天皇賞・秋~攻略案①~

過去5年の血統データ
天皇賞・秋血統

好走ポイントとしてはやはり父サンデー系は外せないところ。
父に至ってはサンデー系とキングマンボ系で14/15と圧倒w
さらに勝ち馬を3頭出してるトニービン内包。イスラボニータが3着に2回来てるのでグレイソヴリンまで広げてみてもいいかも。
そしてここ最近のトレンドは母方にミスプロ内包がトレンド感。
あとはノーザンテーストにハイペリオン内包馬にも注意が必要か。

そしてマイナスポイントとしては父サンデー系が活躍してる分、母父サンデー系がここ5年で【1・0・0・18】と不振。
ラブリーデイが久々に馬券圏内来たもののトニービン内包が効いてる感。
さらに父ノーザンダンサー系は過去10年さかのぼっても【0・0・0・23】と全滅w
ただ今週も雨模様なだけにサトノクラウン、ソウルスターリングの取捨ねw

注目馬
サクラアンプルール (父キンカメ、母父サンデー、ノーザンテースト内包)
リアルスティール  (父ディープ、母父ストームキャット、ミスプロ内包)
レインボーライン  (父ステイ、母父フレンチ、ノーザンテースト内包)
ステファノス      (父ディープ、母父クロフネ、ミスプロ内包)
サトノアラジン     (父ディープ、母父ストームキャット、ミスプロ内包)
ワンアンドオンリー  (父ハーツ、ミスプロ&トニービン内包)


過去5年のラップデータ
天皇賞・秋ラップ

とにかく近年の秋天は上り重視でOKですねw
過去5年で上り最速馬は【3・2・2・2】で毎年連対。お馴染みの上り最速馬を探すお仕事ですw

まずは過去5年の上り最速馬を見てみましょう

16年 2着リアルスティール   前走安田記念上り34.6(11位) 502キロ
     3着ステファノス      前走毎日王冠上り34.6(5位) 486キロ
15年 2着ステファノス      前走毎日王冠上り33.2(2位) 474キロ

     4着ショウナンパンドラ  前走オールカマー上り34.1(1位) 438キロ
    11着アドマイヤデウス  前走天皇賞・春上り37.4(15位) 480キロ 

14年 1着スピルバーグ     前走毎日王冠上り33.2(2位)  506キロ
13年 1着ジャスタウェイ     前走毎日王冠上り32.7(1位) 496キロ
12年 1着エイシンフラッシュ  前走毎日王冠上り33.8(6位)  486キロ
12年 3着ルーラーシップ    前走宝塚記念上り35.4(3位)  514キロ


まず圏内馬に共通してる点として馬格があるというところに注目。480キロ以上が目安。
(上り最速馬に限らずここ5年圏内馬15頭全てが470キロ以上となっており、ここ数年秋天は馬体重の重い馬が好走の条件)
そしてステップは毎日王冠かマイル~中距離のGI。

ポイント
★馬体重470キロ以上
★東京芝OPクラスで上り3位以内で好走してること(OPなら1着、重賞なら3着以内)
 かつ
①前走毎日王冠で「上り33秒台で3位以内」か上り最速
②東京芝GI上り最速で連対実績
③前走GIで2人気以内で4角5番手以内


注目馬
リアルスティール
ステファノス
サトノアラジン

グレーターロンドン(馬体重増が条件)
スポンサーサイト

コメント


GO TOP