FC2ブログ

阪神C~攻略案①~

阪神C血統2


過去5年の血統データ

短距離重賞にしては珍しく父サンデー系の好走が目立つレースw同じ条件の阪急杯を見てみたらそんなサンデー系が走ってなかっただけに阪神Cだけの傾向らしい(^^ゞ

ただサンデー系でもフジキセキ、ダンス、アドベガ、マンカフェなどキレッキレというよりはやはりややパワーよりのサンデー系が連対してる感じ。

母父もリボーやグレイソヴリン系にミスプロ系でもミスワキやクラフティプロスペクターなどダート血統の活躍が目立つのでスピードに加えスタミナも必要なのでしょう。

そして短距離では安定のノーザンダンサーの活躍w父母、母母にノーザンダンサー系は必須ですね。
注目は米国血統のノーザンダンサー系。毎年1頭は3着以内に来てます。

もう1つの注目はインリアリティとハイペリオンの好走が多いこと。まぁサンカルロとキンシャサの影響が大きいですが(^^ゞ

ということで今年の出走馬を見て推奨馬を挙げてみると、

サダムパテック  (父フジキセキ、インリアリティ内包)
エピセアローム    (父ダイワメジャー、米国ノーザンダンサー系)
サンカルロ     (父シンボリクリスエス、米国ノーザンダンサー系)
サダムパテック   (父フジキセキ、インリアリティ内包)
クラレント      (父ダンスインザダーク、ハイペリオン内包)
ガルボ        (父マンハッタンカフェ、リボー、加ノーザンダンサー系)
タマモナイスプレイ (父フジキセキ、インリアリティ内包)
ダイワマッジョーレ (父ダイワメジャー、母父リボー系、ハイペリオン内包)
コパノリチャード   (父ダイワメジャー、母父トニービン、ハイペリオン内包)


ひとまずこの辺をピックアップしておきます。
例年ではマイルCSで大きく負けた馬が好走するレースですが、今年のマイルCSは父サンデー系が上位独占だったので今年はリンクするかもしれませんw
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP