FC2ブログ

ラジオNIKKEI賞~攻略案①~

福島開催過去5回の血統データ

ラジオNIKKEI血統

現在福島開催では父サンデー系が6連勝中☆彡
中でもダンス、マンカフェ、スペシャル、マツリダと長距離GIで活躍した馬、
またはトニービン、サドラー、ダンシングブレーヴ、オペラハウスなどの凱旋門血統産駒の活躍も多いのも特徴か。

そして去年は1~3着が該当したミスプロ系の活躍も目立つ(・∀・)
他ではボールドルーラー、レイズアネイティヴ、ロベルト内包馬にも要注意。

推奨馬
アンビシャス   (父ディープ、母父エルコン、レイズアネイティヴ&サドラーズウェルズ&シアトルスルー内包)
アクセラレート  (父ステイ、母父ミスプロ系、ノーザンテースト&レイズアネイティヴ&ボールドルーラー内包)
グリュイエール  (父ディープ、母父キンカメ、レイズアネイティヴ&ヌレイエフ内包)


マイネルシュバリエ (父バトルブラン、母父スペシャル、ニジンスキー&レイズアネイティヴ&セクレタリアト内包)
ミュゼゴースト  (父バゴ、母父リアルシャダイ、ニジンスキー&ミスプロ&レイズアネイティヴ内包)



福島開催過去5回のラップデータ

ラジオNIKKEI賞ラップ

平均~スローな感じで後傾ラップになりやすかったが去年はトシザミキが1頭飛ばしてのハイペースw
しかしラスト2ハロンが11秒台連発と後続は4角からの瞬発戦という感じも。
小回りなだけに連対馬は前行った馬が多いが上り34秒台を出せれば、後方からでも差し切れる。

そしてハンデ戦ながら55キロ以上の馬が毎年連対。
ポイントとしては上り2位以内もしくは4角2番手以内というのが共通項。
斤量背負った馬は速い上りを出せるかどうか、早め先頭の競馬が出来るかどうかがカギ。

今年55キロ以上は5頭。

アンビシャス    56
ナヴィオン     56
アッシュゴールド 56

グリュイエール  55
ミュゼゴースト   55


今年は56キロ以上が3頭。過去56キロ以上は【1・1・1・16】と成績は良くない模様。
圏内3頭の共通点は「3勝馬」
ナヴィオンは2勝、アッシュゴールドにいたっては1勝馬ww

アンビシャスは勝ち鞍3勝は全て上り最速で重賞での3着2回は4角3番手と前でも良し差しても良しで有力。

グリュイエールは平坦の京都では上り2位以内を3回出しており福島なら速い上り使えそう。
ミュゼゴーストは2勝は4角3番手なので前に付けることが出来れば去年のマーレライ見たいな感じで面白そう(・∀・)
スポンサーサイト



コメント


GO TOP