FC2ブログ

産経大阪杯~攻略案①~

過去5年のラップデータ

大阪杯血統

過去5年で父サンデー系が5連勝中、母父ノーザンダンサー系が4勝とオルフェ以外はサンデー×ノーザンダンサーが勝ち馬の血統傾向。
過去10年で見ても父サンデー系が7勝、母父ノーザンダンサー系が7勝で
勝ち馬10頭中9頭はどちらかに該当し例外1頭は父オペラハウスのテイエムアンコール。

そして過去10年で母父サンデー系は未勝利となってますw

さらに注目はボールドルーラー系内包馬。
過去5年で4勝、2着3回、3着3回と毎年馬券圏内に来てます。

ポイント
★父サンデー系
★母父ノーザンダンサー系
★ボールドルーラー系内包


注目馬
ショウナンパンドラ  (父ディープ、母父フレンチデピュティ、ボールドルーラー内包)
タッチングスピーチ  (父ディープ、母父サドラー、ボールドラッド内包)
ヌーヴォレコルト   (父ハーツ、母父スピニングワールド、セクレタリアト内包)


今年も勝つのは牝馬かな?w


過去5年のラップデータ
大阪杯ラップ

去年は不良馬場で後半時計かかって前傾ラップでしたが基本はゆったり流れての瞬発戦。
過去5年で上り最速が【3・1・0・1】、上り2位が【1・2・1・1】ですべて4着以内。
内回りでも差し追い込みが届く展開。

今週から内回りのBコースに替わるだけに先週の中京のように高速馬場にならないとも限らないw
となると同じくらいの上りなら少しでも前にいる馬が良さそうだが33秒前半の脚が使えれば後ろからでも届きそう。
とりあえずは土曜の馬場チェックですな。

注目馬
ショウナンパンドラ (天皇賞秋4着、上り33.4)
イスラボニータ    (マイルCS3着、上り33.0)
ラブリーデイ     (京都大賞典1着、上り32.3)


高速馬場で究極の上り勝負になったらイスラは出遅れてのものなので今回は
パンドラvsラブリーデイの感。

多少上りのかかる馬場ならタッチングスピーチとアンビシャスに浮上の余地。
スポンサーサイト



コメント


GO TOP