FC2ブログ

関屋記念~攻略案①~

過去5年の血統データ
関屋記念血統

父で見るとサンデー系が3勝にヘイロー系1勝、ロベルト系も馬券圏内3頭といわゆるターントゥ系が強い。
過去5年で【4・4・3・42】と圏内11/15(・∀・)
逆に父ノーザンダンサー系 【1・0・0・16】と大苦戦wしかしながら母父に目を向けると母父ノーザンダンサー系が4連勝中☆彡
ターントゥ系xノーザンダンサー系で4連勝なのでこの組み合わせは要注目(・∀・)

他では5年で4勝のボールドルーラーを筆頭にグレイソヴリンやミルリーフ、ネヴァーベンドなどナスルーラ系が活躍してますね。
2連勝中で去年はワンツーだったニジンスキー内包にも注意か。

推奨馬
レッドアリオン   (父タキオン、母父ダンシングブレーヴ、ボールドルーラー&ナスルーラ&サーゲイロード内包)
アルマディヴァン (父メジロベイリー、母父メジロライアン、ニジンスキー&ナスルーラ&ネヴァーベンド内包)
エールブリーズ  (父フジキセキ、母父カーリアン、ボールドルーラー内包)
エキストラエンド  (父ディープ、母父ガルドロワイヤル【ミルリーフ】、ボールドルーラー&ナスルーラ&ネヴァーベンド内包)
カフェブリリアント (父ロベルト、母父カーリアン、ナスルーラ内包)



レッドアリオンはこの舞台向きそう(・∀・)半兄は去年の覇者でタキオン産駒は関屋記念【1・0・1・2】と圏内2頭出しており最注目。
新潟3勝と得意のアルマディヴァンとブリリアントカフェの牝馬2頭も相性の良いターントゥxノーザンダンサーなので要注意。
過去5年のラップデータ
関屋記念ラップ

2秒以上のスローペースからの上り勝負か平均ペースでスピード持続戦かの様相。
しかし共通項としたはラスト2ハロン最速戦になるということ。そして勝ち馬は過去5年4角5番手以内と先行馬にアドバンテージ。

高速決着になるのでやはり持ち時計や上り性能を重視してみるのが良いか。
過去5年の3着圏内の馬を見てみると、

14年 1400m補正数値1位       クラレント    1着
     マイル持ちタイム&補正数値1位   ダノンシャーク  2着
     マイル上り最速              サトノギャラント 3着

13年 1400m持ちタイム2位&補正1位    レッドスパーダ 1着
     1800m持ちタイム&上り&補正1位  ジャスタウェイ  2着
     マイル&1400m持ちタイム1位      レオアクティブ 3着    

12年 マイル補正数値1位   ドナウブルー    1着
     1400m上り最速    エーシンリターンズ 2着
     マイル持ちタイム1位  スピリタス     3着

11年 1400m上り最速 エアラフォン 2着

10年 マイル上り2位&補正1位  リザーブカード    3着
     1800m上り最速       セイクリッドバレー  2着


1400~1800mの持ちタイムや上り最速、ターゲットの補正数値が1位の馬の好走が多いのがわかる。
今回の出走馬を見てみると


持ちタイム1位
1800m サトノギャラント
1600m エキストラエンド
1400m エールブリーズ

上り最速
1800m レッドアリオン
1600m サトノギャラント
1400m ゴールドベル

補正タイム1位
1800m レッドアリオン(93)
1600m レッドアリオン(100)
1400m エールブリーズ(96)


マイル持ち時計1位のエキストラエンドは上りの持ちタイムがあまり速くなく後方過ぎると厳しそうで去年は大きく出遅れたが
今年はある程度前に行ければ勝負になるかも。
レッドアリオンも同じような感じで後方のスローのヨーイドンよりは前目で運んでそれなりの脚を使って行きたいところ。
上り勝負ならサトノギャラントに分がありそう。去年は最内で出遅れての3着。良馬場で外からスムーズに追いこめば今年は。
スポンサーサイト



コメント


GO TOP