FC2ブログ

京阪杯~攻略案②~

キャプチャ


京阪杯の過去6年のラップデータ(・∀・)

赤ラインは前傾ラップとなった年。過去6年の前半3Fの平均が33.98であるように
1200m重賞としては比較的ハイペースになりにくい感じ。09年だけ33秒1と速かったものの
それ以外の年は比較的落ち着いた流れ。まずここが一つのポイント。

同じ条件のシルクロードS、08~13年のラップデータを見ても
シルクロード

ここ4年は前半34秒台で上り勝負になってます。

京阪杯もここ2年は34秒台、今年は逃げ馬リュンヌくらいでペースは落ち着くとみます。
さらに牝馬が逃げた年が2年ありますがどちらも34秒台となってます。

京阪杯で前走スプリンターズSに出てた馬が馬券になりにくい理由はこの辺にあるのではないかと。

スプリンターズSは前半が速くなる前傾ラップなのでここでは求められる適性値が違うのではないかと思います。
逆にここ2年の宮記念は前半34秒台となっておりこちらでの好走実績がある馬の方が狙い目(今年はいないw)

ということでラップ分析からのポイントとしては、
①前3F34秒台以上で好走歴
②上り3F33秒以下での好走歴
③後傾ラップでの好走歴
④京都芝1200mの実績

この4点に注目してみました(・∀・)

京阪杯2013出走馬2


①~④に該当数が多い順に見ていくと最有力は3頭。

サイレントソニック
エピセアローム
プレイズエターナル

京都実績があり前半34秒台で上り33秒台を使えるこの3頭がラップデータからの推奨馬。

有力としては速い上りでの勝負が微妙ですが前半緩めば京都で走りそうなアースソニック、
1200mの実績が少ないですが適性はありそうなアドマイヤセプター、
どちらかというと前傾ラップが得意も34秒台でも速い上りにも対応出来そうなアイラブリリこのあたりまで。

芝1200mの実績が少ないので未知数な部分が大きいですが①~④の項目で好走歴がある
メイショウデイム、ラトルスネーク、ブルーデジャブの3頭は穴候補で面白いかもしれません。

マヤノリュウジンはスプリンターズSで好走したように速い流れでの前傾ラップの方が得意っぽい。
京都芝1200m初だけに軸にはしずらい。

エンデバーとハノハノも同じような感じで京都芝1200m実績を見てもこの舞台は得意ではないでしょう。

ただしwこれは前半が34秒以上のペースになった場合なので前半33秒台に突入するようなペースになったら
全く違う結果になるかもww
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP