FC2ブログ

京都金杯~攻略案①~

京都金杯血統

過去5年の血統データ

目に付くとこではサンデー系の活躍。ライブコンサート以外は全て父か母父がサンデー系となってますw
そしてノーザンダンサー系とサンデー系の組み合わせが非常に良く、ここ2年は1~3着独占。
この組み合わせはぜひとも押えておきたいところ(・∀・)
あとはミスプロ系を加えればほぼ間違いない(笑)

5代前までで見てみるとナスルーラ系の内包してる馬が多いのも特徴。
ナスルーラとボールドルーラー系内包馬にも要注目。

サンデー系で複数来てるのはディープとマンカフェが2回ずつ。
2代前までで複数回来てるノーザンダンサー系はニジンスキーが5回、ダンジグ、リファールが4回ずつ、サドラーズウェルズが3回。

この辺をふまえて有力どころでピックアップしてみると、

ガルボ      (父マンカフェ、母父ジェネラス【ニジンスキー】、ボールドネシアン内包)
レッドアリオン  (父タキオン、母父ダンシングブレーヴ【リファール】、ナスルーラ&ボールドルーラー内包)
トーセンレーヴ  (父ディープ、母父カーリアン【ニジンスキー】)
プレイズアトレイル(父ダイワメジャ、母父エルコン【ミスプロ系】、サドラーズウェルズ内包)
マイネルラクリマ (父チーフベアハート【ダンジグ】、母父サンデー、ボールドルーラー&ナスルーラ内包)
ネオウィズダム  (父ネオユニ、母父グレープトゥリーロード【ニジンスキー】)


登録馬が多いのでこれくらいで(^^ゞ

スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP