FC2ブログ

京成杯~攻略案①~

過去5年の血統データ
京成杯血統

注目はノーザンテースト内包馬。過去5年で4勝、2着2回、3着2回と活躍。
あとノーザンダンサーのクロスを持ってる馬が5連勝中というのも押さえておきたい。

それ以外でもヌレイエフ、ダンジグ、ニジンスキーなどとにもかくにもノーザンダンサー系が重要な気配w

【注目馬】
とりあえずノーザンテースト内包してる父or母父サンデー系の馬をピックアップすればOKでしょうw

まずはオンザロック
父サムライハートはサンデーの中でもマイナーでこのレースに向いてる感じ。
ND5×4、母方にダンジグ内包。上りの速い展開は向いてなさそうで馬場が悪化したり
上りのかかる展開になれば面白い。

ついでプランスシャルマン
こちらは過去5年で3頭が圏内の母父サンデーサイレンス。
ND4×4、父方にヌレイエフ、母方にノーザンテースト内包。前走初めて崩れたが
それまでの4戦は上り2位以内連発で力を出し切れればこのメンツなら。

アドマイヤモラールはキンシャサ×ニホンピロで距離短い方が良さそうだが、
リボーとノーザンテーストで中山なら2000mでもギリ持ちそうな感。

ブレイブスマッシュはマイラーとの声が聞こえるが
トーセンファントム×シングスピール、トニービンにロベルトと距離持ちそうな気もするんだがw
ノーザンテースト内包でND5x5とここで来ても驚けない血統背景。

最後にマイネルラフレシア
初の2000mだがジャンポケ×ダンスと距離伸びてむしろプラス。
ヌレイエフ、ニジンスキー、サドラーとノーザンダンサー系も十分でここは主役候補と見てる。

過去5年のラップデータ
京成杯ラップ

上りの速い馬が好走してる点に注目したい。

過去5年の連対馬は上り5位以内。仕掛けどこは11、14年がラス5最速と早めの仕掛けになって
上りのかかる展開。このパターンだと上り4,5位あたりが連対出来る感じ。

残りの3年はラスト2ハロン最速となり上り34秒台で3位以内の馬が連対。
仕掛けが遅いと後方待機の馬でも届く。

過去の傾向を見ると4角3番手以内の馬が連対出来ておらず
前より差し馬有利というのが京成杯の特徴か。

過去5年の好走馬からポイントをピックアップ

①コーナー4つの2000mで上り34秒以上2位以内で1着
  ⇒ベルーフ・キングズ・アデイイン・フェイム・デボネア
②東京1800m以上で上り2位以内で1着(重賞なら上り不問で3着以内)
  ⇒ブラバゴ・プレイアンド・ケイアイ・ベスト・フェイト・プレイ
③中山or阪神1800m以上で上り3位以内連対(重賞なら0.3差以内)
  ⇒ブラバゴ・キングズ・アデイイン・フェイム・アクション・ロブスト・アドブル

【出走予定の該当馬】

ウムブルフメートルダール・ユウチェンジ
②ダイチラディウス・ナムラシングン・プランスシャルマン・マイネルラフレシア
ウムブルフプランスシャルマンメートルダール


同舞台で好走してるウムブルフ、プランスシャルマン、メートルダールは押さえなきゃいかんか。
意外と相性がいいのが東京1800m好走組。
OP勝に重賞3着の実績があるマイネルラフレシアは有力。
プランスシャルマンは中山2000と東京1800mでも好走しておりこちらも有力。
スポンサーサイト



コメント


GO TOP