FC2ブログ

アーリントンC~攻略案②~

アーリントンCラップ
アーリントンCラップグラフ

過去5年のラップデータ

ポイントとしては2つ
①上り上位の馬が好走
②先行馬が有利


過去5年で上り3位以内の馬が【4・5・3・6】で上り4位以下が【1・0・2・41】
断然上りの速い馬が優勢。
上り4位以下で連絡みしたのは逃げ切ったコスモセンサーのみ。この年はラスト3ハロンが最速ラップだったため
後続が脚を溜められなかったのかも?ここ4年はラスト2ハロン最速の瞬発戦で前でもそれなりの上りが必要。
ただレースの上りは35秒台になることが多くキレキレな脚より上りのかかる流れで速い上りを出してきた馬を狙うのもアリか。

そしてもう一点は開幕週の馬場を利しての前残り。
連対馬10頭中、初角5番手以内が9頭と圧倒的w4角二桁ポジから勝ったジャスタウェイが異常(笑)
過去5年で初角7番手以下の馬は【1・0・2・27】
スタートで後手を踏んだりポジション下げてしまうと去年みたいにペースが上がるか
ジャスタウェイのような強烈な末脚でも発揮しないと3着までかと(^^ゞ
注目馬

ナリタスターワン
前走は2番手からレースを進め直線で早々と先頭に立ち突き離す内容。
2戦とも1000m60秒ちょいのペースの流れを新馬は上り最速で差し切り前走は先行策から押し切りと
緩い流れならしっかり対応出来そうな自在性は武器となりそう。
たた種牡馬的に不安でマイル戦の成績が
サクラバクシンオー 阪神芝 【1・0・3・35】 京都芝 【7・8・6・50】
ショウナンカンプ   阪神芝 【0・0・0・4】  京都芝 【1・0・0・3】

この落差(笑)坂のない京都の方が成績が断然なのでコース替りがやや不安。


ナイトフォックス
ルージュバックの大竹厩舎が再び西下しての重賞勝ちを目論むw
4戦して4着以下なしの堅実派。4戦ともレースの上りが34秒後半と上りのかかる展開で好走とレース質にマッチしそう。
前走は3コーナーからペースを上げ4角2番手か直線早め先頭でゴール前はエイムハイの強襲を頭差凌いぎV。
今回はユタカに乗り替わりで先行するのか差しに回るのか見物だが前に行った方が良さそうな気はする。
ただこの馬もバクシンオー産駒なので阪神替りがどうかだけw


アルマワイオリ
前走は14番人気ながらGIで2着に好走。
連対した3戦は逃げ切り、1400m戦、ハイペース。圏外2戦は1600m以上のスローペースとなっており、
マイル戦以上では折り合いにやや不安がある感。朝日杯のような流れになれば終いは確実に伸びてきそうでGI2着が
フロックではないことは証明出来そうだが、スローになった場合デイリー杯のパターンもありえそうw


マテンロウハピネス
共同通信杯では1戦1勝馬にやられてので今回はしっかり見ておきましょう(笑)
前走は1.2秒ちぎる圧勝でしたがすんなり逃げて48.1-60.1と緩い流れ。ラスト2ハロンも11.7-12.1と特筆する時計でもなく1.24.3も平凡で相手が弱かった説w
血統的に母父サドラーにトニービンなので馬場悪化で時計がかかれば一考の余地ありそうだが良馬場の上り勝負ならいらない感。

ネオルミエール
いちょうS2着、朝日杯4着と重賞で好走続け実力派このメンバーでは最上位。
ここ2戦は前傾ラップで後方から差して来ての競馬。
前走は出遅れたのが響いた感じで上り2位で追い込むも4角15番手ではさすがに届かず。
いちょうSもそうだが出脚がそんなに速くないのでどうしてもポジションが後方になってしまうのがネック。
新馬戦のようにドスローのような展開になれば無理せずにポジションを上げれるのでペースはスローの方が良さそう。
まぁ一番のネックは関西圏で人気馬に柴山というのかもしれないがww
スポンサーサイト



コメント


GO TOP