FC2ブログ

ジャパンカップ~攻略案③~

JCラップ

過去6年のジャパンカップのラップデータ(・∀・)

去年と09年はタイムが抜けて速い。勝ったのはウオッカとジェンティルドンナということでww

この2年は前半3ハロンが35秒台で中盤も12秒台前半から11秒台と緩むことなく
前半6Fと後半6Fの差が1.5秒以内と厳しい流れでした。

これを4コーナー6番手以内で連対したウオッカ、ジェンティル、オルフェは化け物ですね(笑)


この2年を除いた4回の平均タイムは2分24秒9。
今年も逃げ馬不在なので序盤ペースは緩むのでしょうから勝ちタイムもこのあたりに落ち着くのでは?

となるとペースアップするポイントですが例年の傾向でいくと0.5秒以上ペースが上がったとこを赤文字にしてみましたが
残り1000mの辺りでペースアップしてます。そこから12秒から11秒台の連続が続くラップになります。

好走馬を見るとポイントとしてはペースアップにしっかりついて行けて4角で9番手以内、上り34秒前半で上がって来れないと厳しいとみます。
後方待機組は中盤緩んだ場合、上り33秒前半の脚を使わない限り圏内には届かないのではないでしょうか。


ここで参考データとして3強が出走してたダービー&オークスと今年の京都大賞典とオークスと同じ2400m重賞のラップを見てみます。
(ついでに秋天とフローラSもw)

ジャパンカップラップ


赤文字で表示したのが前半1200mが速く後半が遅い前傾ラップ。
ジェンティルが勝ったオークスとゴールドシップが5着に負けたダービー、今年のオークスが該当。

青文字で表示したのは前半緩く後半の上り勝負の後傾ラップ。
今年の京都大賞典とフラッシュの勝ったダービーが該当。

これを見ると去年のJCや今年の秋天もそうですが厳しい流れの方がジェンティルドンナは好走する可能性が高いのでは?
逆に前半厳しい流れだったダービーや速いタイムになると厳しいゴールドシップ、上り勝負に強いフラッシュは今年予想されるような前半遅いラップの方が好走確率は上がるでしょう。

なのでジェンティルが勝つには無理に押えてペースを落とすよりはある程度出していってでも緩まない流れの方がいいのではないだろうか。。。
もしくはオークスの時のように後方待機でリラックスして走ることが出来ればベスト。


今年のポイントとなるのはゴールドシップがどこで動くか?
前走の京都大賞典では7ハロン目からペースアップしそれについていったためさすがにスパートが速すぎたのか
後方待機のヒットとアンコ、ラーとラクティにも差される結果に(^^ゞ

鞍上ウッチーが今回はどうするのか、早めに仕掛ければ厳しい流れになり後方待機の馬にチャンスが生まれ
エイシンフラッシュは厳しい。

逆に前回の教訓を踏まえw捲りを残り800mくらいにした場合、前目もしくは内で脚を溜めて34秒台で上がって来れる馬にチャンスが。エイシンフラッシュにもチャンス到来★


ということで可能性は少なそうですがペースが速くなればジェンティル圧勝でゴルシとフラッシュは圏外の可能性あり、後方で死んだふりして直線一気の33秒台が使えそうな馬が穴候補。
内枠引いたナカヤマナイト、スグリンが直線一気に賭けたときのデニムアンドルビーを挙げておきましょう。

そして大方の予想通りスローペースの場合、
ゴールドシップが早めに動けば前目~中団あたりから長くいい脚を使えそうな馬が良さ気。
ラップからアルゼンチン組のアドマイヤラクティ復調してれば一昨年のJCラップからトーセンジョーダンをピックアップ。

ゴールドシップが4コーナーくらいから遅めの捲りになるならある程度前もしくは内から上がりキレる脚が使える
エイシンフラッシュ、ヒットザターゲット、アンコイルドを挙げておきます(・∀・)

ただアンコとヒットは騎手がテン乗りだけにどう乗って来るか予想がつかない(^^ゞ
アンコに関しては隼人のままの方が今年の流れに向いてそうだったんではないかと。。。

スローになった場合のジェンティルはどうなるかわかりませんw
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP