5年の血統データ
シンザン血統

注目は現在5連勝中のダンジグ内包と去年まで5連勝で去年は3着に人気薄を持ってきた
ボールドルーラー内包馬。
そして5代前までにノーザンテーストかノーザンダンサー持ちの馬にも注目。

注目馬
アルアイン      (父ディープ、母父シアトルスルー系)
タイセイスターリー (父マンカフェ、母父ダンジグ系、ノーザンダンサー&ボールドルーラー内包)
トラスト        (父スクリーンヒーロー、母父エイシンサンディ、ダンジグ&ノーザンテースト内包)
ペルシアンナイト  (父ハービンジャー、母父サンデー、ノーザンダンサー内包)
マイスタイル     (父ハーツクライ、母父フォーティーナイナー、ダンジグ&ボールドルーラー゙内包)


ダンジグ内包は4頭いるが最注目はペルシアンナイト(・∀・)1人気でしょうがここは勝ち切ってもらいたいところ。
ここ2年圏内のハーツ産駒から穴でマイスタイルを推奨しておきます。


過去5年のラップデータ
シンザン記念ラップ


★前走1800m以上組
 ⇒過去に1800m以上で上り34秒台で最速を記録

★前走1600m組
 ⇒前走4角5番手以内or芝マイル戦で上り最速で1着実績

★前走1400m以下組
 ⇒前走4角5番手以内かつ上り3位以内で1着 



注目馬
ペルシアンナイト
トラスト
ミルトプリンス
アルアイン
エテルインミノル
(マイスタイル)

東西金杯~最終戦略~

今年は出来るだけ印復活の予定w

中山金杯
◎クラリティスカイ
○マイネルフロスト
▲ツクバアズマオー
★シャイニープリンス
△ダノンメジャー
△ドレッドノータス



京都金杯
◎エアスピネル
○ケントオー
▲ブラックムーン
★ペイシャフェリス
△ダイシンサンダー
△ダンツプリウス
△マイネルハニー

京都金杯~攻略案②~

中山金杯~攻略案②~

京都金杯~攻略案①~

過去5年の血統データ
京都金杯血統

シンプルにサンデー系とノーザンダンサー系でよろしくて?w

父と母父の組み合わせはサンデー系とノーザンダンサー系が断然。去年は1頭も絡まなかったが
それまでは毎年1頭はこの組み合わせが来てるので血統面からの軸はここから選ぶのがベストでしょう。

父サンデー系を見ていくとやはりディープが相性良くて【2・3・0・6】、あとはマンカフェが【0・0・2・1】と好相性

他にニジンスキー系が相性良くて、ガルボやダノンシャークが母父ニジンスキー系で2回ずつ
15年のウインフルとトライアンフがスペシャルウィークで来ており注目。
さらに去年も母母父ニジンスキー系のテイエムタイホーが人気薄で2着で今年も期待がw

あとは毎年圏内馬が出てるボールドルーラー系内包馬やミルリーフやトニービンなど
ナスルーラ系の内包が多く目立つのも特徴か。
特注は現在5年連続連対中のネヴァーベンド内包馬(・∀・)

注目馬
アルマディヴァン   (父メジロベイリー、母父メジロライアン、ニジンスキー&ネヴァーベンド内包)
アストラエンブレム  (父ダイワメジャー、ノーザンテースト&ネヴァーベンド内包)
テイエムタイホー   (父ニューイングランド、ニジンスキー&ネヴァーベンド内包)
ピークトラム      (父チチカス、母父スペシャルウィーク、ニジンスキー内包))
ペイシャフェリス    (父スペシャルウィーク、ニジンスキー内包)
ミッキージョイ     (父ディープ、母父ケープクロス、ネヴァーベンド内包)


今回はニジンスキー系とネヴァーベンド内包が結構いてエアスピネルから穴狙いならこの辺がオススメw
特にスペシャルを持つ2頭、ピークトラムとペイシャフェリスは内枠引いたら怖い。
ディープは3頭いるが人気しそうな2頭よりネヴァーベンド内包のミッキージョイを取り上げておく。


過去5年のラップデータ
京都金杯ラップ

12年だけ前傾ラップだが基本はスローになりがち。
逃げ馬の枠と斤量が展開のカギを握っており、内枠に逃げ馬が入ればすんなり先手でスローに落とせる感。
12年は大外枠の58キロシルポートが先手取るまで押して行き序盤のペースが速くなったとみる。

とにもかくにも枠順が大事な京都金杯というのは有名でw
過去5年の枠成績は
4調査依頼

外枠は壮絶に不利w
去年テイエムタイホーが2着に来たがポイントは前走の4角ポジション。
5~8枠で馬券に絡んだ3頭は全て前走4角2番手以内。
先行力のある馬ならワンチャンある。

前走4角3番手以下で5~8枠に入った馬は【0・0・0・35】と全滅w
今回の出走馬で前走4角2番手以内はペイシャフェリスとマイネルハニーのみ。
この2頭以外が5~8枠に入ったら思い切って全消しでww

中山金杯~攻略案①~

過去5年の血統データ

中山金杯血統

相性がいいのはサンデー系だがどちらかとういと父より母父の方が成績は良い

父サンデー系  【2・1・2・40】 連対率6.7%
母父サンデー系 【2・3・2・11】 連対率27.8%

特に母父サンデー系で単勝10倍未満は【2・2・2・0】と完複♪
勝ち馬2頭は父ミスプロ系なのでこの組み合わせの人気馬は要チェック(・∀・)

父サンデー系では亜流系サンデーの相性が悪くステイとマンカフェが【1・0・0・12】とオーシャンブルーの1着のみ。
中山マイスターFベリーの力がデカイw
単勝一桁人気で4頭圏外に飛んでおり人気でも疑ってかかるのが良さそう。

他でも父ネオユニが【0・0・0・6】と相性悪く去年もブライトエンブレム(2人気)
ネオリアリズム(4人気)と人気を裏切り圏外へw

そして父サンデー系で単勝15倍以上は【0・0・0・29】と人気薄は完全に疑ってかかりますかね(笑)

相性がいいのはミスプロ系か。
父ミスプロ系(キングマンボ系含む)  【3・0・1・5】 連対率33.3%
母父ミスプロ系(キングマンボ系含む) 【1・1・1・4】 連対率28.5%

ミスプロ系は父or母父どちらでも好走しており、好走馬は前述のサンデー系との組み合わせだけなので
狙いはやはりこの組み合わせか。

ノーザンダンサー系は父で2頭2着出てるのがともにサドラー系なのは注目。
しかし母父ノーザンダンサー系は【0・0・0・19】と大不振w単勝一桁人気でも5頭圏外に飛んでおり、
こちらは疑いのまなざしw

注目馬
クラリティスカイ  (父クロフネ、母父スペシャルウィーク)
ドレッドノータス  (父ハービンジャー、母父サンデー)
マイネグレヴィル (父ブライアンズタイム、母父スペシャルウィーク)
ストロングタイタン (父リーガルランサム、母父ディズナウ)


今年はミスプロ×サンデーがおらんw
注目は母父サンデーで単勝10倍切る可能性がありそうなクラリティスカイ一択か。
あと父or母父にサンデー系がない馬は○外で2頭来ており父がミスプロ系の外国馬
ストロングタイタンも人気だが注意しなくてはいけないか。

逆にステイ産駒で母父ノーザンダンサー系のツクバアズマオーは疑ってみたいところでしょう。

過去5年のラップデータ
中山金杯ラップ

14年以外は前後半1秒以上の後傾ラップでスローの傾向。
14年も1頭大逃げしたためのラップで2番手以降はフラットな感じの平均ペースなイメージ。
(番手のサムソンズプライドは0.3差)
去年にいたっては3.4秒の超ドスローww逃げたフロストが2着で
4角2番手のヤマカツエースが1着の前残り。

連対馬は全て4角一桁ポジションでここ数年は追い込み馬は届かない感じで
4角10番手以下は【0・0・1・28】と1人気ジャスタウェイの3着1回だけw
狙いは先行~中団で器用に立ち回れる馬か。

前走ポジで見ても4角10番手以下は【1・1・0・27】と不振。
勝ったのは有馬2着の実績のオーシャン、2着は中山芝【4・4・2・0】のキョウエイストーム。
そして2頭はともに前走GⅡ・GIと格上のレースに出走。
前走GⅢ以下で4角10番手以下は【0・0・1・20】と去年前走重賞勝ちのフルーキーがなんとか3着。
中山でかなりの実績ある馬が前目で運んだ場合か前走重賞勝ちくらいの好調&実績馬ならというところ。

同じく前走4角3番手以内も【1・0・0・18】と不振。
好走は前走逃げてGⅢ2着のコスモファントムのみ。
前走重賞以外で4角3番手以内は【0・0・0・6】で全滅。
重賞を前目で運んで勝ち負けするくらいの力があれば勝負になるという見立て。

狙い目としては
①中山芝得意。前走格上レースに出走ならプラス
②前走重賞で先行して好走
③ここ数戦先行してキレ負けしてた馬
④ここ数戦中団から速い上りを使ってチョイ負けしてる馬
⑤中山芝で先行して上り34秒台で連対


注目馬
クラリティスカイ
シャドウパーティー
ダノンメジャー
ツクバアズマオー


今年は前走重賞組が少なく(マイネルハニーは京都金杯へ行く想定)なかなか難しい。
クラリティスカイはここ数戦先行してキレ負けという感じで合いそう。
中山実績からはツクバアズマオーが【4・2・2・4】と得意。
さらにシャドウパーティーは中山2000mで【2・0・0・1】で前走2人気で
大敗も叩いてここ狙いとみれば今回人気落ちなら堀Qで狙い目か。
前走8着ながらGⅢで逃げて0.3秒差のダノンメジャーも抑えたい感。

冬の新ドラマ紹介☆彡

新年明けましておめでとうございます(・∀・)
今年も競馬にドラマに頑張りますww

新年1発目は・・
毎度おなじみ新ドラマ紹介のコーナー!イエ━━━━━(σ・∀・)σ━━━━━ッイ!!!

まずは10~12月期のドラマを振り返ってみます(・∀・)
見る前の期待度は、

★★★★★=『相棒』 『IQ246』 『ドクターX』 『ラストコップ』 『勇者ヨシヒコ』
★★★★=『科捜研』 『レンタル救世主』
★★★=『逃げ恥』 『校閲ガール』 『レディダヴィンチ』
★★=『砂の塔』 『Chef』 『ミタゾノ』 


で、見終わったあとの満足度は、

★★★★★= 『逃げ恥』『ドクターX』
★★★★☆=『IQ246』『勇者ヨシヒコ』『相棒』
★★★★=『科捜研』 『校閲ガール』『砂の塔』
★★★=『ラストコップ』『レンタル救世主』『レディダヴィンチ』
見てない=『Chef』 『ミタゾノ』 



今回のダークホースはこれでしたねw世間でも大ブームになった「逃げ恥」
ガッキーの可愛さだけかと思った序盤だったけど内容も色んな番組やアニメのパロディがあって面白かったし、
ブームになった恋ダンスを毎週見るのが楽しみだった♪

「ドクターX」は安定の私失敗しないのでw
もう定番化してるけど権力に屈しないバイトがギャフンと言わすやつは見てて飽きないw

「IQ246」はまぁまぁこんな感じといたところか(^^;
マリアTが中谷美紀ってのがあっさりバレてからがイマイチやったなぁ。
序盤のように謎解きメインの時の方が面白かったのと織田裕二があーゆうキャラなら
最後まで変人を貫き通す感じじゃないとつまらん。護衛人に心許しちゃダメww

「勇者ヨシヒコ」も中盤くらいまではゲストとのおふざけで
非常に面白かったものの魔王との戦いになってからがちょっと物足りなかったかなぁ。

この2つは終盤の物足りない分の★4.5

「校閲ガール」は期待してたよりはちょっと上いった感じ。
石原さとみが役にハマってて見てて飽きなかった(・∀・)
脇役陣がもうちょっと頑張って欲しかったw

「砂の塔」は最終回まで犯人が誰だかわからない状況を引っ張った分
なんとか見れたw内容がママ友いじめに終始してたので中盤何回か離脱しかけたけどw
菅野ちゃんは明るいドラマで見たいww

「ラストコップ」はおふざけ感を最後まで貫いてよかったw最終回の一部生放送で事故ってたのは
さすがw窪田くん普通に笑ってるし、ノゾミールは普通に唐沢さん!って役名じゃなく本人の名前言っちゃうしww

「レディダヴィンチ」はなんとなく最後まで見たw特に可もなく不可もなくww

今期の視聴率最高は「ドクターX」が平均21.4%と唯一の20%越え。
2位が尻上がりに視聴率上げた「逃げ恥」で平均14.5%と大健闘。
最高視聴率は20.8%と最終回で20%越えを達成。

校閲ガール、IQ246、砂の塔が平均で10%を越えました。

では冬の新ドラマ紹介の方へいきましょう(・∀・)クリック
GO TOP