FC2ブログ

セントウルS~攻略案②~

京成杯はハンデ戦で荒れそうな気配だけど、また堅い決着になるかもw
クラレントとサダムとギャラントあたりで決まったりしてww

ではこちらも堅そうなセントウルSのラップ分析へ

セントウルSラップ
セントウルSグラフ

過去5年のラップデータ

結構バラつきがありますね。その中でも大まかに傾向を見ると、

①前後半のタイム差が小さい
②上りが33秒台と速い馬が連対している
③4角5番手以内の馬の好走が多い


こんなところでしょうか(・∀・)
1200m重賞の割にはテンがそんなに速くなく、前目に付けてそれなりの上りを使える馬が優勢。

では出走馬の成績をその辺に注目して見ていきましょう(・∀・)

セントウルS比較

満点評価はハクサンムーンで文句なし。
阪神芝1200mは3戦3勝で、逃げ馬ながら上りの速い決着にも対応出来る、というか得意な方w
休み明けでも状態は良さそうですんなりゲート出れば57キロも有利だし確勝か?不安はテン乗りの影響が出るのかどうかだけ(^^ゞ

ダッシャーゴーゴーも舞台適性は合ってるが、いかんせん休み明けが過ぎるw

ハクサンムーンとやりあえるならトーホウアマポーラか。
こちらも速い上りは得な部類でスムーズに先手取れれば3キロ差で逆転も。

アルマリンピアもレース質は得意そうだが根本的に力不足は否めないw

他では前走は後手を踏んで力を出し切れなかったエピセアロームはCBC賞のような位置で競馬が出来れば
一昨年カナロアを差し切った再現も。
ペース次第ではアンバルブライベンの逃げ残り、未知数に賭けるならエーシントップリアルヴィーナスも面白い(・∀・)
スポンサーサイト



コメント

#

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014年09月11日(木) 07時24分 | | 編集


GO TOP