FC2ブログ

産経大阪杯~攻略案②~

後半になると本田はホント存在感なくなるw
そしてさすがのザキオカさんの決定力w
本田がいなくなってのゴールラッシュwこれが現実やww

大阪杯ラップ

過去5回のラップデータ

過去5回は全て後傾ラップで平均~スローな流れ。
後方待機組でも勝負になるが、早めにペースが上がる展開にもなるので前目で長くいい脚使える馬の台頭も。

先週のAコースから今週からBコースになる阪神芝。
内回りなだけに先行有利になるのか?それとも馬場がフラットになって差しが届く馬場になるのか?
土曜の傾向をしっかり見てみたいところ。

注目馬

キズナ
まずは連覇を狙うキズナ。去年はカレンミティック、トウカイパラダイスが引っ張る流れを
最後方からゆったりと追走し4コーナー手前から追い出して上り33.9と1頭次元の違う脚を使って豪快な差しきり勝ちw
前走も長期休み明けながら上り33.3と2位を0.5も上回る自己最速を記録。さすがにスローで逃げ馬と番手のラブリーは
捕えきれなかったもののタイム差なしまで迫った能力はさすが(^^ゞ
叩き2戦目でスピルバーグが58キロなのに対し据え置き、去年より1キロ減の57キロで臨めるのは違反モノ(笑)
大きな馬場悪化やアクシデントでもない限り3着は外さないでしょう。


エアソミュール
毎日王冠では後の天皇賞馬を退けたもののその後GIは使わずwGⅡ連戦も3着続きと乗りきれない同馬(^^ゞ
初重賞勝ちとなった鳴尾記念では60.6-58.5のスローだが11.6-11.6-11.5-11.9とロンスパ的な流れを
外からねじ伏せる強い勝ち方。
毎日王冠も59.1-58.1とややスローな流れで11.8-11.2-11.3-11.8とこちらも11秒台が続くラストを33.3で
粘るサンレイレーザーを捕えてのV。
イメージとしては前半あまり流れない感じで脚を溜めて長くいい脚を使うという感じか。
ただ常に折り合いに不安があるので序盤をいかに力を溜められるかがカギ。
今回はミルコに乗り替わりとその辺はうまくやってくれそうw
阪神芝では【3・0・0・2】と圏外2回も0.2差の一昨年の鳴尾記念と重馬場なので良なら好走の期待大(・∀・)
スポンサーサイト



コメント


GO TOP