FC2ブログ

ステイヤーズS&金鯱賞~最終戦略~

まずはステイヤーズSから(・∀・)

◎メイショウカドマツ
○トゥインクル
▲ファタモルガーナ
★アルバート
△カノン
△トルークマクト
△プランスペスカ


本命は消去法でメイショウカドマツw
データ的には完ぺき(・∀・)前走アル共を55キロ以上で連対してた馬は【1・1・2・1】と全て4着以内の安定感。
ただし該当馬は56キロ以上だったので55キロだったカドマツはコケても不思議ではないw
何かに足元すくわれてまた2着という可能性高し(^^ゞ

対抗はトゥインクル
とにかく長距離戦での上り性能バツグンで終いは確実に追いこんで来るのが魅力。
しかしながら重賞初挑戦馬は【0・0・1・17】と苦戦必至でこちらも3着ならという感じ(^^ゞ
鞍上も不安だしw

3番手はファタモルガーナ
普通に行けばこれが一番無難なのだがやはり休み明けがネック。
こちらも圏内は堅そうだが勝てなさそうなんだよね~(^^ゞ

★はアルバート
勝つという意味ではこれが一番ありそうだが最内引いて脚質が脚質だけにどうしても届かなそうw
ただエアレーション効果で差しが効くような馬場なら差し切りがあってもおかしくなさそうなので
明日の馬場チェック次第では本命とチェンジの可能性も。

他ではウッチーのマクリが出れば面白いカノン
格下も母父凱旋門賞馬で血統的に魅力で上り使えるトルークマクト
リボー内包の一発に期待プランスペスカまで。


続いて金鯱賞

◎ミトラ
○マジェスティハーツ
▲クラレント
★ベルーフ
△サトノノブレス
△ディサイファ
△レーヴミストラル


本命はミトラ
おそらくこのメンツならスロー濃厚で早仕掛けの瞬発戦になりそう。
ならば前目で早めに抜け出して粘り込めるミトラが一番安定感ありそう。
AJCCやオールカマーで一線級相手にやれてるのでこのメンツなら。中日新聞杯は
57.5キロで中団からになってしまったので今回は乗り慣れた柴山&56キロなら。

対抗はマジェスティハーツ
スローの瞬発戦ならラストは確実に追いこんで来れるし頭数が少ないのもプラス。
下手に前に行かずに後ろで脚を溜めて直線に賭けてくれれば。人気薄で買えるのこの馬しかw

三番手はクラレント
こちらもスローの左回りはお得意様w2000mも前走でそれなりにやれるころはわかったので
重賞5勝の実績はこのメンツなら大威張り出来るでしょうwべーやんが乗りに行くなら勝機あり。

★はベルーフ
どっちかというと流れた方が良くペース的に合わなさそうなのでちょっと評価下げてみた。
鞍上も調子出てこないしw

他では復調気配のサトノノブレス
最内は良さそうと思ったがスローの団子で前走のように詰まって前に行けなさそうなディサイファ
上り勝負なら押えなきゃいけないレーヴミストラルまで。

パッションは流れ不向き、フロストは面白そうなんだがもう一叩きしてからかな(^^ゞ
スポンサーサイト



コメント


GO TOP