FC2ブログ

NHKマイルC~攻略案②~

天皇賞(春)で4着に入ったキズナはどうやらレース中に骨折をしていた模様(ノД`)・゜・。
距離や能力うんぬんよりアクシデントの影響だったとしたらゴルシに続き不運だったとしか・・・
秋の復帰を目指すということですが宝塚はもちろん、凱旋門賞も白紙ということで非常に残念です_l ̄l○lll ガクッ


ではNHKマイルCのラップ分析へ。

NHKマイルラップ

過去5年のラップデータ
12年、カレンブラックヒルが逃げ切った年だけ後傾ラップですが基本的には前半速い流れの前傾ラップ。

NHKマイルラップグラフ

09年は逃げたゲットフルマークが大きく逃げ、2番手のジョーカプはそんなに速くなかったのかも。3番手はさらに離れてたため後ろの馬はだいぶ遅かった可能性も(^^ゞ
結果掲示板は4角5番手以内の馬が独占と上り最速33.7を繰り出したワンカラットは4角17番手と後ろ過ぎて届かず6着まで。

12年は完全にカレンブラックヒルがペースを握り突っつく馬もいなかったためスローの前有利な流れ。
しかも残り3ハロンで急激にペースが上がったため脚を溜めてた馬もキレキレとまではいかず、上り最速は
4角15~16番手のセイクレットレーヴとジャスタウェイで5~6着まで。前との差がありすぎて届かずといった感じ。

と先行馬が残った展開はこの2回ですがポイントとしては「差し脚鋭い馬に4角でいかに差をつけるか?」
この辺がポイントとなるような気がします。
いわゆる引き付けての溜め逃げでは最後捕まるパターンのやつやw

今年の逃げ候補はミッキーアイルですが勝ちきるならカレンブラックヒルと同じパターンしかないですかね~。
09年は人気薄の逃げと2番手だったから成立した流れなので(^^ゞ

ではミッキーアイルが逃げ切った前2走とカレンブラックヒルのレースを比べてみましょう(・∀・)

NHKマイルCラップ比較


ラップ推移的にはカレンの時と似た感じですね。しかしシンザン記念のラップよりさらに楽なのがカレンブラックヒルの年w
これを見るとよっぽど恵まれないとミッキーの逃げ切りは厳しい感じ(^^ゞ

ただ、後ろの有力馬が最後の直線に賭け過ぎて道中じっとしすぎた場合、スグリンがビビらずに速めにペース上げて行けば逃げ切れる可能性も。後ろ来ないからってビビッて溜め逃げしたらたぶん差されるw


キーを握りそうなのが男騎乗のダンツキャンサー。
前走1400m逃げ切ってハナに行きたいと陣営が言ってるのでミッキーに絡むとしたらこの馬か。
この馬が序盤から競りかけて行ったらペース緩まず持続戦になってミッキーには厳しくなるが、
すんなり番手に控えたらミッキーにもチャンスは出てくるか。


今回は大穴狙いと行きたいのでミッキーアイルにはハイペースで沈んでもらうパターンで予想(笑)

ペース上がった時に上位に馬のポイントとしては、
①1800m以上で上り34秒台で1~2位(33秒台なら3位でも可)で好走してる馬(重賞なら特注)
②1400m戦を先行して上り34秒台で1~2位(33秒台なら3位でも可)で好走してる馬(重賞なら特注)


①はマイネルホウオウ・コティリオン・ダノンシャンティ・リルダヴァルなどが該当
②はリアルインパクト・グランプリボス・ダイワバーバリアン・インパルスヒーローなどが該当



今年の出走馬の中で見てみると、

①ロサギガンティア
②カラダレジェンド・ベルルミエール


正直微妙(^^ゞ
今年は重賞での該当馬がいないため信頼度に欠ける感w

マイネルフロストが出てきてればかなり有力だったと思うんですけどね~(>_<)
こうなるとペース落ち着いてミッキーアイルの粘り込みのパターンの方が現実味がありそうで怖いww

そうなると前行ってなだれこめる馬でしょう。
そうなった場合でもベルルミエールは非常に面白い存在だと思います(・∀・)
他では毎日杯2着の実績光るエイシンブルズアイ、ウィリアムおじさんで先行粘り込みが期待出来そうなマイネルディアベルの2頭を挙げておきます。
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP