FC2ブログ

マイルCS~攻略案①~

過去5年の血統データ
マイルCS血統

良馬場のここ2年は父サンデー系が1~3着独占。時計勝負の京都ではディープ産駒の強さは周知の事実w
11年からディープ産駒が参戦してますが稍重の2年は【0・0・1・6】ですが良馬場の近2年は【2・1・1・7】と強さを発揮。
今年の登録馬は6頭。良馬場なら今年も絡んで来ることは間違いないでしょう。

まずはディープ産駒のチョイスからやってみようw

年齢
3歳 【0・0・0・5】
4歳 【0・0・1・3】
5歳 【1・1・1・4】
6歳 【1・0・0・1】


⇒若い馬が不振で年取ってる方が優勢というw
  特に3歳馬は全圏外wマルセリーナ、ミッキーアイル、リアルインパクトのGI馬は掲示板にすら載れず。
  4歳馬も連対なしで3着は稍重の時の牝馬ドナウブルー。ただ去年一昨年は4歳ディープ産駒の出走がないので何とも(^^ゞ

前走着順
1~3着  【1・1・2・6】
4着以下 【1・0・0・7】

着差
0.3秒差以内 【2・1・2・9】
0.4秒差以上 【0・0・0・4】

⇒前走好走馬が馬券圏内に来るパターン。前走4着以下で勝ったダノンシャークも0.3秒差と大きく負けておらず、
  前走大敗のディープ産駒は狙い下げやw

母父血統
ノーザンダンサー系 【1・1・2・3】
ミスプロ系       【1・0・0・2】
それ以外       【0・0・0・8】

⇒圧倒的にノーザンダンサー系との相性が良い(・∀・)

馬体重
460キロ以下 【2・0・2・4】
462キロ以上 【0・1・0・9】

⇒ディープ産駒らしく軽い馬が複勝率5割越えwちなみに牡馬に限定すると460キロ以下【2・0・1・1】
  重いので来たのは去年のフィエロ

では登録馬6頭をチェック!

ダノンシャーク    (7歳・前走4着0.3・母父ノーザンダンサー系・前走446キロ
フィエロ        (6歳・前走2着0.2・母父ノーザンダンサー系前走506キロ
サトノアラジン    (4歳・前走2着0.0・母父ノーザンダンサー系・前走526キロ
トーセンスターダム (4歳・前走1着・母父ミスプロ系前走496キロ
ヴァンセンヌ     (6歳前走18着1.9・母父ターントゥ系・前走502キロ
リアルインパクト   (7歳・前走12着1.0・母父セントサイモン系・前走530キロ

満点はおらんかった(^^ゞ有力は2頭。
7歳が微妙なラインだがそれ以外はクリアしたダノンシャーク。
00年以降、7歳以上で馬券圏内はカンパニーのみなのがネックだが去年と同じようなステップでチャンスはあるか。

ついでフィエロ。こちらは馬体重が引っかかったが自身が去年連対しており問題はなさそう。
こちらは去年と全く同じローテでの参戦で圏内は堅そうだが勝ちはなさそうw

4歳2頭がどうなるかだがアラジンは重賞未勝利がネックでこちらも勝ちはなさそうw
スターダムはどう考えても騎手がアカン(苦笑)
そしてともに池江厩舎だが過去10年で池江厩舎のマイルGI【1・0・0・15】というのがかなり不安(^^ゞ
短距離重賞の厩舎じゃないんよね~06年朝日杯ドリームジャーニー以来圏内すらないw

ヴァンセンヌとリアルインパクトは消しでいいでしょう。


ではディープ産駒以外の注目血統をサラっとww

父サンデー系と同じくらい重要視が母父ノーザンダンサー系。去年は1~3着独占で過去5年で3勝しており注目。
そして過去5年で4勝のボールドルーラー系、毎年3着以内を出してるネヴァーベンド内包
2年連続2着、サプレザやダノンヨーヨーも好走しており人気馬で持ってると面白いリボーが要注目か。

推奨馬
アルマワイオリ  (父マツリダゴッホ、母父ピルサドスキー、ボールドルーラー&ネヴァーベンド内包)
アルビアーノ   (父ハーランズホリデー、母父アンブライドルド、ネヴァーベンド&セクレタリアト内包)
クラリティスカイ  (父父クロフネ、母父スペシャルウィーク、ボールドルーラー&ネヴァーベンド&ミスプロ内包)


ディープを除いた中ではこちらの3頭が推奨馬wくしくも3歳3頭(^^ゞ
アルマワイオリはサンデーxノーザンダンサー系でボールドルーラーにネヴァーベンド内包と過去の好走血統に合致。
関西圏では【1・2・0・1】で全て掲示板と走っており上りのかかる展開になれば一発の期待。

アルビアーノはエーシン2頭と同じ父ストームキャット系。瞬発戦になったら分が悪そうだがうまくスローに落として
早めに仕掛けて出し抜ければ。

クラリティスカイは逆に高速決着が得意なだけに時計の出る京都の馬場がもしかしたら得意なんじゃないかという見立てw
関西馬だが初の京都、前走こそ崩れたがマイルは【2・1・1・1】と一番向く舞台なのでは?
あとは前走の大敗の原因がなんなのかというのが気になるところ(^^ゞ
スポンサーサイト



コメント


GO TOP