FC2ブログ

小倉大賞典~攻略案②~

小倉大賞典ラップデータ

小倉開催過去5回のラップデータ
ここ3年はラスト4ハロンが最速ととにかく仕掛けが早い(^^ゞ
去年は向正面でラストインパクトが動きだし3コーナーでは先頭に立ってそのまま押し切るw
一昨年こそ1000m60秒と遅かったので上り最速がワンツーだったが(それでも失速ラップ)
過去5回上り最速は【1・1・0・4】と一昨年以外は全滅w

今年は逃げ先行馬が揃ったので中盤緩まない09、11~12年のパターンのようになる可能性も。
いずれにせよ先行するかコーナーリングでポジショニングを上げれるような長くいい脚を使える馬、
差し馬なら内をうまく回っていい位置をキープするかじゃないと厳しそう。後方から外一気では届かず4~5着がパターンw

3コーナー前からペースアップするためコーナーで加速出来る馬がプラス、
逆にコーナーで加速出来ない馬はマイナス。

では注目馬を見てみましょう(・∀・)
カレンブラックヒル
前走の金鯱賞では平均ペースで逃げてレコード決着を0.5差の5着と健闘。
今回トップハンデの58キロだが調教も自己新を出して勝負気配だが・・
この馬はコーナーで加速が苦手っぽく例年のように早仕掛けの展開だとややおいてかれる懸念がある。
ここ3走逃げているがコーナーでは加速出来てない。
金鯱賞12.0-11.9-11.6-11.9
秋天 12.1-12.3-11.4-11.3-11.9
オールカマー 12.1-12.0-11.4-11.6

赤字が3~4コーナーだがほぼ加速しておらず急激な加速アップのレースは不得意なのかも?
久々の重賞勝ちだったダービー卿は後半失速ラップの持続戦だった。
この考察から好走するには前半スローにぜずにある程度よどみのない流れで行くのがベストだろう。
エーシンジーラインが逃げ切ったようなレースが理想。
ただそうなると58キロが最後の最後で効いて来る可能性も(^^ゞ


マイネルミラノ
この馬は逆にコーナーでの加速がうまくコーナーが多い小回りコースが得意な感じ。
鹿野山  12.3-11.2-11.2-11.7-12.5
松島特別 12.3-11.3-11.0-11.2-12.4

コーナー4つの中山2000m、福島1800mでともに3コーナー前から一気に加速してそのまま11秒台前半で走り抜ける
レースっぷりは小倉大賞典では大きな武器になりそう。
前走は最内を引いてナルトに先手を奪われそうになったので果敢に行ってしまい最内が逆に仇になった感w
前走は1000m59秒4。レース自体は後半が58秒4なのでそんなに速くはないのだが初重賞だったこの馬には厳しかったか。
今回は外枠を引いたのでおそらく2~3番手からになりそう。序盤がスローになって3走前の松島特別のように
向こう正面あたりから仕掛けてコーナーで捲って行く競馬が出来れば面白い。
ただ55キロは見込まれたなぁ(^^ゞ


キャトルフィーユ
この馬は典型的な瞬発戦より持続戦型の馬w
初重賞勝ちとなったクイーンSが真骨頂でしょう。とにかく上りが掛かる展開になれば突っ込んで来る。
クイーンC 11.4-11.5-11.8-12.4-12.2 上り36.4
中山牝馬 上り36.1  福島牝馬 上り35.2 愛知杯 上り36.1

レースの上りが掛かれば好走しており中盤緩まずに行くのがベストか。
中山、福島、札幌と小回りで結果出してるだけに小倉も向きそう。
カレンブラックヒル同様、淀みない流れで前が引っ張ってくれればチャンスはありそう。


スポンサーサイト



コメント


GO TOP