札幌2歳S~攻略案①~

過去5年の血統データ
札幌2歳血統

この時期の2歳重賞ながら後にクラシックでも活躍する馬が結構見受けられるとサンデー系が猛威w
15頭中、父or母父サンデー系が13頭という様相。
ただ時期が早いだけに大物ディープ産駒とかの参戦が少ない&洋芝も影響して
サンデー系でもネオユニ系、ステイ系のパワー系サンデーが狙い目。

洋芝だけにロベルト、ノーザンダンサー&ノーザンテースト内包や
ヴァイスリージェント系やシアトルスルー、ウォーエンブレムなどダート血統も注意。

そして今開催の札幌芝はとにかくキングマンボ系w
キングマンボ系は黙って買えよレベルで来てるので要注意。

注目馬
ヴィオポトス    (父マツリダゴッホ、母父ナリタブライアン、ノーザンダンサー内包)
クリノクーニング (父オルフェ、母父パラダイスクリーク、ノーザンテースト内包)
ロジャージーニアス (父ネオユニ、母父レッドランサム、ヴァイスリージェント内包)
ロックディスタウン  (父オルフェ、母父ストームキャット、ノーザンテースト&ボールドルーラー内包)

シスターフラッグ (父ルーラーシップ、母父スパイキュール、トニービン&ノーザンテースト内包)
ディバインプリーズ (父ルーラーシップ、トニービン&ノーザンテースト&シアトルスルー内包)
 


最注目はオルフェとルーラー産駒2頭か。


過去5年のラップデータ
札幌2歳ラップ

前傾だったり後傾だったりラジバンダリw
ただ前半はタイムはさほど変わらす後半が上りかかるかかからないかの違いという感じ。1000m通過は61秒台となっており
ペースは速くなく仕掛けが早いか遅いかの違い。

共通点としては上り最速が好成績で過去5回で【2・2・0・1】と力の要る馬場でも速い上りが使えるかどうかがポイント。(ちなみに上り6位以下は【1・0・0・42】)
前走上り最速が【4・3・2・23】と圧倒的で上り4位以下は【0・0・0・10】

さらに札幌小回りらしくやはり先行有利。14年こそブライトエンブレムが大外まくって勝ちましたがその前までは
勝ち馬は4角5番手以内。人気薄で2着のマイネルシュバリエもブラックオニキスも5番手以内からの粘り込みで前で運べる馬には注意か。

ポイント
★前走上り3位以内
①前走1600m以下・・・ラス2とラス1が同ラップor加速ラップで連対
②前走1800m以上・・・ラス2かラス1がレース最速タイム&上り3位以内
③ラスト1ハロン加速ラップを上り2位以内で1着


注目馬
クリノクーニング   (③)
ディバインプリーズ (③)
ダブルシャープ   (①)
ミスマンマミーア   (②)
ロードトレジャー   (②)
ロジャージーニアス (②)
ロックディスタウン  (②)
スポンサーサイト

コメント


GO TOP