FC2ブログ

フェブラリーS~攻略案②~

真央ちゃんのフリーの演技素晴らしかったですね~フリーだけの順位は3位とメダル圏内でした。
結果的に6位とSPの結果が残念でしかたないですが、あの状況の中でフリーで8種類の3回転ジャンプ全て成功させてくるのは素晴らしい☆彡

そして新種目のスキー女子ハーフパイプでは小野塚選手が初の銅メダル獲得(≧∀≦)♪
これで今大会のメダルは8個目で長野五輪の10個に次ぐ史上2位!前半戦なかなかメダル取れなかったものの後半から一気にメダルラッシュでしたw


こちらもソチ五輪に負けないように分析ラッシュといきましょう!(笑)

フェブラリーSラップデータ


過去5年のラップデータ

まず目に付くのは上り1位が4連対(09年は3着、去年は5着)、勝ち馬は全馬上り3位以内と末脚が強烈な馬を狙うのがベター。

芝スタートということもあり前半速くなる東京ダ1600m。11年トランセンドが逃げ切った年以外は4F47秒以下とさすがGIといった感じのペ-ス。

フェブラリーSラップグラフ

こう見ると09年はこのラップで前残った上位陣はすごいですね~w
逆に11年のトランセンドが逃げ切ったペースはたそんな大したこたぁなかったっぽい(^^ゞ


今年ペースを握るのはおそらくエーシントップでしょう。
まぁ逃げ宣言など信用しませんが(笑)

他に前に行きそうなのはブライトライン、タルマエ、ピロアワーズあたりか。バレンチノは岩田に乗り替わりで差しに回りそう。

ブライトラインは逃げたくないだろうし、ピロアワーズとタルマエは芝スタートが未知数。すんなりエーシンが先手で隊列は落ち着きそう。
となるとさすがにトランセンドの11年とまでは行かなくとも序盤は35秒台前後に落ち着くのでは?

前に行く馬が実力馬なだけに中盤も緩まず進み直線では地力勝負になるのではないでしょうか。ちょうど09年に似たような。
GI勝ちの実力馬や余力十分な4~5歳の馬、そしてスタミナが必要となり中長距離実績がある馬が有力。

そうなるとある程度前に付けれて上りをまとめられる馬が有利になりそう。タルマエにピロアワーズが万全なら凡走はないか?
懸念材料があるなら芝スタートに戸惑い行き脚が付かず前に取りつくのに脚を使ってしまった場合(根岸Sのブライトラインのように)
そうなると最後脚が鈍って差されるパターンw


差して来るなら隊列ばらけて内を突いて来れる馬。内枠に入ったゴールスキー、ベストウォーリア、ワンダーアキュートには注意が必要。

ベルシャザールも真ん中から抜けて来れば好走可能。逆に大外入ったシルクフォーチュンは外回すしかなさそうで届かない可能性高し(^^ゞ

ということで
①GI実績馬
②中長距離のダート重賞好走馬
③4~5歳馬


この3点を重要視していこうかと思います(・∀・)
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP