FC2ブログ

アンタレスS~最終戦略~

皐月賞の分析がすんなり進んだのでアンタレスSもちょろっとw

阪神ダート1800mの重賞から傾向を探ってみます。(07年以降のOPクラス)

前走着順で見てみると
★前走1~3着 【9・8・8・59】 10.7% 20.2% 29.8%
★前走4着以下 【1・2・2・69】 1.4%  4.1%  6.8%


前走好走してる馬が圧倒的に優勢。
負けのボーダーラインは
★前走1秒以上負け【0・0・1・30】

次に前走の距離で見てみると
アンタレス距離

勝率、連対率、複勝率全てで距離短縮組がトップと優勢。

短縮組の前走負けのボーダーラインは
★今回短縮で前走0.6以上負け 【0・0・0・14】

延長組は基本前走勝ってる馬が優勢で負けは
★今回延長で前走負け     【1・0・0・26】

勝ったのはJCDのカネヒキリだけ。

そして重要そうな要素は上り
アンタレス上り
上り1~2位の馬が優秀(・∀・)
ただ勝ち馬は4角5番手以内なので後方からでは勝ち切れない感。

アンタレス前走4角
前走で先行してる馬を狙いたいところ。


次いで血統で見てみると

アンタレス血統
系統で言うとサンデー系が4勝、ノーザンダンサー系3勝と優勢。あとはキンカメw
キンカメ以外のミスプロ系やロベルト系が不振傾向。

母父で見ると
アンタレス母父

逆にミスプロ系が浮上しノーザンダンサー系が不振にw
グレイソヴリンやレッドゴットなどナスルーラ系統が良さ気。


そして枠順
アンタレス枠順

極端な内外は良くなく4~6枠がなぜか良いw

最後に・・関東馬 【0・0・0・24】(笑)

◎マルカプレジオ
○アジアエクスプレス
▲クリノスターオー
★トウショウフリーク
△アスカノロマン
△サンレイレーザー
△ローマンレジェンド


父ゴールドアリュールに母父トニービン、前走1着で距離短縮組、前走4角4番手で上り最速、
枠もいいとことデータ的にはマイナス要素なしのマルカプレジオ(・∀・)
7歳というのがネックで勝ちはなさそうだが圏内には来れるのでは。

関東馬不振だがここでは実績上位のアジアエクスプレスが対抗。
57キロなら勝ち負け。

重賞2勝してGI臨んで0.7差に踏みとどまって人気落ちで今回狙い目のクリノスターオーを三番手。

去年2着後スランプ状態だが前走0.2差と復調の兆しを見せたトウショウフリークが斤量据え置きなら面白そう。

他では父ミスプロ系が不振で前走離され過ぎだが長い距離でここ2走好走してるアスカノロマン
もういっちょダートで狙ってみたいサンレイレーザー
間隔空いて立て直してきそうなローマンレジェンドあたり。


人気のないルメール、ダート重賞のデムーロは切ってしまおうホトトギスw
スポンサーサイト



コメント


GO TOP