FC2ブログ

アーリントンC~攻略案②~

今週は3重賞と先週より1つ少ないものの時間が足りん(苦笑)
中山記念は過去5年で見ても良馬場が2回しかなく、今週も天候悪そうなのでラップ分析はお休みします(+o+)

阪神は明日雨っぽいけど金土はくもりっぽいのでなんとか馬場大丈夫かな?(^^ゞ

アーリントンCラップ

過去5年のラップデータ
09年こそ前傾ラップですがここ4年は後傾ラップの瞬発戦。上り3位以内の馬が必ず連対してます。

ただ10年は前半4Fは遅かったものの5ハロン目から急に速くなりラストが大きく失速というラップでコスモセンサーが逃げ切り勝ち。

アーリントンCラップグラフ

グラフで見ると分かりやすいように09年と10年はやや異質な感じwでは今年はどんな感じになるのか?
ミッキーアイルという実力ある逃げ馬がいるので検証しやすいかw



アーリントンCラップ比較

まずはアーリントンCの平均ラップとミッキーアイルが逃げ切った3戦の平均ラップを比較。
アーリントンCの方がやや中盤楽な感じはあるがほぼ同じようなラップでミッキーアイルが逃げた場合、
ここ3年と同じように前半ゆったり入って4~5F目あたりからペースアップという流れになるのでは。


では出走予定馬の中から芝マイル戦で好走したレースのラップと比較してみましょう。


アーリントンラップ

アドマイヤメテオの新馬戦はちょっと質が違う感じ。
やはり人気でもエイシンブルズアイは外せない感じですね~(^^ゞ
白梅賞はちょっと序盤遅いですが4~7ハロンで0.5秒以上のペースアップを繰り出して上り33秒8で逃げ切ったのは評価出来るのでは?

この良馬場ならこの2頭の圏内はかなり堅そうな気がw
あとは瞬発戦なら短距離戦で勝って来た馬に期待したいところで、上り33秒台で好走してるタガノ2頭が有力かな(・∀・)
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP