FC2ブログ

優駿牝馬~攻略案②~

今日はAKB総選挙の速報発表ですね~さや姉がどこまで上位に食い込むかに注目w

ではオークスのラップデータ分析

オークスラップ

オークスラップグラフ

過去5年のラップデータ

まず目につくのが上り最速の成績の良さw過去5年では【4・1・1・0】とパーフェクト☆彡
過去10年で見ても【5・2・3・2】とほぼほぼ圏内w

ブエナ、アパパネ、ジェンティルは4角二桁ポジションからの差し切り勝ちの強さw
上り最速を出せる脚があれば後方一気も通用する模様。ハープスターが無事に走れば3着圏内は堅そう(・∀・)

しかし上り2位と3位の成績を見てみると

上り2位 【0・2・0・2】 (4角10番手以下【0・0・0・2】)
上り3位 【0・1・2・2】 (4角10番手以下【0・0・2・2】)

連対を果たした3頭は4角までに一桁ポジションは確保3着2頭も10、11番手。
上り最速じゃない限り後方一気は厳しいという感じですね。

ハープスターに勝つというというのはもちろん、連対するなら中団より前に位置したいところ。

まぁだいたいの人はわかってると思いますが(笑)

そこで今回は桜花賞とフローラS組に絞って探って行こうと思います(・∀・)

まずは桜花賞から。

過去5年の3着以内馬15頭中、前走桜花賞組は半数の8頭。去年のメイショウマンボ以外は3着以内。
その7頭の共通点は桜花賞で上り34秒4以下で3着以内だった点。

去年の桜花賞は上り3Fが36.1と掛かっており、1着アユサンは35.5、上り最速で2着のレッドオーヴァルでも35.1だった。
上りのかかる流れで桜花賞好走した場合、オークスでは微妙なのかも?
ちなみに同じように上り35.8かかった06年桜花賞を上り最速34.9で制したキストゥヘヴン、2着アドマイヤキッス、3着コイウタの上位陣はオークスで全滅w

今年の桜花賞はレース上り3Fは36.3とかかっていますが、これはフクノドリームの大逃げのせいww
1着ハープスターが驚異の32.9w3着ヌーヴォレコルトも33.8とオークス好走ラインはクリア(・∀・)
この2頭は有力とみていいでしょう(・∀・)
ヌーヴォレコルトは前走のように後方じゃなくいかに前目に付けれるかがポイントでしょう。

続いてフローラS

過去5年の3着以内馬15頭中、前走フローラSは6頭と桜花賞組といい勝負。全馬フローラSで3着以内。

好走の条件としてはフローラSが後傾ラップだったことと4角5番手以内で3着以内

11年のピュアブリーゼはフローラSで前傾ラップでしたがこの年は重馬場だったため例外ってことでw

オークスのラップが4Fあたりで大きく加速して瞬発戦になりやすく上り最速の成績が良いため、
フローラSでもスローからの急加速を前目で乗り切った馬がオークスでも好走しやすいのかも?

今年のフローラSは前半60.7、後半59.3の後傾ラップ。
1着サングレアルは4角13番手から34.3で差し切ったがこれをどう評価するかが難しい(^^ゞ
個人的には4角3番手から2着に踏ん張ったブランネージュの方に妙味有w

ということでラップデータからはハープスター・ヌーヴォレコルト・ブランネージュを注目馬として挙げておきます(・∀・)
ちょっと追加w

ここからは個人的な予想(^^ゞ

桜花賞とフローラSで負けた馬で好走しそうな馬を探ってみます。

まず桜花賞組。上位陣がオークスで好走出来ない場合、桜花賞で負けてた馬が好走するパターンは、

①桜花賞で差し追い込みが上位を占めたときは先行して負けてた馬(4角一桁ポジション)
②桜花賞で先行馬が上位を占めたときが差し届かなかった馬


①は去年のメイショウマンボや06年のパンドラ、ライジングなど
②は04年スイープトウショウやヤマニンアラバスタなど

今年は①のパターン(・∀・)
巻き返しの期待があるとすればフォーエバーモアかペイシャフェリス。

続いてフローラSですが過去20年、フローラS4着以下からの巻き返しは皆無w
可能性はかなり低いですが巻き返しがあるとするならばフローラSで、

①上り3位以内
②逃げた馬


今年4着以下で該当するのは①ニシノアカツキ②マイネグレヴィル
買うならこの2頭(・∀・)

あとはレアローテのバウンスシャッセとパシフィックギャルあたりかw
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP